表紙 > 孫呉 > 袁術が死ぬまでの忠臣、死ぬまで献帝の忠臣、孫策伝

04) 袁術の遺族を攻め、曹操につく

『三国志集解』で孫策伝をやります。
なぜ、今までやらなかったのか、自分でも分からないほど、重要かつ楽しい。
1年前、孫策伝をやった。 孫策は袁術に、絶縁状を突きつけていない
このときは『三国志集解』を見ずにやった。
今回は、『三国志集解』をつかい、補足&整理する版です。

曹操のため、廬江の劉勲、江夏の黄祖を攻める

孫策伝:後術死,長史楊弘、大將張勳等將其眾欲就策,廬江太守劉勳要擊,悉虜之,收其珍寶以歸。策聞之,偽與勳好盟。勳新得術眾,時豫章上繚宗民萬餘家在江東,策勸勳攻取之。勳既行,策輕軍晨夜襲拔廬江,勳眾盡降,勳獨與麾下數百人自歸曹公。

建安四年(199)6月、袁術が死んだ。長史の楊弘・大将の張勲は、衆をつれて孫策を頼ろうとした。だが、廬江太守の劉勲は、楊弘・張勲をとらえた。孫策は、劉勲に上繚の宗民を討とうと勧め、劉勲の本拠地を乗っ取った。劉勲は、曹操をたよる。

劉勲は、袁術が約束をやぶり、孫策の代わりに豫章太守とした人物だ。孫策が劉勲を討ったのは、建安四年(199)だ。孫権伝にある。孫権も従軍してた。
劉勲のことは、武帝紀の建安四年にある。「魏志」劉曄伝はいう。劉勲は江淮につよく、孫策は劉勲をにくんだ。
武帝紀11) 袁術の死、徐州の地勢
「劉曄伝」:『三国志集解』を横目に、陳寿と裴注の違いをぶつける
孫策にやぶれた劉勲が、曹操を頼ったのは、なぜか。劉曄がみちびき、曹操のもとに連れて行ったらしい。劉曄は、魯粛に「鄭宝いいよ」と推薦するなど、揚州を平定できる君主を探していたみたいだ。孫策は、揚州を平定できる人材に見えなかったらしい。


袁術の死後の主導権争いは、『江表伝』を見なければならない。

江表傳曰:策被詔敕,與司空曹公、衛將軍董承、益州牧劉璋等並力討袁術、劉表。軍嚴當進,會術死,術從弟胤、女婿黃猗等畏懼曹公,不敢守壽春,乃共舁術棺柩,扶其妻子及部曲男女,就劉勳於皖城。勳糧食少,無以相振,乃遣從弟偕告糴於豫章太守華歆。歆郡素少穀,遣吏將偕就海昏上繚,使諸宗帥共出三萬斛米以與偕。偕往曆月,才得數千斛。偕乃報勳,具說形狀,使勳來襲取之。勳得偕書,使潛軍到海昏邑下。宗帥知之,空壁逃匿,勳了無所得。

孫策は詔勅をもらう。「司空の曹操・衛将軍の董承・益州牧の劉璋とともに、袁術・劉表を討て」と。軍を進めようとしたとき(実は何もしてない)袁術が死んだ。

孫策は、曹操がつくった官職のネットワークに絡めとられた。袁術のネットワークからは脱出した。しかし、本拠地の獲得を優先して、袁術を攻めるには至らなかった。現実問題として、陳瑀が侵食したり、忙しかった。

袁術の従弟の袁胤・女婿の黄猗は、曹操を畏懼して、あえて寿春を守らず、袁術の棺柩と妻子・部曲をともない、皖城の劉勲を頼った。劉勲は糧食が少ないので、従弟の劉偕を、豫章太守の華歆に送り、糧食を求めた。華歆のところ(南昌)も糧食がない。華歆は部下の吏に、劉偕を海昏・上繚に連れてゆかせ、宗帥らに三万石の米を求めた。劉偕は月をまたいで(宗帥らと交渉して)数千石を得られそう。劉偕はこれを従兄の劉勲につたえ、劉勲に襲い取らせようとした。

まず宗帥から華歆に供出し、華歆がピンハネしたあと、華歆から劉勲に援助する、という手順を、劉偕が嫌ったのだろう。ピンハネを防ぐには、海昏から南昌に運びこむ前に、奪ってしまえばいい。

劉勲は、海昏の邑下に軍を潜ませた。宗帥はこれを知り、備蓄を隠してしまったから、劉勲は何も得られなかった。

時策西討黃祖,行及石城,聞勳輕身詣海昏,便分遣從兄賁、輔率八千人於彭澤待勳,自與周瑜率二萬人步襲皖城,即克之,得術百工及鼓吹部曲三萬餘人,並術、勳妻子。表用汝南李術為廬江太守,給兵三千人以守皖,皆徙所得人東詣吳。賁、輔又於彭澤破勳。勳走入楚江,從尋陽步上到置馬亭,聞策等已克皖,乃投西塞。

ときに孫策は、西のかた黄祖を討つ。孫策が石城に及ぶと、劉勲みずから海昏に向かっていると聞いた。

劉勲も勢力を拡大したい。皖城を本拠地としながら、敵対した華歆の豫章郡を切りとりに行ったのだろう。その隙を、孫策に奪われるとも知らずに。もと袁術集団を吸収したから、袁術の後継者を自認して、揚州の全域の支配に乗り出したと。兵糧が足りずにトラブルを起こすところまで、袁術の「後継者」である。

孫策は、従兄の孫賁・孫輔に8千人で彭沢において劉勲を待ち伏せさせた。孫策は周瑜とともに、2万人で皖城を破って、袁術の百工・鼓吹、部曲3万人と、袁術・劉勲の妻子をとらえた。

孫策は、東(呉郡・会稽)から、西(黄祖)を討ちにゆく。劉勲は、北(皖城)から、南(華歆)を討ちにゆく。たまたまクロスして、孫策と劉勲の戦いが起きた。
孫策は、袁術集団の遺産(ヒトもモノも)を手に入れたい。劉勲が最初の撃破の目標である。つぎに曹操の命令に従って、黄祖を撃った。孫策にとって、勢力拡大の余地があるのは西だけだから、自己の利害とも一致して、黄祖を撃っている。曹操と孫策は、①献帝の権威を認め(袁術の権威を認めず)、②劉表を敵と見なし、③姻戚関係になっているため、公私にわたって、本音と建て前にわたって、協調的な軍閥同士である。

孫策は上表して、汝南の李術を廬江太守として、3千人で皖城を守らせ、ここで得た人口は呉に行かせた。

孫策の本拠地は呉郡・会稽である。西の「前線」の皖城には、守備隊がいれば充分である。もともと袁術の生前から、孫策の本拠地は、呉郡・会稽だった。

孫賁・孫輔は、彭沢で劉勲を破った。劉勲は逃げて楚江に入り、尋陽から歩いて置馬亭にゆく。孫策に皖城を奪われたと聞き、西塞山に投じた。

至沂,築壘自守,告急於劉表,求救於黃祖。祖遣太子射船軍五千人助勳。策複就攻,大破勳。勳與偕北歸曹公,射亦遁走。策收得勳兵二千餘人,船千艘,遂前進夏口攻黃祖。時劉表遣從子虎、南陽韓晞將長矛五千,來為黃祖前鋒。策與戰,大破之。

劉勲は沂水に至り、塁を築いて自守し、劉表に告げて、黄祖に救いを求めた。黄祖は、子の黄射に水軍5千をつけて劉勲を救う。孫策は劉勲を破り、劉勲・劉偕は曹操をたよる。黄射はにげる。孫策は、劉勲の兵2千余と、船1千を得た。
孫策は、江夏で黄祖を攻めた。ときに劉表は、従子の劉虎・南陽の韓晞に長矛兵5千をつけ、黄祖の先鋒とした。孫策はこれをおおいに破った。

袁術と劉表について、考えること。袁術と劉表は、ゆるい同盟関係だ。
袁術が荊州にいたとき、劉表と戦った。孫堅が戦死したのは、劉表のせい。もちろん知ってる。しかしこれは、191年とかの話。以後、変化する。
袁術が皇帝を称したころ。劉表は張繍をつかい、曹操を攻撃した。曹昂を殺した。袁術も陳国へ出陣した。「献帝を奉戴する曹操」を支持しないという点で、利害が一致している。袁術が皇帝に即位したのは、曹操が曹昂と典韋を失ったタイミングだ。袁術と劉表は、横目で連携していたのかも。いま、袁術の遺族をかかえる劉勲を、劉表の江夏太守は、そばに置いた。「劉表は、袁術の遺族を保護した」とも言える。孫策が、劉勲と黄祖をセットで攻撃した点から、劉勲と黄祖のつながりが伺える。
これだけじゃ、弱い。もうひとつ!
197年ごろ、袁術の豫章太守・諸葛玄が死んだとき。諸葛亮は、荊州にのがれた。袁術が任じた太守の遺族を、劉表は引き取った。191年と同じく、袁術と劉表が、ずっと対立してたら、諸葛亮を拒否りそうなものだ。以上、推測を楽しみました。
さらに展望を。
劉勲は袁術の遺族をひきいる。孫策は、袁術の遺族を攻撃して、曹操の味方をする。孫策が袁術に敵対したとしたら、袁術の死後だろう。「孫策に仕えないが、孫権に仕えた」という人が多い。袁術-劉勲-(孫策)-孫権という、いびつな揚州の継承と、関係があるのかも。袁術の死後の孫策だけ、順当でない。敵対的な継承である。袁術が死んでから、孫策は敵を増やしまくった。となると。孫権政権(というか孫呉の王朝)の性格とか、赤壁開戦の経緯とか、これらの問題に飛び火する!ぴー。
孫策が置いた廬江太守の李術は、孫権には叛乱する。孫策-孫権の継承は、兄弟の間だけど、敵対的な継承だったのかも。方針が変わったのかも。


吳錄載策表曰:「臣討黃祖,以十二月八日到祖所屯沙羨縣。劉表遣將助祖,並來趣臣。臣以十一日平旦部所領江夏太守行建威中郎將周瑜、領桂陽太守行征虜中郎將呂範、領零陵太守行蕩寇中郎將程普、行奉業校尉孫權、行先登校尉韓當、行武鋒校尉黃蓋等同時俱進。身跨馬櫟陳,手擊急鼓,以齊戰勢。吏士奮激,踴躍百倍,心精意果,各競用命。越渡重塹,迅疾若飛。火放上風,兵激煙下,弓弩併發,流矢雨集,日加辰時,祖乃潰爛。鋒刃所截,猋火所焚,前無生寇,惟祖迸走。獲其妻息男女七人,斬虎、(狼)韓晞已下二萬餘級,其赴水溺者一萬餘口,船六千餘艘,財物山積。雖表未禽,祖宿狡猾,為表腹心,出作爪牙,表之鴟張,以祖氣息,而祖家屬部曲,掃地無餘,表孤特之虜,成鬼行屍。誠皆聖朝神武遠振,臣討有罪,得效微勤。」

『呉録』は孫策から献帝への上表を載せる。「建安四年(199)12月8日、沙羨で黄祖を攻めた。12月11日、周瑜、呂範、程普、孫権、韓当、黄蓋らと、黄祖を破った」と。

地理、官位など、盧弼の注釈をはぶく。孫策が全力で、曹操のために戦っていることに注意。曹操が、袁紹と劉表にハサミウチにならないよう、牽制している。
「曹操のために、がんばったよ」という報告のための上表。


官渡や許都でなく、広陵の陳氏を攻めて死去

是時哀紹方強,而策並江東,曹公力未能逞,且欲撫之。
吳曆曰:曹公聞策平定江南,意甚難之,常呼「猘兒難與爭鋒也」。
乃以弟女配策小弟匡,又為子章取賁女,皆禮辟策弟權、翊,又命揚州刺史嚴象舉權茂才。建安五年,曹公與袁紹相拒於官渡,策陰欲襲許,迎漢帝,未發,會為故吳郡太守許貢客所殺。先是,策殺貢,貢小子與客亡匿江邊。策單騎出,卒與客遇,客擊傷策。

袁紹がつよい。孫策が江東をおさえた。『呉歴』はいう。曹操は、孫策と衝突したくない。曹操は、孫氏と婚姻した。曹操は、揚州刺史の厳象に命じて、孫権を茂才にあげた。

ぼくは思う。揚州刺史は、袁術が皇帝となったとき、よく分からなくなった。袁術が揚州牧を、事実上は兼ねていたようであり。厳象は、献帝が、袁術にぶつけた揚州刺史だ。その厳象に、孫権が挙げられるとは。孫策は、曹操の部将になった。曹操の揚州支配を、認める立場だ。とくに反発の記事がないので。

孫策は、漢帝を迎えるため、許都を襲いたい。発する前に、もと呉郡太守・許貢の食客に殺された。単騎のとき、襲撃された。

韋昭『呉書』は、「孫呉が後漢を継承する王朝」という話にしたい。だから、孫策の最期の行動を、「漢帝を迎える」とした。しかし、未遂である。だれにも検証できない。
ちくま訳の孫策伝は、本文と注釈が13ページ離れている場所がある。こりゃ、全体像がわからないわけだ。誰が悪いって、陳寿が関係する史料を、はぶきすぎたのだ。孫策の動き、よほど孫呉に都合が悪いのかなあ。史料はおおいのに、陳寿は異常に簡潔だ。孫策の最期だって、ただの犬死だろうね。


吳錄曰:時有高岱者,隱於餘姚,策命出使會稽丞陸昭逆之,策虛己候焉。聞其善左傳,乃自玩讀,欲與論講。或謂之曰:「高岱以將軍但英武而已,無文學之才,若與論傳而或雲不知者,則某言符矣。」又謂岱曰:「孫將軍為人,惡勝己者,若每問,當言不知,乃合意耳。如皆辨義,此必危殆。」岱以為然,及與論傳,或答不知。策果怒,以為輕己,乃囚之。知交及時人皆露坐為請。策登樓,望見數裏中填滿。策惡其收眾心,遂殺之。
岱字孔文,吳郡人也。受性聰達,輕財貴義。其友士拔奇,取於未顯,所友八人,皆世之英偉也。太守盛憲以為上計,舉孝廉。許貢來領郡,岱將憲避難於許昭家,求救於陶謙。謙未即救,岱憔悴泣血,水漿不入口。謙感其忠壯,有申包胥之義,許為出軍,以書與貢。岱得謙書以還,而貢已囚其母。吳人大小皆為危竦,以貢宿忿,往必見害。岱言在君則為君,且母在牢獄,期於當往,若得入見,事自當解。遂通書自白,貢即與相見。才辭敏捷,好自陳謝,貢登時出其母。岱將見貢,語友人張允、沈昬令豫具船,以貢必悔,當追逐之。出便將母乘船易道而逃。貢須臾遣人追之,令追者若及於船,江上便殺之,已過則止。使與岱錯道,遂免。被誅時,年三十餘。

『呉録』はいう。孫策は、高岱を殺した。不興を買った。

盧弼に、あまり注釈がないので、はぶいた。陶謙と呉郡との関係だけは気になるので、後日。つぎに、于吉について、『江表伝』『志林』『捜神記』がある。はぶく。


江表傳曰:廣陵太守陳登治射陽,登即瑀之從兄子也。策前西征,登陰複遣間使,以印綬與嚴白虎餘黨,圖為後害,以報瑀見破之辱。策歸,複討登。軍到丹徒,須待運糧。策性好獵,將步騎數出。策驅馳逐鹿,所乘馬精駿,從騎絕不能及。初,吳郡太守許貢上表於漢帝曰:「孫策驍雄,與項籍相似,宜加貴寵,召還京邑。若被詔不得不還,若放於外必作世患。」策候吏得貢表,以示策。策請貢相見,以責讓貢。貢辭無表,策即令武士絞殺之。貢奴客潛民間,欲為貢報讎。獵日,卒有三人即貢客也。策問:「爾等何人?」答雲:「是韓當兵,在此射鹿耳。」策曰:「當兵吾皆識之,未嘗見汝等。」因射一人,應弦而倒。餘二人怖急,便舉弓射策,中頰。後騎尋至,皆刺殺之。

『江表伝』はいう。広陵太守の陳登は、射陽(広陵)にいる。陳登は、陳瑀の従兄の子だ。陳登は、孫策にやぶれた陳瑀の仇討をしたい。孫策は丹徒(呉郡)にきた。孫策は狩猟をして、殺された。

陳矯伝はいう。陳登は匡奇で、孫権にかこまれた。陳登は陳矯をやり、曹操に助けをもとめた。曹操が援軍したので、孫権はひいた。『先賢行状』はいう。陳登は、江南を呑みこみ、滅ぼす志があった。孫策は、陳登を攻めた。功曹の陳矯が、曹操に救いを求めた。ぼくは思う。陳矯伝、ノーマークだった!つぎ、やろうか。
袁紹伝はいう。建安五年(200)、黎陽にきた。孫策は、同じ歳の4月に殺された。孫策が「曹操と袁紹が対峙するので、出陣してきた」は、誤りである。陳登を攻めたのが正解だ。裴松之は上記『江表伝』にくわえ、『九州春秋』、孫盛『異同評』を見たあと、孫策が陳登を目標にしたという。原文は、はぶく。
ぼくも、それでいいと思う。孫策は曹操のために、長江をさかのぼり、西へ劉勲と黄祖を攻めた。本拠地の江東を、徐州の広陵からおりてきた陳氏に脅かされた。孫策は、江東を取り戻すため、呉郡につっこみ、そこで死んだ。スジがとおるなあ。


創甚,請張昭等謂曰:「中國方亂,夫以吳、越之眾,三江之固,足以觀成敗。公等善相吾弟!」呼權佩以印綬,謂曰:「舉江東之眾,決機於兩陳之間,與天下爭衡,卿不如我;舉賢任能,各盡其心,以保江東,我不知卿。」至夜卒,時年二十六。權稱尊號,追諡策曰長沙桓王,封子紹為吳侯,後改封上虞侯。紹卒,子奉嗣。孫皓時,訛言謂奉當立,誅死。

孫策は、キズがひどい。張昭に孫権を託した。

『呉歴』はいう。こんな顔じゃ、ダメだ。『捜神記』はいう。鏡に于吉がでた。
孫策の遺言は、ウソだ。孫権の取りまきが、後年捏造した。去年、書いた。
2010年版・孫策伝04) 許都を目指さず、遺言せず

孫策は26歳で死んだ。孫権が皇帝となると、孫策を長沙桓王とする。孫晧のとき、孫策の孫が即位するとウワサされた。殺された。

孫権は、兄の子孫に冷たくした。「兄弟は他人の始まり」という。そういう感情の動きもあっただろうが。袁術と曹操に忠誠をつくした孫策は、王朝・孫呉にとってはクロ歴史である。つぎ、陳寿の「評」などは、はぶきます。


ぼくは思う。孫策は袁術の部将をつらぬいた。袁術の死後、曹操にしたがった。孫策は、曹操の部将として死んだ。末期の孫策の態度に同調できない人が、孫権の朝廷をつくる。魯粛、諸葛瑾など、「孫策に仕えないが、孫権に仕えた士大夫」らである。彼らは、失敗した袁術から離脱したが、「江南で独立する」着想は、袁術を継承する。これを言い直すと、
前半の孫権のもとには、2種類の人がいた。①孫策を支え、曹操に従いたい人たちと、②孫権から参入し、曹操に従わない人たち。二者の対立が、どう転がるか。孫権伝に宿題を残して、孫策伝はおしまい。100412

inserted by FC2 system