表紙 > 曹魏 > 『三国志』武帝紀を読んで、原点回帰する

11) 袁術の死、徐州の地勢

言わずと知れた、『三国志』巻1、武帝紀。
原点回帰とレベルアップをはかります。『三国志集解』に頼ります。

河内郡、あとしまつ

四年春二月,公還至昌邑。張楊將楊醜殺楊,眭固又殺醜,以其眾屬袁紹,屯射犬。夏四月,進軍臨河,使史渙、曹仁渡河擊之。固使楊故長史薛洪、河內太守繆尚留守,自將兵北迎紹求救,與渙、仁相遇犬城。交戰,大破之,斬固。公遂濟河,圍射犬。洪、尚率眾降,封為列侯,還軍敖倉。
以魏種為河內太守,屬以河北事。初,公舉種孝廉。兗州叛,公曰:「唯魏種且不棄孤也。」及聞種走,公怒曰:「種不南走越、北走胡,不置汝也!」既下射犬,生禽種,公曰:「唯其才也!」釋其縛而用之。

建安四年(199)春2月、曹操は昌邑にもどる。

昌邑は、初平元年に盧弼が注釈した。趙一清はいう。山陽の郡治は、昌邑である。兗州刺史と昌邑太守が、おなじところにいたのだろう。ぼくは思う。呂布を下邳で殺し、まず帰ってきたのが、昌邑である。許都じゃない。

張楊は、楊醜に殺された。楊醜は、眭固に殺された。眭固は、袁紹に属し、射犬にいる。

盧弼はいう。張楊らは、黒山である。眭固は、初平二年に盧弼が注釈した。ぼくは思う。黒山は、袁術とむすんで曹操と戦い、曹操にやぶれた。張楊も、献帝の保護に手をだした。190年を彩る人たちが、急速に片づいてゆく。

夏4月、曹操は、史渙と曹仁に黄河をわたり、眭固を撃たせた。眭固は、張楊のもと長史・薛洪と、河內太守・繆尚をルスにおく。眭固みずから、袁紹に救いをもとめた。史渙、曹仁、曹操は、眭固と斬って射犬をくだし、敖倉にもどる。
魏種を河內太守とし、河北を任せた。魏種は、兗州で曹操を裏ぎった人だが、「ただ才」を用いたのだ。

史渙は、夏侯惇伝とその注釈にある。潘眉はいう。『文選』にある荀彧の檄文で、「繆尚」のビュウは、木偏である。ほかの史料を見ても、木偏がただしい。盧弼はいう。董昭伝では、糸篇である。ぼくは思う。木偏でも糸篇でもいい。『文選』の檄文が気になるじゃないか。
眭固の戦いは、「魏志」張楊伝、董昭伝にある。敖倉は、初平元年に盧弼が注釈した。何焯はいう。畢諶や魏種をもちいて、曹操は人材をあつめた。
ぼくは思う。張楊なきあとの河内の後始末。なぜ、このタイミングでなければ、ならないか。呂布を滅ぼした足で、直行している。地図を見ながら、後日考えて見ます。張楊と呂布の主力に、河内の兵がいた。これに関係があるのだろうか。
呂布が なり損ねたハーフな騎馬隊の群雄・張楊伝
訳しそこねたが、この戦いの最中、曹操が黄河を北へわたった!


袁術の死

是時袁紹既並公孫瓚,兼四州之地,眾十餘萬,將進軍攻許,諸將以為不可敵,公曰:「吾知紹之為人,志大而智小,色厲而膽薄,忌克而少威,兵多而分畫不明,將驕而政令不一,土地雖廣,糧食雖豐,適足以為吾奉也。」

このとき袁紹は、すでに公孫瓚をあわせ、4州をもつ。10余万で、許都に進みそう。曹操は言った。「私は袁紹の人となりを知っている。袁紹は私に、ひろい土地と、ゆたかな食糧をプレゼントしてくれるのだ」と。

ぼくは思う。官渡を「天下分け目」とするのは、陳寿が提示した歴史観。曹操をバンザイするための、ひとつの解釈。じつは、それほどでもないのかも知れない。兵数のディフォルメに、ムリな解釈の痕跡がある。裴松之に、さっそく突っこまれる。
こうして武帝紀を読むと、献帝を奉戴したあとの、連続した戦いの一部である。武帝紀の記述が、まるで物語みたいに「いよいよ官渡だよ」と、重くなってきた。この重みが、読んでておもしろい分だけに、余計に胡散くさい。気のせい?


秋八月,公進軍黎陽,使臧霸等入青州破齊、北海、東安,留於禁屯河上。九月,公還許,分兵守官渡。冬十一月,張繡率眾降,封列侯。十二月,公軍官渡。

199年秋8月、曹操は黎陽(魏郡)にすすむ。

『後漢書』鄧訓伝はいう。鄧訓は黎陽にいた。章懐注は『漢官儀』をひく。後漢のはじめ、幽州、豫州、并州で勝ち、天下をさだめた。ゆえに黎陽に兵営をおいたと。盧弼は考える。黎陽は、重要な拠点である。

臧霸らを青州に行かせ、

臧覇伝にくわしい。胡三省はいう。臧覇は泰山の人で、東で英雄とされたから、青州を担当した。袁氏は青州をおさえたが、平原より東である。青州すべてでない。ぼくは思う。以前、袁紹伝を読んだとき。青州刺史の袁譚は、ほんとにせまい地域しか、押さえてなかった。山東半島、まるまる圏外だったかな。
何焯はいう。臧覇を青州に入れたのは、袁氏の兵を分散するためだ。ぼくは思う。青州は、袁譚が袁術を受け入れるための、重要拠点である。袁氏のうごき、曹氏のうごきに、海沿いをめぐる暗闘があったに違いない。曹操は、呂布を殺したものの、東を直轄できていない。二袁が、曹操を外側からひっくり返すならば、海沿いである。

齊国、北海、東安をやぶる。

『郡国志』はいう。青州の斉国は、国治が臨シだ。青州刺史の州治は、徐州の琅邪だ。ぼくは思う。読みまちがい?なんで青州刺史が、徐州にいるんだ?

于禁を黄河にとどめる。9月、曹操は許にもどり、兵をわけて官渡をまもる。冬11月、張繍がくだった。列侯とする。12月、曹操は官渡へゆく。

盧弼が、官渡の位置をたくさん注釈する。中牟県あたり。
袁紹伝はいう。袁紹は人をやり、張繍に降伏しろと言った。賈詡は、張繍を曹操にくだらせた。ぼくは思う。張繍の降伏は、分水嶺だ。前ページで、曹操は三面に敵があった。劉表と張繍、袁術と呂布、袁紹の3つだ。いま曹操が呂布をつぶし、袁術は死に体だ。袁術は、つぎの段落で死ぬ。時間の前後が分からないが、袁術が死んだ(もしくは、死ぬほど追い詰められた)のを見て、賈詡は曹操に降伏したのだろうか。賈詡が張繍を動かせば、曹操の敵は、袁紹のみとなる。三面の苦しい戦いが、袁紹だけに専心できる。売れる恩がでかい。


袁術自敗於陳,稍困,袁譚自青州遣迎之。術欲從下邳北過,公遣劉備、硃靈要之。

袁術は、陳国でやぶれてから、困窮して、袁譚をたよって青州にゆく。袁譚は、袁術をむかえる。

盧弼はいう。袁譚はときに青州刺史だ。袁譚は、平原にいる。建安五年、劉備が青州にゆき、平原で袁譚をたよる。
ぼくは思う。曹操が、さっさと呂布を討ったのは、袁術の進路をふさぐためでもあるだろう。曹操は、兗州と豫州を領土とする。内陸である。もし海沿いで、揚州(袁術)、徐州(呂布)、青州(袁譚)、冀州(袁紹)という同盟を確立されたら、曹操は袋ダタキである。袁紹と袁譚は親子だからいいとして、その他の連中は、反復きわまりなく、対立をくりかえす。だが、「献帝を擁する曹操」がキライな点で、利害が一致する。反復きわまりないからこそ、どんな同盟を築くかわからない。曹操が、セッカチに各個撃破した理由じゃないかな。
っていうか、曹操が、徐州を臧覇らに「委ねた」のは、海沿いの地域まで、曹操の手が回らない証拠だ。許都から、とおい。っていうか、曹魏の視点では「委ねた」のかも知れないが、実態は放置だったのかも。「戦略的撤退」が、敗北と同義であることに同じ。あとで劉備に殺される「徐州刺史の車胄」って、だれだよ。大切にされている感じがないぞ。
曹操の影響力が及ばないから、二袁が、海沿いを活用することが可能だ。袁術が北上した理由が、ほんとうに「稍困」なのか、じつは分からない。海沿いに、曹操包囲網をつくるつもりだったのかも。いつもぼくが言うことですが。正史がしるす前後関係の説明には、おとなしく従うしかないが、因果関係の説明に従う必要はない。記された理由は、歴史家の仮説にすぎない。「同時代人による仮説だから、信じるべき」とは言い切れない。

袁術は、下邳から北にゆきたい。曹操は、劉備と朱霊に、袁術を討たせる。

ぼくは思う。袁術軍は、下邳を通れるらしい。そりゃ大陸は広いけどさ、、曹操の徐州支配は、まだ内実がない。呂布を殺しただけで、徐州は治まらない。徐州に、さまざまな利権集団がいて、徐州刺史や州牧を交替させてきた。
いま徐州は、沛国の陳珪・陳登が、曹操の支持を背景に、強めにのさばっているに過ぎない。この陳珪・陳登は、「呉志」で孫策と抗争する。陳氏は、曹操と同盟関係にあるとは言え、三公の家柄として、いつ自立しても文句は言えない。袁氏と同じ。石井仁先生の言うところの、ダークホースである。
もし劉備や朱霊が遅れたら、そして寿命が尽きなければ、袁術は、下邳を手に入れたかも知れないのですね。徐州刺史の車胄は、劉備にすら殺されるほど、弱いのだ。
ふたたび確認すると。曹操が呂布を殺したことに、「徐州を奪取した」という意義はなく、ただ「呂布の脅威を除いた」という意義しかない。そのまんまで恐縮です。呂布は、徐州の在地勢力と密着しているわけでない。徐州につよい軍が入れば、カンタンにくつがえるだろう。劉備が、もうすぐ徐州で独立するが、この情勢をふまえたものだ。


會術病死。程昱、郭嘉聞公遣備,言於公曰:「劉備不可縱。」公悔,追之不及。備之未東也,陰與董承等謀反,至下邳,遂殺徐州刺史車胄,舉兵屯沛。遣劉岱、王忠擊之,不克。

たまたま袁術が病死した。程昱と郭嘉は、「劉備をゆかすな」と言った。曹操は悔いたが、つかまらない。さきに劉備は、董承らと謀反をたくらむ。

盧弼はいう。董昭も、劉備を脅威とした。劉備は勇で、志が大きいと。
『後漢書』献帝紀はいう。建安五年春正月、董承、王服、種シュウは、曹操を殺そうとした。もれた。袁宏『後漢紀』はいう。董承らは、曹操を殺そうとしたが、発覚した。董承らは、曹操に反したのであり、後漢に反したのでない。建安二十三年の謀反と、趣旨は同じである。種シュウは、まえに董卓を殺そうとした。荀攸伝にある。
ぼくは補う。分かりにくいが、いま武帝紀は建安四年(199)だ。董承が発覚して失敗するのは、もう少しあとだ。次で議論する。

劉備は下邳で、徐州刺史の車胄を殺した。

『通鑑考異』はいう。先主伝は、董承がバレて死んだあと、劉備が車胄を殺した。「魏志」では、劉備が車胄を殺したあと、董承がバレた。袁宏『後漢紀』も、「魏志」とおなじく、車胄を殺したあと、董承がバレた。「蜀志」先主伝が誤りだ。
侯康はいう。「蜀志」は、董承の死のあとに、車胄の死をつなげる。つまり董承の死が前なのだ。『通鑑考異』はいう。「蜀志」が誤りだ。関羽伝はいう。劉備が車胄を殺したのは、建安五年の前だ。「魏志」とあう。
盧弼はいう。「魏志」袁紹伝は、劉備が車胄を殺したのを、建安五年の前におく。『後漢書』袁紹伝は、建安五年に、劉備が車胄を殺したという。どちらが正しいか分からない。おそらく侯康の説が正しかろう。
ぼくは思う。けっきょく、劉備が車胄を殺すのが、先である。先主伝と『後漢書』袁紹伝がミスった。先主伝は、徐州がらみで、ハデな時系列のミスがあった。信用しなくてよい。『後漢書』は、後世の史料だから、陳寿(武帝紀や関羽伝)を信用すべきだ。この議論は、盧弼が充分に煮つめたから、ぼくは、ふたたび言うまい。結論は、車胄が先!

劉備は、沛にいる。曹操は、劉岱と王忠をやるが、勝てない。

先主伝はいう。関羽を下邳におき、劉備は小沛にいる。李賢はいう。小沛は、沛県である。豫州の沛国である。ぼくは補う。曹操から攻撃を受けるとき、前線が小沛で、後方に下邳がある。劉備は、前線にいた。関羽は、後ろにいるから、逃げ遅れる。捕虜になる。
何焯と銭大昭はいう。青州黄巾に殺された劉岱と、別人だ。


獻帝春秋曰:備謂岱等曰:「使汝百人來,其無如我何;曹公自來,未可知耳!」魏武故事曰:岱字公山,沛國人。以司空長史從征伐有功,封列侯。魏略曰:王忠,扶風人,少為亭長。三輔亂,忠饑乏啖人,隨輩南向武關。值婁子伯為荊州遣迎北方客人;忠不欲去,因率等仵逆擊之,奪其兵,聚眾千餘人以歸公。拜忠中郎將,從征討。五官將知忠嘗啖人,因從駕出行,令俳取塚間髑髏系著忠馬鞍,以為歡笑。

劉岱と王忠について。必要に応じ、また後日。

廬江太守劉勳率眾降,封為列侯。

廬江太守の劉勲が、曹操にくだる。列侯となる。

ぼくは思う。劉勲は、袁術の後継をめぐり、孫策と争った人だ。この劉勲が曹操に降伏したのは、おおきい。袁術集団の半分が、曹操に合流したようなものだから。劉曄の動きも、このあたり?魯粛さんは?
『郡国志』はいう。廬江は、郡治が舒県だ。呉増キンはいう。建安四年、劉勲は郡治を、皖県にうつした。「呉志」孫策伝の注釈にある。ぼくは思う。孫策との抗争で、移したのだっけ。忘れたので、また確認する。
劉勲のことは、司馬芝伝と、そこにひく『魏略』にある。また「呉志」孫策伝にひく『江表伝』にある。潘眉はいう。劉勲は、勧進表に「華郷侯」として署名した。はぶいたが、さっきの王忠も、勧進表にある。
盧弼は考える。衛キが、塩について建策した。棗祇の屯田とおなじだ。当時の政治で、重要なことだ。『資治通鑑』は、建安四年に、塩の建策をのせる。武帝紀にない。失われたか。


200年、董承と劉備をうつ

五年春正月,董承等謀泄,皆伏誅。公將自東征備,諸將皆曰:「與公爭天下者,袁紹也。今紹方來而棄之東,紹乘人後,若何?」公曰:「夫劉備,人傑也,今不擊,必為後患。袁紹雖有大志,而見事遲,必不動也。」

建安五年(200)年、春正月、董承らはバレて、誅された。

『通鑑集覧』はいう。董承の智力は、王允におよばない。自滅するだけじゃなく、献帝まであやうくした。ぼくは思う。ああ、そうですか、すみませんね。笑

曹操は、みずから劉備を討ちに、東へゆく。みな諸将は言った。「袁紹より劉備ですか」と。曹操は言った。「劉備は、人傑だ。擊たないと、のちに患いとなる。袁紹は志は大きいが、おそい。動かないよ」と。

何焯はいう。劉備は雄才があり、宗室の一員だ。もし袁紹と兵を連ねて、劉備が許都を襲ったら。曹操は、非常にヤバい。だから曹操は、劉備を討たずには、おれなかったと。ぼくは思う。劉備というより、徐州という土地に、曹操が脅威のタネを、残したくなかったように見える。劉備は、袁術の戦略&進路をマネして、曹操に対抗したように見える。劉備の戦略は、借り物に見える。劉備そのものの評価は、またこんど。以前、これを書いた。
先主伝序盤:劉備の人柄も、史書の記述も、信用できない


孫盛魏氏春秋雲:答諸將曰:「劉備,人傑也,將生憂寡人。」臣松之以為史之記言,既多潤色,故前載所述有非實者矣,後之作者又生意改之,於失實也,不亦彌遠乎!凡孫盛制書,多用左氏以易舊文,如此者非一。嗟乎,後之學者將何取信哉?且魏武方以天下勵志,而用夫差分死之言,尤非其類。

孫盛『魏氏春秋』はいう。曹操は、諸将に言った。「劉備は人傑だ」と。裴松之は言う。孫盛は、デタラメだ。

盧弼は、孫盛について注釈する。はぶく。ぼくは思う。裴松之は、孫盛を攻撃するが、マトはずれでは?曹操から劉備への、たかい評価は、陳寿の本文にあるのだ。


郭嘉亦勸公,遂東擊備,破之,生禽其將夏侯博。備走奔紹,獲其妻子。備將關羽屯下邳,複進攻之,羽降。昌豨叛為備,又攻破之。公還官渡,紹卒不出。
二月,紹遣郭圖、淳于瓊、顏良攻東郡太守劉延于白馬,紹引兵至黎陽,將渡河。

郭嘉は曹操に、劉備を撃てと言った。曹操は劉備をやぶり、劉備の部将・夏侯博を生けどる。劉備は袁紹ににげ、関羽は下邳で降る。

郭嘉伝にひく『傅子』は、郭嘉の言葉をのせる。
盧弼はいう。劉備の妻子は、呂布や曹操につかまった。甘氏は、荊州で劉禅を生んだ。前妻の子は、すべて死んだのだろう。曹操も、曹昂を死なせた。曹操は「子を産むなら、孫仲謀」と言った。志をつがせるのは、むずかしい。
関羽は、偏将軍となり、厚遇された。

昌豨は、劉備について、曹操に反した。曹操は、昌豨を破った。曹操は官渡にもどる。袁紹は、出てこない。

胡三省はいう。「蜀志」によると昌豨は、昌覇である。呂布がやぶれると、泰山の諸将は、曹操にくだる。だが昌豨だけは、曹操にさからった。おそらく昌豨は、みずからの才略をたのみ、臧覇らより優れると思っていたと。ぼくは思う。徐州や泰山あたりに、曹操にしたがわない勢力が、おおくいた。袁術が見こみ、劉備がたより、曹操が恐れたのが、昌豨のような人たちだろう。袁紹と決戦するために、彼らを残すと、曹操にとって具合がわるい。


次回から、官渡の戦い。がんばって、夜行バス前につめよう。110225

inserted by FC2 system