表紙 > 人物伝 > 司馬懿伝/下「魏臣としての敗北者」

1)上「仲達が曹操より怖いもの」

1年半以上前に、「上」と「中」をやったきり、放置していたタイトルです。

司馬懿伝。

ぼくは三国志に登場する人の中で、司馬懿がいちばん好きです。好きゆえに、いろいろ思うところがあり、逆に書き終えられない。ジレンマです。今回は、「宣帝紀」を最後まで追ってみようと思います。

虚心に「宣帝紀」を読み、いま分かるところまで、書いてみます。その前に、前回の内容を忘れているので(他の誰でもないぼくが)、オリジナルな仮説を書いた部分だけ、要約して確認します。

兄に就職させられる

「宣帝紀」に、司馬懿の少年時代のことはほとんど書かれていない。しかし代わりに『三国志』の「司馬朗伝」を読めば、少年時代を推測することは可能。

 

190年、司馬懿が10歳のとき、董卓の乱。8つ年上の兄、司馬朗は董卓を批判して、洛陽を退出した。

司馬朗は、避難先を領有した勢力だからという理由で、特にこだわらずに曹操に仕官したんだろう。しかしすぐに、病気を理由に退職。徐州の大虐殺が、曹操を見限るキッカケだと思われるが、詳細は不明。 司馬朗は、「招かれる」側の名士のプライドとして、董卓も曹操も却下したのだと思う。

だが曹操が献帝を奉戴すると、話は一転する。司馬朗は曹操に再就職した。厳格な父親が叩き込んだ、お家芸の儒学に突き動かされたのかなあ。儒学とはすなわち、漢王朝を正当化するためのバイブルだ。

「曹操に仕えるのではない。献帝に仕えるのだ」

というロジックです。

司馬氏は「代々、地方官を輩出してきた名家」であり、司馬朗はその生き方にこだわった。しかし曹操は、司馬朗を中央に飼い殺したまま、地方に出してくれない。曹操がなぜ司馬朗を虐めるかと言うと、

――次男の司馬懿が、曹操に逆らって仕官しないから。

だとぼくは思う。司馬懿がイヤイヤながらに仕官すると、司馬朗は晴れて兗州牧になることができた。タイミングが一致するから、交換条件だったのではと勘ぐってしまう(笑)

能力を隠した理由

司馬懿には、怖ろしい父親が2人いるようなものだ。

1人目は文字通りの実父で、会話をするときの威儀について、トヤカク言われた。

2人目は、8つも歳が離れた兄だ。兄は家訓に忠実だから、司馬懿を善導しようと、説教ばかりしたはずだ。

ところで、

「司馬懿は、曹操の存命中は能力を隠していた」

という話を聞くが、それは当たっていない。

司馬懿が積極的に進言を始めるのは、曹操が死ぬ直前(1年未満)だ。

例えば、関羽が今にも北伐を始めそうな荊州の取り扱いについて、曹操に向って雄弁に反論してる。けっこうな確率で、司馬懿の方が正しかったりする。曹操に才覚がバレてまずいなら、

「あと1年我慢しておけよ・・・」

という話だ。あの司馬懿に限って、

「こらえ性がなくて、うっかり素顔を見せちゃった」

なんて、ありえない(笑)

では仕官してから10年以上もの間、なぜ司馬懿は、歴史書に残るほどの建策をしなかったか。

「無理に仕官をさせられたから、モチベーションが上がらず・・・」

では、あるまい。ガキじゃないんだから(笑)

ぼくが思うに、本当の理由は、父と兄に遠慮していたからだ。司馬氏の本流は父と兄であり、次男の司馬懿は傍流だ。出しゃばってはいけない。儒教に凝り固まった2つの父性は、司馬懿を封じた。

「魏を滅ぼし、晋を建てる準備のため、司馬懿は韜晦した」

なんて、身もフタもない邪推だ。歴史を結果から語ってはいけない。

司馬懿はもっぱら、家族問題にストレスを感じていただけ。兄が217年に死に、父が219年に死ぬ。曹操の没年は220年の正月だから、ほんの僅かしかズレていない。司馬懿が本性を隠した理由が、後世に間違って解釈される理由がここにある。

司馬懿が曹操よりも怖かったのは、父と兄だった。

inserted by FC2 system