表紙 > ~後漢 > 献帝の動向を知るために、李傕・郭汜伝

03) 李傕が献帝を奪い、郭汜と戦う

『三国志』巻6・董卓伝にくっつく、李傕・郭汜伝をします。
袁氏から後漢王朝を守った、外戚風の宮廷政治家・董卓伝
の続編にあたります。董卓伝をやってから、9ヶ月も放置してしまった。

3人体制の1人、樊稠を殺す

諸將爭權,遂殺稠,並其眾。

諸将はあらそう。ついに樊稠を殺し、軍をあわせる。

九州春秋曰:馬騰、韓遂之敗,樊稠追至陳倉。遂語稠曰:「天地反覆,未可知也。本所爭者非私怨,王家事耳。與足下州裏人,今雖小違,要當大同,欲相與善語以別。邂逅萬一不如意,後可複相見乎!」俱卻騎前接馬,交臂相加,共語良久而別。傕兄子利隨稠,利還告傕,韓、樊交馬語,不知所道,意愛甚密。傕以是疑稠與韓遂私和而有異意。稠欲將兵東出關,從傕索益兵。因請稠會議,便於坐殺稠。

『九州春秋』はいう。馬騰と韓遂がやぶれた。樊稠は、陳倉に追いかける。韓遂は樊稠に言った。「私たちは同郷だ。手をむすぼう」と。

ぼくは思う。馬騰と韓遂を討ったのは、おもに樊稠の功績だ。李傕、郭汜、樊稠の3人体制を守ったのは、樊稠だ。しかし長安をカラにしたから、樊稠は殺された。油断できないねえ。
そして韓遂。怪しげなアジテーターとして、面目躍如のセリフ。

韓遂は樊稠と、単騎で話す。李傕の兄の子は、李利である。李利は、樊稠が韓遂と話したことをチクった。樊稠は、兵をひきいて函谷関から東へ出たいと言った。

ぼくは思う。樊稠は、献帝にしたがわない関東の地方官を、平定しに行きたかったのだろう。しかし李傕は、許さなかった。樊稠のほうが、貢献する意欲が満々なだけに、逆に討たれる。皮肉だなあ。
『後漢書』董卓伝はいう。李傕は、樊稠と韓遂が、馬をならべて笑っていたと聞いた。李傕は、樊稠を疑い始めた。袁宏『後漢紀』はいう。李利は、馬騰との戦いで勝てない。樊稠は、李利をキツく叱った。李利は、樊稠にムカついて、樊稠を陥れた。
ぼくは思う。樊稠は志が高いから、李利が力をふるわないのを許せない。樊稠のような人が、もし実力を蓄えれば、後漢は立て直されたのかも。ミニ董卓みたいな感じかなあ。

李傕は、樊稠を会議によび、その席で殺した。

章懐注は、『献帝紀』をひく。樊稠はつよく、人心をあつめる。李傕は、樊稠をウトんだ。樊稠に酒を飲ませて、騎都尉の胡封に殺させた。
ぼくは思う。下手人の名前まで、分かるのだなあ。騎都尉が、細かい仕事をしているのが気になるが、、李傕も三公レベルだもんなあ。


195年春、李傕と郭汜が争い、献帝を奪いあう

汜與傕轉相疑,戰鬥長安中。

郭汜と李傕は、疑いあい、長安の城内でたたかう。

典略曰:傕數設酒請汜,或留汜止宿。汜妻懼傕與汜婢妾而奪己愛,思有以離間之。會傕送饋,妻乃以豉為藥,汜將食,妻曰:「食從外來,倘或有故!」遂摘藥示之,曰:「一棲不二雄,我固疑將軍之信李公也。」他日傕複請汜,大醉。汜疑傕藥之,絞糞汁飲之乃解。於是遂生嫌隙,而治兵相攻。

『典略』はいう。郭汜の妻が嫉妬し、郭汜に糞汁を飲ませた。李傕と郭汜は仲がわるくなり、攻めあった。

盧弼に、たいした注釈がない。『典略』を書いた魚豢は、李傕と郭汜の争いを、バカバカしいものに貶めたかったか。もしくは、ほんとにこんな話があったか。


傕質天子於營,燒宮殿城門,略官寺,盡收乘輿服禦物置其家。

李傕は軍営で、献帝を人質とする。宮殿の城門を焼き、役所で略奪する。

章懐は『山陽公載記』を載せる。弓と弩が、役所に、雨のように降り注いだ。


獻帝起居注曰:初,汜謀迎天子幸其營,夜有亡告傕者,傕使兄子暹將數千兵圍宮,以車三乘迎天子。楊彪曰:「自古帝王無在人臣家者。舉事當合天下心,諸君作此,非是也。」暹曰:「將軍計定矣。」於是天子一乘,貴人伏氏一乘,賈詡、左靈一乘,其餘皆步從。是日,傕複移乘輿幸北塢,使校尉監塢門,內外隔絕。諸侍臣皆有饑色,時盛暑熱,人盡寒心。

『献帝起居注』はいう。はじめ郭汜は、みずからの軍営に、献帝を連れたい。

『後漢書』董卓伝はいう。安西将軍の楊定は、もと董卓の部曲将だ。李傕に殺されるのをおそれて、楊定は郭汜と合わさる。楊定と郭汜は、献帝を、手に入れたい。

李傕にもれた。李傕の兄の子・李暹が、天子をうばった。楊彪が、「天子は人臣の家にゆかない」と言った。李暹は、楊彪を聞かない。献帝と伏皇后を、李傕が車にのせた。賈詡と左霊が、したがう。

『後漢書』董卓伝はいう。ここにおいて献帝は、李傕の軍営にうつる。楊彪らは、徒歩でしたがう。李傕は金品をうばい、宮殿を焼く。
ぼくは思う。李傕に抵抗するのが、楊彪。袁術の姉妹を、妻とする人です。こちらも四世三公。のちに袁術との関係をとがめられ、曹操が罪をかぶせる。

李傕は、天子を北塢におく。

章懐注は『服虔通俗文』をひく。軍営を、「塢」という。『山陽公載記』はいう。ときに献帝は、南塢におり、李傕は北塢にいた。李傕の左耳に、矢があたった。李傕は、北塢に献帝をうつしたいが、献帝がこばむ。李傕は、むりやり献帝を動かした。李傕と郭汜は、長安の城中に、城塢を築きあって、そこにいた。
恵棟はいう。『献帝春秋』はいう。虎賁の王曹ら300人は、献帝を車にのせた。献帝と伏皇后は、李傕の軍営にゆく。恵棟はいう。王曹は、王昌であろう。
趙一清はいう。『後漢書』献帝紀はいう。興平2年(195)3月、李傕は献帝をおどし、軍営につれてくる。宮室を焼く。夏4月、伏氏を立てて皇后とした。郭汜が李傕を攻め、献帝の御前に、矢が降る。この日、李傕は献帝を北塢にうつす。つまり李傕は、北塢にいた。
ぼくは補う。『後漢書』献帝紀は、日付まで明らかだ。はぶいたが。
『後漢書』董卓伝がひく『献帝紀』はいう。郭汜と、李傕の部将・張苞、張龍は、李傕を殺そうとした。夜に門をひらき、矢を射かけた。献帝の前に、矢が降った。
ぼくは思う。経緯を整理すると。献帝は、長安の宮殿にいた。郭汜が、軍営に連れこもうとした。李傕が先手をとり、献帝を北塢に連れこむ。楊彪が反対し、賈詡が随行する。郭汜が、李傕の部将の手引をうけて、李傕を攻めた。献帝の前に、矢が降った。これが、195年の3月や4月だ。長安を出る、直前ですね。

李傕は、献帝を北塢にとじこめた。衛尉に門を守らせ、外部と遮断した。侍臣たちは、飢えた。暑いさかりだが、みな心は寒い。

帝求米五斛、牛骨五具以賜左右,傕曰:「朝餔上飯,何用米為?」乃與腐牛骨,皆臭不可食。帝大怒,欲詰責之。侍中楊琦上封事曰:「傕,邊鄙之人,習於夷風,今又自知所犯悖逆,常有怏怏之色,欲輔車駕幸黃白城以紓其憤。臣原陛下忍之,未可顯其罪也。」帝納之。初,傕屯黃白城,故謀欲徙之。傕以司徒趙溫不與己同,乃內溫塢中。溫聞傕欲移乘輿,與傕書曰:「公前讬為董公報仇,然實屠陷王城,殺戮大臣,天下不可家見而戶釋也。今爭睚眥之隙,以成千鈞之仇,民在塗炭,各不聊生,曾不改寤,遂成禍亂。朝廷仍下明詔,欲令和解,詔命不行,恩澤日損,而複欲輔乘輿于黃白城,此誠老夫所不解也。於易,一過為過,再為涉,三而弗改,滅其頂,凶。不如早共和解,引兵還屯,上安萬乘,下全生民,豈不幸甚!」傕大怒,欲遣人害溫。其從弟應,溫故掾也,諫之數日乃止。帝聞溫與傕書,問侍中常洽曰:「傕弗知臧否,溫言太切,可為寒心。」對曰:「李應已解之矣。」帝乃悅。

献帝が食事をもとめたら、李傕は腐った牛骨をだす。献帝は大怒した。侍中の楊琦が、なだめた。献帝はゆるした。

楊琦のセリフに「李傕は、献帝を黄白城にうつしたい。李傕を刺激するな」と出てくる。『後漢書』董卓伝によれば、池陽に黄白城がある。李傕は、池陽侯だ。李傕は手元に、献帝をもってこようとしている。

李傕は、司徒の趙温がしたがわないので、北塢に連れこむ。

趙一清はいう。『後漢書』趙典伝はいう。趙温は、あざなを子柔という。

趙温は、李傕を叱った。「あなたは郭汜とあらそい、黄白城に天子をうつすつもりだ。やめなさい」と。李傕は、趙温を殺したい。李傕の従弟・李応は、趙温の故掾である。李応は、李傕をいさめた。李傕は、献帝をうつすのを、やめた。

趙一清はいう。『後漢書』趙典伝では、董卓の従弟・董応となっている。おそらく范曄の誤りであろう。

献帝は、侍中の常洽に言った。「李傕は善悪がわからず、趙温は言葉がキツい。心配だ」と。常洽が言った。「もう李応がとめました」と。献帝は悦んだ。

常洽は、あざなは茂尼だ。江原の人。李傕に殺された。
趙温は、蜀郡の成都の人だ。『華陽国志』はいう。曹操が献帝を許県にうつすと、諸侯の礼をこえて、曹操が政治した。曹操は、趙温を15年間、三公とした。『後漢書』趙典伝はいう。建安十三年、趙温は司空の曹操の子・曹丕を辟して、掾とした。曹操は怒り、趙温を免官にした。曹操は、忠臣の子弟を辟したことに怒り、上奏したのだ。
ぼくは補う。曹操が丞相となり、後漢の三公をなくすときまで、趙温は三公だった。趙温がやめて、曹操は丞相となった。


195年夏、郭汜が、楊彪と張喜をとらえる

傕使公卿詣汜請和,汜皆執之。

李傕は公卿をやり、郭汜に和睦をもとめる。郭汜は、みな公卿をとらえる。

『後漢書』董卓伝はいう。献帝は、楊彪と、司空の張喜ら10余人に、李傕と郭汜を仲なおりさせたい。郭汜は従わず。公卿を人質とした。
恵棟はいう。袁宏『後漢紀』はいう。郭汜がとらえた公卿はだれか。尚書の王隆、光禄勲の劉淵、衛尉の士孫瑞、太僕の韓融、廷尉の宣璠、大鴻臚の栄郃、大司農の朱儁、将作大匠の梁邵、屯騎校尉の姜宣らである。


華嶠漢書曰:汜饗公卿,議欲攻傕。楊彪曰:「群臣共鬥,一人劫天子,一人質公卿,此可行乎?」汜怒,欲手刃之,中郎將楊密及左右多諫,汜乃歸之。

華嶠『漢書』はいう。郭汜は、李傕を攻めたい。楊彪が郭汜を叱った。郭汜は剣を手にとり、楊彪を殺したい。中郎將の楊密らが諌めたので、郭汜は楊彪を殺さない。

『後漢書』董卓伝は、郭汜が剣をとるのは同じだが、楊彪のセリフが違う。ぼくは思う。楊彪は、李傕と郭汜を守るとき、もっともホネのある人物。さすが袁術の義兄弟です。袁術と楊彪が呼応したら、強いなあ。袁術は確実に、献帝を得られる。


相攻擊連月,死者萬數。

月をまたぎ、李傕と郭汜は殺しあう。1万人が死ぬ。

獻帝起居注曰:傕性喜鬼怪左道之術,常有道人及女巫歌謳擊鼓下神,祠祭六丁,符劾厭勝之具,無所不為。又於朝廷省門外,為董卓作神坐,數以牛羊祠之,訖,過省閤問起居,求入見。傕帶三刀,手複與鞭合持一刃。侍中、侍郎見傕帶仗,皆惶恐,亦帶劍持刀,先入在帝側。傕對帝,或言「明陛下」,或言「明帝」,為帝說郭汜無狀,帝亦隨其意答應之。傕喜,出言「明陛下真賢聖主」,意遂自信,自謂良得天子歡心也。

『献帝起居注』はいう。李傕は、左道をこのむ。董卓を祭る。祭祀のための武器をもち、侍中や侍郎をびびらす。献帝は、李傕に調子を合わせて、「郭汜のバカ」と言った。李傕は、「献帝は賢いなあ」と、よろこんだ。

雖然,猶不欲令近臣帶劍在帝邊,謂人言「此曹子將欲圖我邪?而皆持刀也」。侍中李禎,傕州裏,素與傕通,語傕「所以持刀者,軍中不可不爾,此國家故事」。傕意乃解。

李傕は、献帝の近臣が帯刀することが、気に入らない。侍中の李禎は、「故事だから」と説明した。李傕は、納得した。

天子以謁者僕射皇甫酈涼州舊姓,有專對之才,遣令和傕、汜。酈先詣汜,汜受詔命。詣傕,傕不肯,曰:「我有呂布之功,輔政四年,三輔清靜,天下所知也。郭多,盜馬虜耳,何敢乃欲與吾等邪?必欲誅之。君為涼州人,觀吾方略士眾,足辦多不?多又劫質公卿,所為如是,而君苟欲利郭多,李傕有膽自知之。」酈答曰:「昔有窮後羿恃其善射,不思患難,以至於斃。近董公之強,明將軍目所見,內有王公以為內主,外有董旻、承、璜以為鯁毒,呂布受恩而反圖之,斯須之間,頭縣竿端,此有勇而無謀也。今將軍身為上將,把鉞仗節,子孫握權,宗族荷寵,國家好爵而皆據之。今郭多劫質公卿,將軍脅至尊,誰為輕重邪?張濟與郭多、楊定有謀,又為冠帶所附。楊奉,白波帥耳,猶知將軍所為非是,將軍雖拜寵之,猶不肯盡力也。」

謁者僕射の皇甫酈は、涼州の旧姓である。献帝は皇甫酈に、李傕と郭汜を和睦させたい。

『続百官志』はいう。謁者僕射は、定員1名。比1000石。謁者台は、主君に謁見する人をひきいる。古代、武芸をやったから、僕射という。皇甫酈は、皇甫嵩の従子である。袁宏『後漢紀』は、皇甫麗とする。

皇甫酈は、李傕に言った。「董卓は、董旻、董承、董璜らをひきいたが、呂布に叛かれた。李傕の見たとおりだ。李傕も、注意しなさい。張済、郭多(郭汜)、楊定は、李傕をねらっている。楊奉は白波だが、李傕をねらってる」

趙一清は言う。董旻は、董卓の弟だ。董璜は、董卓の兄の子だ。だが、なぜ董承をならべるか。董承は、河間の人だ。董卓と同郡でない。同姓だから、混ざりこんだのだろう。
『後漢書』董卓伝はいう。李傕は、もと牛輔の部曲だ。董承は、安集将軍だ。このとき董承は、「行間」にいた。ぼくは思う。「行間」って、なんだろう。董承が、長安にいるってことでいいのか。もしくは李傕は、牛輔の部曲だった時代、董承を見たよねってことか。


傕不納酈言,而呵之令出。酈出,詣省門,白傕不肯從詔,辭語不順。侍中胡邈為傕所幸,呼傳詔者令飾其辭。又謂酈曰:「李將軍於卿不薄,又皇甫公為太尉,李將軍力也。」酈答曰:「胡敬才,卿為國家常伯,輔弼之臣也,語言如此,寧可用邪?」邈曰:「念卿失李將軍意,恐不易耳!我與卿何事者?」酈言:「我累世受恩,身又常在幃幄,君辱臣死,當坐國家,為李傕所殺,則天命也。」

李傕は、皇甫酈を聞かず、追いかえす。侍中の胡邈は、皇甫酈と李傕の口ゲンカを、言葉を飾って(おだやかにアレンジして)、献帝に報告した。
胡邈は、皇甫酈に言った。「李傕のおかげで、皇甫酈の伯父・皇甫嵩は、太尉となれた。李傕とケンカするなよ」と。皇甫酈は答えた。「胡邈(敬才)よ、なんで李傕を弁護するのか。私は李傕に殺されても、李傕に屈しない」と。

天子聞酈答語切,恐傕聞之,便敕遣酈。酈裁出營門,傕遣虎賁王昌呼之。昌知酈忠直,縱令去,還答傕,言追之不及。天子使左中郎將李固持節拜傕為大司馬,在三公之右。傕自以為得鬼神之力,乃厚賜諸巫。

献帝は、皇甫酈の言葉がキツいので、李傕を刺激することを恐れた。皇甫酈を、長安から出した。李傕は、虎賁の王昌に、皇甫酈を追わせた。王昌は、皇甫酈を逃した。

虎賁の王昌は、上で出てきた。献帝を車に押しこみ、李傕の軍営に連れてきた人だ。けっこう活躍するなあ。『献帝春秋』にも、『献帝起居注』にも登場する。

献帝は、左中郎将の李固をやり、李傕を大司馬とし、三公の右とした。李傕は、鬼神のちからに感謝し、巫人に謝礼をだした。

章懐注は『献帝起居注』をひく。李固を、李国とする。
潘眉はいう。大司馬は、太尉である。すでに(後漢では)、大司馬を改めて、太尉とした。ふたたび大司馬をおき、太尉の上とした。古制とはちがう。
ぼくは思う。献帝の基本的な態度が、「李傕を刺激しないように」であるのが、悲しい。出自や官位のたかい人を送り、李傕と郭汜を和睦させたい。しかし、出自や官位のたかい人は、プライドも高い。李傕と、折り合ってくれない。ジレンマだ。けっきょく、出自も官位も、中くらいの人が、仲介役になる。
ともあれ、献帝の意思が、ちゃんと記されているのは面白いなあ。『起居注』はいい!


次回、最終回。献帝が長安を出発します。110330

inserted by FC2 system