表紙 > ~後漢 > 『後漢書』郭泰、符融、許劭、鄭泰、孔融伝を抄訳、『三国志』を補う

天は後漢を見捨てたと言った、郭泰伝

吉川版で、郭泰伝やります。ただ抄訳して、読みなおしやすくした。
上表文のたぐいをはぶき、、関連する事件と人物にしぼった。どうぞ。

訓読された文書を見て、口語に要約する。それほど意味のある活動ではない。では、なぜやっているか。「読んだ」という行為の痕跡を、ホームページに叩きつけているだけ。あとで読み直すとき、自分用のガイドとする。
郭泰について、以前に書いたもの。
渡邉義浩『「三国志」軍師34選』を読む 2)郭泰と許劭
『後漢書』何顒伝:何顒グループの母体は、袁氏と荀氏か


天が滅ぼす後漢を、私は支えられない

郭太字林宗,太原界休人也。家世貧賤。早孤,母欲使給事縣廷。林宗曰:「大丈夫焉能處鬥筲之役乎?」遂辭。就成皋屈伯彥學,三年業畢,博通墳籍。善談論,美音制。乃游於洛陽。始見河南尹李膺,膺大奇之,遂相友善,於是名震京師。後歸鄉里,衣冠諸儒送至河上,車數千兩。林宗唯與李膺同舟共濟,眾賓望之,以為神仙焉。

郭泰は、あざなを林宗という。太原の界休の人だ。家は世よ貧賤だ。はやくに父が死ぬ。母は、郭泰を県廷で働かせたい。郭泰は言った。「大丈夫が、なぜ、つまらん仕事をするか」と。県廷で働かず。
成皋の屈伯彥に学ぶ。3年で、墳籍(古典)につうじた。洛陽で、河南尹の李膺と友になる。郭泰の名は、京師を震わす。郭泰が気侠するとき、衣冠した諸儒は、車が千両も、黄河で郭泰を見送った。郭泰と李膺は、船に同乗する。神仙のようだった。

みんな、郭泰でなく、李膺を見にきたのだ。


司徒黃瓊辟,太常趙典舉有道。或勸林宗仕進者,對曰:「吾夜觀乾象,晝察人事,天之所廢,不可支也。」遂並不應。性明知人,好獎訓士類。身長八尺,容貌魁偉,褒衣博帶,周遊郡國。嘗于陳梁間行遇雨,巾一角墊,時人乃故折巾一角,以為「林宗巾」。其見慕皆如此。

司徒の黃瓊が、郭泰を辟した。太常の趙典が、郭泰を有道の科目であげた。郭泰は就職をすすめられると、断った。「私は、夜は天文現象を見て、昼は人事を見ている。天が後漢を廃する。後漢を、支えることはできない」と。

後漢を見切る人が、ぼちぼち出てくる。袁紹につらなる。袁紹の人格形成について考えるとき、この郭泰のセリフは、つかえる。

人物をよく知り、士人をはげました。郡国を周遊した。かつて陳梁のあいだで、雨にあい、頭巾が折れた。「林宗巾」として、流行った。

或問汝南範滂曰:「郭林宗何如人?」滂曰:「隱不違親,貞不絕俗,天子不得臣,諸侯不得友,吾不知其他。」後遭母憂,有至孝稱。林宗雖善人倫,而不為危言核論,故宦官擅政而不能傷也。乃党事起,知名之士多被其害,唯林宗及汝南袁閎得免焉。遂閉門教授,弟子以千數。

ある人が、汝南の範滂(列伝57)に問うた。「郭泰は、どんな人か」と。范滂は答えた。「隠者だが、親との縁はつづく。貞潔だが、世俗とまじわる。天子は、郭泰を臣とできない。諸侯は、郭泰を友とできない。それ以上、言いようがない」と。
のちに母が死んだ。郭泰は、至孝をほめられた。郭泰は人物評論をしたが、ロコツで危うい議論はしない。ゆえに宦官は、郭泰をキズつけられない。党錮がおき、知名之士が、おおく害された。郭泰と、汝南の袁閎(列伝35)だけは、害をまぬがれた。門を閉じて、弟子1000人に教授した。

宦官から見て、郭泰は、ドーデモイー人物だった。だから、手出しをしなかったのでは? 禁錮の刑にするにしても、郭泰は就職していない。禁錮しても、痛くもかゆくもない。かと言って、わざわざ殺すほどでもない。諸国を周遊しているだけだから。


第二次党錮の翌年に死に、蔡邕が弔う

建甯元年,太傅陳蕃、大將軍竇武為閹人所害,林宗哭之於野,慟。既而歎曰:「'人之雲亡,邦國殄瘁'。'瞻烏爰止,不知於誰之屋'耳。」
明年春,卒于家,時年四十二。四方之士千餘人,皆來會葬。同志者乃共刻石立碑,蔡邕為其文,既而謂涿郡盧植曰:「吾為碑銘多矣,皆有慚德,唯郭有道無愧色耳。」

建甯元年(168)、太傅の陳蕃、大将軍の竇武は、宦官に殺された。郭泰は、野で哭いた。「王業は、どこにいくのか」と。

翌年(169)春、郭泰は在家で死んだ。42歳だった。四方から、1千余人が葬儀にきた。志がおなじ人が、石碑をつくる。蔡邕が作文した。蔡邕は、涿郡の盧植に言った。「郭泰の碑文だけは、オオゲサな賛辞を書かずにすんだ」と。

郭泰が鑑定した人物たち

其獎拔士人,皆如所鑒。後之好事,或附益增張,故多華辭不經,又類蔔相之書。今錄其章章效於事者。著之篇末。

郭泰は、人物を鑑定した。みな、郭泰の鑑定にこたえた。文飾ばかりでなく、ちゃんと実態のある人物を、范曄が、ここ『後漢書』郭泰伝の後ろにまとめる。

李賢注はいう。謝承『後漢書』も、郭泰の人間関係を書いてある。陳留の符融、陳国の魏昭、汝南の黄憲。范曄『後漢書』列伝43にある、袁閬との交流。謝承は、「袁奉高」を袁閎のあざなとするが、袁閬の誤りである、云々。


左原者,陳留人也,為郡學生,犯法見斥。林宗嘗遇諸路,為設酒肴以慰之。謂曰:「昔顏涿聚梁甫之巨盜,段幹木晉國之大駔,卒為齊之忠臣,魏之名賢。蘧瑗、顏回尚不能無過,況其餘乎?慎勿恚恨,責躬而已。」原納其言而去。或有譏林宗不絕惡人者。對曰:「人而不仁,疾之以甚,亂也。」原後忽更懷忿,結客欲報諸生。其日林宗在學,原愧負前言,因遂罷去。後事露,眾人咸謝服焉。

●左原は、陳留の人だ。左原が法をおかしたとき、郭泰がなぐさめた。「古代、違法しても、忠臣になった人がいる。左原は、反省しろ」と。あとで左原は、郭泰の教えを破った。左原は、恥じた。郭泰は、左原を更正させた。

茅容字季偉,陳留人也。年四十余,耕于野,時與等輩避雨樹下,眾皆夷踞相對,容獨危坐愈恭。林宗行見之而奇其異,遂與共言,因請寓宿。旦日,容殺雞為饌,林宗謂為己設,既而以供其母,自以草蔬與客同飯。林宗起拜之曰:「卿賢乎哉!」因勸令學,卒以成德。
孟敏字叔達,钜鹿楊氏人也。客居太原。荷甑墯地,不顧而去。林宗見而問其意。對曰:「甑以破矣,視之何益?」林宗以此異之,因勸令遊學。十年知名,三公俱辟,並不屈雲。
庾乘字世遊,潁川鄢陵人也。少給事縣廷為門士。林宗見而拔之,勸遊學官,遂為諸生傭。後能講論,自以卑第,每處下坐,諸生博士皆就讎問,由是學中以下坐為貴。後征辟並不起,號曰「征君」。

●茅容は、あざなを季偉という。陳留の人だ。鶏を料理し、母に食わせた。茅容は、粗末な野菜を食べた。郭泰は、これをほめた。
●孟敏は、あざなを叔達という。鉅鹿の楊氏の人だ。太原にゆき、荷物から甑(こしき)を落とした。孟敏は、ふり返らない。郭泰が、理由をきく。孟敏は言った。「壊れたものを見ても、利益がない」と。郭泰がほめた。

ちゃんと、拾ってゆけよ。壊れたもの=後漢、だったら怖い。

●庾乘は、あざなを世遊という。潁川の鄢陵の人だ。下座から、よく論じた。すぐれた人が、下座につく習慣になった。たびたび辟されたので、「徴君」と言われた。

潁川の庾氏は、東晋に名族となってゆく。


宋果字仲乙,扶風人也。性輕悍,憙與人殷仇,為郡縣所疾。林宗乃訓之義方,懼以禍敗。果感悔,叩頭謝負,遂改節自敕。後以烈氣聞,辟公府,侍御史、並州刺史,所在能化。
賈淑字子厚,林宗鄉人也。雖世有冠冕,而性險害,邑裏患之。林宗遭母憂。淑來修吊,既而钜鹿孫威直亦至。威直以林宗賢而受惡人吊,心怪之,不進而去。林宗追而謝之曰:「賈子厚誠實凶德,然洗心向善。仲尼不逆互鄉,故吾許其進也。」淑聞之,改過自厲,終成善士。鄉里有憂患者,淑輒傾身營救,為州閭所稱。
史叔賓者,陳留人也。少有盛名。林宗見而告人曰:「牆高基下,雖得必失。」後果以論議阿枉敗名雲。

宋果、賈淑、史叔賓。はぶく。

黃允字子艾,濟陰人也。以俊才知名。林宗見而謂曰:「卿有絕人之才,足成偉器。然恐守道不篤,將失之矣。」後司徒袁隗欲為從女求姻,見允而歎曰:「得婿如是足矣。」允聞而黜遣其妻夏侯氏。婦謂姑曰:「今當見棄,方與黃氏長辭,乞一會親屬,以展離訣之情。」於是大集賓客三百餘人,婦中坐,攘袂數允隱匿穢惡十五事,言畢,登車而去。允以此廢于時。

●黄允は、あざなを子艾という。濟陰の人だ。郭泰は黄允に言った。「あなたの才能は、人をとびぬける。偉業をする器量がある。しかし道を守れず、失敗する」と。
のちに司徒の袁隗は、從女を黄允に嫁がせたい。袁隗は、黄允に会って言った。「こんな婿なら、すばらしい」と。黄允は、妻の夏侯氏をおいだした。夏侯氏は、姑に言った。「親族をあつめて、別れを言いたい」と。賓客300余人をあつめる。夏侯氏は、黄允の汚点15を発表した。黄允は、世間に見棄てられた。

夏侯氏をおいだして、袁隗の従女をめとる。黄允の判断は、とてもただしい。袁氏はすばらしく、夏侯氏は、しょぼいのだ。


謝甄字子微,汝南召陵人也。與陳留邊讓並善談論,俱有盛名。每共候林宗,未嘗不連日達夜。林宗謂門人曰:「二子英才有餘,而並不入道,惜乎!」甄後不拘細行,為時所毀。讓以輕侮曹操,操殺之。

●謝甄は、あざなを子微という。汝南の召陵の人だ。陳留の邊讓と、ともに談論を善くした。郭泰とあうと、連日連夜、語りあった。郭泰は、門人に言った。「謝甄と辺譲は、どちらも英才があまりある。だが、成功しない。惜しいなあ」と。
謝甄は、こまかいシキタリにからみ、世間に批判された。辺譲は、曹操を輕侮したので、曹操に殺された。

王柔字叔優,弟澤,字季道,林宗同郡晉陽縣人也。兄弟總角共候林宗,以訪才行所宜。林宗曰:「叔優當以仕進顯,季道當以經術通,然違方改務,亦不能至也。」後果如所言,柔為護匈奴中郎將,澤為代郡太守。
又識張孝仲芻牧之中,知范特祖郵置之役,召公子、許偉康並出屠酤,司馬子威拔自卒伍,及同郡郭長信、王長文、韓文布、李子政、曹子元、定襄周康子、西河王季然、雲中丘季智、郝禮真等六十人,並以成名。

王柔、その他の人たち60人。はぶく。

つぎは符融伝と、許劭伝です。つづく。

inserted by FC2 system