表紙 > ~後漢 > 『後漢書』列伝7・方面司令官たる馮異、延岑、賈復伝

11) 漢中王の七光、朝飯前の賈復

『後漢書』列伝7・馮異伝、延岑伝、賈復伝
渡邉義浩主編『全訳後漢書』をつかいながら、抄訳します。

賈復:漢中王の劉嘉の校尉、光武をたすける

賈複字君文,南陽冠軍人也。少好學,習《尚書》。事舞陰李生,李生奇之,謂門人曰:「賈君之容貌志氣如此,而勤於學,將相之器也。」王莽末,為縣掾,迎鹽河東,會遇盜賊,等比十餘人皆放散其鹽,複獨完以還縣,縣中稱其信。

賈複は、あざなを君文。南陽の冠軍の人。わかくして『尚書』をならう。舞陰の李生につかえ、「賈復は、將相之器だ」と言った。

ぼくは思う。人物評は、べつに後漢末から、魏晋だけでない。

王莽末、冠軍の縣掾。盗賊にあっても、河東から塩をはこんだ。信用された。

時,下江、新市兵起,複亦聚眾數百人於羽山,自號將軍。更始立,乃將其眾歸漢中王劉嘉,以為校尉。複見更始政亂,諸將放縱,乃說嘉曰:「臣聞圖堯、舜之事而不能至者,湯、武是也;圖湯、武之事而不能至者,桓、文是也;圖桓、文之事而不能至者,六國是也;定六國之規,欲安守之而不能至者,亡六國是也。今漢室中興,大王以親戚為籓輔,天下未定而安守所保,所保得無不可保乎?」嘉曰:「卿言大,非吾任也。大司馬劉公在河北,必能相施,第持我書往。」

下江や新市で、兵がたつ。賈復は、羽山(禹山)で、将軍をとなえた。更始の漢中王・劉嘉の校尉となる。更始がみだれた。賈復は、劉嘉に言った。「ベストは堯舜。つぎは殷湯や周武。つぎに桓公と文公。つぎに戦国6国。つぎに秦。時代がくだると、ランクがおちますが、劉嘉はどうするか」と。劉嘉は「賈復の話はおおきいが、河北で大司馬する劉秀がいい。劉秀に文書をとどけよ」といった。

ぼくは補う。いつのまにか賈復は、劉嘉にしたがい、南陽から漢中に移動していた。
『後漢書』劉嘉伝:鄧禹に降伏した、漢中王・劉嘉


複遂辭嘉,受書北度河,及光武于柏人,因鄧禹得召見。光武奇之,禹亦稱有將帥節,於是署複破虜將軍督盜賊。複馬羸,光武解左驂以賜之。官屬以複後來而好陵折等輩,調補鄗尉,光武曰:「賈督有折沖千里之威,方任以職,勿得擅除。」

賈復は、柏人で光武においつく。鄧禹をつうじ、光武とあう。(光武の故官である)破虜将軍、督盜賊とした。賈復の馬がやせるので、光武は、左のソエウマをあげた。

ぼくは思う。光武が賈復に、てあついのは、漢中王の劉嘉から、援助をひきだしたいからだろう。いきなり会って、いきなり厚遇するのは、不自然。また光武には、厚遇するだけの原資がない。それでも厚遇するのだから、ウラがあるのだ。

官属が賈復をねたみ、鄗県の尉にとばそうとした。光武は、とばさず。

『東観漢記』はいう。このとき光武は、破虜将軍と大司馬の、2府の官属をおいた。賈復は、段孝とともにすわった。段孝は賈復に「賈復は破虜将軍の督で、私は大司馬の督だ。同席しない」といった。賈復は「ともに光武の吏だ。おなじだ」といった。官属は、賈復が不遜なので、とばそうとした。
ぼくは思う。大司馬の督のほうが、格上なんだ。段孝は、イチャモンでもいいから、賈復をやっつけたかった。ともあれ1人で2府を開けるとは、知らなかった。


賈復:無敗の中央軍、12の傷をうけて引退

光武至信都,以複為偏將軍。及拔邯鄲,遷都護將軍。從擊青犢於射犬,大戰至日中,賊陳堅不卻。光武傳召複曰:「吏士皆饑,可且朝飯。」複曰:「先破之,然後食耳!」於是被羽先登,所向皆靡,賊乃敗走。諸將鹹服其勇。又北與五校戰於真定,大破之。複傷創甚。光武大驚曰:「我所以不令賈複別將者,為其輕敵也。果然,失吾名將。聞其婦有孕,生女邪,我子娶之,生男邪,我女嫁之,不令其憂妻子也。」複病尋愈,追及光武於薊,相見甚歡,大饗士卒,令複居前,擊鄴賊,破之。

光武は信都にきた。賈復は偏將軍。邯鄲をぬき、都護將軍。

渡邉注はいう。都護将軍は、雑号。ほかに就官なし。

青犢を射犬でうつ。光武は「青犢がかたいので、朝飯にしよう」といった。賈復は「青犢をやぶってから、朝飯にする」といった。青犢をやぶった。勇気をほめられた。

ぼくは思う。これが、朝飯前の語源だったのか。笑

ともに北して、五校を真定でやぶる。賈復は重傷した。光武はおどろき「賈復は敵をかろんじるから、別働させなかった。賈復の家族は、まかせろ」といった。賈復はなおり、薊県でおいつく。鄴県の賊をやぶる。

光武即位,拜為執金吾,封冠軍侯。先度河攻朱鮪於洛陽,與白虎公陳僑戰,連破降之。
建武二年,益封穰、朝陽二縣。更始郾王尹尊及諸大將在南方未降者尚多,帝召諸將議兵事,未有言,沉吟久之,乃以檄叩地曰:「郾最強,宛為次,誰當擊之?」複率然對曰:「臣請擊郾。」帝笑曰:「執金吾擊郾,吾複何憂!大司馬當擊B233」。遂遣複與騎都尉陰識、驍騎將軍劉植南度五社津擊郾,連破之。月余,尹尊降,盡定其地。
引東擊更始淮陽太守暴汜,汜降,屬縣悉定。其秋,南擊召陵、新息,平定之。明年春,遷左將軍,別擊赤眉於新城、澠池間,連破之。與帝會宜陽,降赤眉。

光武が即位すると、執金吾、冠軍侯。さきに黄河をわたり、朱鮪を洛陽にせめる。更始の白虎公の陳僑をくだす。
建武二年、穰県と、朝陽の2県がふえる。更始の郾王の尹尊と、おおくの大将は南にいる。光武は地をたたいて「郾王の尹尊が、最強だ。宛県が、つぎに強い。だれがうつか」といった。賈復が「私が郾王の尹尊をうつ」といった。光武は、わらって賈復にまかせた。光武は「宛城は、大司馬の呉漢がうて」といった。

ぼくは思う。更始の3王は、光武の勢力拡大にとっては、キーのようだ。ちゃんと劉玄伝を確認したい。郾王の尹尊って、何者だろう。よく名前がでてくる。

賈復は、騎都尉の陰識、驍騎將軍の劉植とともに、五社津を南にわたり、尹尊をくだした。 東して、更始の淮陽太守の暴汜をくだした。属県をたいらげた。その秋、召陵、新息(汝南)をたいらげた。明年春、左將軍。赤眉を、新城、澠池の間でやぶる。光武と、宜陽で赤眉をくだす。

ぼくは思う。李賢も渡邉注も、あまりついてないが、常勝だ。漢中王の劉嘉から、兵をもらっているのだろうか。光武の配下にいる、漢中王の集団が、常勝なんだろう。賈復1人の功績とすると、よくわからなくなる。


複從征伐,未嘗喪敗,數與諸將潰圍解急,身被十二創。帝以複敢深入,希令遠征,而壯其勇節,常自從之,故複少方面之勳。諸將每論功自伐,複未嘗有言。帝輒曰:「賈君之功,我自知之。」

賈復は、無敗。包囲をつぶして、味方の危機をすくう。身体に12の傷。つっこむので、方面司令官はやらない。光武は「賈復の功績は、私がしる」といった。

ぼくは思う。どこにでもいる。強力な中央軍って。


十三年,定封膠東侯,食鬱秩、壯武、下密、即墨、梃、觀陽,凡六縣。複知帝欲偃干戈,修文德,不欲功臣擁眾京師,乃與高密侯鄧禹並剽甲兵,敦儒學。帝深然之,遂罷左右將軍。複以列侯就第,加位特進。複為人剛毅方直,多大節。既還私第,闔門養威重。朱祐等薦複宜為宰相,帝方以吏事責三公,故功臣並不用。是時,列侯惟高密、固始、膠東三侯與公卿參議國家大事,恩遇甚厚。三十一年卒,諡曰剛侯。子忠嗣。

建武十三年(037)、膠東侯。6県をはむ。光武は軍事をこのまない。功臣に洛陽で、兵をもたせたくない。賈復は、鄧禹とともに武装解除し、儒学をした。左右將軍をやめた。列侯となり、就第(帰宅)した。特進がくわわる。朱祐は「賈復を三公に」といったが、光武は三公を実務能力でえらぶ。功臣をもちいない。

『東観漢記』はいう。光武は、天下がおさまったので、功臣が爵土をまっとうし、実務でミスらないようにした。列侯にして、屋敷にかえらせた。へえ!

鄧禹、李通、賈復だけが、朝廷にでた。建武三十一年(055)、賈復はしんだ。剛侯。子の賈忠がついだ。

范曄による論と賛

論曰:中興將帥立功名者眾矣,惟岑彭、馮異建方面之號,自函谷以西,方城以南,兩將之功,實為大焉。若馮、賈之不伐,岑公之義信,乃足以感三軍而懷敵人,故能克成遠業,終全其慶也。昔高祖忌柏人之名,違之以全福;征南惡彭亡之地,留之以生災。豈幾慮自有明惑,將期數使之然乎?
贊曰:陽夏師克,實在和德。膠東鹽吏,征南宛賊。奇鋒震敵,遠圖謀國。

范曄の論はいう。光武の将軍のうち、岑彭と馮異だけが、方面司令官として、征南、征西の軍号をもらった。馮異と賈復は、功績をほこらず。岑彭は、人(洛陽をまもる朱鮪)をなつかす。岑彭は高帝とちがい、わるい場所から逃げそこねた。
范曄の賛はいう。馮異は、和徳があった。賈復は、塩吏だった。岑彭は、宛県の賊だった。それぞれ、国のために、はかりごとした。110724

inserted by FC2 system