表紙 > 曹魏 > 何顒ら党錮と結びつき、河北と曹操をつないだ荀攸伝

01) 荀爽と何顒は、董卓暗殺を謀らず

『三国志集解』で、荀攸伝をやります。

おなじ巻の荀彧は、すでにやった。さっき、賈詡もできた。
「荀彧伝」:赤壁を撤退させ、曹操の天下統一を妨げたのは荀彧だ


党錮された家柄、孔融と付き合う家柄

荀攸字公達,彧從子也。祖父曇,廣陵太守。 荀氏家傳曰:曇字元智。兄昱,字伯脩。
張璠漢紀稱昱、曇並傑俊有殊才。昱與李膺、王暢、杜密等號為八俊,位至沛相。攸父彝,州從事。彝於彧為從祖兄弟。

荀攸は、あざなを公達という。荀彧の従子だ。祖父の荀曇は、広陵太守。

荀曇は、終身ずっと禁錮を受けた人。
『後漢書』列伝52・荀淑、韓韶、鍾晧、陳寔伝を抄訳

『荀氏家伝』はいう。荀曇は、あざなを元智という。兄の荀昱は、あざなを伯脩。

恵棟はいう。『後漢書』で荀昱のあざなは、伯條とする。『荀氏家伝』では、伯修とする。謝承は、伯鯈とする。『三君八俊録』では、伯條とする。

張璠『漢紀』はいう。荀昱、荀曇は、どちらも傑俊で、殊才があった。荀昱、李膺、王暢、杜密らは、八俊といわれた。荀昱は、沛相までなる。

八俊については、党錮伝にある。李膺、杜密の列伝がある。
『後漢書』列伝57・党錮列伝を抄訳
『李膺家伝』はいう。李膺は、党事に坐した。杜密と荀翊(荀昱)は、おなじく県獄に繋がれた。ときに年初だ。荀翊は、杯をひいて言った。「朝廷を正そう。小さなことから起とう」と。李膺は、荀翊に言った。「死をにくむのが、人間の感情だ。なぜ荀翊は、死をおそれないか」と。荀翊は言った。「仁を求めて、仁を得る。なにが恨めしいか」と。李膺は「漢室は、滅亡するなあ。漢室は、善人をおおく殺す」と歎じた。
ぼくは思う。荀攸は、党錮の被害を、ド真ん中で受けた家に生まれた。

荀攸の父は、荀彝。州從事となる。荀彝は、荀彧の從祖兄弟である。

ぼくは思う。荀彝は、ほかに記述がない。荀昱が、エピソードを、かっさらった。


攸少孤。及曇卒,故吏張權求守曇墓。攸年十三,疑之,謂叔父衢曰:「此吏有非常之色,殆將有奸!」衢寤,乃推問,果殺人亡命。由是異之。

荀攸は、おさなくして父を失う。祖父の荀曇が死んだ。

父が死んで、祖父が死んだ。心細いなあ、荀攸。

故吏の張権は、荀曇を墓守した。荀攸は13歳だ。叔父の荀衢に言った。「祖父の故吏・張權は、ふつうでない。悪いことを企む」と。はたして張権は、殺人して亡命してた。荀攸は、評価された。

ぼくは思う。墓守って、墓に付属した小屋みたいなところで、籠もるのか?食事だけは、荀家の人に、運んでもらって。殺人して、ほとぼりを冷ますのは、絶好である。


魏書曰:攸年七八歲,衢曾醉,誤傷攸耳;而攸出入遊戲,常避護不欲令衢見。衢後聞之,乃驚其夙智如此。 荀氏家傳曰:衢子祈,字伯旗,與族父愔俱著名。祈與孔融論肉刑,愔與孔融論聖人優劣,並在融集。祈位至濟陰太守;愔後徵有道,至丞相祭酒。

『魏書』はいう。荀攸が7、8歳のとき、荀衢に耳を傷つけられた。荀攸は、これをかくした。『荀氏家伝』はいう。荀衢の子は、荀祈。あざなは伯旗。族父の荀愔とともに、名を知られた。荀祈と孔融は、肉刑を論じた。荀愔と孔融は、聖人の優劣を論じた。どちらも『孔融集』にある。

孔融の肉刑は、范曄『後漢書』孔融伝にある。聖人の議論は、『芸文類集』にある。盧弼は、聖人の議論を引用してくれる。ぼくは、はぶく。ともあれ、孔融とカラミのおおい家だなあ。収集がつかなくなる恐れがあるが、孔融の人脈を、孔融を中心に絵図にしたい。
荀愔や荀祈らの扱いと、荀攸の扱いが、ちがう気がする。なぜ荀攸だけ、曹操に大切にされたのだろう。荀彧との血縁という点では、条件はおなじだ。

荀祈は、濟陰太守までなる。荀愔はのちに有道の科目に徵された。丞相祭酒にまでなる。

『宋書』百官志はいう。献帝の建安十三年(208)、ふたたび丞相をおく。魏代と晋初、ふたたび丞相を廃した。三公より上である。丞相のもとに、西コウ(門に合)、東コウ、祭酒を置く。酒を祭祀した。ゆえに祭酒という。漢代は、祭酒を侍中という。魏代の散騎常侍のうち、功績が高い人を祭酒とした。『三国職官表』はいう。相国の府属に、軍師祭酒、主簿祭酒、参軍祭酒がいる。どこで切ったものか、よくわからんなあ。


何進の黄門侍郎となり、董卓を殺したい

何進秉政,徵海內名士攸等二十餘人。攸到,拜黃門侍郎。董卓之亂,關東兵起,卓徙都長安。攸與議郎鄭泰、何顒、侍中種輯、越騎校尉伍瓊等謀曰:「董卓無道,甚於桀紂,天下皆怨之,雖資強兵,實一匹夫耳。今直刺殺之以謝百姓,然後據殽、函,輔王命,以號令天下,此桓文之舉也。」事垂就而覺,收顒、攸系獄,顒憂懼自殺,攸言語飲食自若,會卓死得免。
魏書雲攸使人說卓得免,與此不同。

何進が秉政した。海内の名士を徵した。荀攸ら20余人が徵された。荀攸は、黃門侍郎となる。

『後漢書』鄭泰伝にある。鄭泰は、尚書侍郎となる。以前、やった。
袁紹を挙兵させ、董卓軍を統べた鄭泰

董卓が乱し、関東が起兵した。董卓は、長安にうつる。荀攸と、議郎の鄭泰、何顒、侍中の种輯、越騎校尉の伍瓊らは、謀った。

『後漢書』献帝紀はいう。建安五年(200)、車騎将軍の董承、偏将軍の王服、越騎校尉の种輯は、ひそかに詔をえた。みな殺された。种輯は、はじめ董卓、あとで曹操を殺そうとした。忠烈をすくえないが、見るべき人物だ。『後漢書』董卓伝と、『献帝起居注』は、長水校尉の种輯とする。ぼくは思う。董卓のときは、長水校尉。曹操のときは、越騎校尉。こう考えれば、なんとなく种輯の官位に、つじつまがあう。

荀攸らは言った。「董卓を殺そう。殽山、函谷関をたよりに、天下に号令しよう。桓公や文公をやろう」と。バレた。何顒や荀攸は、獄につながれた。何顒は、憂懼して自殺した。荀攸は、いつもどおり飲食した。たまたま董卓が死に、荀攸は免れた。
『魏書』はいう。荀攸は、人をやって董卓を説得した。ゆるされた。陳寿『三国志』と、王沈『魏書』は、おなじでない。

なぜ何顒は死んで、荀攸は生き残ったのか。荀攸が、みずからの力で董卓を説得した『魏書』のほうが、話としては、おもしろい。妄想の余地がある。荀攸が生きたのに、何顒が死んだ理由は、年齢かな。
『後漢書』何顒伝:何顒グループの母体は、袁氏と荀氏か
いま、裴注の順序を、変えてます。何顒の話を、つぎに抜粋。盧弼の注釈ですが、地の文として書きます。


何顒への盧弼注:何顒は董卓暗殺を計画せず

何顒のことは、武帝紀の巻初にある。

『資治通鑑』の献帝・初平三年(192)はいう。はじめ黄門侍郎の荀攸、尚書の鄭泰、侍中の种輯らだ。荀攸は投獄されても、平気だった。鄭泰は、袁術のところに逃げた。董卓が死に、荀攸はまぬがれた。

『通鑑考異』はいう。『三国志』では、荀攸、何顒、伍瓊は、ともに謀った。何顒、伍瓊は、すでに死んで久しい。荀攸とともに謀ったのは、誤りである。
盧弼は考える。『後漢書』鄭泰伝はいう。鄭泰は、はじめ尚書侍郎となった。のちに議郎となる。『三国志』は議郎という。『後漢書』鄭泰伝にも、何顒、荀彧とともに董卓を殺そうとしたとある。鄭泰は、武関からにげて、袁術をたよった。袁術は、鄭泰を揚州刺史にした。刺史になる前に、鄭泰は死んだ。
『後漢書』何顒伝はいう。董卓が、政権をとる。司空の荀爽、司徒の王允らと、董卓を殺そうとした。たまたま荀爽が死んだ。何顒らは、他事にかこつけ、董卓につながれた。何顒は、憂憤して死んだ。

『後漢書』何顒伝によると、荀爽も、董卓を殺したい。袁紹や荀攸のような中年じゃなく、荀爽のような重鎮にまで、董卓は命をねらわれた。やり切れないなあ。史料に少ないが、曹操を暗殺したい人は、すごく多かっただろう。


黄山はいう。『後漢書』鄭泰伝はいう。何顒は、鄭泰とともに捕われた。党錮伝とちがう。『後漢紀』や『三国志』ともちがう。『後漢書』荀淑伝、王允伝のあいだでは、ちがわない。党錮伝はいう。何顒は、荀爽、王允とともに謀った。『後漢紀』はいう。荀攸、鄭泰、种輯が、ともに謀った。『三国志』はさらに、伍瓊がともに謀った。 『後漢書』王允伝で、王允とともに謀ったのは、わずかに黄琬、鄭泰だけ。ただ、荀淑伝で、荀淑とともに謀ったのは、党錮伝とおなじだ。
党錮伝は、何顒が他事で捕われ、董卓につながれ、憂憤して死んだ。鄭泰伝では、董卓を殺そうとしたが、もれて、何顒らが捕われた。捕われたのは、何顒だけでない。しかし『後漢紀』では、何顒、荀攸は、おなじく獄につながれた。何顒は、憂懼して自殺した。
『三国志』荀攸伝で、荀攸は何顒とともにつながれた。何顒は自殺したが、荀攸はいつもどおり飲食した。董卓が死んだので、荀攸は免れた。『三国志』によれば、荀攸がつながれたのは他の史料と同じだが、何顒の死因が自殺という点が、他の史料と違う。

盧弼が思うに、何顒は自殺したのでなく、罪によって殺された。董卓は何顒より前に、伍瓊、周毖、李旻、張温、伍孚を殺した。何顒が董卓を殺そうとしたという計画を知れば、董卓は何顒を殺しただろう。下獄せず、ただちに殺したはずだ。かんたんに分かることだ。
何顒が獄死なら、何顒とともに董卓を殺そうと計画した人も、死ぬはずである。しかし、鄭泰は逃げた。王允、黄琬は、殺されず禍いなし。つまり何顒は、董卓を殺す以外の罪で捕まった。董卓を殺す計画は、もれなかった。もし、もれたら、鄭泰らも董卓に殺されたはずだ。

これが盧弼の結論。

董卓は志を得て、朝廷の人士を殺した。人士は、汲汲とした。董卓を殺したい人士は、多かった。『資治通鑑』は、荀爽の謀略と、何顒の死を載せない。 姜シン英はいう。荀爽は、必ずしも董卓を殺す謀略がなかった。だから『通鑑考異』は、荀爽の謀略を記さないと言った。何顒の死も、董卓を殺す謀略が原因でない。『後漢書』が記す謀略のほうが、誤りなのだ。

ぼくは思う。『後漢書』は、宦官や董卓のようなワルモノと、それに立ち向かう「儒教のヒーロー」という、二極対立の物語。だから、ネコもシャクシも、宦官や董卓に戦いをいどむ。ありもしない「董卓を謀殺する計画」が、つくられる。『資治通鑑』は冷静で、荀爽と何顒は、董卓を謀殺しようとしないとした。


次回、袁術が何顒を殺すと言います。すでに、荀攸伝なのか、何顒伝なのか、よく分からなくなっています。つづく。

inserted by FC2 system