表紙 > 曹魏 > 巻15・後漢をみだす袁紹を嫌い、官渡のあとに曹操に合流した司馬朗伝

袁紹を嫌い、官渡のあと曹操に合流した司馬朗伝

『三国志集解』で、巻15・司馬朗伝をやります。
200年代前半まで。

袁紹や曹操のせいで、故郷の安全をあきらめる

司馬朗字伯達,河內溫人也。

司馬朗は、あざなを伯達という。河內の溫県の人だ。

潘眉はいう。司馬芝とは、族兄弟である。楊俊伝、司馬芝伝にある。同族だから出身地を書かない例は、夏侯尚伝と夏侯淵伝、荀攸伝と荀彧伝、袁術伝と袁紹伝などがある。『後漢書』袁紹伝と袁術伝は、どちらも出身地を「汝南汝陽の人」と書くから、例外である。
ぼくは思う。司馬炎が西晋をつくるから、「司馬芝が傍系で、司馬朗が直系」みたいなイメージになる。しかし、陳寿『三国志』の列伝の順序では、司馬芝のほうが、さきに載っている。陳寿の、どういう配慮だろうか。


司馬彪序傳曰:朗祖父俊,字元異,博學好古,倜儻有大度。長八尺三寸,腰帶十圍,儀狀魁岸,與眾有異,鄉党宗族咸景附焉。位至潁川太守。父防,字建公,性質直公方,雖間居宴處,威儀不忒。雅好漢書名臣列傳,所諷誦者數十萬言。少仕州郡,曆官洛陽令、京兆尹,以年老轉拜騎都尉。養志閭巷,闔門自守。諸子雖冠成人,不命曰進不敢進,不命曰坐不敢坐,不指有所問不敢言,父子之間肅如也。年七十一,建安二十四年終。有子八人,朗最長,次即晉宣皇帝也。

『司馬彪序傳』はいう。司馬朗の祖父は、司馬俊。あざなを元異。身長は8尺3寸。鄉党や宗族がしたった。潁川太守となる。

『晋書』宣帝紀は、司馬が、夏王朝の官位に由来するという。司馬俊にいたる、祖先の名前をしるす。征西将軍、豫章太守、潁川太守をだしてきた家柄。

司馬朗の父は、司馬防という。『漢書』名臣の列傳をこのむ。洛陽令、京兆尹をつとめ、老いたので騎都尉。諸子は、司馬防が命じなければ、進まず、座らず、言わず。父子のあいだは、このとおり厳粛だ。71歳で、建安24年に死んだ。8人の子がいた。司馬朗が長男、次男は司馬懿。

趙一清はいう。『晋書』安平献王・司馬孚伝などから、八達をひく。
ぼくは思う。司馬氏は、ふつうに官位がたかい。太守のレベルを、コンスタントに、4代くらい輩出してきた。べつに『晋書』の補正をかけなくても、リッパな家だ。後漢末のふるまいに、この観点から注目したい。


九歲,人有道其父字者,朗曰:「慢人親者,不敬其親者也。」客謝之。十二,試經為童子郎,監試者以其身體壯大,疑朗匿年,劾問。朗曰:「朗之內外,累世長大,朗雖稚弱,無仰高之風,損年以求早成,非志所為也。」監試者異之。

司馬朗が9歳のとき、父のあざなを言われた。「他人の親をあなどる人は、自分の親を敬わない人だ」と言い返した。12歳のとき、経書をためされ、童子郎となる。身長が大きいので、年齢をうたがわれた。「私の家は、代々、身長が大きい」と言い返した。

童子郎は、『後漢書』左雄伝にある。汝南の謝廉と、河南の趙建年?は、12人の経書に通じた人を、童子郎としたと。ぼくは思う。12歳で、官位についちゃうくらい、家柄がよく、教養もあったのだ。三公こそ出さないが、後漢のなかで、存在感のおおきな家だろう。


後關東兵起,故冀州刺史李邵家居野王,近山險,欲徙居溫。朗謂邵曰:「脣齒之喻,豈唯虞、虢,溫與野王即是也;今去彼而居此,是為避朝亡之期耳。且君,國人之望也,今寇未至而先徙,帶山之縣必駭,是搖動民之心而開奸宄之原也,竊為郡內憂之。」邵不從。邊山之民果亂,內徙,或為寇鈔。

のちに関東が起兵した。もと冀州刺史の李邵は、家が野王にある。険しい山にちかいから、家を温県にうつしたい。

李邵は、董昭伝にある。鉅鹿太守として、公孫瓚につく。
張邈の使者として張楊に発ち、楊奉を切りくずす董昭伝

司馬朗は、李邵に言った。「野王から温県にきても、リスクはおなじ。むしろ李邵の移動により、民衆が動揺する」と。司馬朗をきかず、李邵は温県にきた。まわりの山で、民衆が乱れた。山から平地に出てきて、寇鈔した。

ぼくは思う。司馬朗の判断は、正しいなあ、という話。李邵は、冀州刺史や鉅鹿太守だが、判断がにぶくて、オロオロする役目。袁紹と公孫瓚がたたかい、つよそうな公孫瓚についた。袁紹が、董昭をつかって、李邵らを抱きこもうとした。浮動票をもっている太守である。
ともあれ、司馬朗が、故郷の安全をあきらめているのが、おかしい。董卓に荒らされるのでなく、関東が起兵したことにより、秩序が壊れてしまった。後漢をほろぼしたのは、間接的には董卓だが、直接的には関東である。あんまり言うと、曹操の悪口になるから、書いてない。
この話は、事実のうえでも、史料のうえでも、魏晋革命をささえるのかも。曹魏は、曹操がいたずらに関東を乱して、立ち上げた。司馬氏は、関東の兵乱の被害者である。乱しがちな曹魏でなく、司馬氏が、戦乱(三国鼎立)を、終わらせるのだと。


董卓の亡き子に扮して、董卓をみちびく

是時董卓遷天子都長安,卓因留洛陽。朗父防為治書禦史,當徙西,以四方雲擾,乃遣朗將家屬還本縣。或有告朗欲逃亡者,執以詣卓,卓謂朗曰:「卿與吾亡兒同歲,幾大相負!」

このとき董卓は、天子を長安にうつした。董卓だけは、洛陽にとどまる。司馬朗の父・司馬防は、治書禦史となり、長安にうつる。司馬防は、司馬朗に命じて、家属をひきいて、本県にかえらせた。

『続百官志』はいう。治書侍御史は、定員2名。6百石。

ある人が「司馬朗がにげる」と、チクった。司馬朗は、董卓にとらわれた。董卓は言った。「司馬朗と、私の亡き子は、おない歳だ。あやうく、そむかれた」と。

ぼくは思う。「幾大相負」の意味は、どんなだろう。「幾」は、ほとんどそんなだ、という意味。ちくま訳は「負」を、「そむく、せにする」の意味で、「裏切る」とする。「大負」で「完全に裏切る」と。でもぼくは、「おう、せおう」でもいいと思う。すると訳文は、「ほとんど司馬朗は、私の死んだ子供にそっくりで、おおいに私の心理的な埋めあわせとなってくれる」とも、解釈できないか。ムリヤリですか。失礼しました。


朗因曰:「明公以高世之德,遭陽九之會,清除群穢,廣舉賢士,此誠虛心垂慮,將興至治也。威德以隆,功業以著,而兵難日起,州郡鼎沸,郊境之內,民不安業,捐棄居產,流亡藏竄,雖四關設禁,重加刑戮,猶不絕息,此朗之所以於邑也。原明公監觀往事,少加三思,即榮名並於日月,伊、周不足侔也。」卓曰:「吾亦悟之,卿言有意!」
臣松之案朗此對,但為稱述卓功德,未相箴誨而已。了不自申釋,而卓便雲「吾亦悟之,卿言有意」!客主之辭如為不相酬塞也。

司馬朗は、言い返した。

「因曰」だから、董卓がそんなことを言うもんだから、というニュアンスだと思う。司馬朗は、子供のときから、言い返してばかりである。

「董卓は高世の德がある。群穢を清除し、廣く賢士を舉げれば、至治が興こる。威德はたかく、功業はあらわれる。しかし今日、兵難が起きたので、州郡は鼎沸した。民は安業しない。うまく関東を取り締まれば、董卓は、伊尹や周公にならぶ

いわゆる現代日本語に、訳しにくいですが。平たく言えば、「董卓はただしいのに、関東のせいで乱れた」と言っている。「関東を、うまく片づけてください」と言っている。
司馬朗は、董卓の前だから、お世辞を言っているのが。ぼくは、ちがうと思う。父・司馬防が長安に行ったように、司馬氏は、董卓におおむね賛成である。「賢士をあげた」とは、司馬氏の任用もふくむ。司馬朗は、董卓の子の代役を、ちゃんとやっている。

董卓は言った。「司馬朗の言うとおりだ」と。
裴松之は考える。司馬朗は、董卓をほめているだけだ。董卓は、司馬朗の発言を、歓迎している。司馬朗と董卓の会話は、成立していない。

ぼくは思う。「董卓=悪人、司馬朗の敵」だと思って読むと、たしかに裴松之の言うように、董卓をほめた司馬朗が、おかしい。しかし、上で書いた「負」を、「そむく」でなく「せおう」とすれば、意味がとおる。董卓が司馬朗に、「わが子の代わりに、私に仕えてくれ」と言ったから、司馬朗はそれに応じた。すんなり!


黎陽に避難し、袁紹がくると脱出する

朗知卓必亡,恐見留,即散財物以賂遺卓用事者,求歸鄉里。到謂父老曰;「董卓悖逆,為天下所仇,此忠臣義士奮發之時也。郡與京都境壤相接,洛東有成皋,北界大河,天下興義兵者若未得進,其勢必停於此。此乃四分五裂戰爭之地,難以自安,不如及道路尚通,舉宗東到黎陽。黎陽有營兵,趙威孫鄉里舊婚,為監營謁者,統兵馬,足以為主。若後有變,徐複觀望未晚也。」父老戀舊,莫有從者,惟同縣趙咨,將家屬俱與朗往焉。後數月,關東諸州郡起兵,眾數十萬,皆集滎陽及河內。諸將不能相一,縱兵鈔掠,民人死者且半。久之,關東兵散,太祖與呂布相持於濮陽,朗乃將家還溫。時歲大饑,人相食,朗收恤宗族,教訓諸弟,不為衰世解業。

司馬朗は、かならず董卓が滅亡すると知った。財産をばらまき、郷里にかえった。

ぼくは思う。上で董卓をほめたくせに、司馬朗は意見を変えた。なぜか。董卓が、孫堅に敗れたからだだろう。政治家としての董卓は、同意できる人だった。長安に献帝をうつしたのも、一時的な措置だと、納得した。曹操ですら、関羽から献帝を避けようとしたくらいだ。
しかし新たに、董卓が洛陽を追い出された。軍人として董卓が、弱ければ、これ以上はついていけない。

司馬朗は、郷里の父老に言った。「この河内郡と洛陽は、隣接する。洛陽の東には、成皋の要害がある。北には、黄河がある。天下の義兵が、洛陽に進めなければ、この河内郡にとどまるだろう。四分五裂する、戰爭之地となってしまう」

ぼくは思う。董卓を攻撃する勢力は、おおきく分けると2つ。袁紹ら東と、袁術ら南がある。南の孫堅によって、董卓は敗れた。このチャンスに乗じて、東から袁紹が攻めてくる。しかし、袁紹は洛陽に攻めこめるメドがないから、河内郡などにメイワクをかけるだろう。司馬朗は、それを嫌っている。司馬朗は、袁紹がキライだろうなあ。

司馬朗は言った。「黎陽にゆこう。黎陽の営兵は、監營謁者として、趙威孫がひきいる。趙威孫は、私たちと同郷で、婚姻している」と。

黎陽は、武帝紀の建安四年にある。『漢官儀』はいう。光武帝のとき、幽州、冀州、并州の兵は、天下を平定した。黎陽に、営兵を立てた。ゆえに黎陽にいる兵は、天下でもっとも強い。監營謁者は、1千人をひきいた。
ぼくは思う。袁紹が戦略をねる前から、黎陽の兵は、後漢の建国をさせた、最強の部隊だった。知らなかった。袁紹も司馬朗も、地理に関する目のつけどころは、一緒だとわかる。2人とも、兵力の基盤として、冀州をもとめた。洛陽を攻める拠点が、温県だと判断した。たまたま司馬朗は、温県が故郷だから、避難するか否かを検討することになった。この点だけ、司馬朗は、袁紹とちがうけれど。

父老は、故郷が恋しくて、はなれず。同県の趙咨だけが、司馬朗にしたがう。数ヶ月のち、関東の諸州郡が起兵した。滎陽にあつまり、河內におよぶ。諸将は統制がとれず、鈔掠した。人口の半分が死んだ。

ぼくは思う。ほんとに、後漢を滅ぼしたのは、袁紹の集団だと。董卓は、いろいろイタいことをやったが、いちおう統制は取れていた。この時点の袁術は、統制のきいた軍団である。袁紹の、なにが罪ぶかいかって、派閥あらそいを、軍隊をつかってやったことだ。宮中でやっているうちは、後漢がほろびる原因にはならなかった。
曹操が、袁紹から分離独立するのも、集団の性質に、アキアキしたからだろう。

久しくして、関東の兵が散った。(193) 曹操と呂布は、濮陽でにらみあう。司馬朗は、家属をひきいて、温県にもどる。

ぼくは思う。曹操と呂布が、にらみあうから、温県にもどった。というのは、因果関係として、おかしい。兗州で死闘していたら、あぶないじゃん。これは、ただ時期をあらわすための記述だと考えたい。193年、194年ごろですよと。
ではこの時期、何があったか。袁紹が、あらかた冀州を抑えた。司馬朗は、袁紹の支配をきらって、黎陽を脱出したのだろう。「乱世の原因は、お前じゃないか。っていうか、袁紹がいるせいで、冀州は、余計に乱れるわ。洛陽や温県は廃墟だけど、袁紹がいないぶんだけ、安全でマシやわ」という意見だろう。

飢饉で、人が食らいあう。司馬朗は宗族をいたわり、諸弟を教訓した。世が衰えたときにありがちな、ゆるい学業をさせない 。

司馬懿が好きな人は、司馬懿が兄にしごかれているシーンを、思い浮かべてニヤニヤする。そういう史料です。ちがうか。笑


年二十二,太祖辟為司空掾屬,除成皋令,以病去,複為堂陽長。其治務寬惠,不行鞭杖,而民不犯禁。先時,民有徙充都內者,後縣調當作船,徙民恐其不辦,乃相率私還助之,其見愛如此。遷元城令,入為丞相主簿。(後略)

22歳のとき、曹操に辟され、司空の掾属となる。

潘眉はいう。この司馬朗伝で、建安二二年に47歳で死ぬ。曹操が司空になるのは、196年だ。司馬朗は、43歳で死んだ。
ぼくは思う。おなじ疑問に、読みながら気づいた。司空の掾属になるのが、22歳でなく、26歳だと考えれば、47歳という享年が正しくなる。
どちらにせよ、曹操が献帝を得て、袁紹から独立したあと、司馬朗は曹操にしたがった。献帝をかろんじる袁紹をきらい、献帝をおもんじる曹操についた。一貫しているなあ。史料にないが、河内太守の張楊をつうじて、献帝とつながったかも知れない。曹操とのつながりを強調するために、無視されてしまったか。

成皋令。病気でさり、堂陽長。治務は寬惠で、鞭杖しなくても、民は犯禁しない。県城のなかに移住してきた人は、船をつくる命令に従えない。司馬朗は、船づくりを助けた。元城令、丞相主簿。(後略)

堂陽県は、郭皇后伝にある。元城県は、文帝の黄初二年にある。


初朗所與俱徙趙咨,官至太常,為世好士。
咨字君初。子酆字子,晉驃騎將軍,封東平陵公。並見百官名(志)。

はじめ司馬朗とともに、黎陽にうつったのは、趙咨である。太常までなる。
趙咨は、あざなを君初。子は趙酆である。

司馬朗が曹操に仕えたのは、官渡のあと?

司馬氏は、袁紹をきらい、献帝につかえるという態度を、つらぬいたことがわかった。後漢の高官の家として、いちばん常識的な態度だろう。では、司馬朗が曹操に仕えたのは、いつだろうか。司馬朗伝を読むと、司馬朗は、故郷の河内が、洛陽や潁川に近いことも手伝い、早めに曹操に合流したように見える。
だがじつは、司馬朗が司空の掾属になり、曹操に合流した時期が分からない。「司馬朗が22歳のとき」という記述は、おなじ列伝のなかで矛盾する。これを「分からない」という。笑
『晋書』宣帝紀には、「漢建安六年,郡舉上計掾。魏武帝為司空,聞而辟之。」とある。建安六年の記述のあと、曹操が「司空として、司馬懿のウワサを聞いて、辟した」と。建安六年は、201年。官渡のあと。たとえば196年、曹操が司馬朗だけ辟して、司馬懿を知らないというのは、おかしい司馬朗が曹操の掾属となったのは、官渡のあとかも知れない。
司馬懿は、179年生まれ。201年で、23歳。曹操が官渡の前に、司馬懿を辟しても、べつに「若すぎる」ということはない。ということは、司馬氏は、曹操が袁紹をやぶるまで、曹操に合流しなかったことになる。曹操は献帝を擁したものの、袁紹を叩いてみるまでは、信頼されなかったことになる。「曹操も、張楊や楊奉のように、コケるかも知れない」と、見定めていたことになる。自然な判断だなあ。

司馬朗伝なのに、袁紹の話ばかり、してしまった。110527   

inserted by FC2 system