表紙 > ~後漢 > 袁宏『後漢紀』の抄訳

163-164年、种暠、楊秉、度尚、史弼

『後漢紀』を抄訳します。

163年、洛陽門下吏から、出世した种暠

六年(癸卯、一六三) 春正月戊午〔一〕,司徒种暠薨。大鴻臚許栩為司徒〔二〕。
〔一〕范書作「春二月」。按正月戊寅朔,無戊午,作「二月」是。 〔二〕范書作「衛尉潁川許栩」,并系此事於三月。

延熹六年(163)、春正月戊午〔范曄は2月とする。戊午は2月がただしい〕、司徒の种暠が薨じた。大鴻臚の許栩を、司徒した。〔范曄は「衛尉する潁川の許栩」とする。3月とする〕。

ぼくは思う。袁紀は、まるまる暦がズレた本を、参考にしていたのだろう。范曄の編集意図の1つは、袁宏の誤りをただすことだったかも。「後漢にかんする決定版がない」は事実。


暠字景伯,河南洛陽人。父早亡,有財三千萬,暠皆以賑鄉里貧者。當時豪貴,莫不遂識知之〔一〕。
〔一〕按御覽卷四七六引袁宏後漢書曰:「种暠字景伯,父為定陶令,有財三千萬。父卒,暠皆以賑鄉里貧賤者。其進趣名利者,皆不與交通。」與此文異,而與范書本傳同。疑御覽引書有名誤,或系袁山松後漢書亦未可知。

种暠は、あざなを景伯。河南の洛陽の人だ。早くに父が死に、財3千萬があったから、鄉里の貧者にくばった。

ぼくは思う。郷里っていうと、洛陽の貧者ですね。

このとき豪貴な人のうち、种暠を知らない人はいない。
〔『御覽』卷476は、袁宏『後漢書』をひく。「种暠は、あざなを景伯。父は定陶令となり、財3千萬がある。父が死ぬと、鄉里の貧賤にくばった。進趣、名利する人とは、种暠は交通せず」と。袁宏『後漢紀』と、ことなる。范曄『後漢書』の种暠伝とおなじ。『御覧』が、范曄と袁宏を誤ってひいたか。あるいは、袁山松『後漢書』を誤ってひいたか。わからない〕

年四十四,縣始召為門下吏。時河南尹田歆外〔甥〕(生)王諶名知人〔二〕,歆謂之曰:「河南當舉六孝廉,皆得貴人書命,不宜相違,欲以五副之。自舉一清名堪成就者,上以報國,下以託子孫,汝助我索之。」諶答曰:「知臣莫如君。君為二千石,當清察郡中,詢于賢良,諶安得知之?」歆曰:「郡中所送,固凡庸耳,欲因汝之明,求人之所不知而有奇者耳。」明日諶東出送客,駐車太陽郭裏,見暠。還語歆曰:「為君得孝廉矣。」問:「為山澤?」答曰:「洛陽門下吏也。」歆笑曰:「當得隱滯之夫,乃洛陽吏邪?」答曰:「夫異士不居山谷,但其居處異耳,德未必有也。處人間而有異,而人不知,己獨知之,乃奇耳。若不相信,可召而與之言。」歆便於府召見於庭中,詰問職事長吏所施行,暠分別具對,皆有條理。乃署主簿、功曹〔三〕,舉孝廉,由是知名。
〔二〕據陳澧校而改。 〔三〕范書本傳無「功曹」二字。

种暠は44歳のとき、はじめて県に召され、門下吏となる。ときに河南尹の田歆と、外甥の王諶は、名を知られた。田歆は、王諶に言った。「河南は、6人の孝廉をあげる。貴人から、5人の指名をうけた。逆らえない。のこり1名だけは、清名ある人をあげたい。探してくれ」と。王諶はこたえた。「私は、きみ・田歆より、人材を知るわけでない。きみは二千石(河南尹)となり、郡中で賢良をさがした。誰か知らないか」と。田歆はこたえた。「郡中は、凡庸しかいない」と。

皇帝のおひざもと、洛陽には、凡庸な人しかいない? ひどいなあ! 二千石が孝廉をあげるとき、いまの田歆みたいに、身内に相談したんですね。

翌日、王諶は東に賓客を見送った。太陽郭の裏に、駐車して、种暠に会った。王諶はかえり、田歆に言った。「きみのために、孝廉を見つけた。洛陽門の下吏だ。灯台もと暗しだ」とわらった。田歆は、庭中に种暠を召した。种暠の上司・長吏の仕事について、詰問した。种暠のこたえは、スジがとおった。田歆は种暠を、主簿、功曹とした。孝廉にあげた。种暠は、名を知られた。
〔范曄の种暠伝は、「功曹」の2字がない〕

二月戊戌,大赦天下〔一〕。 〔一〕范書作「三月」。按二月戊申朔,無戊戌,袁紀誤。
夏四月辛亥,康陵東署大火。 秋七月甲午,平陵園寢火〔一〕。 〔一〕范書及續漢志均作「甲申」,袁紀誤。

2月戊戌、天下を大赦した。〔范曄のいう3月がただしい〕
夏4月辛亥、康陵の東署が、大きくもえた。
秋7月甲午、平陵園寢がもえた。〔范曄のいう甲申がただしい〕

暦は、すべて誤るわけじゃない。袁紀は、何を見て書いたのだろう。


十月,上〔幸〕廣城校獵〔一〕。光祿勳陳蕃上書諫曰:「臣聞人主有事于苑囿,唯西郊,順時講武,以殺〔禽〕(屬)助祭〔二〕,盡孝敬之道也。違是則為逸遊,肆樂情意。故皋陶誡舜曰:『無敢遊佚。』〔三〕周公誡成王曰:『無盤遊於田。』〔四〕虞舜、成王猶有此誡,況德不及二主者哉!當今兵戈未戢,是陛下焦心〔五〕,坐而待旦之時也。而不以是,乃揚旌旗之耀,騁輿馬之觀,非聖賢卹民之意者也。」上不納。
〔一〕「幸」字據文意補。或當作「上校獵廣城」。又錢大昕廿二史考異曰:「『城』當作『成』,馬融上廣成頌,即此。」 〔二〕據范書改。 〔三〕見書皋陶謨。文曰:「無教逸欲有邦。」乃皋陶將為帝舜謀而先語禹之語。 〔四〕見書無逸,「遊於田」作「於遊田」,袁紀恐誤倒。 〔五〕范書「焦心」下有「毀顏」二字,袁紀恐脫。

10月,桓帝は廣城へ、校獵にゆく。〔銭大昕はいう。広成がただしい〕。
光祿勳の陳蕃は上書して、校猟をいさめた。「校猟して遊んでないで、民をいつくしめ」と。桓帝は、陳蕃をきかず。

164年(1) 太尉の楊秉は、すべてを統御する

七年(甲辰、一六四) 春二月,太尉黃瓊薨。 瓊字世英,江夏安陸人。清貞守正,進止必以禮。居宰相位,廉平公正,數納讜言,為朝廷所重。上亦愍惜焉,贈車騎將軍、邟鄉侯印綬,謚曰昭侯〔一〕。有孫曰琬。 〔一〕范書「昭侯」作「忠侯」。
三月癸亥,殞石於右扶風〔一〕。 〔一〕殞石於右扶風之鄠縣也。又按三月壬申朔,無癸亥,疑系二月事。范書亦誤。 太常楊秉為太尉〔一〕。 〔一〕按范書桓帝紀,四年三月太尉黃瓊免,四月劉矩為太尉。五年冬楊秉始代劉矩為太尉,與袁紀異。通鑑從范書,是。

延熹七年(164)、春2月、太尉の黃瓊が薨じた。
黄琬は、あざなを世英。江夏の安陸の人だ。三公となるが、廉平で公正だった。桓帝は黄琬をおしみ、車騎將軍、邟鄉侯の印綬を贈った。昭侯〔范曄では、忠侯〕をおくった。孫は、黄琬である。

ぼくは思う。こうして、列伝が割りこんでくるスタイルは、だいぶ慣れました。『後漢書』黄琬伝、まだやったことがない。そのうち、やりましょう。黄琬は、董卓の朝廷にでてくる人物だ。

3月癸亥、右扶風に殞石がおちた。〔右扶風の鄠縣におちた。3月ついたちは、壬申だ。3月に、癸亥がない。2月だろう。范曄も、3月だと誤る〕
太常の楊秉を、太尉とする。
〔范曄の桓帝紀をみると。延熹四年3月、太尉の黃瓊を免じた。4月、劉矩を、太尉とした。延熹五年(162)冬、はじめて楊秉は、劉矩にかわって太尉となる。袁宏とことなる。『資治通鑑』は、范曄にしたがう。范曄がただしい〕

是時中常侍侯覽、貝瑗驕縱最甚,選舉不實,政以賄成。秉奏覽等佞諂便僻,竊國權柄,召樹姦黨,賊害忠良,請免官理罪。奏入,尚書詰秉掾曰〔一〕:「夫設官分職,各有司存。三公統外,御史察內。今越左右,何所依據?其聞公具對。」秉〔使〕(便)對曰〔二〕:「除君之惡,惟力是視〔三〕。鄧通失禮,申屠嘉召而責讓,文帝從而請之〔四〕。漢故事,三公鼎司,無所不統〔五〕。」尚書不能詰。上不得已,乃免覽官,瑗削國事〔六〕。於是奏免刺史、郡守已下六十餘人,皆民之蠹也。
〔一〕黃本作「掾」,蔣本改作「秉」,皆不當省,今并存之。 〔二〕據范書改。即使掾復對尚書。 〔三〕僖公二十四年左傳中晉寺人披之言。楊伯峻曰:「此猶竭盡己力而為。」 〔四〕事見漢書申屠嘉傳。 〔五〕惠棟曰:「袁宏紀:何敞謂宗由曰『春秋稱三公為宰者,言無所不統也』。漢書翟方進云『春秋之義,尊上公謂之宰,海內無不統也』。又百官公卿表曰『三公參天子,坐而議政,無不總統,故不以一職為官名』。」 〔六〕范書楊秉傳作「延熹八年」事。

このとき中常侍の侯覧、貝瑗は、おごる。人材採用は誠実でなく、政治は賄賂でまわす。楊秉は、侯覧のわるさを上奏した。尚書は、楊秉の掾属をなじった。「楊秉は、三公の担当外に口をだす。なにを根拠に、楊秉は口をだすのか」と。楊秉は、文書で尚書にこたえた。「君主のそばから、悪をのぞく。前漢の文帝の故事〔『漢書』申屠嘉伝にある〕にてらすと、三公が担当しないことはない」と。尚書は、もう楊秉をなじれない。やむをえず桓帝は、侯覧と具瑗を、免じた。
〔恵棟はいう。袁宏はいう。「何敞は宗由に言った。『春秋』によると、三公は宰相であり、統御しないところはないと。『漢書』翟方進伝はいう。『春秋』の義によると、上公をとうとび、宰相という。海内に、統御しないものはない」と。また『百官公卿表』はいう。「三公は天子に参じ、議政に参じる。總統しないものはない。ゆえに三公は、1つの官名というだけでない」と〕

いろいろ言ってますが。三公の権限のひろさ、おおきさの話。
三公を例えるなら、親会社の言うことを聞かなくなった、おおきな子会社である。はじめは、親会社に供給するための部品をつくっていた。次第に、商品競争力がついてきて、親会社の競合企業とまで、取引をはじめた。資本関係は、まちがいなく「子会社」なのだが、ふるまいは「合弁会社」ないしは、独立企業。子会社の発言力は、およばないところはない。
子会社の社長には、親会社の役員が「あまくだる」のだ。親会社のなかで出世した人が、子会社の社長となり、親会社に対して「営業」や「牽制」をかけるようになる。三公とおなじ。
責任や権限がおおきいが、任期がたった数年なのも、おなじ。
後漢の国家制度を、「裾野がひろい、ひとつの大企業」として見ると、おおくのことに、気づくかも知れない。三国鼎立にいたるプロセスまで、説明がつきそう。なぜ、これをやるか。平日の昼間に、身をもって見聞していることに照らすと、リアルに発想できる。

〔范曄の楊秉伝は、この記事を、延熹八年(165)とする〕

夏四月乙丑,封皇后弟鄧庾為育陽侯〔一〕。
〔一〕范書皇后紀「庾」作「秉」,乃鄧皇后兄鄧演之子,鄧統之弟。

夏4月乙丑、皇后の弟・鄧庾を、育陽侯にふうじた。 〔范曄の皇后紀は、鄧庾でなく、鄧秉とする。鄧秉は、鄧皇后の兄・鄧演の子であり、鄧統の弟である〕

164年(2) 荊州刺史の度尚が、蛮夷をやぶる

秋九月,武陵蠻夷叛,寇掠數郡。荊州刺史度尚討之。將戰,尚召治中別駕曰:「今後無轉輸,前有彊敵,吏士捷獲已多,緩之則不肯力戰,急之則事情切迫,潛有逃竄。今與諸君俱處虎口,勝則功成,敗則無餘,為之奈何?」諸從事者莫知所出。尚宣言曰:「今兵實少,未可進,當復須諸郡兵至。且各休息,聽其射獵。」軍中喜踊,大小皆出。尚密呼所親燔其積聚,獵者還,莫不涕泣。尚使人慰勞曰:「蠻人多寶,足富數世,諸卿但不并力耳,所亡何足介意!」其明旦,秣馬蓐食,徑赴〔賊〕(城)屯〔一〕。賊見尚晏然,不圖其吏士憤激,遂克殄之。封尚右鄉侯,除一子為郎。 〔一〕據范書改。

164年、秋9月、武陵の蠻夷が叛いた。數郡を寇掠した。荊州刺史の度尚は、戦おうというとき、治中別駕に言った。「蛮夷は、強くておおい。どうしたらよいか」と。従事たちは、アイディアがない。度尚は、ひろく言った。「私たちは、兵がすくない。諸郡から兵がとどくまで、休息せよ。射獵してよい」と。軍中は喜踊して、出ていった。度尚は、ひそかに親燔する人たちを呼びもどした。呼びもどされた人は、みな涕泣した。度尚は、彼らを慰労した。「蛮夷は、財宝がおおい。数世、遊んでくらせる財宝だ。死ぬ気でがんばれ」と。

荊州刺史の軍は、烏合だった。だから度尚は、兵士を選びぬき、少数精鋭に切り替えたのか。蛮夷と戦いたくない荊州軍、少数精鋭にえらばれて涕泣した兵士たち。リアルだ。後漢末の荊州について考えるとき、「蛮夷と戦った経験がある、精鋭がいた」のか、「精鋭がいないから、蛮夷がのさばった」のか。どちらとも言える。孫堅軍団の形成に、つながるテーマ。

翌朝、度尚は蛮夷の城屯にゆく。賊が見るに、度尚は晏然とし、はからずも吏士は憤激している。ついに蛮夷をやぶった。 度尚は右鄉侯に封じられた。1子を郎とした。

『孫子』先生がいうから、いいのか。将軍は、部下の兵士を精神的に追いこんで、戦果をたたきだす。ほめられるのは、将軍のみ。兵士は、ワリがあわない。悔しかったら、将軍になれ、ということか。いつの時代も、雇われ側は、サボりの算段ばかりする。


尚字博平,山陽湖陸人也。初為上虞長,糾摘姦伏,縣中謂之神明。擢門下書佐朱俊〔一〕,謂之幹世之才。俊後顯名,終如尚言。縣有孝女曹娥,年十四,父旴溺于江,不得尸。娥號慕不已,遂赴江而死。前後長吏莫有紀者,尚至官,改葬娥,樹碑表墓,以彰孝行。〔二〕縣民故洛陽市長淳于翼學問淵深,大儒舊名,常隱於田里,希見長吏。尚往候之,晨到其門,翼不即相見,主簿曰:「還。」不聽,停車待之。翼晡乃見尚,尚宗其道德,極談乃退。其優賢表善,皆類此也。
〔一〕按謝承書、范書等「俊」皆作「」,亦作「雋」。然其本字作「俊」。 〔二〕水經注漸江水曰:「上虞縣東有龍頭山,南帶長江,東連上陂,江之道南有曹峨碑。縣令度尚使外甥邯鄲子禮為碑文,以彰孝烈。」

度尚は、あざなを博平。山陽の湖陸の人だ。はじめ上虞長となり、姦伏を糾摘した。縣中で、神明だと言われた。門下書佐の朱俊〔朱儁〕を抜擢した。のちに朱儁は有名となったが、度尚の言いつけをまもった。上虞県に、曹娥という14歳の孝女がいた。父の曹旴は、長江でおぼれ、死体があがらず。曹娥は、父をおって、長江に飛びこんで死んだ。墓碑を立てて、これを顕彰した。〔『水経注』は、この碑をしるす〕
縣民に、もと洛陽市長の淳于翼がいた。學問が淵深で、旧名ある大儒でも、田里にもぐってしまう。度尚は、淳于翼に礼儀をつくした。主簿が帰ろうと言っても、帰らず。淳于翼は、度尚に会ってくれた。度尚が、賢を優び、善を表するのは、こんな感じだ。

冬十月,行幸章陵,祠舊宅,遂有事于陵廟。戊辰,行幸雲夢,臨水〔一〕。祠湖陽、新野公主、〔壽〕張敬侯、魯哀公廟〔二〕。
〔一〕所臨之水,乃漢水也,袁紀恐脫「漢」字。又十月戊戌朔,無戊辰。或系十一月之事。 〔二〕據范書補。又此句之首,恐脫「還幸新野」四字。

冬10月、章陵にゆき、舊宅をまつる。陵廟をまいる。10月戊辰、雲夢にゆき、桓帝は、漢水にのぞむ。〔袁宏は「漢」の字を脱した。十月ついたちは、戊戌。10月に戊辰はない。11月のこととすべきだ〕
湖陽、新野公主をまつる。〔壽〕張敬侯、魯哀公の廟をまつる
〔范曄によると、この文のあたまに、「新野にもどり」がぬけている〕

164(3) 史弼が、渤海王・劉悝や、侯覧と対立

是時勃海王悝驕慢僭侈,不奉法度。見上無子,陰有嗣漢之望。北軍中候史弼上疏曰:「臣聞帝王之於親戚,愛之雖隆,必示之以威禮;寵之雖貴,必示之以法度。如是則和親之道興,骨肉之情固。昔襄王恣甘昭公〔一〕,孝景帝驕梁孝王〔二〕,二弟階寵,卒用悖慢,周有播蕩之禍,漢有袁盎之變。竊聞勃海王悝恃至親之屬,藉偏私之愛,有僣慢之心,頗不用制度。外聚輕薄不逞之徒,內荒酒樂,出入無常,所與群居,皆家之棄子,朝之斥臣。有口無行,必有羊勝、伍被之類〔三〕,州司不敢彈糾,傅相不能匡輔。陛下寬仁,隆於友于之義〔四〕,不忍遏絕,恐遂滋蔓,為害彌大。乞露臣奏,宣示百僚,使議於朝,明言其失。然後詔公卿平處其法,法決罪定,乃下不忍之詔,臣下固執,然後少有所許。如是則聖主無傷親之議,勃海長有享國之祚。不然懼大獄將興,使者相望於道矣。」上以至親,不問其事。
〔一〕僖公二十四年左傳曰:「初,甘昭公有寵於惠后,惠后將立之,未及而卒。昭公奔齊,王復之,又通於隗氏。王替隗氏。頹叔、桃子曰:『我實使狄,狄其怨我。』遂奉大叔以狄師攻王。」又曰:「天子無出,書曰,『天王出居于鄭』避母弟之難也。」楊伯峻曰:「甘昭公即惠王子、襄王弟王子帶,封於甘,昭,其謚。」大叔,即王子帶也。「王復之」,僖公二十二年,襄王迎其弟于齊,遂有此變。 〔二〕梁王,竇后少子,賜天子旌旗,出警入蹕。太后欲景帝傳位于孝王,袁盎諫,梁王遂令人刺殺盎。事見漢書文三王傳。 〔三〕羊勝,梁孝王謀主:伍被,勸淮南王反者。 〔四〕見尚書君陳。友于兄弟之意。

このとき勃海王の劉悝は、驕慢で僭侈であり、法度をまもらない。桓帝は、子がない。ひそかに劉悝は、つぎの皇帝をねらう。北軍中候の史弼は、上疏した。「渤海王の劉悝は、桓帝の親戚ですが、あまやかしてはいけない。公卿たちに、示しがつかない」と。桓帝は、劉悝が弟だから、不問にした。

弼字公謙,陳留考城人。歷職忠謇,無所傾撓。自尚書為平原太守〔一〕,詔書下諸郡察黨人,時所在怖懼,皆有所舉,多至數千人〔二〕,弼獨上言無黨人。從事主者坐問責曰〔三〕:「詔書憎嫉黨人極懇至,諸郡皆有,平原何獨無?」弼對曰:「先王疆理天下,畫為九壤,物土不同,風俗亦異。他郡自有,平原自無,胡可相比!若趨諾詔書,誣陷良善,平原之人,皆為黨乎?」從事大怒,奏弼罪,以贖免。 〔一〕范書作「平原相」是。蔡邕傳注引謝承書曰:「弼遷山陽太守,其妻鉅野薛氏女,以三互自上,轉拜平原相。」 〔二〕范書作「數百人」。 〔三〕從事,州刺史官屬。此乃刺史所遣督促屬郡察黨人者,故曰從事主者。

史弼は、あざなを公謙。陳留の考城の人。歷職して忠謇し、傾撓しない。尚書から、平原太守となる。〔范曄は「平原相」とする。范曄がただしい。范曄の蔡邕伝にひく謝承『後漢書』はいう。「史弼は、山陽太守にうつる。妻は、鉅野の薛氏だ。三互のルールに反するから、みずから申請して、平原相に転じた〕

ぼくは思う。袁宏は、どこが郡で、どこが国か、チェックしない。どっちでも、だいたい同じだと、思っていたのだろう。手抜きでなく、すぐれた洞察なんだ。笑

桓帝は詔書して、諸郡の党人をあげさせた。太守たちはおそれ、数千人〔范曄は、数百人とする〕があがる。

「党人=儒教する人」というのは、誤った認識だ。桓帝に協力的でない人の総称だろう。徒党をくんでいれば、彼らの主義主張がなんであっても、関係ない。
なぜ桓帝は、おおくの野党をつくったか。ひきつづき、考えたい問題。
袁宏は「数千人」といい、范曄は「数百人」という。たしかに「数千人」というのは、現実的でない。ぼくが范曄なら、「数千人」として、士人がこうむった危害を強調したいけどなあ。袁宏も范曄も、「すごくたくさん」という意味しか、ないのだろう。

史弼だけは、党人をあげない。從事主は、史弼をせめた。「うち平原国だけ、党人がいないというのは、おかしい」と。それでも史弼は、党人をあげない。從事は大怒して、史弼の罪を上奏した。史弼は免じられた。
〔従事とは、州刺史の官属だ。刺史が従事をおくり、属郡に督促して、党人をあげさせた。ゆえに従事主という〕?

遷河東太守。弼初至郡,敕門下有請,一無所通。常侍侯覽遣諸生齎書求假鹽稅及有所屬〔四〕,門長不為通。生詐稱自言者以見弼,弼怒收付獄,即日考殺之。覽後以誣弼謗誹朝政,徵詣延尉,論棄市。平原吏民走詣闕訟弼,得減死一等,刑竟歸田里。後數為公卿所薦,拜彭城相,為政務抑豪彊,雖有縱放,然豪右斂手,小民有罪,率多恩貸。
〔四〕沈欽韓曰:「河東有兩鹽池,則後漢仍榷其稅。」

史弼は、河東太守にうつる。史弼が河東にくると、門下に命じて、文書をとりつがせない。常侍の侯覽は、諸生に文書をもたせ、河東の塩税をくれと言った。〔沈欽韓はいう。河東には、2つの塩池がある。後漢は塩池から、税をとった〕
門長は、侯覧の文書をとりつがない。諸生がウソをついて、史弼に会った。史弼は、その日のうちに諸生を殺した。侯覧は、史弼をそしり、廷尉にわたした。史弼を棄市とした。平原の吏民がかけつけ、史弼を弁護した。死一等を減じられ、刑をおえて田里にかえる。のちに公卿におされ、彭城相となる。豪族をくじき、小民をたすけた。

つづきます。桓帝、そろそろ死ぬのかな。110603

inserted by FC2 system