■生きざまを数値化>呉の本紀
孫破虜から帰命公まで笑、孫呉の嫡流と皇帝候補を見て行きます。
孫 堅(文台) 南陽ヨリ、洛陽ヲ陥落セシメントス。
大略●
政務●
弁舌●●

将器●●●●
武闘●●●
自尊●●●
交際●●●
忠孝●●

耐性●●
好み●●●
一介の土豪から、後漢末期の叛乱をことごとく平定した英雄。司空張温に董卓を討つように進言し、これが聞き入れられていれば歴史は変わりました。自分が正しいと思ったことを突っ走る。
荊州南部から兵を糾合して北上、南陽太守・荊州刺史を殺害して、董卓を洛陽から追い出した雄将ぶりは、樊城包囲した晩年の関羽より強いです。性急に突っ込むため、九死に一生を3回くらい得て、4回目に黄祖の部下に殺されました笑

孫 策(伯符) 明朗ニシテ談笑ヲ好ム、江東小覇王。
大略●
政務●
弁舌●

将器●●●
武闘●●●●
自尊●●●
交際●●●
忠孝●●

耐性●
好み●●●
袁術の部将待遇から独立して雄飛。後に孫呉を担う生え抜きの武将たちは、孫策の人柄に惚れて集まったんじゃないかと思う。周瑜をその筆頭として。
袁術の下でよく耐えたことと、耐え切れずに暴発して早死にしたことを考えると「耐性」の評価が難しいですが、結果から見たらマル1つで。
孫策の死の理由、死に様をどのように描けるかで、三国物の作品としての巧さが分かると思う。あれだけ日の出の勢いだったのに、いきなり死ぬなんて、1800年経った今でも信じられないですから!

孫 権(仲謀) 勅シテ曰ク、今夜ハ死スルマデ呑メ。
大略●●
政務●●●●
弁舌●

将器●●
武闘●●
自尊●●●
交際●●
忠孝●

耐性●●●
好み
人生の前半と後半で、生きざまが違う孫権さんなので、すごく判定が難しい。
遠い未来を見通すよりは、目の前の課題を1つ1つ潰すことに長じていたんだろうね。山越対策、魏と蜀との外交、公孫越との同盟交渉、海外への人狩り、後継者問題。どれも結果的には大火事にならなかったものの、場当たり的な感は拭い去れず。
荒くれ者の集合政権を保ったことは凄いと思うんだけど、意識不明になるまで酒を飲ませたり、張昭と醜くいがみ合ったり、どうも好きになれない人です。

孫 登(子高) 須ラク太子ヲ、洛陽ニ寄越スベシ。
大略●
政務●●
弁舌●●

将器●
武闘●
自尊●
交際●●
忠孝●●●

耐性●
好み●●
孫権が赤壁直前に作った嫡子。 夭折してしまった嫡子というのは、どうも美化される。「もしあの時に太子が死ななければ」と。弟が暗君や無力漢だと、ない物ねだりで慕われてしまうんだ。
四友(諸葛恪・張休・顧譚・陳表)と付き合えていたのだから、頭脳明晰だったのでしょう。身分の低い母をかばったり、自分の死後の皇太子問題を心配したり、つくづく悔やまれる人ですね。
夷陵前夜に孫権が降伏したときに、曹丕が「太子を寄越せ」と言ったが、このときの太子が孫登だね。

孫 和(子孝) 孫魯班ノ言ハ、長幼ノ序ヲ乱ス。
大略●
政務●●
弁舌●

将器●
武闘●●
自尊●
交際●
忠孝●

耐性●
好み●
孫権と王夫人の子。孫権が王夫人を寵愛していたため、孫登の死後に19歳で立太子。しかし孫魯班の讒言に遭い、孫権の愛情が薄れる。二宮ノ変。
諸葛恪が「やがて孫和殿が太子に戻る」なんて軽口を叩くものだから、孫峻に自殺を命じられた。
太傅・闞沢に師事した孫和は、「博打より文武が大事だ」と言った。それなりに賢くて従順なら、学問の師の口真似ぐらい、誰でもするだろ。この一事を以て「頭脳明晰だったのに、廃嫡が惜しまれる」と眉間に皺を寄せて嘆く気は、ぼくにはない笑

孫 覇(子威) 太子ト同ジク遇セラルハ、変ノ兆シ。
大略●
政務●
弁舌●

将器●
武闘●
自尊●
交際●●
忠孝●

耐性●
好み●
孫権の子、孫和の異母弟。孫和の立太子のとき、同時に魯王に封ぜらる。孫和と孫覇は同待遇で、孫呉が真っ二つに割ってしまった。孫覇を支持したのは、歩騭、呂岱、全琮、呂拠、孫弘ら。けっこう大物が入ってます。交際はマル2つあげる。
しかし、本人の顔が見えない。250年、20代前半で殺されてしまうんだが、孫覇が主体的に何をやったのか、書いてないんだもん。もし曹植に詩才がなければ、孫覇みたいな薄さなんだろうね。

孫 亮(子明) 朕ガ軍ヲ編ミタルハ、事ヲ創メンガ為。
大略●
政務●●
弁舌●

将器●●
武闘●
自尊●●●
交際●
忠孝●

耐性●
好み●
孫権の末子。10歳のとき、呉の2世皇帝。
諸葛恪、孫峻、孫綝が独裁し、青年皇帝・孫亮は鬱屈してた。孫綝に対抗すべく兵士の子弟を集めて直属3000を編成したが、露見してしまい会稽王。さらに孫休に貶され、候官侯。赴任中に絶望死。
とんちで「蜂蜜にネズミの糞が入ってるのは宦官のしわざ」と暴くあたりは、曹沖を思わせるね。半端に頭脳と自我が発達してるから、傀儡に徹さずに身を滅ぼした。凡人として共感を覚えます笑

孫 休(子烈) 龍ニ跨リ飛翔ス。顧ミレバ、龍ニ尾ナシ。
大略●●
政務●●
弁舌●●●

将器●
武闘●
自尊●●
交際●●
忠孝●

耐性●
好み●●●
孫亮の兄。258年、19歳にて3世皇帝。
張布を使って孫綝の言質を奪い、寝技を使って孫綝を討つ。孫亮が出来なかったことをやってしまった。
学問に傾倒したい人で、韋昭や盛沖を心の友とした。世に人名が被る不都合を憂い、我が子4人を創作漢字で名づけた。ぼくはこういう屁理屈で突っ走る人のことが、すごく好きです。
蜀滅亡にショックを受けて、30歳で若死に。もっと長生きして、変な漢字を作って欲しかった。

孫 皓(元宗) 不敬ニ付、顔面ノ皮ヲ剥ギ、目ヲ抉レ。
大略●
政務●●
弁舌●●●

将器●
武闘●
自尊●●●●
交際
忠孝●

耐性
好み●●●●
孫和の子、孫権の孫。呉の4世皇帝。
晋に対抗すべく推戴された。しかし晋が怖すぎて、精神病になった。人間不信や視線恐怖症に罹患し、皇帝権力を武器に心の闇と戦った。すなわち目を抉り、顔面の皮を剥ぎ、忠言の主を誅殺し、いわゆる暗君を極めてくれました。
晋に帰命してからは笑、司馬炎を皮肉でやり込めちゃったり。司馬炎を内側から蝕んでる全土の天子たるプレッシャーを孫皓は理解できてて、それでも敢えて苛めたんだろう。敬愛します!

以上、孫呉でした。孫権の息子の間でシコタマもめたね。おしまいです。
トップ>三国志雑感>生きざまを数値化>呉の本紀 inserted by FC2 system