両晋- > 『資治通鑑』梁紀を抄訳 907年-908年7月

全章
開閉

907年、全忠が昭宣帝から禅譲される

【後梁紀一】 起強圉單閼,盡著雍執徐七月,凡一年有奇。
太祖神武元聖孝皇帝上開平元年(丁卯,公元九零七年)[编辑]

全忠は碭山の人。碭山は、戦国期に梁地である。全忠は、宣武節度使となって創業する。宣武軍は、汴州を治所とする。汴州とは、古代の大梁である。大唐から梁王に封じられたので、国号を大梁とした。『資治通鑑』には、南朝梁(蕭氏の梁)があるから、これを「後梁」とする。


907年、

春,正月,辛巳,梁王休兵於貝州。
淮南節度使兼侍中、東面諸道行營都統弘農郡王楊渥既得江西,驕侈益甚,謂節度判官周隱曰:「君賣人國家,何面復相見!」遂殺之。由是將佐皆不自安。

春正月辛巳、梁王は兵を貝州で休める。

滄州から還り、貝州でやすむ。魏博が、軍糧を補給できるからである。

淮南節度使兼侍中、東面諸道行營都統弘農郡王の楊渥は、すでに江西に領土を得て、驕侈はひどい。楊渥は、節度判官の周隠にいう。「きみは人と国家を売った。どのツラさげて、私の前にいるか」と。ついに楊渥は周隠を殺した。楊渥の諸将は、不安になる。

胡三省はいう。周隠は、敗戦の責任を帰せられた。劉威を楊渥に属させたかったが、周隠が失敗したのだ。
胡三省はいう。すでに楊渥は、王茂章を追い払い、周隠を殺した。余人も、つぎは自分だと心配したのだ。


黑雲都指揮使呂師周與副指揮使綦章將兵屯上高,師周與湖南戰,屢有功,渥忌之。師周懼,謀於綦章曰:「馬公寬厚,吾欲逃死焉,可乎?」章曰:「茲事君自圖之,吾舌可斷,不敢洩!」師周遂奔湖南,章縱其孥,使逸去。師周,揚州人也。

黑雲都指揮使の呂師周と、副指揮使の綦章は、兵をひきいて上高(洪州の高安県の境)に屯する。呂師周は、湖南と戦って戦功があり、楊渥に忌まれた。呂師周はおそれ、綦章に謀った。「馬殷は寬厚である。馬殷のもとに逃げたいが、良いかな」と。綦章はいう。「君につかえて、自ら計画する。私は舌を断っても、もらさない」と。呂師周は湖南(馬殷)にはしる。

路振『九国志』はいう。呂師賞の父は呂珂である。呂珂は楊行密につかえ、黒雲都指揮使となる。呂珂が卒すると、呂師周が代わった。「3代の将家は、富貴を保てない」と。飲酒して狂歌し、慷慨して泣いた。楊行密は呂師周を疑い、動静をチェックした。胡三省が考えるに、呂師周は、楊行密ではなく楊渥に疑われたのだ。

呂師周は、揚州の人である。

渥居喪,晝夜酣飲作樂,然十圍之燭以擊球,一燭費錢數萬。或單騎出遊,從者奔走道路,不知所之。左、右牙指揮使張顥、徐溫泣諫,渥怒曰:「汝謂我不才,何不殺我自為之!」二人懼。渥選壯士,號「東院馬軍」,廣署親信為將吏;所署者恃勢驕橫,陵蔑勳舊。顥、溫潛謀作亂。渥父行密之世,有親軍數千,營於牙城之內,渥遷出於外,以其地為射場,顥、溫由是無所憚。渥之鎮宣州也,命指揮使朱思勍、范思從、陳璠將親兵三千;及嗣位,召歸廣陵。

楊渥は楊行密の喪中だが、昼夜に酣飲・作樂する。擊球で浪費し、出遊して行方が知れない。左右牙指揮使の張顥と徐温は、泣諫した。

『蜀註』はいう。「牙」とは旗の名である。牙の旗を執る者は、これを官名とした。

楊渥は怒る。「私が不才だというなら、私を殺して、お前が君主になれば良い」と。2人は懼れた。
楊渥は壯士を選び「東院馬軍」という。ひろく親信する者を署して將吏とする。署された者は、驕橫となり、旧来の勲臣をしのぐ。張顥と徐温は、作乱をはかる。楊渥の父・楊行密は、親軍の數千を、牙城のなかに営させた。楊渥は親軍を外に出した。親軍のいた場所を、射場とした。張顥と徐温は(親軍を遠ざけたので)楊渥をはばからない。

史家はいう。楊渥がみずから爪牙を遠ざけたのだ。

楊渥が宣州に鎮すると、

天祐元年、楊渥は宣州に鎮する。天祐2年、召されて後嗣となる。

指揮使の朱思勍、范思従、陳璠に命じて、親兵3千をひきいさせる。楊渥が父の地位を嗣ぐと、召して広陵に帰した。

顥、溫使三將從秦裴擊江西,因戍洪州,誣以謀叛,命別將陳祐往誅之。祐間道兼行,六日至洪州,微服懷短兵徑入秦裴帳中,裴大驚,祐告之故,乃召思勍等飲酒,祐數思勍等罪,執而斬之。渥聞三將死,益忌顥、溫,欲誅之。丙戍,渥晨視事,顥、溫帥牙兵二百,露刃直入庭中,渥曰:「爾思欲殺我邪?」對曰,「非敢然也,欲誅王左右亂政者耳!」因數渥所親信十餘人之罪,曳下,以鐵□擊殺之,謂之「兵諫」。諸將不與之同者,顥、溫稍以法誅之,於是軍政悉歸二人,渥不能制。

張顥と徐温は、3將を秦裴が江西を撃つのに従い、洪州をまもる。謀叛だと誣して、別将の陳祐に3将を誅させる。

史家はいう。張顥と徐温は、楊渥のもとから陳祐を剥がした。

陳祐は、間道から6日で洪州にいたる。微服して短兵をいだき、秦裴の帳中に入る。秦裴は大驚する。陳祐は秦裴に理由をつげる。思勍らに飲酒させ、陳祐は思勍らを執らえて斬った。楊渥は3将の死を聞き、張顥と徐温を忌んで、2人を誅したい。正月丙戍、楊渥が晨に視事するとき、張顥と徐温は、牙兵200をひきい、刃をあらわに庭中に直入する。楊渥は「私を殺すつもりか」ときく。2人はいう。「あえて楊渥を殺すのではない。王の左右で政事を乱す者を斬るだけだ」と。楊渥が親信する10余人を殺して、この処置を「兵諫」といった。

『左氏伝』はいう。楚子をつよく諫めても従わないので、兵でおどして楚子を従わせ、自害した。張顥と徐温は、みずから「兵諫」というが、これと同じである。

諸将のうち同調しない者を、張顥と徐温は軍法で誅した。すべて軍政が、2人に帰した。楊渥は2人を制御できない。

張顥と徐温が、楊渥を殺す張本である。


初,梁王以河北諸鎮皆服,唯幽、滄未下,故大舉伐之,欲以堅諸鎮之心,既而潞州內叛,王燒營而還,威望大沮。恐中外因此離心,欲速受禪以鎮之。丁亥,王入館於魏,有疾,臥府中,魏博節度使羅紹威恐王襲之,入見王曰:「今四方稱兵為王患者,皆以翼戴唐室為名,王不如早滅唐以絕人望。」王雖不許而心德之,乃亟歸。壬寅,至大梁。甲辰,唐昭宣帝遣御史大夫薛貽矩至大梁勞王,貽矩請以臣禮見,王揖之升階,貽矩曰:「殿下功德在人,三靈改卜,皇帝方行舜、禹之事,臣安敢違!」乃北面拜舞於庭。王側身避之。貽矩還,言於帝曰:「元帥有受禪之意矣!」帝乃下詔,以二月禪位於梁,又遣宰相以書諭王;王辭。

はじめ全忠は、河北の諸鎮がすべて服したが、幽州と滄州だけが服さないので、大挙して伐つ。諸鎮の心を堅めたいが(天祐3年)潞州で内叛がある。全忠は軍営を焼いて還る。全忠の威望がそこなわれる。中外が離心するのを恐れ、早く受禅して鎮めたい。

ぼくは思う。全忠が受禅する理由を、貶めているのだろうが、、真実味がある。後漢の光武帝は、この理由で皇帝に即位した。

正月丁亥、全忠は魏州で入館する。病気で府中に臥す。魏博節度使の羅紹威は、全忠に襲われるのを恐れ、全忠にあう。「いま四方で兵を称して全忠を患わす者は、みな唐室を翼戴するという名目である。全忠は早く大唐を滅ぼして、人望を絶つのがよい」と。
正月壬寅、大梁にいたる。正月甲辰、唐昭宣帝は、御史大夫の薛貽矩を大梁につかわし、全忠をねぎらう。薛貽矩は、臣に禮見を請う。全忠は薛貽矩に揖礼して、升階する。薛貽矩はいう。「殿下の功德は人にある。三霊は改卜する。

三霊とは、天地人の霊である。天地人の心が、すべて唐室を去ったと言っている。

皇帝はまさに、舜禹の故事を行おうとしている」と。薛貽矩は、全忠に北面して、庭で拜舞した。全忠は側身して(南面するのを)避けた。薛貽矩は還って、昭宣帝にいう。「元帥(全忠)は、受禅する意思がある」と。昭宣帝は詔をくだし、2月に梁に禅位するという。また宰相をつかわし、全忠に禅位を伝える。全忠は辞退した。

河東兵猶屯長孑,欲窺澤州。王命保平節度使康懷貞悉發京兆,同華之兵屯晉州以備之。

河東の兵は、長孑に屯するふりをして、澤州をうかがう。

『九域志』はいう。長子から西南に140里で、沢州である。

全忠は、保平節度使の康懐貞に、京兆と同華の兵をすべて発させ、晋州に屯して、長子の兵に備える。

地名について、中華書局版8669頁。
ぼくは思う。唐末の混乱を見てると。そりゃ菅原道真が「ハクシ」に戻すよなって、判断の妥当性がよくわかる。


907年2月、

二月,唐大臣共奏請昭宣帝遜位。壬子,詔宰相帥百官箋詣元帥府勸進,王遣使卻之。於是朝臣、籓鎮,乃至湖南、嶺南上箋勸進者相繼。

2月、大唐の大臣は、ともに昭宣帝に遜位を奏請した。2月壬子、昭宣帝は詔して、宰相に百官をひきい、元帥府を詣でて(受禅を)勧進した。全忠は使者をやり、勧進を退けた。ここにおいて、朝臣と藩鎮は、湖南や嶺南にいたるまで、勧進する者が相つぐ。

907年3月、

三月,癸未,王以亳州刺史李思安為北路行軍都統,將兵擊幽州。
庚寅,唐昭宣帝詔薛貽矩再詣大梁諭禪位之意,又詔禮部尚書蘇循繼百官詣大梁。
鎮海、鎮東節度使吳王錢鏐遣其子傳鐐、傳瓘討盧佶於溫州。

3月癸未、全忠は、亳州刺史の李思安を、北路行軍都統として、幽州を撃たせる。
3月庚寅、大唐の昭宣帝は詔して、薛貽矩を大梁にゆかせ、禅位の意を伝える。禮部尚書の蘇循継を大梁にゆかせる。
鎮海、鎮東節度使・吳王の銭鏐は、子の銭傳鐐をつかわし、盧佶を温州に討つ。

甲辰,唐昭宣帝降御札禪位於梁。以攝中書令張文蔚為冊禮使,禮部尚書蘇循副之;攝侍中楊涉為押傳國寶使,翰林學士張策副之;御史大夫薛貽矩為押金寶使,尚書左丞趙光逢副之;帥百官備法駕詣大梁。楊涉子直史館凝式言於涉曰:「大人為唐宰相,而國家至此,不可謂之無過。況手持天子璽綬與人,雖保富貴,奈千載何!盍辭之!」涉大駭曰:「汝滅吾族!」神色為之不寧者數日。策,敦煌人。光逢,隱之子也。

3月甲辰、大唐の昭宣帝は、御札を降して、大梁に禅位する。

『考異』は禅位の日付を検討する。同年4月もしくは3月である。

摂中書令の張文蔚を冊禮使とする。禮部尚書の蘇循を副使とする。攝侍中の楊渉を押傳國寶使とする。翰林學士の張策を副使とする。

胡三省はいう。大唐には、伝国の8宝がある。武后は「璽」の璽をにくみ「宝」とした。

御史大夫の薛貽矩を押金寶使とする。尚書左丞の趙光逢を副使とする。

胡三省はいう。『唐六典』はいう。天子には8宝がある。玉を用い、封泥におす。皇后および太子の信を「宝」といい(印璽に)金を用いる。

百官をひきい、法駕をそなえ、大梁にゆく。

胡三省はどういう「車」があるか記す。中華書局版8670頁。

楊涉の子で直史館の楊凝式は、楊渉にいう。「大人が大唐の宰相となり、国家がこの状況に至った。過失がないとは言えない。まして天子の璽綬を手にもち(全忠に届けるとは)富貴を保っても、千載をいかんせん。どうして役割を辞退しないか」と。楊渉はおどろき「わが族を滅ぼすのか」という。神色は、数日のあいだ安寧でない。

直史館について、中華書局版8670頁。
胡三省はいう。楊渉が宰相となると、かならず楊凝式が累(わずらい)になると知っていたはず(楊凝式は唐梁革命に反対なので)。なぜ楊凝式の発言に、驚いたか(予想できたことだろう)。
ぼくは思う。おおいに驚かすのが、史家の筆法の典型なのだろう。

張策は敦煌の人。趙光逢は、趙隠の子。

盧龍節度使劉仁恭,驕侈貪暴,常慮幽州城不固,築館於大安山,曰:「此山四面懸絕,可以少制眾。」其棟宇壯麗,擬於帝者。選美女實其中。與方士煉丹藥,求不死。悉斂境內錢,瘞於山顛;令民間用堇泥為錢。又禁江南茶商無得入境,自采山中草木為茶,鬻之。
仁恭有愛妾羅氏,其子守光通焉。仁恭杖守光而斥之,不以為子數。李思安引兵入其境,所過焚蕩無餘。

盧龍節度使の劉仁恭は、驕侈・貪暴である。つねに幽州の城が堅固でないことを慮り、大安山に築館した。「この山の四面は懸絶である。少ない兵で守れる」と。棟宇を壯麗にし、皇帝に擬した。美女を選んで、館に入れる。方士と丹藥をつくり、不死を求める。領内の銭をすべて集め、山顛に埋める。民間では、堇泥を銭として流通させる。江南の茶商が、領内に入るのを禁じた。自ら山中の草木をとり、茶葉として売った。

ぼくは思う。豪華すぎる館は批判の対象になっているが、「誰でもやること」である。この贅沢ゆえに咎められるのでなく、贅沢したのに敗北したことを、咎められるべきである。独立した経済圏をつくった、というのは、おもしろい実験である。

劉仁恭には、愛妾の羅氏がいる。子の劉守光が、羅氏に通じた。劉仁恭は、守光を杖でうって斥け、子に数えない。李思安は兵を領内にひく。李思安が通過したところは、焚蕩されて何も残らない。

907年夏、

夏,四月,己酉,直抵幽州城下。仁恭猶在大安山。城中無備,幾至不守。守光自外引兵入,登城拒守;又出兵與思安戰,思安敗退。守光遂自稱節度使,命部將李小喜、元行欽將兵攻大安山。仁恭遣兵拒戰,為小喜所敗。虜仁恭以歸,囚於別室。仁恭將佐及左右,凡守光素所惡者皆殺之。銀胡□錄都指揮使王思同帥部兵三千,山後八安巡檢使李承約帥部兵二千奔河東,守光弟守奇奔契丹,未幾,亦奔河東,河東節度使晉王克用以承約為匡霸指揮使,思同為飛騰指揮使。思同母,仁恭之女也。

夏4月己酉、李思安は、幽州の城下に直抵した。劉仁恭は、なお大安山の館いいる。幽州の城中には、防備がなく、守れない。(父の愛妾と通じた)劉守光は、外から兵を引き入れ、登城して李思安を防ぐ。また兵を出して、李思安と戦う。李思安は敗退する。
劉守光は、みずから節度使を称して、部將の李小喜、元行欽に命じて(父の劉仁恭がいる)大安山を攻める。劉仁恭は敗れ、別室に囚われた。劉仁恭の左右は、もとより劉守光が悪む者である。劉守光は左右を殺した。
銀胡錄都指揮使の王思同は、3千をひきい、山後八安巡檢使の李承約は、2千をひきいて、河東(李克用)にくだる。

胡三省はいう。廬龍は、ギ州、檀州、新州、武州の4州を「山後」という。

劉守光の弟・劉守奇は、契丹に奔り、すぐに河東(李克用)に奔る。河東節度使・晉王の李克用は、李承約を匡霸指揮使とし、王思同を飛騰指揮使とする。王思同の母は、劉仁恭の娘である。

胡三省はいう。官職「匡覇」「飛騰」とは、どちらも晋王の李克用が設置した、軍都の号である。
ぼくは思う。劉仁恭は、子に叛かれて幽閉された。親族の部将たちが、李克用に流れた。こうして空中分解した。幽州の城から出て、山上の館に入り浸っているからである、という筋書き。


庚戌,梁王始御金祥殿,受百官稱臣,下書稱教令,自稱曰寡人。辛亥,令諸箋、表、簿、籍皆去唐年號,但稱月、日。丙辰,張文蔚等至大梁。
盧佶聞錢傳鐐等將至,將水軍拒之於青澳。錢傳瓘曰:「佶之精兵盡在於此,不可與戰。」乃自安固捨舟,間道襲溫州。戊午,溫州潰,擒佶斬之。吳王鏐以都監使吳璋為溫州制置使,命傳瓘等移兵討盧約於處州。
壬戌,梁王更名晃。王兄全昱聞王將即帝位,謂王曰:「朱三,爾可作天子乎!」

4月庚戌、全忠ははじめて金祥殿に御して、後梁の百官から称臣を受ける。

大梁の官制や建物について、中華書局版8672頁。

くだす文書を「教令」といい、全忠は「寡人」と自称する。4月辛亥、文書(箋、表、簿、籍)から、みな大唐の年号を去らせ、ただ月日のみいう。4月丙辰(昭宣帝の使者)張文蔚らが大梁にくる。

ぼくは思う。いいところなのに、1段落だけ関係ない話が紛れこむ。

盧佶は、錢傳鐐らが到着すると聞き、水軍をひきいて、青澳でふせぐ。銭傳瓘はいう。「廬佶の精兵がすべてここにいる。戦うべきでない」と。安固で船をすてて(陸路の)間道から温州を襲う。

青澳は、温州の東北の海中にある。「青澳門」といわれる。青澳門から船を進めて温州に入るには、その外は大洋(海)である。
安固とは、後漢の章安である。
天祐2年、廬佶は温州を陥とした。いま廬佶は滅亡した。

4月戊午、温州はついえ、廬佶は斬られた。吳王の銭鏐は、都監使の吳璋を温州制置使とした。銭傳瓘らは、兵を移して、盧約を處州に討つ。
4月壬戌、梁王の全忠は「晃」と改名した。

『薛史』はいう。ときに受禅しそう。教(文書)を下すとき、本名が2字だと、帝王の称と異なる。ゆえに1字に改名した。
ぼくは思う。大唐に対して「忠を全うする」という名は、ウソである。だから改名したのだ。字数のことも理由だろうが。わざと、話をはぐらかしている感じがする。以後は全忠を「朱晃」と書きます。

朱晃の兄の朱全昱は、朱晃が帝位につくと聞いて、朱晃にいう。「朱三が天子になれるのか」と。

甲子,張文蔚、楊涉乘輅自上源驛從冊寶,諸司各備儀衛鹵簿前導,百官從其後,至金祥殿前陳之。王被兗冕,即皇帝位。張文蔚、蘇循奉冊升殿進讀,楊涉、張策、薛貽矩、趙光逢以次奉寶升殿,讀已,降,帥百官舞蹈稱賀。帝遂與文蔚等宴於玄德殿。
帝舉酒曰:「朕輔政未久,此皆諸公推戴之力。」文蔚等皆慚懼,俯伏不能對,獨蘇循、薛貽矩及刑部尚書張禕盛稱帝功德宜應天順人。帝復與宗戚飲博於宮中,酒酣,朱全昱忽以投瓊擊盆中迸散,睨帝曰:「朱三,汝本碭山一民也,從黃巢為盜,天子用汝為四鎮節度使,富貴極矣!奈何一旦滅唐家三百年社稷,自稱帝王!行當族滅,奚以博為!」帝不懌而罷。

4月甲子、張文蔚と楊涉は、輅に乗って、上源驛から冊宝にしたがう。諸司は、おのおの儀衛・鹵簿をそなえて前導する。百官がしたがう。金祥殿の前にならぶ。朱晃は兗冕をかぶり、皇帝に即位した。

2013/08/10 6:06 夏休みの始まりに全忠が即位した。

張文蔚、蘇循は、冊を奉じて、殿を升り、進んで読む。楊涉、張策、薛貽矩、趙光逢も、のぼって読む。百官をひきいて舞踏して、朱晃の即位を賀した。朱晃と張文蔚らは、玄德殿で酒宴した。
朱晃は酒をあげていう。「私の(大唐における)輔政は久しくない。みな諸公の推戴のおかげだ」と。

ぼくは思う。受禅の資格は、輔政が久しいことらしい。朱晃は、遠回しにこれを言っている。輔政が久しくなくても、諸臣(もと同僚)が推薦してくれれば、補えるらしい、という前提も分かる。

張文蔚らは、みな慚懼し、俯伏して答えない。蘇循と薛貽矩、刑部尚書の張禕盛だけが「朱晃の功德は、天に応じ、人に順うものだ」という。
朱晃は、宗戚と宮中で飲む。

「宗」は同姓、「戚」は異姓の親族である。

兄の朱全昱は、瓊を投げ、盆にあてた。

「瓊」がどんなモノか。中華書局版8673頁。
兄の朱全昱とのやりとりの異説は中華書局版8673頁。

朱全昱には朱晃をにらむ。「朱三は、もとは碭山の1人の民だった。黄巣の乱で、大唐の天子から(天復元年)四鎮節度使にしてもらい、富貴をきわめた。どうして大唐300年(じつは290年)の社稷をほろぼし、みずから帝王を称するか。我らが族滅されるべきだと、広めたな」と。朱晃は懌せず、酒宴を罷めた。

乙丑,命有司告天地、宗廟、社稷。丁卯,遣使宣諭州、鎮。戊辰,大赦,改元,國號大梁。奉唐昭宣帝為濟陰王,皆如前代故事,唐中外舊臣官爵並如故。以汴州為開封府,命曰東都;以故東都為西都;廢故西京,以京兆府為大安府,置佑國軍於大安府,更名魏博曰天雄軍。遷濟陰王於曹州,栫之以棘,使甲士守之。
辛未,以武安節度使馬殷為楚王。

4月乙丑、有司に命じて、天地、宗廟、社稷に(受禅を)告げさせた。4月丁卯、州鎮に宣諭した。4月戊辰、大赦・改元する。

胡三省によると、大赦を載せない史料が、けっこうある。

国号を大梁とする。大唐の昭宣帝を濟陰王(曹州の済陰郡の王)とする。みな前代の故事のまま。大唐の中外の旧臣の官爵は、もとのまま。汴州を開封府として「東都」とした。もとの東都を西都とした。もと西京を廃した。京兆府を大安府とした。

大唐は長安を西京とし、洛陽を東京とした。いま大梁を都として、洛陽の東にある。ゆえに洛陽を西都として、大梁を東都とした。長安を(西の西とも言えず)大安府とした。

佑國軍を大安府におく。魏博を天雄軍とする。濟陰王を曹州にうつし、棘(囲)んで、甲士に守らせる。

『通鑑』昭宗の天祐元年4月、魏博を天雄軍とするという記事がある。けだし、ふたたび朱晃の意図から出たので、記事が重複する。しかし軍額がいつ変更されたかは分からない。

4月辛未、武安節度使の馬殷を楚王とした。

馬殷は郡王にならず、いきなり国王にとんだ。朱晃が即位したばかりの特恩である。


以宣武掌書記、太府卿敬翔知崇政院事,以備顧問,參謀議,於禁中承上旨,宣於宰相而行之。宰相非進對時有所奏請及已受旨應復請者,皆具記事因崇政院以聞,得旨則復宣於宰相。翔為人沉深,有智略,在幕府三十餘年,軍謀、民政,帝一以委之。翔盡心勤勞,晝夜不寐,自言惟馬上乃得休息,帝性暴戾難近,人莫能測,惟翔能識其意趣。或有所不可,翔未嘗顯言,但微示持疑;帝意已悟,多為之改易。禪代之際,翔謀居多。

宣武に書記を掌させる。太府卿の敬翔を、崇政院事を知させ、顧問に備し、謀議に参じ、禁中で上旨を承け、宰相に宣べ、これを行す。宰相が進對しないとき、みな崇政院が聞いて、宰相に伝える。
敬翔の人となりは沉深で、智略がある。幕府に30余年いる。

胡三省はいう。僖宗の光啓貴に、敬翔は汴州の(朱晃の)幕府に入った。20年とするのが正しい。

軍謀と民政を、朱晃から一任された。敬翔は寝ずに働き、馬上でだけ寝た。朱晃は暴戾だが、敬翔だけは朱晃の意思をくめた。敬翔は異見を明言しないが、朱晃にほのめかした。禅代のとき、敬翔の謀略がおおかった。

追尊皇高祖考、妣以來皆為帝、後,皇考誠為烈祖文穆皇帝。妣王氏為文惠皇后。
初,帝為四鎮節度使,凡倉庫之籍,置建昌院以領之;至是,以養子宣武節度副使友文為開封尹、判院事,掌凡國之金谷。友文本康氏之子也。

朱晃の祖父母と父母に尊号をおくる。

『五代会要』はいう。後梁は、舜の臣である朱虎を祖先とした。
ぼくは思う。いつもどおりの血統の「偽作」だが、よく見つけてきたなあ。日本史でも「誰々の後胤」という立場の主張が行われる。だから、このように祖先を尊い者にもとめることに、違和感を感じそびれる。しかしこれもまた、民族誌的奇習だよね。

はじめ朱虎は、四鎮節度使となる。倉庫之籍を整備して、建昌院を置いて、籍を領した。ここにいたり、養子の宣武節度副使である朱友文を開封尹とした。判院事させ、国家の金穀を掌握させた。朱友文は、もとは康氏の子である。

乙亥,下制削奪李克用官爵。是時,惟河東、鳳翔、淮南稱「天祐」,西川稱「天復」年號。餘皆稟梁正朔,稱臣奉貢。蜀王與弘農王移檄諸道,云欲與岐王、晉王會兵興復唐室,卒無應者。蜀王乃謀稱帝,下教諭統內吏民;又遺晉王書云:「請各帝一方,俟朱溫既平,乃訪唐宗室立之,退歸籓服。」晉王復書不許,曰:「誓於此生靡敢失節。」

4月乙亥、朱虎が下制して、李克用の官爵を削奪した。

胡三省はいう。李克用は唐官を称して、大唐の年号をつかう。どうして後梁が官爵をけずれるか。

このとき、ただ河東、鳳翔、淮南だけが「天祐」の年号をつかい、西川が「天復」の年号をつかう。

天復4年、朱虎は大唐の昭宗を洛陽にうつし、天祐と改元する。河東と西河は、天祐の年号をつかわず、天復5年という。この年、後梁が大唐を滅ぼすと、河東は天祐4年という。西河は天復を使いつづける。

その他では、後梁の正朔をつかい、稱臣・奉貢する。蜀王の王建と、弘農王の楊渥は、諸道に移檄して、岐王と晉王とともに、唐室を復興する兵を興したい。応じる者がない。

ぼくは思う。後漢末テイストになってきた!

蜀王は皇帝を自称しようと謀り、領内の吏民に教諭した。また蜀王は、晋王の李克用に文書をおくる。「それぞれの地域で皇帝となろう。朱晃が打倒されたら、大唐の宗室を皇帝に立てて、退いて大唐に藩服しよう」と。晋王は「この人生において、あえて臣節を失いたくない」と。

史家はいう。李克用は夷狄の出自だが、終身で唐臣だった。天性の忠純である。
ぼくがまとめました。唐室が朱晃に禅譲した。蜀王の王建は、弘農王の楊渥とともに、晋王の李克用と岐王の李茂貞に「唐室の復興」を誘う。蜀王は晋王に「各々で皇帝となり、朱晃を倒そう。唐帝を再び立てたら、唐室に臣従しよう」と提案。晋王は「私は唐臣だから、一時的にも皇帝を称さない」という。後漢末の雰囲気に似てる?


唐末之誅宦官也,詔書至河東,晉王匿監軍張承業於斛律寺,斬罪人以應詔。至是,復以為監軍,待之加厚,承業亦為之竭力。
岐王治軍甚寬,待士卒簡易。有告部將苻昭反者,岐王直詣其家,悉去左右,熟寢經宿而還;由是眾心悅服。然御軍無紀律。及聞唐亡,以兵羸地蹙,不敢稱帝,但開岐王府,置百官,名其所居為宮殿,妻稱皇后,將吏上書稱箋表,鞭、扇、號令多擬帝者。

唐末(天復3年)に宦官を誅したとき、詔書は河東に至る。晋王の李克用は、監軍の張承業を斛律寺にかくまう。ここにおいて、ふたたび張承業を監軍にした。張承業は力を尽くした。
岐王の李茂貞は、治軍がゆるく、士卒の待遇が簡易である。部將の苻昭がそむくと、岐王は苻昭の家にゆく。左右を去らせ、2人で話して還る。軍衆の心は、李茂貞に悦服した。だが御軍に紀律がない。だが大唐が滅びると、李茂貞は皇帝を称さず、岐王府を開く。百官をおき、居住する建物を宮殿とよび、妻を皇后と称する。

胡三省はいう。李茂貞が岐王になってから、妻を皇后とよぶ。妻の称号のほうが、貴くなってしまった。このとき、百官や称号を私的に立てた者たちは、礼とはいえない。
ぼくは思う。陳寿が、劉備と劉禅を「主」といい、その妻を「皇后」とよぶ。見かけ上、妻の地位のほうが高くなり、秩序が転倒する。もし「蜀漢が外戚によって滅びた」という史実があれば、史料のなかで称号を転倒させて、陳寿が蜀漢を批判した!と言えそうだが、、ムリだな。唐末の岐王・李茂貞が、妻を皇后として、胡三省に突っこまれている件から連想した。

將吏が李茂貞に上書するものを箋表という。鞭、扇、號令を、おおく皇帝に擬えた。

鎮海節度判官羅隱說吳王鏐興兵討梁,曰:「縱無成功,猶可退保杭、越,自為東帝;奈何交臂事賊,為終古之羞乎!」鏐始以隱為不遇於唐,必有怨心,及聞其言,雖不能用,心甚義之。

鎮海節度判官の羅隠は、呉王の銭鏐に、後梁を討てという。「後梁を討つ功績がなくても、銭鏐は退いて、杭州と越州をたもち「東帝」を称せよ。(戦わずに)賊の朱晃に仕えたら、終古之羞となる」と。銭鏐は、羅隠が唐室で不遇だったので、唐室を怨むかと思っていた。だが羅隠が唐室を思う発言をきいて、羅隠を義とした。

907年5月、契丹の耶律阿保機の登場

五月,丁丑朔,以御史大夫薛貽矩為中書侍郎、同平章事。
加武順軍節度使趙王王鎔守太師,天雄節度使鄴王羅紹威守太傅,義武節度使王處直兼侍中。

5月丁丑ついたち。御史大夫の薛貽矩を、中書侍郎、同平章事とした。
武順軍節度使・趙王の王鎔に、守太師をくわえた。天雄節度使・鄴王の羅紹威に、守太傅をくわえた。義武節度使の王處直に、兼侍中をくわえた。

契丹遣其臣袍笏梅老來通好,帝遣太府少卿高頎報之。初,契丹有八部,部各有大人,相與約,推一人為王,建旗鼓以號令諸部,每三年則以次相代。咸通末,有習爾者為王,土宇始大。其後欽德為王,乘中原多故,時入盜邊。及阿保機為王,尤雄勇,五姓奚及七姓室韋、達靼咸役屬之。阿保機姓邪律氏,恃其強,不肯受代。久之,阿保機擊黃頭室韋還,七部劫之於境上,求如約。

契丹は、臣の袍笏梅老をよこして、後梁と通好する。朱晃は、太府少卿の高頎に返報させる。
はじめ契丹は、8部ある。部ごとに大人がいる。

中華書局版8677頁から、契丹の話。はぶく。

8部の大人は、1人ずつ王をだし、3年で交代する。咸通末(874)より、領土が拡大した。中原が兵乱するので、中原に侵入する。阿保機が王になると、5姓の奚と、7姓の室韋と、達靼をすべて属させた。

阿保機に属した者の明細は、中華書局版8678頁。

阿保機は、3年での交代をこばむ。みな許さない。

阿保機不得已,傳旗鼓,且曰:「我為王九年,得漢人多,請帥種落居古漢城,與漢人守之,別自為一部。」七部許之。漢城者,故後魏滑鹽縣也。地宜五穀,有鹽池之利。其後阿保機稍以兵擊滅七部,復並為一國。又北侵室韋、女真,西取突厥故地,擊奚,滅之,復立奚王而使契丹監其兵,東北諸夷皆畏服之。
是歲,阿保機帥眾三十萬寇雲州,晉王與之連和,面會東城,約為兄弟,延之帳中,縱酒,握手盡歡,約以今冬共擊梁。或勸晉王:「因其來,可擒也,」王曰:「仇敵未滅而失信夷狄,自亡之道也。」阿保機留旬日乃去,晉王贈以金繒數萬。阿保機留馬三千匹,雜畜萬計以酬之。阿保機既歸而背盟,更附於梁,晉王由是而恨之。

阿保機はやむなく旗鼓を返却していう。「私は王になって9年。漢族の人口をおおく獲得した。ふるい漢族の城も得た。漢族とともに漢族の城を守り、べつに1部をつくりたい」と。7部の族長は、これをゆるした。後魏の滑塩県(もと漁陽郡)を本拠とした。穀物ができ、塩池もある。阿保機は7部をほろぼし、1つの国にした。室韋、女真、突厥もあわせた。東北の諸夷は、阿保機に畏服した。
この歳、阿保機は30万で雲州を寇する。晋王は阿保機と連和して、東城で面会して、兄弟の盟約をむすび、「ともに朱晃を撃とう」という。

この同盟の時期について、中華書局版8679頁でモメている。

或者が晋王に「阿保機を捕らえろ」という。晋王は「仇敵(朱晃)が滅びる前に、夷狄から信頼を失うのは、滅亡の道である」という。阿保機は、旬月とどまって去る。晋王は阿保機に金繒を数万おくる。阿保機は、馬3千匹と雜畜1万で報いる。のとに阿保機は晋王との盟約にそむき、後梁につく。晋王は阿保機を恨む。

『通鑑』唐紀では「李克用」といい、君臣を分けた。『通鑑』梁紀では、李克用を「晋王」という。後梁と対等の敵国だからである。(三国の)呉蜀の義例におなじ。


己卯,以河南尹兼河陽節度使張全義為魏王;鎮海、鎮東節度使吳王錢鏐為吳越王;加清海節度使劉隱、威武節度使王審知兼侍中,乃以隱為大彭王。
癸未,以權知荊南留後高季昌為節度使。荊南舊統八州,乾符以來,寇亂相繼,諸州皆為鄰道所據,獨餘江陵。季昌到官,城邑殘毀,戶口雕耗。季昌安集流散,民皆復業。

5月己卯、河南尹兼河陽節度使の張全義を、魏王とした。鎮海、鎮東節度使・吳王の錢鏐を吳越王とした。清海節度使の劉隱と、威武節度使の王審知に、兼侍中をくわえた。劉隠を大彭王とした。

ぼくは思う。呉越王が誕生した!
胡三省はいう。宋武帝は、彭城が故郷で、江南にゆく。のちに彭城の劉氏は、名族となった。劉隠を大彭王になったのは、彭城の劉氏のことにちなむ。

5月癸未、權知荊南留後の高季昌を節度使とする。荊南が旧統した8州は、

8州とは、荊州、帰州、キョウ州、夔州、忠州、万州、灃州、朗州である。

乾符期より、寇乱があいつぐ。諸州(の治所)隣道に拠る。江陵だけが(もとの治所に)のこる。高季昌が到官したとき、城邑は殘毀し、戶口は雕耗する。高季昌は、流散した者を安集し、民を生業にもどす。

乙酉,立皇兄全昱為廣王,子友文為博王,友珪為郢王,友璋為福王,友貞為均王,友雍為賀王,友徽為建王。
辛卯,以東都舊第為建昌宮,改判建昌院事為建昌宮使。
壬辰,命保平節度使康懷貞將兵八萬會魏博兵攻潞州。
甲午,詔廢樞密院,其職事皆入於崇政院,以知院事敬翔為院使。

5月乙酉、皇兄の朱全昱を廣王とする。皇子の朱友文を博王とする。朱友珪を郢王とする。友璋為福王,友貞為均王,友雍為賀王,友徽為建王。

朱友文は、養子であり、実子たちの上におかれる。朱友珪の弑逆は、ここから禍いが始まる。

5月辛卯、東都の舊第を建昌宮とする。建昌院事を改判して、建昌宮使とする。

胡注は中華書局版8680頁。

5月壬辰、保平節度使の康懷貞に、8万をひきさせ、魏博の兵をあわせ、潞州(晋将の李嗣昭)を攻める。
5月甲午、詔して樞密院を廃する。その職事は、みな崇政院に入れる。知院事の敬翔を院使とする。

『考異』で、官制変更の時期について書いてある。


禮部尚書蘇循及其子起居郎楷自謂有功於梁,當不次擢用;循朝夕望為相,帝薄其為人,敬翔及殿中監李振亦鄙之。翔言於帝曰:「蘇循,唐之鴟梟,賣國求利,不可以立於惟新之朝。」戊戌,詔循及刑部尚書張禕等十五人並勒致仕,楷斥歸田里。循父子乃之河中依朱友謙。
盧約以處州降吳越。

禮部尚書の蘇循と、その子の起居郎の蘇楷は、後梁において功績があるが、擢用されない。蘇循は朝夕に宰相になりたいと望むが、人となりを朱晃に軽視される。

昭宣帝の天祐2年、蘇循は禅代のことをいう。これを功績とする。
『旧唐書』帝紀はいう。昭宣帝の天祐2年、蘇楷は昭宗の諡を議した。全忠は、雄猜・鑑物である。蘇楷が提案した諡号をにくみ、禅代のあと、蘇循と蘇楷の父子を遠ざけた。

敬翔および殿中監の李振も、蘇循を評価しない。敬翔は朱晃にいう。「蘇循は、唐の鴟梟である。売国して利を求めた。後梁では官職に立てるな」と。5月戊戌、蘇循と刑部尚書の張禕ら15人は、郅支させられた。蘇楷は田里に斥歸された。蘇循の父子は、河中の朱友謙をたよる。

同光初(923)、蘇循が唐荘宗にへつらう張本である。

盧約は、処州をもって呉越(銭鏐)にくだる。

僖宗の中和元年、盧約は処州による。いま滅亡した。


◆弘農王の楊渥が、楚王の馬殷に敗れる

弘農王以鄂岳觀察使劉存為西南面都招討使,岳州刺史陳知新為岳州團練使,廬州觀察使劉威為應援使,別將許玄應為監軍,將水軍三萬以擊楚。楚王馬殷甚懼,靜江軍使楊定真賀曰:「我軍勝矣!」殷問其故,定真曰:「夫戰懼則勝,驕則敗。今淮南兵直趨吾城,是驕而輕敵也;而王有懼色,吾是以知其必勝也。」殷命在城都指揮使秦彥暉將水軍三萬浮江而下,水軍副指揮使黃璠帥戰艦三百屯瀏陽口。

弘農王は、鄂岳觀察使の劉存を、西南面都招討使とする。岳州刺史の陳知新を、岳州團練使とする。廬州觀察使も劉威を、應援使とする。別將の許玄應を監軍とする。3万で楚を撃つ。楚王の馬殷はおそる。靜江軍使の楊定真は、馬殷を賀した。「馬殷の勝ちだ」と。楊定真はいう。「戦さにおいて、懼れれば勝ち、驕れば敗れる。いま淮南兵は驕っており、わが馬殷は懼れている。だから馬殷が勝つ」と。

ひどい励ましである。

馬殷は、在城都指揮使(潭州の城兵を統御)の秦彦暉に、水軍3万で長江を下らせる。水軍副指揮使の黄璠に、戦艦3百で瀏陽口に屯させる。

瀏陽口とは。孫呉は、長沙を分けて、瀏陽県をおく。隋代に廃す。


907年6月、

六月,存等遇大雨,引兵還至越堤北,彥暉追之。存數戰不利,乃遺殷書詐降。彥暉使謂殷曰:「此必詐也,勿受!」存與彥暉夾水而陣,存遙呼曰:「殺降不祥,公獨不為子孫計耶!」彥暉曰:「賊入吾境而不擊,奚顧子孫!」鼓噪而進。存等走,黃璠自瀏陽引兵絕江,與彥暉合擊,大破之,執存及知新,裨將死者百餘人,士卒死者以萬數,獲戰艦八百艘。威以餘眾遁歸,彥暉遂拔岳州。殷釋存、知新之縛,慰諭之。二人皆罵曰:「丈夫以死報主,肯事賊乎!」遂斬之。許玄應,弘農王之腹心也,常預政事,張顥、徐溫因其敗,收斬之。

6月(淮南の将)劉存らは、大雨で撤退して、堤北にいる。(馬殷の将)秦彦暉が追うと、劉存が「馬殷に降る」と文書をよこす。馬殷は「ウソだ。降伏を受けるな」という。劉存は「降伏した者を殺せば、不祥である。子孫のために考えろ」と。秦彦暉はいう。「賊が領内に入ったのに撃たねば、子孫に顔向けできない」という。劉存はにげ、黃璠は瀏陽から兵を引いて長江を絶やし、秦彦暉とあわさる。馬殷の側は、劉存と陳知新をとらえる。

この戦いの時期が、4月から6月で、史料によって異なる。

秦彦暉は岳州をぬく。馬殷は、劉存と陳知新の縛りを解き、慰諭する。2人は「丈夫は死んで主君に報いる。賊に仕えるものか」と。ついに馬殷は2人を斬る。許玄応は弘農王の楊渥の腹心である。つねに政事をあずかる。張顥と徐温は、敗戦したので許玄応を斬った。

楚王殷遣兵會吉州刺史彭玕攻洪州,不克。
康懷貞至潞州,晉昭義節度使李嗣昭、副使李嗣弼閉城拒守。懷貞晝夜攻之,半月不克,乃築壘穿蚰蜓塹而守之,內外斷絕。晉王以蕃、漢都指揮使周德威為行營都指揮使,帥馬軍都指揮使李嗣本、馬步都虞候李存璋、先鋒指揮使史建瑭、鐵林都指揮使安元信、橫衝指揮使李嗣源、騎將安金全救潞州。嗣弼,克修之子;嗣本,本姓張;建瑭,敬思之子;金全,代北人也。

楚王の馬殷は、吉州刺史の彭玕に洪州を攻めさせる。克たず。

彭玕が馬殷についたのは、昭宣帝の天祐3年である。

康懷貞が潞州に至ると、晋将の昭義節度使の李嗣昭と、副使の李嗣弼は、閉城して拒守する。康懐貞は昼夜に攻めるが、半月でも克たず。壘を築き、蚰を穿ち、塹を蜓して、潞州を守る。城の内外が断絶した。晉王は、蕃漢都指揮使の周德威を行營都指揮使とする。

胡三省はいう。周徳威は、すべての蕃州と漢州の兵をひきいる。河東(晋の李克用)の大将である。

馬軍都指揮使の李嗣本、馬步都虞候の李存璋、先鋒指揮使の史建瑭、鐵林都指揮使の安元信、橫衝指揮使の李嗣源、騎將の安金全は、周徳威にひきいられ、潞州をすくう。

部将たちの肩書きについて、胡注あり。中華書局版8682頁。
史家はいう。晋国は国を傾けて、潞州を救う。


晉兵攻澤州,帝遣左神勇軍使范居實將兵救之。
甲寅,以平盧節度使韓建守司徒、同平章事。
武貞節度使雷彥恭會楚兵攻江陵,荊南節度使高季昌引兵屯公安,絕其糧道;彥恭敗,楚兵亦走。

晉兵は澤州を攻める。朱晃は、左神勇軍使の範居実に救わせる

沢州を攻めるのは、康懐貞の後方を擬したのだ。

5月甲寅、平盧節度使の韓建を、守司徒、同平章事とする。
武貞節度使の雷彦恭は、楚兵とあわさり江陵を攻める。荊南節度使の高季昌は、兵をひいて公安(劉備が改称)に屯する。糧道を絶つ。雷彦恭は敗れ、楚兵もにげた。

907年秋、

劉守光既囚其父,自稱盧龍留後,遣使請命。秋,七月,甲午,以守光為盧龍節度使、同平章事。
靜海節度使曲裕卒,丙申,以其子權知留後顥為節度使。
雷彥恭攻岳州,不克。

劉守光は、すでに父(劉仁恭)をとらえ、みずから盧龍留後を称して、朱晃に使者をおくって、請命する。秋7月甲午、劉守光は、盧龍節度使、同平章事となる。

朱晃が群雄を片づけてしまった。何もせずに。正統の力か。

靜海節度使の曲承裕が卒した。7月丙申、子の權知留後である曲顥が節度使となる。

『考異』はいう。史書は、曲承裕と曲顥の関係を記さない。だが、史料を考えあわせると、曲顥は子である。

雷彦恭は岳州を攻めるが、克たず。

胡三省はいう。雷彦恭は、すでに楚とともに荊南を攻めた。また楚の岳州を攻めた。雷彦恭の反覆(楚に味方して敵対する)がわかる。


907年8月、

八月,丙午,賜河南尹張全義名宗奭。
辛亥,以吳越王鏐兼淮南節度使,楚王殷兼武昌節度使,各充本道招討制置使。
晉周德威壁於高河,康懷貞遣親騎都頭秦武將兵擊之,武敗。

8月丙午、河南尹の張全義に「宗奭」という名を賜る。

朱晃はもと朱全忠というから、「全義」の名を変更させた。

8月辛亥、吳越王の銭鏐は、兼淮南節度使となる。楚王の馬殷は、兼武昌節度使となる。おのおの本道の招討制置使を充す。

胡三省はいう。朱晃は、両浙(銭鏐)と湖南(馬殷)に、弘農王(楊渥)を攻めさせたい。だから先に楊渥の所領の2鎮の権限を、銭鏐と馬殷に分けたのだ。

晋将の周德威は、高河(潞州)に城壁をきずく。康懐貞は、親騎都頭の秦武に周徳威を撃たせるが、秦武は敗れた。

丁已,帝以亳州刺史李思安代懷貞為潞州行營都統,黜懷貞為行營都虞候。思安將河北兵西上,至潞州城下,更築重城,內以防奔突,外以拒援兵,謂之夾寨。調山東民饋軍糧,德威日以輕騎抄之,思安乃自東南山口築甬道,屬於夾寨。德威與諸將互往攻之,排牆填塹,一晝夜間數十發,梁兵疲於奔命。夾寨中出芻牧者,德威輒抄之,於是梁兵閉壁不出。

8月丁已、朱晃は、亳州刺史の李思安を、康懐貞に代えて、潞州行營都統とした。康懐貞を黜して、行營都虞候とした。李思安は河北の兵をひきいて西上し、潞州の城下にゆく。さらに重城を築く。潞州の城内にむけては奔突を防ぎ、城外にむけては援兵を拒ぐ。「夾寨」という。山東の民から食糧を調発する。周徳威は、軽騎で食糧をうばう。李思安は東南の山口から、甬道を築いて「夾寨」につなぐ。周徳威と諸将は、往復して攻め、牆を排し、塹を填める。1昼夜に数十回もでるので、梁兵(李思安)は疲れた。李思安は、潞州の城壁を固めて、周徳威が出てこられないように塞いだ。

907年9月、前蜀の王建が皇帝を称する

九月,雷彥恭攻涔陽、公安,高季昌擊敗之。彥恭貪殘類其父,專以焚掠為事,荊、湖間常被其患;又附於淮南。丙申,詔削彥恭官爵,命季昌與楚王殷討之。

9月、雷彦恭は涔陽と公安(江陵府)を攻める。高季昌はこれを敗る。雷彦恭は貪殘で、父(雷満)に似る。雷彦恭が焚掠するので、荊湖では雷彦恭を患い、淮南につく。9月丙申、雷彦恭の官爵をけずる。朱晃は高季昌に「楚王とともに雷彦恭を討て」と命じた。

蜀王會將佐議稱帝,皆曰:「大王雖忠於唐,唐已亡矣,此所謂『天與不取』者也。」馮涓獨獻議,請以蜀王稱制,曰:「朝興則未爽稱臣,賊在則不同為惡。」王不從,涓杜門不出。王用安撫副使、掌書記韋莊之謀,帥吏民哭三日;己亥,即皇帝位,國號大蜀。辛丑,以前東川節度使兼侍中王宗佶為中書令,韋莊為左散騎常侍、判中書門下事,閬州防禦使唐道襲為內樞密使。莊,見素之孫也。蜀主雖目不知書,好與書生談論,粗曉其理。是時唐衣冠之族多避亂在蜀,蜀主禮而用之,使修舉故事,故其典章文物有唐之遺風。蜀主長子校書郎宗仁幼以疾廢,立其次子秘書少監宗懿為遂王。

蜀王は將佐に、稱帝について議した。皆はいう。「大王は大唐に忠だが、大唐はすでに滅びた。これは「天の与えて取らず」という状態である」と。馮涓だけが献議して、王建に承制しろという。「もし大唐が復興したら称臣せねばならない。賊(朱晃)がいる(大唐が滅びた状態)と、悪をなす(王建が皇帝を称する)とを区別しなければならない。

胡三省はいう。「爽」とは「乖」である。
馮涓は、馮宿の孫である。唐室はすでに滅びたが、義はまだ故主にあると。(王建に皇帝をすすめる)韋荘、張格と仲が悪い。
ぼくは思う。大唐が滅びたから、王建が皇帝を称して良い、というロジックは通らない。確かにいま大唐が滅びているが、いつ復興するかも知れない。つまり、王建が皇帝を称して良いのは、朱晃が滅びて、かつ大唐が復興する見通しがないときだけだ。

王建は馮涓に従わず、門をとじて出ず。王建は、安撫副使、掌書記の韋莊の計画をつかい、吏民をひきいて3日哭した。9月己亥、皇帝に即位した。「大蜀」を国号とした。

『考異』は、王建の即位の時期が、史料でまちまちという。8685頁。

9月辛丑、さきの東川節度使、兼侍中の王宗佶を、中書令とした。韋莊を左散騎常侍、判中書門下事とした。閬州防禦使の唐道襲を内樞密使とした。韋荘は、韋素之の孫である。

韋素之は、天宝の末(756)に宰相となった。
ぼくは思う。天宝とは、安史の乱のとき。安史の乱の孫の世代が、いま蜀地に避難したままになっており、前蜀をつくった。

蜀主の王建は、目は書を知らないが、書生との談論を好む。あらく書の理を理解した。このとき、大唐の衣冠之族は、おおく蜀地に避難する。前蜀の王建はこれを用いた。故事を修舉させた。前蜀の典章や文物には、唐之遺風があった。

史家はいう。王建は卒伍の出身だが、儒生を用いた。

王建の長子は、校書郎の王宗仁であるが、幼いとき病気になって廃された。次子の秘書少監の王宗懿を遂王とした。

907年冬10月、

冬,十月,高季昌遣其將倪可福會楚將秦彥暉攻朗州,雷彥恭遣使乞降於淮南,且告急。弘農王遣將泠業將水軍屯平江,李饒將步騎屯瀏陽以救之,楚王殷遣岳州刺史許德勳將兵拒之。泠業進屯朗口,德勳使善游者五十人,以木枝葉覆其首,持長刀浮江而下,夜犯其營,且舉火,業軍中驚擾。德以大軍進擊,大破之,追至鹿角鎮,擒業;又破瀏陽寨,擒李饒;掠上高、唐年而歸。斬業、饒於長沙市。

冬10月、高季昌は、部将の倪可福をつかわし、楚將の秦彦暉とあわせ、朗州を攻めさせる。雷彦恭は、淮南に降伏の使者をおくる。弘農王の楊渥は雷彦恭を救うべく、部將の泠業に水軍をつけ、平江に屯させる。李饒に歩騎をつけ、瀏陽に屯させる。
楚王の馬殷は、岳州刺史の許徳勳に兵をつけ、高季昌の将をふせがせる。
泠業は朗口にすすむ。許徳勲は、泳ぎのうまい50人に、木枝葉で頭をかくし、長刀をもって長江を下らせる。夜に泠業の軍営に火をはなつ。泠業の軍中は驚擾した。許徳勲は泠業を大破した。鹿角鎮まで追い、泠業を捕らえる。また瀏陽寨をやぶり、李饒をとらえる。上高と唐年(鄂州)をかすめて帰る。泠業を斬り、李饒を長沙の市にさらす。

907年11月、

十一月,甲申,夾馬指揮使尹皓攻晉江豬嶺寨,拔之。
義昌節度使劉守文聞其弟守光幽其父,集將吏大哭曰:「不意吾家生此梟獍!吾生不如死,誓與諸君討之!」乃發兵擊守光,互有勝負。

11月甲申、夾馬指揮使の尹皓は、晉江豬嶺寨をぬく。

胡三省はいう。後梁の西都には、夾馬営がある。江猪嶺は、潞州の長子県の西にある。

義昌節度使の劉守文は、弟の劉守光が父を幽閉したと聞き、将吏をあつめて大哭した。「意ならずも、わが一族が梟や獍となった。

胡三省はいう。梟は不孝なトリで、母を食べる。獍は、悪獣である。

死んだほうがマシだ。諸君とともに、劉守光を討つと誓う」と。兵を発して、劉守文が劉守光を撃つ。勝敗がつかない。

天雄節度使鄴王紹威謂其下曰:「守光以窘急歸國,守文孤立無援,滄州可不戰服也。」乃遺守文書,諭以禍福。守文亦恐梁乘虛襲其後,戊子,遣使請降,以子延祐為質。帝拊手曰:「紹威折簡,勝十萬兵!」加守文中書令,撫納之。

天雄節度使の鄴王の羅紹威は、部下にいう。「劉守光は、急いで帰国する。

胡三省はいう。同年7月、劉守光は羅紹威に使者をおくり、請命した。

劉守文は孤立・無援である。滄州は戦わずに服するべきだ」と。羅紹威は劉守文に文書をおくり、禍福をさとす。劉守文は、後梁に背後を突かれることを恐れた。11月戊子、後梁に降伏をこい、子の劉延祐を人質に提出した。朱晃は手を拊して「羅紹威の文書は、10万の兵に勝る」という。劉守文に、中書令をくわえて撫納した。

初,帝在籓鎮,用法嚴,將校有戰沒者,所部兵悉斬之,謂之跋隊斬。士卒失主將者,多亡逸不敢歸。帝乃命凡軍士皆文其面以記軍號。軍士或思鄉里逃去,關津輒執之送所屬,無不死者,其鄉里亦不敢容。由是亡者皆聚山澤為盜,大為州縣之患。壬寅,詔赦其罪,自今雖文面亦聽還鄉里。盜減什七八。
淮南右都押牙米志誠等將兵渡淮襲穎州,克其外郭。刺史張實據子城拒守。

はじめ朱晃が藩鎮にいるとき、将校が戦没すると、部下の兵をすべて斬った。この処置を「跋隊斬」という。士卒は、将校が死ぬと逃げてしまう。朱晃は軍士の顔面に、みな軍号をイレズミして、郷里や関津でつかまえた。逃亡者は、山沢で盗賊になった。11月壬寅、朱晃は詔して、将校を死なせた罪を許した。イレズミがあっても郷里への帰還を許した。盗賊は、7-8割が減った。
淮南右都押牙の米志誠らは、淮水をわたり穎州を襲い、外郭に克つ。刺史の張実は、子城に拠って頴州を守る。

907年12月、

晉王命李存璋攻晉州,以分上黨兵勢。十二月,壬戌,詔河中、陝州發兵救之。
甲子,詔發步騎五千救穎州,米志誠等引去。

晋王の李克用は、李存璋に「晋州を攻めろ」と命じ、上黨の兵勢を分けた。12月壬戌、河中と陝州に朱晃が詔して、晋州を救わせる。
12月甲子、朱晃は歩騎5千を発して、頴州を救う。米志誠らは引去した。

丁卯,晉兵寇洺州。淮南兵攻信州,刺史危仔倡求救於吳越。

12月丁卯、晋兵が洺州を寇する。淮南の兵が信州を攻める。信州刺史の危仔倡は、呉越に救いを求めた。130810

胡三省はいう。危全諷は、危仔倡に信州を守らせた。

閉じる

908年、晋の李克用、淮南の楊渥が死ぬ

太祖神武元聖孝皇帝上開平二年(戊辰,公元九零八年)

908年春正月、晋王の李克用が死ぬ

春,正月,癸酉朔,蜀主登興義樓。有僧抉一目以獻,蜀主命飯僧萬人以報之。翰林學士張格曰:「小人無故自殘,赦其罪已幸矣,不宜復崇獎以敗風俗。」蜀主乃止。
丁丑,蜀以韋莊為門下侍郎、同平章事。
辛巳,蜀主祀南郊;壬午,大赦,改元武成。

春正月癸酉ついたち、前蜀の王建は興義樓に登る。僧侶が片目をえぐって、献物をねだるので、1万人にほどこす。翰林學士の張格はいう。「小人は理由なく、むごいことをする。風俗が乱れるから、僧侶につきあうな」と。王建はやめた。

丁丑,蜀以韋莊為門下侍郎、同平章事。
辛巳,蜀主祀南郊;壬午,大赦,改元武成。

正月丁丑、前蜀では、韋莊を門下侍郎、同平章事とした。
正月辛巳、王建は南郊を祀する。壬午に大赦し「武成」と改元する。

晉王疽發於首,病篤。周德威等退屯亂柳。晉王命其弟內外蕃漢都知兵馬使、振武節度使克寧、監軍張承業、大將李存璋、吳珙、掌書記盧質立其子晉州刺史存勖為嗣,曰:「此子志氣遠大,必能成吾事,爾曹善教導之!」

晋王の李克用は首にできものができ、病があつい。周徳威らや、退いて亂柳(潞州の屯県の境界)に屯する。晋王は、弟で内外蕃漢都知兵馬使・振武節度使の李克寧、監軍の張承業、大將の李存璋、吳珙、掌書記の盧質らに子をたくす。子とは、晉州刺史の李存勗である。「子の李存勗は、志氣が遠大だ。必ず私の事業を成す。教導してくれ」と。

『考異』はいう。李克用が死ぬとき、李存勗に3矢を示して、「1矢は劉仁恭、1矢は契丹の阿保機、1矢は朱晃に射ろ」という。だがこのとき、阿保機や、劉仁恭(と子の劉守文)と敵対していない。のちに李存勗がこれらの勢力を滅ぼすので、「李克用の遺言に従ったのだ」という話が作られたのだ。


辛卯,晉王謂存勖曰:「嗣昭厄於重圍,吾不及見矣。俟葬畢,汝與德威輩速竭力救之!」又謂克寧等曰:「以亞子累汝!」亞子,存勖小名也。言終而卒。克寧綱紀軍府,中外無敢喧嘩。
克寧久總兵柄,有次立之勢,時上黨圍未解,軍中以存勖年少,多竊議者,人情忷忷。存勖懼,以位讓克寧。克寧曰:「汝冢嗣也,且有先王之命,誰敢違之!」將吏欲謁見存勖,存勖方哀哭未出。張承業入謂存勖曰:「大孝在不墜基業,多哭何為!」因扶存勖出,襲位為河東節度使、晉王。李克寧首帥諸將拜賀,王悉以軍府事季之。以李存璋為河東軍城使、馬步都虞候。先王之時,多寵借胡人及軍士,侵擾市肆,存璋既領職,執其尤暴橫者戮之,旬月間城中肅然。

正月辛卯、晋王は李存勗にいう。「李嗣昭は、潞州で梁兵に囲まれ、私は長く会ってない。私の葬儀が終わったら、李嗣昭を救え」と。晋王は李克寧らにいう。「亞子(李存勗)のことで、面倒をかける」と李克用は卒した。李克寧は軍府を綱紀する。中外で喧嘩なし。
李克寧は、ひさしく兵柄を統御する。李克寧を、次の晋王にする動きがある。
ときに上党の包囲がとけない。軍中では、李存勗が年少だから、李克寧をおす議論がある。李存勗は懼れ、叔父の李克寧に譲位したい。李克寧は「李存勗を後嗣とするのは、先王(李克用)の命である。誰が違えるか」とことわる。将吏は李存勗に謁見したいが、李存勗は哀哭して出ない。張承業は李存勗に「大孝とは、父親の基業を失墜させぬこと。哭くな」という。

胡三省はいう。張承業が李依存をたすけて嗣位させたのは、三国呉で張昭が孫権をたすけたのに似ている。
ぼくは思う。孫策から孫権への継承は、すでに「呉帝」の継承に擬えられている。ぎゃくに張昭の振る舞いが、フィクションだと分かるのだ。

張承業は李存勗に、河東節度使、晉王を嗣がせた。李克寧は、先頭で諸將をひきいて拜賀した。李存勗は、李克寧に軍府の事を委任した。
李存璋を河東軍城使、馬步都虞候とした。李克用のとき、胡人と軍士を寵借した。彼らが市を荒らすので、李存璋が横暴な者を殺した。旬月のうちに、城中は肅然とした。

吳越王鏐遣兵攻淮南甘露鎮,以救信州。

吳越王の銭鏐は、淮南の甘露鎮を攻めることで、信州を救う。

胡三省はいう。淮南の兵を牽制したのだ。淮南の兵が、危仔倡を急襲できないようにした。


908年2月、

蜀中書令王宗佶,於諸假子為最長,且恃其功,專權驕恣。唐道襲已為樞密使,宗佶猶以名呼之;道襲心銜之而事之逾謹。宗佶多樹黨友,蜀主亦惡之。二月,甲辰,以宗佶為太師,罷政事。
蜀以戶部侍郎張格為中書侍郎、同平章事。格為相,多迎合主意;有勝己者,必以計排去之。

前蜀の中書令の王宗佶は、假子(王建の養子)のなかで最年長である。功績にたのみ、專權・驕恣する。唐道襲は、すでに枢密使の官職があるのに、王宗佶から名をよばれ、不快に思った。王宗佶には党友が多いから、王建も王宗佶をにくむ。2月甲辰、王宗佶を太師として、政事を罷めさせた。
前蜀では、戶部侍郎の張格を中書侍郎、同平章事とする。張格は宰相となり、主君の王建に迎合した。張格にまさる者があると、計って排去した。

初,晉王克用多養軍中壯士為子,寵遇如真子。及晉王存勖立,諸假子皆年長握兵,心怏怏不服,或托疾不出,或見新王不拜。李克寧權位既重,人情多向之。假子李存顥陰說克寧曰:「兄終弟及,自古有之。以叔拜侄,於理安乎!天與不取,後悔無及!」克寧曰:「吾家世以慈孝聞天下,先王之業苟有所歸,吾復何求!汝勿妄言,我且斬汝!」克寧妻孟氏,素剛悍,諸假子各遣其妻入說孟氏,孟氏以為然,且慮語洩及禍,數以迫克寧。克寧性怯,朝夕惑於眾言,心不能無動;又與張承業、李存璋相失,數誚讓之;又因事擅殺都虞候李存質;又求領大同節度使,以蔚、朔、應州為巡屬。晉王皆聽之。

はじめ晋王の李克用は、軍中で壯士を子(仮子)として養う。李存勗が晋王に立つと、仮子は不服で、出仕しない。仮子は李克寧に心をよせる。仮子の李存顥はひそかに李克寧に「殷制では兄弟が相続する。天が李克寧に与えたものを取れ。後悔してもおそい」という。李克寧は「李克用の遺命を守る。黙らねば、お前を斬る」という。
李克寧の妻は孟氏で、気がつよい。仮子たちが孟氏を説得した。孟氏は(李克寧が晋王になること)に同意して、李克寧に勧めた。李克寧は気がよわく、動揺した。張承業と李存璋とも相失し、しばしば誚讓する。李克寧は、ほしいままに都虞候の李存質を殺した。李克寧は、領大同節度使を求め、蔚、朔、應州を巡属したい。李存勗はすべてゆるす。

唐末の応州とは、金城と混源の2県である。


李存顥等為克寧謀,因晉王過其第,殺承業、存璋,奉克寧為節度使,舉河東九州附於梁,執晉王及太夫人曹氏送大梁。太原人史敬鎔,少事晉王克用,居帳下,見親信,克寧欲知府中陰事,召敬鎔,密以謀告之。敬鎔陰許之,入告太夫人,太夫人大駭,召張承業,指晉王謂之曰:「先王把此兒臂授公等,如聞外間謀欲負之,但置吾母子有地,勿送大梁,自它不以累公。」

李存顥らは、李克寧のために謀る。李存勗が第を過ぎたとき、張承業と李存璋を殺し、李克寧を節度使として、河東9州をあげて後梁につく計画である。晋王の李存勗と、太夫人の曹氏を後梁に送る計画である。

胡三省が9州をあげる。中華書局版8690頁。

太原の人の史敬鎔は、李克寧から誘われて、計画を知る。史敬鎔は協力するふりをして、太夫人(李克用の妻)に計画を話す。太夫人は張承業に話す。太夫人は、晋王を指さして張承業にいう。「先王は私にこの子の腕をとり、張承業に任せた。外に晋王を廃する計画があっても、われら母子を晋の領地に置き、後梁に送らないでほしい。張承業をわずらわせない」と。

承業惶恐曰:「老奴以死奉先王之命,此何言也!」晉王以克寧之謀告,且曰:「至親不可自相魚肉,吾苟避位,則亂不作矣。」承業曰:「克寧欲投大王母子於虎口,不除之豈有全理!」乃召李存璋、吳珙及假子李存敬、長直軍使硃守殷,使陰為之備。壬戍,置酒會諸將於府捨,伏甲執克寧、存顥於座。晉王流涕數之曰:「兒郎勖以軍府讓叔父,叔父不取。今事已定,奈何復為此謀,忍以吾母子遺仇讎乎!」克寧曰:「此皆讒人交構,夫復何言!」是日,殺克寧及存顥。

張承業は惶恐していう。「老奴は、死をもって先王之命を奉ずる。何をおっしゃる」と。晋王は李克寧の謀略を聞くと、「肉親で肉を食いあってはならない。私が李克寧に晋王を譲れば、乱が起きない」という。張承業「李克寧は、大王の母子を虎口(後梁)に投げようとしている。李克寧を除かねば、理を全うできない」と。
李存璋と吳珙、仮子の李存敬、長直軍使の硃守殷をめして、準備させる。
2月壬戍、諸将と府舎で置酒し、李克寧と李存顥をとらえた。晋王は流涕した。「私は叔父の李克寧に軍府をゆずったが、叔父は受けとらなかった。なぜいま謀略なんかするか。わが母子に仇讐をのこして忍んでいたか」と。李克寧はいう。「讒人と交構した(謀略だった)。もう言わないでくれ」と。この日、李克寧と李存顥を殺した。

胡三省はいう。李克寧が李存勗を奉じる心は、はじめは忠順であった。のちに口車に乗せられ、殺された。親属の尊い者は、君主が幼く、国(の体制)が疑わしいとき、李克寧の失敗を戒めにすべきだ。


癸亥,鴆殺濟陰王於曹州,追謚曰唐哀皇帝。
甲子,蜀兵入歸州,執刺史張瑭。辛未,以韓建為侍中,兼建昌宮使。

2月癸亥、濟陰王(昭宣帝)を曹州で鴆殺し、唐哀皇帝と追諡する。

胡三省はいう。17歳だった。

2月甲子、蜀兵は歸州に入り、帰州刺史の張瑭を殺した。2月辛未、韓建を侍中、兼建昌宮使とする。

908年3月、

李思安等攻潞州,久不下,士卒疲弊,多逃亡。晉兵猶屯余吾寨,帝疑晉王克用詐死,欲召兵還,恐晉人躡之,乃議自至澤州應接歸師,且召匡國節度使劉知俊將兵趣澤州。三月,壬申朔,帝發大梁;丁丑,次澤州。辛巳,劉知俊至。壬午,以知俊為潞州行營招討使。

李思安らは潞州を攻めるが、久しく下せない。士卒は疲弊・逃亡した。晉兵は、なお余吾寨(漢代の上党郡)に屯する。朱晃は、李克用の死が虚報だと疑い、兵をひく。晋兵に後ろを攻撃されるのを恐れ、沢州から兵を出して守らせる。匡國節度使の劉知俊を召して、沢州にゆかせる。3月申ついたち、朱晃は大梁を発して、丁丑に沢州にゆく。辛巳、劉知俊が沢州にいたる。壬午、劉知俊を、潞州行營招討使とする。

癸巳,門下侍郎、同平章事張文蔚卒。
帝以李思安久無功,亡將校四十餘人,士卒以萬計,更閉壁自守,遣使召詣行在。甲午,削思安官爵,勒歸本貫充役。斬監押楊敏貞。
晉李嗣昭固守逾年,城中資用將竭,嗣昭登城宴諸將作樂。流矢中嗣昭足,嗣昭密拔之,座中皆不覺。帝數遣使賜嗣昭詔,諭降之。嗣昭焚詔書,斬使者。

3月癸巳、門下侍郎、同平章事の張文蔚が卒した。
朱晃は、李思安が久しく無功なので、將校40余人と士卒1万をのこし、城壁を閉ざして自守させ、李思安だけを朱晃のもとに召した。3月甲午、李思安の官爵をけずり、本貫の充役に勒歸した。監押の楊敏貞を斬った。

胡三省はいう。充役とは、斉民の役を充たさせること。

晋将の李嗣昭は、年をまたいで守る。

前年12月、李嗣昭は潞州に入った。去年5月から、康懐貞は潞州を攻めている。

城中の資用が尽きそう。李嗣昭は、城壁に登って(包囲者に余裕を見せつけるため)諸將と酒宴・作樂する。流矢が李嗣昭の足にあたったが、こっそり抜いて、同席者に築かせない。朱晃はしばしば使者をおくり、李嗣昭に降伏をとく。李嗣昭は詔書を焚き、使者を斬る。

帝留澤州旬餘,欲召上黨兵還,遣使就與諸將議之。諸將以為李克用死,余吾兵且退,上黨孤城無援,請更留旬月以俟之。帝從之,命增運芻糧以饋其軍。劉知俊將精兵萬餘人擊晉軍,斬獲甚眾,表請自留攻上黨,車駕宜還京師。帝以關中空虛,慮岐人侵同華,命知俊休兵長子旬日,退屯晉州,俟五月歸鎮。

朱晃は沢州に旬余とどまる。上党の兵を召し還したい。諸将は「李克用が死に、領兵も退けば、上党は孤城・無援となる。旬月のあいだ、待ってくれ」という。

胡三省はいう。夾塞の敗、まさにこれに坐すなり。

朱晃は上党に兵をのこす。軍糧を上党に供給した。劉知俊は、精兵1万余で晋軍を撃ち、おおくを斬獲した。

胡三省はいう。劉知俊が小さく勝ち、梁兵が驕るので、梁兵は殲滅される。天が後梁を厭うことは、ここから分かる。

劉知俊は朱晃に「上党に兵を留めてほしい(他の戦線に割くな)。朱晃の車駕は、京師に還れ」という。朱晃は、関中が空虚と聞き、岐王の李茂貞に同華を侵められることを警戒した。劉知俊に長子で兵を休ませ、晋州に退かせた。5月をまち、鎮所に帰った。

蜀太師王宗佶既罷相,怨望,陰畜養死士,謀作亂。上表以為:「臣官預大臣,親則長子,國家之事,休戚是同。今儲貳未定,必啟厲階。陛下若以宗懿才堪繼承,宜早行冊禮,以臣為元帥,兼總六軍。儻以時方艱難,宗懿沖幼,臣安敢持謙不當重事!陛下既正位南面,軍旅之事宜委之臣下。臣請開元帥府,鑄六軍印,征戍征發,臣悉專行。太子視膳於晨昏,微臣握兵於環衛,萬世基業,惟陛下裁之。」蜀主怒,隱忍未發,以問唐道襲,對曰:「宗佶威望,內外懾服,足以統御諸將。」蜀主益疑之。已亥,宗佶入見,辭色悖慢。蜀主諭之,宗佶不退,蜀主不堪其忿,命衛士撲殺之。貶其黨御史中丞鄭騫為維州司戶,衛尉少卿李鋼為汶川尉,皆賜死於路。

前蜀の太師の王宗佶は、宰相を罷め、怨望して死士を畜養する。王宗佶は上表した。「私は仮子として国政をあずかる。いま皇太子が定まらない。もし陛下が、王宗懿に継承させるなら、早く冊礼を行い、私を元帥として兼総六軍させろ。王宗懿が沖幼なので、私に任せなさい。開元帥府、鑄六軍印させてくれ」と。
王建は怒り、唐道襲に問う。唐道襲はいう。「王宗佶は威望がある。内外は懾服した。諸將を統御させるに足る」と。

胡三省はいう。華洪は衆心をえたが、禍いを免れない。まして王甘佶は、おごって軽脱である。死んでも仕方ない。

王建は、ますます疑う。3月已亥、王宗佶が王建に入見したとき、辭色は悖慢である。王建は衛士に命じて、王宗佶を撲殺する。王宗佶の党与・御史中丞の鄭騫をおとしめ、維州司戶とする。衛尉少卿の李鋼を汶川尉とする。みな路中で死を賜る。

汶山は漢代の綿虎である。晋代に汶川県をおく。


908年夏4月、

初,晉王克用卒,周德威握重兵在外,國人皆疑之。晉王存勖召德威使引兵還。夏,四月,辛丑朔,德威至晉陽,留兵城外,獨徒步而入,伏先王柩,哭極哀。退,謁嗣王,禮甚恭。眾心由是釋然。

はじめ、晋王の李克用が卒すると、周徳威は重兵を外でにぎる。国人はみな周徳威を疑う。晋王の李存勗は、周徳威を召して兵をもどす。夏4月辛丑ついたち、周徳威は晋陽にきて、城外に兵をとどめ、1人でくる。先王の李克用の棺に伏して哀く。退いて李存勗にあい、礼はとても恭。衆心は釈然とした。

史家はいう。周徳威は敵に臨んで勇。上に事えて敬。


癸卯,門下侍郎、同平章事楊涉罷為右僕射;以吏部侍郎于兢為中書侍郎,翰林學士承旨張策為刑部侍郎,並同平章事。兢,琮之兄子也。夾寨奏余吾晉兵已引去,帝以為援兵不能復來,潞州必可取,丙午,自澤州南還;壬子,至大梁。梁兵在夾寨者亦不復設備。晉王與諸將謀曰:「上黨,河東之籓蔽,無上黨,是無河東也。且朱溫所憚者獨先王耳,聞吾新立,以為童子未閒軍旅,必有驕怠之心。若簡精兵倍道趣之,出其不意,破之必矣。取威定霸,在此一舉,不可失也!」張承業亦勸之行。乃遣承業及判官王緘乞師於鳳翔,又遣使賂契丹王阿保機求騎兵。岐王衰老,兵弱財竭,竟不能應。晉王大閱士卒,以前昭義節度使丁會為都招討使。甲子,帥周德威等發晉陽。

4月癸卯、門下侍郎、同平章事の楊涉を罷めて、右僕射とする。吏部侍郎の于兢を、中書侍郎とする。翰林學士承旨の張策を、刑部侍郎,並同平章事とする。于兢,于琮の兄子である。
夾寨は、余吾の晋兵がすでに引去したと奏する。朱晃は、もう晋の援兵がこないので、潞州を必ず取れると考えた。4月、丙午、沢州から南還する。壬子、朱晃が大梁にいたる。
梁兵で夾寨にいる者は、もう設備しない。

胡三省はいう。兵は設備がなくてはいけない。設備があれば、患がない。いま後梁は兵事をやるとき、上は驕であり、下は惰である。

晋王は諸将にいう。「上党は、河東の藩屏である。晋国が上党が失えば、河東を失う。朱晃がはばかったのは、先王(李克用)だけだ。童子の私が晋王になったと聞けば、おごって攻めてくる。勝てる。この機会をのがすな」と。張承業もまた、行軍を勧めた。張承業と、判官の王緘は、鳳翔に乞師した。

岐王の李茂貞は、鳳翔による。李茂貞に加勢を求めたのだ。

契丹の阿保機にも使者をだして、騎兵を求める。岐王の李茂貞は衰老して、兵は弱く、財は竭きる。晋王に応じられない。晋王は士卒を大閱し、さきの昭義節度使の丁會を都招討使とする。

胡三省はいう。丁会は潞州をもって晋王にくだる。昭宣帝の天祐3年にある。

4月甲子、周德威をひきいて、晋王は晋陽を発する。

淮南遣兵寇石首,襄州兵敗之於瀺港。又遣其將李厚將水軍萬五千趣荊南,高季昌逆戰,敗之於馬頭。

淮南(楊渥)は、兵をやり、石首を寇する。

石首についての胡注。中華書局版8694頁。

襄州の兵は、瀺港で淮南の兵をやぶる。李厚が水軍5千をひきいて荊南にゆく。高季昌が迎撃して、馬頭でこれを破る。

908年5月、弘農王の楊渥が死に、張顥があばれる

己巳,晉王軍於黃碾,距上黨四十五里。五月,辛未朔,晉王伏兵三垂岡下,詰旦大霧,進兵直抵夾寨。梁軍無斥候,不意晉兵之至,將士尚未起,軍中驚擾。晉王命周德威、李嗣源分兵為二道,德威攻西北隅,嗣源攻東北隅,填塹燒寨,鼓噪而入。梁兵大潰,南走,招討使符道昭馬倒,為晉人所殺。失亡將校士卒以萬計,委棄資糧、器械山積。

4月己巳、晋王は黃碾に進軍する。上党まで45里。
5月辛未ついたち、晋王は三垂岡(屯留県の東南)のもとに伏兵する。朝霧にまぎれ、夾寨を直撃する。梁軍は斥候がなく、将兵は寝ていて、軍中が驚擾した。晋王は、周德威と李嗣源に、兵を2つにわけて進ませる。周德威は西北隅、李嗣源は東北隅を攻める。梁兵は大潰して、南ににげる。招討使の符道昭は、馬が倒れて、晋人に殺された。梁兵は、資糧と器械を棄ててゆく。

周德威等至城下,呼李嗣昭曰:「先王已薨,今王自來,破賊夾寨。賊已去矣,可開門!」嗣昭不信,曰:「此必為賊所得,使來誑我耳。」欲射之。左右止之,嗣昭曰:「王果來,可見乎?」王自往呼之。嗣昭見王白服,大慟幾絕,城中皆哭,遂開門。初,德威與嗣昭有隙,晉王克用臨終謂晉王存勖曰:「進通忠孝,吾愛之深。今不出重圍,豈德威不忘舊怨邪!汝為吾以此意諭之。若潞圍不解,吾死不瞑目。」進通,嗣昭小名也。晉王存勖以告德威,德威感泣,由是戰夾寨甚力;既與嗣昭相見,遂歡好如初。

(攻城する)周德威らは城下にいたり、(守城する)李嗣昭にさけぶ。「先王が薨じて、いま王が自らきた。夾寨で賊を破り、賊が去った。李嗣昭は、城門を開けろ」と。李嗣昭は信じない。「(周徳威による告知は)賊のウソだ。私が開門したら、賊が城を得るだけ。(周徳威は)私を誑かすのだ」と。李嗣昭は周徳威を射ようとして、左右に止められた。李嗣昭「晋王が来ているなら、会えるか」と。晋王が自ら、李嗣昭にさけぶ。李嗣昭は、晋王の李存勗が白服なのを見て(李克用の死を信じて)気絶せんばかりに慟哭し、城門を開いた。
はじめ周徳威と李嗣昭は、仲がわるい。李克用は死にぎわに、李存勗にいう。「進通(李嗣昭)は忠孝であり、私は彼を深く愛する。いま(李嗣昭が)梁軍に重囲されて会えないが、周徳威は旧怨を忘れないだろう。私ために、2人を仲直りさせてくれ。もし潞州の包囲が解けないと(李嗣昭を救えないと)私は死んでも目を閉じられない」と。李存勗は、周徳威に「先王の李克用が、仲直りさせたがっていた」という。周徳威は感泣して、李嗣昭の救出のため、夾寨の戦いで力を尽くした。周徳威と李嗣昭は、もとどおり仲直りした。

ぼくは思う。梁臣は、顔が見えない。しかし晋臣は顔が見える。そして李存勗は、やがて大唐を復興する。晋王にエピソードが充実するのは、仕方のないことか。梁臣は、董卓や袁術と同じで、ワリを食っている。


康懷貞以百餘騎自天井關遁歸。帝聞夾寨不守,大驚,既而歎曰:「生子當如李亞子,克用為不亡矣!至如吾兒,豚犬耳!」詔所在安集散兵。
周德威、李存璋乘勝進趣澤州,刺史王班素失人心,眾不為用。龍虎統軍牛存節自西都將兵應接夾寨潰兵,至天井關,謂其眾曰:「澤州要害地,不可失也;雖無詔旨,當救之。」眾皆不欲,曰:「晉人勝氣方銳,且眾寡不敵。」存節曰:「見危不救,非義也;畏敵強而避之,非勇也。」遂舉策引眾而前。至澤州,城中人已縱火喧噪,欲應晉王,班閉牙城自守,存節至,乃定。晉兵尋至,緣城穿地道攻之,存節晝夜拒戰,凡旬有三日。劉知俊自晉州引兵救之,德威焚攻具,退保高平。

康懷貞は、1百余騎で、天井關から遁歸した。朱晃は康懐貞が夾寨を守れなかったと聞き、大驚して歎じた。「子を産むなら李存勗がいい。李克用は不亡となった。私の子は、ブタやイヌみたいなもの」と。
晋将の周德威と李存璋は、勝ちに乗じて沢州にゆく。沢州刺史の王班は、人心を失っており、軍衆をつかえない。龍虎統軍の牛存節は、西都から兵をひきい、夾寨で應接して兵がつぶれ、天井関にゆく。

龍虎軍とは、唐代の「龍武」軍である。後梁が受禅すると「武」を「虎」に改めた。西都とは、洛陽である。

牛存節は軍衆にいう。「沢州は要害の地である。失うべきでない。朱晃の詔旨はないが、沢州を救おう」と。軍衆はいやがる。「晋兵は勝って士気がたかい。衆眾、敵せず」と。牛存節はいう。「沢州の危機を見て救わなければ、義でない。強敵を畏れて避けたら、勇でない」と。沢州は晋王に降るところを、牛存節に救われた(後梁につなぎとめられた)。

『考異』はいう。『欧陽史』はいう。牛存節は、康懐英にしたがい、潞州を攻める。行営をなして、陣使を排す。すでに晋兵が夾城をやぶる。牛存節は、夾城の余兵をあつめ、天上関にゆく。晋兵が沢州を攻めると聞いて、沢州をすくう。
ほかの史料では、経緯が異なる。はぶく。中華書局版8696頁。

晋兵は、城を縁どり、地道をうがち、沢州を攻める。牛存節は昼夜まもり、3日戦う。劉知俊は、晋州から兵をひいて、沢州をすくう。周徳威は攻具を焚いて、退いて高平(漢代の泫氏県)に保する。

胡三省はいう。これより先、朱晃は劉知俊に命じて、晋州で兵を休ませた。だから沢州に、助けにくることができた。


晉王歸晉陽,休兵行賞。以周德威為振武節度使、同平章事。命州縣舉賢才,黜貪殘,寬租賦,撫孤窮,伸冤濫,禁奸盜,境內大治。以河東地狹兵少,乃訓練士卒,令騎兵不見敵無得乘馬。部分已定,無得相逾越,及留絕以避險;分道並進,期會無得差晷刻。犯者必斬。故能兼山東,取河南,由士卒精整故也。
初,晉王克用平王行瑜,唐昭宗許其承制封拜。時方鎮多行墨制,王恥與之同,每除吏必表聞。至是,晉王存勖始承制製除吏。晉王德張承業,以兄事之,每至其第,升堂拜母,賜遺甚厚。

晋王は晋陽に帰する。周德威を、振武節度使、同平章事とする。州県に賢才をあげさせ、貪殘を黜し、租賦を寬げ、孤窮を撫し、冤濫を伸し、奸盜を禁ずる。領内は大治した。

ぼくは思う。晋国は典型的な、王朝の体裁をもってきた。ここで時間をとめて、晋国の紹介が始まるのだ。

河東は、地が狹く、兵が少ない。士卒を訓練し、騎兵には敵が見えないと乗馬させない。戦場で自軍の集団がぶつかったり、離れたりしないようにした。時刻どおりの進軍を訓練した。ゆえに山東を併合でき、河南をとれた。士卒を訓練した成果である。
はじめ李克用が晋王になったとき(昭宗の乾寧2年)王行瑜を平らげた。昭宗は李克用に、承制をゆるした。ときに方鎮のおおくが、承制を行墨する。晋王は方鎮らと同じ(承制)であることを恥じ、除吏ごとに唐帝に表聞した。ここに至り、李存勗ははじめて承制をして(梁帝に断らずに)除吏した。晋王は、張承業を徳とし、兄事した。張承業が第に至るたび、堂に升り、母に拜して、厚く賜与した。

潞州圍守歷年,士民凍餒死者太半,市裡蕭條。李嗣昭勸課農桑,寬租緩刑,數年之間,軍城完復。
靜江節度使、同平章事李瓊卒,楚王殷以其弟永州刺史存知桂州事。
壬申,更以許州忠武軍為匡國軍,同州匡國軍為忠武軍,陝州保義軍為鎮國軍。

潞州は、歴年のあいだ囲まれた。士民で凍餒して死ぬ者が大半。李嗣昭は農桑を勸課して、租を寬し、刑を緩する。数年のうちに、軍も城も完復した。

史家は、言葉を究めて、李嗣昭が潞州に鎮した功績をいう。

靜江節度使、同平章事の李瓊が卒した。楚王の馬殷は、その弟の永州刺史する存知を、桂州事とした。

胡三省はいう。李瓊が静江をとったのは、昭宗の光化3年である。
ぼくは思う。「その弟」って、馬殷の弟?李瓊の弟?

5月壬申、許州の忠武軍を匡國軍とする。同州の匡國軍を忠武軍とする。陝州の保義軍を鎮國軍とする。

乙亥,楚兵寇鄂州,淮南所署知州秦裴擊破之。
淮南左牙指揮使張顥、右牙指揮使徐溫專制軍政,弘農威王心不能平,欲去之而未能。二人不自安,共謀弒王,分其地以臣於梁。戊寅,顥遣其黨紀祥等弒王於寢室,詐云暴薨。

5月乙亥、楚兵が鄂州を寇する。淮南(楊渥)がおく、知州の秦裴が楚兵を擊破する。
淮南左牙指揮使の張顥、右牙指揮使の徐温は、軍政を專制する。弘農威王の楊渥は、心が平らかでない。張顥と徐温を除去したいが、できない。2人は不安になり、ともに楊渥を弑殺して、土地を分けあい、後梁に臣従したい。5月戊寅、張顥は、党与の紀祥らを楊渥の寝室にやり、「楊渥は暴薨した」と偽って言わせた。

『考異』はいう。『呉録』はいう。張顥は、紀祥らに楊渥の寝室にいかせる。張顥は、徐温には計画を話さない。これは、徐温の汚名を回避したのだ。
楊渥は23歳だった。「暴薨」は偽りで、実際は刺殺である。


己卯,顥集將吏於府廷,夾道及庭中堂上皆列白刃,令諸將悉去衛從然後入。顥厲聲問曰:「嗣王已薨,軍府誰當主之?」三問,莫應,顥氣色益怒。幕僚嚴可求前密啟曰:「軍府至大,四境多虞,非公主之不可。然今日則恐太速。」顥曰:「何謂速也?」可求曰:「劉威、陶雅、李遇、李簡皆先王之等夷,公今自立,此曹肯為公下乎?不若立幼主輔之,諸將孰敢不從!」顥默然久之。可求因屏左右,急書一紙置袖中,麾同列詣使宅賀,眾莫測其所為,既至,可求跪讀之,乃太夫人史氏教也。大要言:「先王創業艱難,嗣王不幸早世,隆演次當立,諸將宜無負楊氏,善輔導之。」辭旨明切。顥氣色皆沮,以其義正,不敢奪,遂奉威王弟隆演稱淮南留後、東面諸道行營都統。既罷,副都統朱瑾詣可求所居,曰:「瑾年十六七即橫戈躍馬,沖犯大敵,未嘗畏懾,今日對顥,不覺流汗,公面折之如無人。乃知瑾匹夫之勇,不及公遠矣。」因以兄事之。

5月己卯、張顥は将吏を府廷にあつめる。夾道および庭中の堂上に、みな白刃をならべる。すべて諸将に衛從を去らせ(堂上の)後ろに入る。張顥は声を励まして問う。「嗣王(楊渥)はすでに薨じた。軍府は、だれを次の君主にすべきか」と。3たび問うが、答えない。張顥は益怒した。幕僚の厳可求は、ひそかに答えた。「淮南の軍府は大きいが、四境に虞れがおおい。速やかに後嗣を決めるべきだ」と。張顥「速やかにどうすれば良いか」と。厳可求「楊渥の仮子たちは、張顥が自立しても支持しない。幼主を立てて、輔けるのがよい」と。張顥は黙然とした。厳可求は袖に1紙を入れて(新君が即位する)祝賀に出席する。だれも厳可求の行動に気づかない。祝賀が終わると、厳可求は、太夫人の史氏にいう。

『九国志』はいう。楊渥の母は、史氏である。武昌郡君に封じられる。けだし楊渥が弘農王を嗣いだので、太夫人とよばれた。

厳可求「先王の楊行密は創業し、嗣王の楊渥は不幸にも死んだ。次子の楊隆演に弘農王を嗣がせろ」と。張顥は氣色を失うが、厳可求が正論をいうので、反対できない。ついに、威王の弟隆演を、淮南留後、東面諸道行營都統とする。楊隆演の官職を(王爵に登らせるため)罷めさせる。
副都統の朱瑾は、厳可求の所居を詣でて、厳可求にいう。「わたくし朱瑾は、16-17歳で橫戈・躍馬して、大敵を圧倒した。だが今日、厳可求が張顥を圧倒するのを見て、私などは匹夫之勇で、厳可求に遠く及ばないと知った」という。朱瑾は厳可求に兄事した。

顥以徐溫為浙西觀察使,鎮潤州。嚴可求說溫曰:「公捨牙兵而出外籓,顥必以弒君之罪歸公。」溫驚曰:「然則奈何?」可求曰:「顥剛愎而暗於事,公能見聽,請為公圖之。」時副使李承嗣參預軍府之政,可求又說承嗣曰:「顥凶威如此,今出徐於外,意不徒然,恐亦非公之利。」承嗣深然之。可求往見顥曰:「右牙欲之,非吾意也。業已行矣,奈何?」可求曰:「止之易耳。」明日,可求邀顥及承嗣俱詣溫,可求瞋目責溫曰:「古人不忘一飯之恩,況公楊氏宿將!今幼嗣初立,多事之時,乃求自安於外,可乎?」溫謝曰:「苟諸公見容,溫何敢自專!」由是不行。顥知可求陰附溫,夜,遣盜刺之,可求知不免,請為書辭府主。盜執刀臨之,可求操筆無懼色。盜能辨字,見其辭旨忠壯,曰:「公長者,吾不忍殺。」掠其財以覆命,曰:「捕之不獲。」顥怒曰:「吾欲得可求首,何用財為!」

徐温が浙西觀察使となり、潤州に鎮した。厳可求は徐温に説いた。「あなたは牙兵を捨てて外藩にでる。張顥は、必ず弑君(楊渥の殺害)の罪をきみに着せる」と。徐温は驚き「どうしよう」という。厳可求「張顥は剛愎で、物事にくらい。あなたのために張顥を殺したい」という。
ときに副使の李承嗣は、軍府之政に参預する。厳可求は李承嗣にいう。「張顥の凶威は、見てのとおり。いま徐温が外藩に出れば、(張顥が強まり)李承嗣に不利になる」と。李嗣昭は深く同意した。

ときに李嗣昭は、淮南行軍の副使である。

厳可求は張顥にいう。「あなたは徐温を外藩にだした。人はみな、張顥が徐温の兵権を奪って殺すとみている。警戒すべきだ」と。張顥がいう。「右牙(徐温)がこれを欲す(徐温が張顥から兵権を奪って、張顥を殺したい)のだ。私は徐温を殺す意図はない。しかし徐温との対立は撤回できない。どうしよう」と。厳可求「対立を止めるのは易しい」と。
翌日、厳可求は、張顥と李承嗣に、徐温を詣でさせた。厳可求は目をいからせ、徐温を責めた。「古人は一飯之恩を忘れない。まして徐温は、楊氏の宿將である。いま幼君(楊隆演)が立つのに、なぜ外藩にいって、自分だけ安全になることを求めるのか」と。徐温は「もし諸侯が(中央での残留を)容認してくれるなら、私は外藩にゆかない」と謝った。これにより、徐温は外藩に行かない。
張顥は、厳可求がひそかに徐温に味方する(わざと外藩ゆきを防止した)と知る。夜に盗賊をやり、厳可求を刺殺したい。厳可求は逃げられないと知り、筆記用具を持たせる。盗賊が刀で臨むが、厳可求は平然と筆をあやつる。盗賊は文字が読めた。厳可求の文書が忠壯なので、盗賊は「あなたは長者だ。殺すに忍びない」という。財を盗んで、張顥らの暗殺命令にさからう。張顥は怒った。「厳可求の首をもってこい。財なんか要らん」という。

ぼくは思う。厳可求の人柄が立派なのでない。たかが盗賊が、文字を読めて、その内容から、厳可求の人柄を判定できたところに、この逸話のおもしろさがある。文化程度の高さが表れている。


溫與可求謀誅顥,可求曰:「非鐘泰章不可。」泰章者,合肥人,時為左監門衛將軍。溫使親將彭城翟虔告之。泰章聞之喜,密結壯士三十人,夜,刺血相飲為誓。丁亥旦,直入斬顥於牙堂,並其親近。溫始暴顥弒君之罪,轘紀祥等於市。詣西宮白太夫人。太夫人恐懼,大泣曰:「吾兒沖幼,禍難如此,願保百口歸廬州,公之惠也。」溫曰:「張顥弒逆,不可不誅,夫人宜自安。」初,顥與溫謀弒威王,溫曰:「參用左、右牙兵,心必不一,不若獨用吾兵。」顥不可,溫曰:「然則獨用公兵。」顥從之。至是,窮治逆黨,皆左牙兵,也由是人以溫為實不知謀也。隆演以溫為左、右牙都指揮使,軍府事咸取決焉。以嚴可求為揚州司馬。

徐温と厳可求は、張顥を謀殺したい。厳可求「鐘泰章にしかできない」と。泰章は合肥の人で、左監門衛將軍である。徐温は、親將の彭城の翟虔から、泰章に計画を告げた。泰章は喜び、5月丁亥に、張顥とその親近を斬った。徐温は、張顥による弑君の罪をあばく。紀祥らを市で車裂にする。

ぼくは思う。徐温の立ち回りは、史料の変更の典型的なテーマ。どうやら徐温も、楊渥の殺害にからんだ。しかし、ライバルの張顥を殺し、のちに主君の楊氏をしのぐようになると、美化された。胡三省から膨らますと、そういうストーリーだよね。

西宮の太夫人は恐懼・大泣していう。「わが児は沖幼だが、禍難がある。100人だけ連れて、廬州に帰したい」と。徐温「張顥は弑逆した。誅さねばならなかった。太夫人は自安せよ」と。
はじめ張顥と徐温は、ともに弘農威王(楊渥)を弑殺しようとした。徐温「左右の牙兵は、心が一致しない。左か右か、片方だけ使おう」と。張顥「(徐温だけに手柄を渡すのは)いやだ」。徐温「張顥の兵だけ使えばよい」。張顥は計画に合意した。
ここにおいて、左牙(張顥)の兵だけが、楊渥を殺した。これにより人は、徐温(右牙の長官)が弑殺の計画を知らないと考えた。

胡三省はいう。徐温も張顥と同罪である。だが徐温は、弑君の汚名をまぬがれ、のちに呉の国政を専らにした。天啓というべきだ。

楊隆演は徐温を、左右牙都指揮使とした。軍府の事は、みな徐温が決定した。厳可求は、揚州司馬となる。

溫性沉毅,自奉簡儉,雖不知書,使人讀獄訟之辭而決之,皆中情理。先是,張顥用事,刑戮酷濫,給親兵剽奪市里。溫謂嚴可求曰:「大事已定,吾與公輩當力行善政,使人解衣而寢耳。」乃立法度,禁強暴,舉大綱,軍民安之。溫以軍旅委可求,以財賦委支計官駱知祥,皆稱其職,淮南謂之「嚴、駱」。

徐温の性質は沉毅で、簡儉を奉じる。書を知らないが、ひとに獄訟之辭を音読させ、決裁した。

ぼくは思う。死にぎわに筆をとるような、厳可求とは正反対である。

これより先、張顥は刑戮が酷濫だった。親兵に市里で剽奪させる。徐温は厳可求にいう。「大事はすでに定まる。私とあなたは力をあわせて善政をやろう。人に衣を解かせ、寝ませるな」と。徐温は、法度を立て、強暴を禁じ、大綱を挙げる。軍民は安じた。

胡三省はいう。古人は「盗賊にも道理がある」という。財産を盗むのは「小盗」で、国家を盗むのが「大盗」である。徐温は国家を盗んだ。古人の言葉は、私たちを欺くなあ。

徐温は、軍旅を厳可求にゆだねる。財賦は支計官の駱知祥にゆだねる。2人が職務を全うしたので、淮南では「嚴と駱」と並称された。

己丑,契丹王阿保機遣使隨高頎入貢,且求冊命。帝復遣司農卿渾特賜以手詔,約共滅沙陀,乃行封冊。
壬辰,夾寨諸將詣闕待罪,皆赦之。帝賞牛存節全澤州之功,以為六軍馬步都指揮使。

5月己丑、契丹王の阿保機は、高頎を随えて入貢して、後梁に冊命を求めた。

高頎が契丹に返報にいったのは、上年の5月。
胡三省はいう。夷狄は中華の国勢をみる。後梁が強いので、晋(李克用・李存勗)に叛いた。

朱晃は、司農卿の渾特をつかわし、直筆の詔書を賜う。「ともに沙陀を滅ぼそう」と約束して、封冊を行す。
5月壬辰、夾寨の諸將は、詣闕・待罪した。朱晃はみな赦す。朱晃は、牛存節が沢州を全うした功績により、牛存節を六軍馬步都指揮使とする。

雷彥恭引沅江環朗州以自守,秦彥暉頓兵月餘不戰,彥恭守備稍懈。彥暉使裨將曹德昌帥壯士夜入自水竇,內外舉火相應,城中驚亂,彥暉鼓譟壞門而入,彥恭輕舟奔廣陵。彥暉虜其弟彥雄,送於大梁。淮南以彥恭為節度副使。先是,澧州刺史向瑰與彥恭相表裡,至是亦降於楚,楚始得澧、朗二州。

雷彦恭は、沅江にひき、朗州を環して自守する。秦彦暉は、兵を頓して、1月余も戦わず。雷彦恭の守備がゆるむ。秦彦暉は、裨將の曹德昌に奇襲をさせる。秦彦暉が鼓譟して門を壊すと、雷彦恭は軽舟で廣陵ににげる。

胡三省はいう。雷満が僖宗の中和元年に、朗州に拠った。雷彦恭のとき滅びた。

秦彦暉は、雷彦恭の弟・雷彦雄をとらえ、大梁に送る。
淮南(楊隆演)は、雷彦恭を節度副使とする。
これより先、澧州刺史の向瑰と、雷彦恭とは、たがいに表裏する。ここにおいて向瑰は、楚国(馬殷)にくだる。楚国は、はじめて澧州と朗州の2州をえる。

胡三省はいう。向瑰もまた、中和元年に澧州をえる。
このあと、楚国を破るのは、澧州と朗州の兵である。


908年6月、

蜀主遣將將兵會岐兵五萬攻雍州,晉張承業亦將兵應之。六月,壬寅,以劉知俊為西路行營都招討使以拒之。
金吾上將軍王師範家於洛陽,朱友寧之妻泣訴於帝曰:「陛下化家為國,宗族皆蒙榮寵。妾夫獨不幸,因王師範叛逆,死於戰場。今仇讎猶在,妾誠痛之!」帝曰:「朕幾忘此賊!」已酉,遣使就洛陽族之。使者先鑿坑於第側,乃宣敕告之。師範盛陳宴具,與宗族列坐,謂使者曰:「死者人所不免,況有罪乎!予不欲使積屍長幼無序。」酒既行,命自幼及長,引於坑中戮之,死者凡二百人。

前蜀の王建は、將兵をつかわし、岐兵(李茂貞)の5万とあわさり、雍州を攻める。

後梁が受禅すると、京兆府を「雍州の大安府」と改めた。

晋将の張承業もまた、兵をひきいて雍州の攻撃に応じる。
6月壬寅(朱晃は)劉知俊を西路行營都招討使として、雍州を守らせる。
金吾上將軍の王師範は、洛陽に家がある。朱友寧の妻は、泣いて朱晃にいう。「陛下の家は、国となった。宗族は、蒙栄をこうむる。私の夫だけが不幸である。王師範が叛逆したとき(朱友寧は)戦場で死んだ。まだ仇敵の王師範が生きている。痛ましい」と。朱晃はいう。「私も王師範を忘れたことがない」と。
6月已酉、洛陽に使者をおくり、王師範を族殺した。先に屋敷に穴をほる。王師範は宴具をならべ、宗族と列坐する。王師範「死は人が免れないことだ。まして罪があるなら(死ぬしかない)。だが、死体が、長幼の序列なく積み重なるのはイヤだ」と。酒を飲ませ、幼から長の順序で埋めた。200人が族殺された。

丙辰,劉知俊及佑國節度使王重師大破岐兵於幕谷,晉、蜀兵皆引歸。
蜀立遂王宗懿為太子。帝欲自將擊潞州,丁卯,詔會諸道兵。

6月丙辰、劉知俊と、佑國節度使の王重師は、岐兵を幕谷で大破した。晋兵(李存勗の兵)と、蜀兵(王建の兵)は、すべて引帰する。
前蜀は、ついに王宗懿を太子とした。

王宗懿が、寿命を全うしない張本である。

朱晃は、みずから潞州を撃ちたい。6月丁卯、諸道の兵をあつめる。

908年秋7月、馬殷の楚が、茶葉の交易で富む

湖南判官高郁請聽民自採茶賣於北客,收其征以贍軍,楚王殷從之。秋,七月,殷奏於汴、荊、襄、唐、郢、復州置回圖務,運茶於河南、北,賣之以易繒纊、戰馬而歸,仍歲貢茶二十五萬斤,詔許之。湖南由是富贍。

湖南判官の高郁は、楚王の馬殷に、民が茶葉を採取して、北客に売り、軍資の足しにすることの許可を求めた。馬殷はゆるした。
秋7月、馬殷は後梁に奏して、汴、荊、襄、唐、郢、復州に、回図務(回易場)をおく。茶葉を、河南や河北に運ぶ。交易して、繒纊や戰馬と交換した。1年あたり、25万斤の茶葉が後梁に納められた。朱晃が許したので、湖南は富贍となる。

壬申,淮南將吏請於李儼,承制授楊隆演淮南節度使、東面諸道行營都統、同平章事、弘農王。
鐘泰章賞薄,泰章未嘗自言;後逾年,因醉與諸將爭言而及之。或告徐溫,以泰章怨望,請誅之,溫曰:「是吾過也。」擢為滁州刺史。

7月壬申、淮南の將吏が李𠑊に請うらく、承制して楊隆演に、淮南節度使、東面諸道行營都統、同平章事、弘農王を授けてくれと。

李𠑊の承制は、昭宗の天復2年にある。

鐘泰章への褒賞が薄いが、泰章は功績(張顥を殺害した手柄)を自分から言わない。のちに泰章が諸将と言い争い、「オレが張顥を殺した」と言ってしまった。或者が徐温につげた。或者は「泰章は(褒賞が薄いことへの)怨望があるから、怨望を誅せよ」という。徐温は「私の過失である」といい、泰章を滁州刺史に擢した。130811

閉じる

inserted by FC2 system