表紙 > 曹魏 > 孔融、袁譚、曹操に辟され、経済政策をする王脩伝

01) 孔融と袁譚に辟される

『三国志集解』を見つつ、王脩伝をやります。

豊作祭に母が死に、南陽に遊学する

王脩字叔治,北海營陵人也。年七歲喪母。母以社日亡,來歲鄰里社,脩感念母,哀甚。鄰里聞之,為之罷社。年二十,游學南陽,止張奉舍。奉舉家得疾病,無相視者,脩親隱恤之,病愈乃去。

王脩は、あざなを叔治という。北海の營陵の人。

ぼくは思う。兄がいるのかなあ。
『郡国志』はいう。青州の北海である。

7歳で母が死んだ。母が死んだのは、社日である。翌年、隣の里で社があると、王脩は哀しんだ。隣の里は、王脩の哀しみを聞き、社をやめた。

社日は、董卓伝にある。
『孝経緯』はいう。「社」とは土地の神である。封土を「社」として、功に報いる。『礼記』月令の2月の説に、択元日命人社。
ちくまは「村祭」とする。訳注はいう。立春後と立秋後の第五のつちのえの日。春を春社、秋を秋社という。土地の神を祭り、豊作をいのる。
ぼくは思う。母の死をトラウマに、王脩が悲しむのはけっこうだが、豊作の祭りを辞めさせていいのか? 隣の里だから、いいのかな。自分の里じゃないから。「豊作を祈ると、身内に不幸がおこる」なんて、しょーもない定式を立ててしまうと、王脩は「餓死の願望がある」なんてことになる。本人は、直接はそう言わなかろうが、「そういうもの」である。
、、という無責任な伏線をはったが(この部分だけ、ページ作成終了後に書いてます)伏線を回収できなかった。むしろ、曹操の司金中郎将となり、経済政策や財政を任された。餓死したいはずの人が、「いかに餓死を回避するか」ばかりを考える仕事をさせられた。逆説的だなあ。「なぜ逆説的な仕事をうまくやれたか」という問いを立てれば、こじつけの説明はつけられそうだが、そこまではしません。笑

20歳のとき、南陽に游學した。張奉の舍にとまった。

周寿昌はいう。『後漢書』毛義伝はいう。南陽の人・張奉がいた。張奉は、毛義の名をを慕った。張奉は志尚の士をとうとんだ。けだし、いま王脩が住まわせてもらったのは、この張奉である。
盧弼は考える。毛義伝には張奉はない。劉平らの列伝にある。周寿昌が誤ったのだ。廬江の毛義の名は、劉平伝のすぐ前にある。毛義は、章帝の時代の人である。張奉も章帝の時代である。王脩は漢末の人である。おそらく、毛義伝(劉平伝)の張奉と、王脩伝の張奉は、別人である。

張奉は、家をあげて病気になった。王脩が看病してから去った。

ぼくは思う。「客」がどれだけの義務を負うのか、いろんな例から集めねばならない。わざわざこの記述を残すのだから、「看病した王脩はえらいなあ」という、メタ・メッセージが隠れていなければならない。当然のことなら、わざわざ書かない。
ぼくは思う。王脩は、北海が出身。北海から南陽に遊学にいく「ルート」があったのだ。ただ道が開通してるってだけじゃなく、「南陽は学びに行く土地」という諒解があったことが大切だなあ。


初平、孔融により、県令、孝廉にあげられる

初平中,北海孔融召以為主簿,守高密令。高密孫氏素豪俠,人客數犯法。民有相劫者,賊入孫氏,吏不能執。脩將吏民圍之,孫氏拒守,吏民畏憚不敢近。脩令吏民:「敢有不攻者與同罪。」孫氏懼,乃出賊。由是豪彊懾服。舉孝廉,脩讓邴原,融不聽。

初平のとき、北海の孔融が、王脩を召して主簿とした。高密令を守した。

『郡国志』はいう。北海の高密侯国である。
ぼくは思う。王脩は、北海の出身。同郡の北海に引っぱりあげられ、同郡内の県令となった。ベタベタの北海人である。

高密の孫氏は、豪俠である。しばしば人客は、犯法した。相劫した賊が、孫氏に入りこめば、吏は執えられない。
王脩は吏民をひきい、孫氏をかこんだ。孫氏が拒守し、吏民は孫氏に近づけない。王脩は令吏に命じた。「孫氏を攻めなければ、孫氏と同罪である」と。孫氏は懼れて、賊をさしだした。これにより、豪彊は懾服した。

ぼくは思う。王脩の輝かしいエピソード。「豪強」の自律性をつぶしてこそ、県令として評価される。ぼくは、いかに孫氏を屈服させたか、というエピソード内の方法論よりも、「県令にとって、なにが稀有な手柄となるか」が気になる。
孫氏の態度もおもしろい。県令の王脩が、本気になって討伐を命じたら、すぐに怖じ気づいた。孫氏が自律できるのは、県令が及び腰のときだけである。孫氏の自律性を強調する話か、県令の権力のつよさを強調する話か。ぼくは後者だと思う。豪強って言っても、県令を無視できない。

孔融により、孝廉にあげられた。王脩は邴原に譲ったが、孔融はゆるさず。

ぼくは思う。孔融は、王脩が生涯はなれられない恩人になった。主簿にあげ、県令にあげ、孝廉にもあげてくれた。孔融が曹操に殺されたとき、王脩がどう動くかが、この列伝を読むときのお楽しみだな。


[一]融集有融答脩教曰:「原之賢也,吾已知之矣。昔高陽氏有才子八人,堯不能用,舜實舉之。原可謂不患無位之士。以遺後賢,不亦可乎!」脩重辭,融答曰:「掾清身絜己,歷試諸難,謀而鮮過,惠訓不倦。余嘉乃勳,應乃懿德,用升爾于王庭,其可辭乎!」

『孔融集』は、孔融と王脩の問答をのせる。

『後漢書』孔融伝はいう。曹丕は、孔融の文辞をふかく好んだ。天下につのり、孔融の文章をもってきたら、金帛で買いとった。以下、孔融の文章のある書籍名がつづく。はぶく。

孔融はいう。「堯が採用を漏らした賢人を、舜が採用した。私が採用を漏らした邴原を、私の後任が採用するだろう」と。なおも王脩が辞退して「邴原を孝廉に」と言った。孔融は言った。「あなたの実績はすばらしい。辞退するな」と。

ぼくは思う。いちばんすごいのは、王脩の実績ではない。自分を堯にたとえてしまう、孔融の自尊心である。


時天下亂,遂不行。頃之,郡中有反者。脩聞融有難,夜往奔融。賊初發,融謂左右曰:「能冒難來,唯王脩耳!」言終而脩至。復署功曹。

ときに天下は乱れた。王脩は孝廉だが、都にゆかず。

ぼくは思う。孝廉にあげられ、中央にゆく。後漢の基本的な原理が、ここで壊れている。これは、重要だよ。地方と中央の往復運動が、董卓によって、ぶったぎられた。

このころ、北海の郡中で、反乱がある。夜にはしり、王脩は孔融を救った。孔融は左右に「よく難を冒して來たるは、ただ王脩のみ」と言った。言い終わると、王脩が駆けつけた。

これって、人材評定の言葉だなあ。渡邉先生なら、王脩がこのとき「郡レベルの名声を得た」と言うのだろうか。言い終わった瞬間に、王脩がくるというのが「小説的」である。孔融がこれを言ったタイミングは、ちょうどこの日じゃないのかも知れないなあ。
史書を編纂する便宜として(わかりやすく、印象的にするため)、セリフをここに貼り付けたのだ。気持ちは、わかる気がする。キレイだもん。ただしぼくは、この形式をもって、「孔融のセリフはウソである」なんて、言わないけれど。

ふたたび孔融は、王脩を功曹とした。

ぼくは思う。劉備、太史慈あたりも、孔融を「救うことで」名声を得た。孔融は、助けられ上手なのか。助けられるたびに、天下の言論界に、印象にのこるセリフを吐く。だから協力を引き出しやすい。かつ史料に残りやすい。
「孔融だけが、軍事的に弱い太守で、賊に攻められてばかりいた」は、正しくない推論だと思う。まあ、北海という土地(青州)が、豪強や黄巾がつよい地勢だったのは事実だろうが。それにしても孔融は、よく助けられる。助けられる記述がのこる。


時膠東多賊寇,復令脩守膠東令。膠東人公沙盧宗彊,自為營塹,不肯應發調。脩獨將數騎徑入其門,斬盧兄弟,公沙氏驚愕莫敢動。脩撫慰其餘,由是寇少止。融每有難,脩雖休歸在家,無不至。融常賴脩以免。

ときに膠東県では、賊寇がおおい。ふたたび孔融は、王脩に膠東令を守させた。

『郡国志』はいう。北海国の膠東侯国である。
ぼくは思う。北海には、侯国がおおいのか? はじめ王脩は、高密令で、いま膠東令。どちらも北海国の侯国。侯国の分布と、豪強の自律性(治めにくさ)は、相関するのかなー。という、言いっ放し。笑

膠東人の公沙盧は、宗彊である。營塹をつくり、發調に応じない。

『後漢書』方術伝はいう。公沙穆は、北海の膠東の人。弘農令となる。
沈欽韓はいう。『群輔録』はいう。公沙穆には5子がいた。みな令名がある。京師の人はいう。「公沙氏には5龍あり。天下に無双である」
恵棟はいう。北海者旧伝(書名か?)はいう。公沙孚と荀爽は約出し、貴勢につかえないとした。荀爽は董卓のとき、巾をぬぎ、100日未満で司空となった。のちに公沙孚と荀爽は再会した。荀爽は約束をやぶったので、席を割って座った。
ぼくは思う。北海の公沙氏は、県令をだし、頴川の荀氏とつきあう官僚の家。根っから後漢に独立した豪強ではない。この官僚の家が、後漢末に、孔融にさからった。王脩は平定に向かわざるをえなかった。有力な官僚家と、自律した豪強のあいだを往復するのがおもしろい。おなじ家を、表裏から言い換えたものに違いない。

王脩は數騎をひきいて、営塹の門をくぐり、公沙盧の兄弟を斬った。公沙氏はおどろき、動けない。

ぼくは思う。またもや、豪強を征圧するパターン。今回の豪強は、わざわざ営塹してた。塢堡の1つみたいなものか。かるく軍事的な平定である。
公沙氏も、まえの孫氏も同じだが。県令が本気で討伐にくると、思っていない。だから、王脩が強硬手段にうったえると、フリーズする。
豪強は、後漢を否定するわけじゃないが、完全に服従するわけじゃない。微妙な暗黙のバランス、お約束があると思っている。そのバランスやお約束を、王脩が故意にやぶっていく。王脩は、「後漢の爪牙」みたいな人である。ちがうか、より直接的には「孔融の爪牙」というべきか。

王脩は余党を撫慰した。寇掠は少止した。孔融に困難があるごとに、王脩は家からでも駆けつけた。いつも孔融は、王脩を頼って困難をまぬがれた。

袁譚と袁紹に辟され、袁尚と戦う

袁譚在青州,辟脩為治中從事,別駕劉獻數毀短脩。後獻以事當死,脩理之,得免。時人益以此多焉。袁紹又辟脩除即墨令,後復為譚別駕。

袁譚が青州におり、王脩を辟して、袁譚の治中從事とした。しばしば別駕の劉獻が、王脩の短所を毀損した。のちに劉獻が死罪になったとき、王脩は劉獻をたすけた。ときの人は、ますます王脩をほめた。

ぼくは思う。青州刺史の袁譚のもとで、別駕と治中従事があらそっている。袁譚の別駕の名前を知れただけでも(劉獻というんだよ)この記述は、テンションがあがる。

袁紹もまた王脩を辟して、即墨令に除した。

即墨県は、呂布伝にある。
『郡国志』はいう。北海国の即墨県である。
ぼくは思う。袁譚が辟した人物が優れていると、父の袁紹が辟し直すのか。袁紹の勢力圏は、そういう出世ルートがあったのかも。つまり、袁紹の息子らが各州をおさめて、人材を探す。とくに幽州だと、袁紹の府で採用する。まるで「地方」と「中央」のようだ。袁紹の統治のありかたを、ちょっと思わせる動きだ。
ぼくは思う。つくづく王脩は、青州の北海のなかを、ウロウロするなあ。おなじ北海だから、、北海相の孔融は、袁譚に明けわたすかたちで、退いたんだっけ。孔融の動向、わすれた。いま王脩の動きを見ると、孔融というヒトより、北海というトチに結びついて、官位についてる。

のちに、ふたたび袁譚の別駕となる。

ぼくは思う。「中央」で功績をつみ、「地方」に出世して帰ってきた。青州刺史の別駕は、さっき仲の悪かった劉獻だった。この地位を、王脩が襲ったのだ。


紹死,譚、尚有隙。尚攻譚,譚軍敗,脩率吏民往救譚。譚喜曰:「成吾軍者,王別駕也。」譚之敗,劉詢起兵漯陰,諸城皆應。譚歎息曰:「今舉州背叛,豈孤之不德邪!」脩曰:「東萊太守管統雖在海表,此人不反。必來。」後十餘日,統果棄其妻子來赴譚,妻子為賊所殺,譚更以統為樂安太守。

袁紹が死ぬと、袁譚と袁尚が対立した。袁譚が袁尚に敗れると、王脩は吏民をひきいて、袁譚を救いにいった。袁譚は喜んで、「わが軍を成すのは、王別駕である」と言った。

ぼくは思う。王脩は、孔融を救ったように、袁譚を救った。行動原理は、たいてい役職に規定される。個人の主義とか交際関係を強調したくなるが(分かりやすくて面白いから)、そうでなく、王脩は仕事人間である。ほかの人たちも、そうなのだろう。孔融を個人的に崇拝したなら、いま袁譚に「浮気」した理由が説明できない。
っていうか、官職により人間関係が作られ、人間関係により官職につけられる。どちらが先、ということは、ないのかも。劉備だって、関羽と張飛と、「官職をくばる」という付き合い方で、関係をふかめた。

袁譚がやぶれた。劉詢が、漯陰で起兵した。みな諸城は劉詢に応じた。

『郡国志』はいう。青州の平原郡にある、漯陰県である。
ぼくは思う。はじめて聞いた地名。平原ってことは、袁譚の本拠地である。袁譚が袁尚に敗れたのを見て、根拠地が叛いたのだ。叛くときは、県単位で叛くのね。

袁譚は歎息した。「いま青州をあげて背叛した。私の不徳のためか」と。王脩はいった。「東萊太守の管統は、海沿いにいるが、袁譚に反さない。必ずくる」と。10余日後、管統は妻子をすてて、袁譚にきた。妻子は賊(劉詢ら)に殺された。袁譚は管統を、楽安太守とした。

東莱郡は、臧洪伝にある。楽安国は、夏侯淵伝にある。
ぼくは思う。なんか、カッコよく書いてあるが。袁譚が東莱郡を失った、ということだ。管統は、2つのものを天秤にかけた。東莱の統治権か、袁譚とのつながりか。もともと、 袁譚のおかげで、東莱太守にしてもらったのだろう。だが周囲が袁譚にそむいたので、 どちらを優先するか、選ばなければならない。
東莱の統治権をおもく見るなら、袁譚にそむいて挙兵するとよい。群雄への道だな。袁譚とのつながり(官位をくれた恩)をおもく見るなら、袁譚のもとに戻り、ふたたび任命してもらえばよい。袁譚に従う場合、軍事的な理由で、東莱は敵のものである。袁譚を助けつつ、東莱郡は捨てるという結果になる。
この天秤ゲームは、なかなか面白い。
王脩の口ぶりからすると、管統のほかの守令たちも、袁譚に任じてもらった人たちである。彼らは、土地の統治権をえらび、袁譚の恩を捨てた。こちらのほうが、大多数を占めるのだ。土地を選び、袁譚を捨てた人たちが多いから、袁譚は「わたしの不徳」と言って、ガッカリしたのだ。


譚復欲攻尚,脩諫曰:「兄弟還相攻擊,是敗亡之道也。」譚不悅,然知其志節。後又問脩:「計安出?」脩曰:「夫兄弟者,左右手也。譬人將鬭而斷其右手,而曰『我必勝』,若是者可乎?夫棄兄弟而不親,天下其誰親之!屬有讒人,固將交鬭其間,以求一朝之利,願明使君塞耳勿聽也。若斬佞臣數人,復相親睦,以禦四方,可以橫行天下。」

袁譚が「また袁尚を攻めたい」という。王脩は諫めた。「兄弟が攻めあうのは、敗亡之道である。佞臣の數人を斬り、袁尚と親睦しあい、四方をまもれば、天下に橫行できる」

ぼくは思う。佞臣を斬ることが、成功の前提なのか。袁譚のそば、袁尚のそばに、兄弟の対立をあおる連中がいたんだなあ。
袁紹、劉表、曹操、孫権。みんな後継の兄弟をあらそわせる。彼らの個人的資質を説明して、分かった気になるのは足りない。兄弟を対立させるような、配下の人材のありかたが、時代に共通するのだろう。


譚不聽,遂與尚相攻擊,請救於太祖。太祖既破冀州,譚又叛。太祖遂引軍攻譚于南皮。脩時運糧在樂安,聞譚急,將所領兵及諸從事數十人往赴譚。至高密,聞譚死,下馬號哭曰:「無君焉歸?」遂詣太祖,乞收葬譚屍。太祖欲觀脩意,默然不應。脩復曰:「受袁氏厚恩,若得收斂譚屍,然後就戮,無所恨。」太祖嘉其義,聽之。

袁譚は王脩をきかず、曹操に救いをもとめ、袁尚を攻めた。曹操が冀州(袁尚)をやぶると、ふたたび袁譚は曹操にそむいた。曹操は袁譚を、南皮でせめた。

態度の一貫しない袁譚さんだが、これは袁紹伝の後半にある。

ときに王脩は、楽安で運糧する。 王脩は、袁譚のピンチをきき、領兵と諸從事の數十人をひきい、袁譚のいる南皮にむかった。

ぼくは思う。王脩は、いつも後方にいるとか、家にいるとかする。上司がピンチのたびに、駆けつける。王脩は袁譚の属官じゃなく、そとに出ている下位の長官(いまは別駕)だからなあ。

王脩は高密で、袁譚の死を聞いた。下馬して號哭した。「君は無し。どこに歸したらよいか」と。ついに曹操をもうで、「袁譚の死体を收葬したい」といった。曹操は応じないで、王脩を観察した。ふたたび王脩がいった。「袁氏の厚恩を受けた。もし袁譚の死体を收斂できれば、私は死んでもいい」と。曹操は收斂をゆるした。

ぼくは思う。「袁氏の厚恩」とは、辟して官位をあたえたこと。県令や、州刺史の別駕にしてもらったこと。勤務中は、むしろ王脩が、袁氏に恩を施しているような働きぶりだ。だが、そもそも辟して任じたところが、恩としてカウントされてる。
袁氏が「四世三公」ですごいのは、高官だからでない。全国に門生故吏がいたからだ。つまり、辟すとか任ずとかで、恩を施してきたから。王脩が袁譚に心服したのも、おなじ方法である。辟して任ずという恩の与え方(これが袁氏の競合優位性をつくる)を、袁紹も袁譚も、さらには袁術もやった。彼らの方策は「自己撞着」してないなー。


[一]傅子曰:太祖既誅袁譚,梟其首,令曰:「敢哭之者戮及妻子。」於是王叔治、田子泰相謂曰:「生受辟命,亡而不哭,非義也。畏死忘義,何以立世?」遂造其首而哭之,哀動三軍。軍正白行其戮,太祖曰:「義士也。」赦之。
臣松之案田疇傳,疇為袁尚所辟,不被譚命。傅子合而言之,有違事實。

『傅子』はいう。曹操は袁譚のクビをさらした。「袁譚のために哭せば、本人と妻子を殺す」と令した。王脩と田畴だけが、「私は袁氏に辟命を受けた」といい、曹操の令をやぶって哭した。曹操はゆるした。
裴松之は考える。田畴伝で田畴は、袁尚には辟されたが、袁譚に辟されてない。『傅子』は、田畴が袁譚に辟されたというが、誤りである。

ぼくは補う。袁紹が5回も辟し、将軍の印をあたえ、袁尚も辟した。でも田畴は、徐無山中にいて、出てこなかった。
劉虞の使者となるが、袁紹・曹操の官爵を受けない田畴伝


次回、曹操の財政を担当し、魏国の九卿になります。

inserted by FC2 system