表紙 > ~後漢 > 『後漢書』王允伝を抄訳し、霊帝と献帝初を整理

何進と董卓の右腕、王允伝

吉川版で、王允伝やります。ただ抄訳して、読みなおしやすくした。
ながい諫言をはぶき、関連する事件と人物にしぼった。どうぞ。

郭泰から「王佐」と言われる

王允字子師,太原祁人也。世仕州郡為冠蓋。同郡郭林宗嘗見允而奇之,曰:「王生一日千里,王佐才也。」遂與定交。

王允は、あざなを子師という。太原の祁県の人だ。代々、州郡につかえて高官となる。同郡の郭泰は、王允に言った。「一日千里、王佐の才だ」と。王允と郭泰は、交際した。

年十九,為郡吏,時,小黃門晉陽趙津貪橫放恣,為一縣巨患,允討捕殺之。而津兄弟諂事宦官,因緣譖訴,桓帝震怒,征太守劉質,遂下獄死。允送喪還平原,終畢三年,然後歸家。複還仕,郡人有路佛者,少無名行,而太守王球召以補吏,允犯顏固爭,球怒,收允欲殺之。剌史鄧盛聞而馳傳辟為別駕從事。允由是知名,而路佛以之廢棄。

王允が19歳のとき、郡吏となる。ときに小黃門する晉陽の趙津は、貪橫で放恣し、1縣の巨患となる。王允は、趙津を捕えて殺した。趙津の兄弟は、宦官にへつらう。宦官にチクる。桓帝は、趙津の殺害を怒った。太原守劉シツを、獄死させた。

劉シツは、王允の上司。劉シツは、王允の責任をとり、殺された。王允のせい!

王允は、平原(郡治は平原)にもどり、劉シツのため3年喪をする。家にかえる。ふたたび、郡につかえる。
郡人に路佛がいた。太原太守の王球は、路佛を吏に任命した。王允は「路佛を用いるな」と言い、王球とあらそう。王球は、王允を殺したい。并州剌史の鄧盛は、王允を駅伝をつかって辟した。別駕從事とした。刺史のおかげで、王允は名を知られ、路佛はクビになった。

黄巾で豫州刺史となり、荀爽、孔融を辟す

允少好大節,有志于立功,常習誦經傳,朝夕試馳射。三公並辟,以司徒高第為侍御史。中平元年,黃巾賊起,特選拜豫州刺史。辟荀爽、孔融等為從事,上除禁黨。討擊黃巾別帥,大破之,與左中郎將皇甫嵩、右中郎將朱F651等受降數十萬。于賊中得中常侍張讓賓客書疏,與黃巾交通,允具發其奸,以狀聞。靈帝責怒讓,讓叩頭陳謝,竟不能罪之。而讓懷協忿怨,以事中允。明年,遂傳下獄。

王允は、經傳をならい、馳射を訓練した。三公たちは、みな王允を辟した。司徒府の高第(成績優秀者)として、侍御史となる。中平元年(184)、黄巾の乱。とくに選ばれ、王允は豫州刺史となる。荀爽、孔融を辟して、従事とした。党錮の解除を、上奏した。
黄巾の別軍を、大破した。左中郎將の皇甫嵩、右中郎將朱儁らとともに、数十万をくだす。黄巾のなかに、中常侍・張譲の賓客とかわした書簡を見つけた。霊帝は、張譲を責めた。張譲は叩頭してあやまり、罰せられず。張譲は王允を怨む。翌年、王允は下獄された。

黄巾の激戦地は、潁川だ。この潁川を見るのが、豫州刺史の王允。知らなかった。そして、皇甫嵩や朱儁と名前をならべて、戦ったのも知らず。武芸の練習をしていたというのが、イメージとちがう。


會赦,還複刺史。旬日間,複以他罪被捕。司徒楊賜以允素高,不欲使更楚辱,乃遣客謝之曰:「君以張讓之事,故一月再征。凶慝難量,幸為深計。」又諸從事好氣決者,共流涕奉藥而進之。允厲聲曰:「吾為人臣,獲罪於君,當伏大辟以謝天下,豈有乳藥求死乎!」投杯而起,出就檻車。既至廷尉,左右皆促其事,朝臣莫不歎息。大將軍何進、大尉袁DAF3、司徒楊賜共上疏請之曰:「夫內視反聽,則忠臣謁誠;寬賢矜能,則義士厲節。是以孝文納馮唐之說,晉悼宥魏絳之罪。允以特選受命,誅逆撫順,曾未期月,州境澄清。方欲列其庸勳,請加爵賞,而以奉事不當,當肆大戮。責輕罰重,有虧眾望。臣等備位宰相,不敢寢默。誠以允宜蒙三槐之聽,以昭忠貞之心。」書奏,得以減死論。是冬大赦,而允獨不在宥,三公鹹複為言。至明年,乃得解釋。是時,宦者橫暴,睚眥觸死。允懼不免,乃變易名姓,轉側河內、陳留間。

大赦があり、王允は豫州刺史にもどる。旬日のうちに、他の罪で、王允は捕えられた。司徒の楊賜は、2たび下獄された王允に、恥辱を味わわせたくない。「王允は、張譲に目をつけられた。王允は自殺せよ」と。

李賢がいう。「深計」とは、自殺のこと。

気骨のある人が、涙をながし、王允に毒薬をすすめた。王允は、ことわった。「国家に死刑してもらい、天下にわびる。自殺なんかしない」と。廷尉にゆく。著臣は、みなガッカリ。
大将軍の何進、太尉の袁隗、司徒の楊賜は、上疏した。「王允をたすけたい」と。王允は、死刑をまぬがれた。大赦があるが、王允だけ赦されず。三公は、王允の釈放を解く。翌年、釈放された。このとき、宦官は横暴で、宦官に睨まれるだけで、死ぬ。王允は、姓名を変えて、河内、陳留の間にかくれる。

太傅の袁隗が、王允を弁護している。へえ!いま黄巾のあとだから、180年代後半。「宦官に睨まれるだけで、死ぬ」という政治状況は、変わっていないのですね。


何進、董卓に重用される

及帝崩,乃奔喪京師。時,大將軍何進欲誅宦官,召允與謀事,請為從事中郎,轉河南尹。獻帝即位,拜太僕,再遷守尚書令。
初平元年,代楊彪為司徒,守尚書令如故。及董卓遷都關中,允悉收斂蘭台、石室圖書秘緯要者以從。既至長安,皆分別條上。又集漢朝舊事所當施用者,一皆奏之。經籍具存,允有力焉。時董卓尚留洛陽,朝政大小,悉委之於允。允矯情屈意,每相承附,卓亦推心,不生乖疑,故得扶持王室于危亂之中,臣主內外,莫不倚恃焉。

霊帝が死んだ。王允は、洛陽にもどる。ときに大将軍の何進は、王允に相談した。「宦官を殺したい」と。何進は王允を、従事中郎、河南尹とした。献帝が即位し、王允は、太僕、尚書令となる。
初平元年(190)、楊彪にかわり司徒となる。尚書令は、かねたまま。

宦官は、皇帝と個人的に結びつく。繁栄も、皇帝1代限りのことがおおい。霊帝が死に、王允が洛陽に帰ってきた。おたずねものだった王允は、高位についた。1代限りであることを、よくあらわす。何進、董卓とも、王允を重要視した。

董卓が関中に遷都した。王允は、宮中の蔵書をすべてまとめる。王允は蔵書を整理し、利用すべき図書を報告した。董卓は洛陽にとどまり、朝政の大小を、すべて王允にゆだねた。王允は本心をまげ、董卓にしたがった。献帝も臣下も、王允をたよった。後漢を維持できた。

董卓を殺す、2回の計画

允見卓禍毒方深,篡逆已兆,密與司隸校尉黃琬、尚書鄭公業等謀共誅之。乃上護羌校尉楊瓚行左將軍事,執金吾士孫瑞為南陽太守,並將兵出武關道,以討袁術為名,實欲分路征卓,而後拔天子還洛陽。卓疑而留之,允乃引內瑞為僕射,瓚為尚書。
二年,卓還長安,錄入關之功,封允為溫侯,食邑五千戶。固讓不受。士孫瑞說允曰:「夫執謙守約,存乎其時。公與董太師並位俱封,而獨崇高節,豈和光之道邪?」允納其言,乃受二千戶。

董卓は、簒逆のきざしあり。司隷校尉の黄琬、尚書の鄭泰は、董卓を殺したい。護羌校尉の楊瓚は、左將軍事を代行する。執金吾の士孫瑞は、南陽太守となり、武關道(南陽)より出兵したい。袁術を討伐するという名目で出兵し、董卓の通路を分断したい。皇帝を洛陽にもどしたい。

董卓は、東西に敵がいる。東は、袁術や袁紹。西には、皇甫嵩が軍権をもつ。董卓に召しだされて、皇甫嵩は軍権を手ばなした。じつは王允も、洛陽にのこった董卓を討ちたい。董卓は、長安に遷都したものの、それほど有利になっていない。
王允が、袁術を討つという名目を使った理由は。董卓にとって、いちばん厄介な敵は袁術ということ。王允が出兵する方向が、南陽だということ。袁術と王允、連携してたかも知れない。楽しいなあ!

董卓は、楊瓚と士孫瑞をうたがい、出兵させない。王允は、士孫瑞を長安にまねき、僕射とする。楊瓚をまねき、尚書とする。
初平二年(191)、董卓は長安にくる。王允を温侯、5千戸とする。王允は、受けず。士孫瑞は、王允に言った。「謙譲は、状況を見ておこなうべきだ。いまは、董卓に調子をあわせておくべき状況だ」と。王允は、2千戸と受けた。

三年春,連雨六十餘日,允與士孫瑞、楊瓚登臺請霽,複結前謀。瑞曰:「自歲末以來,太陽不照,霖雨積時,月犯執法,彗孛仍見,晝陰夜陽,霧氣交侵,此期應促盡,內發者勝。幾不可後,公其圖之。」允然其言,乃潛結卓將呂布,使為內應。會卓入賀,呂布因刺殺之。語在《卓傳》。
允初議赦卓部曲,呂布亦數勸之。既而疑曰;「此輩無罪,從其主耳。今若名為惡逆而特赦之,適足使其自疑,非所以安之之道也。」呂布又欲以卓財物班賜公卿、將校,允又不從。而素輕布,以劍客遇之。布亦負有功勞,多自誇伐,既失意望,漸不相平。

初平三年(192)、60余日、雨がつづく。王允、士孫瑞、楊瓚は、晴天をねがい、密談する。士孫瑞は言った。「この天候は、董卓を殺せる兆候だ」と。呂布を内応させ、董卓を殺した。『後漢書』董卓伝にある。
王允は、董卓の部曲を赦したい。呂布も、部曲を赦せと勧める。しかし王允は、「やっぱり董卓の部曲を赦せない」と言い出した。呂布は、董卓の財宝を山分けしたいが、王允が許さない。王允は呂布を軽んじ、ただの剣客としてあつかう。呂布は、王允と仲がわるい。

并州政権が、2ヶ月で滅びる

允性剛棱疾惡,初懼董卓豺狼,故折節圖之。卓既殲滅,自謂無複患難,及在際會,每乏溫潤之色,杖正持重,不循權宜之計,是以群下不甚附之。
董卓將校及在位者多涼州人,允議罷其軍。或說允曰:「涼州人素憚袁氏而畏關東。今若一旦解兵,則必人人自危。可以皇甫義真為將軍,就領其眾,因使留陝以安撫之,而徐與關東通謀,以觀其變。」允曰:「不然。關東舉義兵者,皆吾徒耳。今若距險屯陝,雖安涼州,而疑關東之心,甚不可也。」

王允は、ガンコで悪をにくむ。董卓をおそれ、本音を隠した。董卓が死ねば、安心しきって、融通がきかない。
董卓の将校は、涼州の人がおおい。ある人が言った。「涼州の人は、袁氏をはばかり、関東をおそれる。もし涼州の兵を解体すれば、パニックとなる。皇甫嵩を将軍とし、涼州の兵を陜県でおさえよう。関東との和解をはかり、様子を見よう」と。

吉川氏は「袁氏」を袁紹とするが、袁術もふくまれる。族殺したから、復讐がこわい。

王允は却下した。「ダメだ。関東の兵は、私の味方だ。もし陜県に涼州の兵をおけば、涼州の兵は落ち着くだろう。だが関東の兵が、こちらの意図をあやぶむ」と。

王允は、何進政権のもと、袁紹と同僚になった。何進は、「名士」たちを、おおく招いた。王允は、関東の地方官たちを、味方だと思っているのだ。もし涼州の兵を解体しなければ、関東の「味方」は、王允をどう思うか。「王允は、董卓の兵をひきつぎ、関東と対立する政権をつくった」となる。王允は、これを望まない。
べつにガンコだから、涼州の兵をゆるさないのでない。関東の地方官たちの顔色を、遠隔地からうかがうから、判断がにぶったのだ。それほど、袁紹と袁術は、存在がおおきい。


時,百姓訛言,當悉誅涼州人,遂轉相恐動。其在關中者,皆擁兵自守。更相謂曰:「丁彥思、蔡伯喈但以董公親厚,並尚從坐,今既不赦我曹,而欲解兵,今日解兵,明日當複為魚肉矣。」卓部曲將李C765、郭汜等先將兵在關東,因不自安,遂合謀為亂,攻圍長安。城陷,呂布奔走。布駐馬青瑣門外,招允曰:「公可以去乎?」允曰:「若蒙社稷之靈,上安國家,吾之願也。如其不獲,則奉身以死之。朝廷幼少,恃我而已,臨難苟免,吾不忍也。怒力謝關東諸公,勤以國家為念。」

涼州の兵は皆殺し、というウワサが流れた。関中にいる涼州の兵は、自衛した。涼州の兵はいう。「丁彦思、蔡邕は、董卓にちかいから、王允に殺された。私たち涼州の兵は、王允に殺されるにちがいない」と。李傕と郭汜は、長安を攻めた。王允は呂布に伝言した。「関東の諸公は、国家のために勤めよ」と。

初,允以同郡宋翼為左馮翊,王宏為右扶風。是時,三輔民庶熾盛,兵谷富實,李C765等欲即殺允,懼二郡為患,乃先征翼、宏。宏遣使謂翼曰:「郭汜、李C765以我二人在外,故未危王公。今日就征,明日俱族。計將安出?」翼曰:「雖禍福難量,然王命所不得避也。」宏曰:「義兵鼎沸,在於董卓,況其黨與乎!若舉兵共討君側惡人,山東必應之,此轉禍為福之計也。」翼不從。宏不能獨立,遂俱就征,下廷尉。C765乃收允及翼、宏,並殺之。

王允は、同郡の宋翼を左馮翊とした。王宏を右扶風とした。このとき、三輔は兵数も物資もゆたか。李傕にとって、王允を殺せば、左馮翊と右扶風が脅威となる。李傕はさきに、宋翼と王宏を召した。

李傕の王允殺しに、こんな段取があったなんて、知らなかった。

王宏は、宋翼に言った。「李傕は、長安をうばった。李傕は、王允を殺すつもりだ。私たちが、李傕の召集に応じれば、みな殺される」と。宋翼は言った。「李傕の召集は、皇帝の命令だ。従うべきだ」と。王宏は言った。「李傕を殺せば、関東は私たちの味方になる。李傕の召集に応じるが、李傕を殺そう」と。宋翼は、李傕の殺害に同意せず。王允、宋翼、王宏は、李傕に殺された。

允時年五十六。長子侍中蓋、次子景、定及宗族十餘人皆見誅害,唯兄子晨、陵得脫歸鄉里。天子感慟,百姓喪氣,莫敢收允屍者,唯故吏平陵令趙戩棄官營喪。
(文の順序を変えました) 後遷都于許,帝思允忠節,使改殯葬之,遣虎賁中郎將奉策弔祭,賜東園秘器,贈以本官印綬,送還本郡。封其孫黑為安樂亭侯,食邑三百戶。

王允は、56歳だった。族殺された。兄の子のみ、郷里に帰った。みなガッカリした。故吏の平陵令する趙戩だけ、王允をとむらった。のちに献帝は許都にうつり、王允を改葬した。

王宏、士孫瑞、趙戩伝

王宏字長文,少有氣力,不拘細行。初為弘農太守,考案郡中有事宦官買爵位者,雖位至二千石,皆掠考收捕,遂殺數十人,威動鄰界。素與司隸校尉胡種有隙,及宏下獄,種遂迫促殺之。宏臨命詬曰:「宋翼豎儒,不足議大計。胡種樂人之禍,禍將及之。」種後眠輒見宏以杖擊之,因發病,數日死。

王宏は、あざなを長文という。弘農太守となる。郡中のうち、宦官から官位を買った人をしらべ、数十人を殺す。王宏は、司隷校尉の胡种と仲がわるい。王宏が李傕につかまると、胡种は王宏を殺した。王宏は、死に際に言った。「宋翼は、李傕殺しに参加しない。胡种は、他人の禍いを楽しむ。バカめ」と。胡种は、王宏に杖で殴られる夢を見て、死んだ。

士孫瑞字君策,扶風人,頗有才謀。瑞以允自專討董卓之勞,故歸功不侯,所以獲免於難。後為國三老、光祿大夫。每三公缺,楊彪、皇甫嵩皆讓位於瑞。興平二年,從駕東歸,為亂兵所殺。

士孫瑞は、あざなを君策という。扶風の人。王允政権で、侯に封じられないから、李傕に殺されず。國三老、光祿大夫となる。三公が欠員すると、楊彪、皇甫嵩は、どちらも士孫瑞に位をゆずる。興平二年(195)、献帝は長安から洛陽に帰る。士孫瑞は、乱兵に殺された。

趙戩字叔茂,長陵人,性質正多謀。初平中,為尚書,典選舉。董卓數欲有所私授,戩輒堅拒不聽,言色強厲。卓怒,召將殺之,眾人悚栗,而戩辭貌自若。卓悔,謝釋之。長安之亂,客于荊州,劉表厚禮焉。及曹操平荊州,乃辟之,執戩手曰:「恨相見晚。」卒相國鐘繇長史。

趙戩は、あざなを叔茂という。長陵の人。初平のとき、尚書となる。選舉をつかさどる。董卓の私授をことわり、董卓を怒らせた。長安が乱れると、荊州で劉表に厚遇された。曹操が荊州を平定すると、趙戩の手をとった。「もっと早く会いたかった」と。相國する鐘繇の長史となる。

洛陽、長安、洛陽の混乱期が、よくわかりました。110422

inserted by FC2 system