表紙 > ~後漢 > 『後漢書』列伝46・王龔、王暢、种暠、种払、种邵伝を抄訳

王龔伝、子の王暢伝

吉川版で、王龔伝をやります。ただ抄訳して、読みなおしやすくした。
上表文のたぐいをはぶき、、関連する事件と人物にしぼった。どうぞ。

訓読された文書を見て、口語に要約する。それほど意味のある活動ではない。では、なぜやっているか。「読んだ」という行為の痕跡を、ホームページに叩きつけているだけ。あとで読み直すとき、自分用のガイドとする。

1ページ目は、王氏の父子。2ページ目は、种氏を3代。

陳蕃を引進した汝南太守、王龔伝

王龔字伯宗,山陽高平人也。世為豪族。初舉孝廉,稍遷青州刺史,劾奏貪濁二千石數人,安旁嘉之,征拜尚書。建光元年,擢為司隸校尉,明年遷汝南太守。政崇溫和,好才愛士,引進郡人黃憲、陳蕃等。憲雖不屈,蕃遂就吏。蕃性氣高明,初到,龔不即召見之。乃留記謝病去。龔怒,使除其錄。功曹袁閬請見,言曰:「聞之傳曰'人臣不見察於君,不敢立於朝',蕃既以賢見引,不宜退以非禮。」龔改容謝曰:「是吾過也。」乃複厚遇待之。由是後進知名之士莫不歸心焉。閬字奉高。數辭公府之命,不修異操,而致名當時。

王龔は、あざなを伯宗という。山陽の高平の人だ。世よ豪族だ。孝廉、青州刺史。貪汚な太守を弾劾したので、安帝に嘉され、尚書。

刺史が、太守を監察する。ちゃんとやってる。笑

建光元年(121)、司隸校尉。翌年、汝南太守。郡人の黃憲、陳蕃らを引進した。黄憲は屈さないが、陳蕃は吏に就いた。陳蕃の性氣は高明だ。はじめ王龔は、会えない。陳蕃は、病気だと書きおいた。王龔は怒り、陳蕃を名簿からはずす。功曹の袁閬は言った。陳蕃は賢い。非礼では、まねけない」と。王龔はミスを認めた。陳蕃を厚遇した。天下の知名の士が、王龔にあつまる。
袁閬は、あざなを奉高という。しばしば三公府の命を辞す。きわだつ節操はないが、同時代に名を知られた。

永建元年,征襲為太僕,轉太常。四年,遷司空,以地震策免。
永和元年,拜太尉。在位恭慎,自非公事,不通州郡書記。其所辟命,皆海內長者。龔深疾宦官專權,志在匡正,乃上書極言其狀,請加放斥。諸黃門恐懼。各使賓客誣奏龔罪,順帝命亟自實。前掾李固時為大將軍梁商從事中郎,乃奏記于商曰:

永建元年(126)、太僕、太常。四年(129)、司空となる。地震で免ず。
永和元年(136)、太傅となる。州郡と、私事で通じない。海内の長者を辟した。王龔は、ふかく宦官の專權をにくむ。宦官は順帝に、王龔の罪をふきこむ。順帝は調べた。さきの掾の李固は、大将軍の梁商の從事中郎となる。李固は、梁商に奏記した。

今旦聞下太尉王公敕令自實,未審其事深淺何如。王公束B13F厲節,敦樂藝文,不求苟得,不為苟行,但以堅貞之操,違俗失眾,橫為讒佞所構毀,眾人聞知,莫不歎栗。夫三公尊重,承天象極,未有詣理訴冤之義。纖微感概,輒引分決,是以舊典不有大罪,不至重問。王公沈靜內明,不可加以非理。卒有他變,則朝廷獲害賢之名,群臣無救護之節矣。昔絳侯得罪,袁盎解其過,魏尚獲戾,馮唐訴其冤,時君善之,列在書傳。今將軍內倚至尊,外典國柄,言重信著,指捴無違,宜加表救,濟王公之艱難。語曰:「善人在患,饑不及餐。」斯其時也。
商即言之於帝,事乃得釋。龔在位五年,以老病乞骸骨,卒於家。子暢。

「いま太尉の王龔が、宦官に陥れられた。外戚の梁商は、善人の王龔を救ってくれ」と。梁商は順帝に言い、王龔を救った。
王龔は、太尉を5年なり、老病で退職。在家で死んだ。子は、王暢。

王暢をやりたいから、王龔をオマケでやった。


劉表が倹約を諌めた、南陽太守の劉暢

暢字叔茂。少以清實為稱,無所交黨。初舉孝廉,辭病不就。大將軍梁商特辟舉茂才,四遷尚書令,出為齊相。征拜司隸校尉,轉漁陽太守。所在以嚴明為稱。坐事免官。是時,政事多歸尚書,桓帝特詔三公,令高選庸能。太尉陳蕃薦暢清方公正,有不可犯之色,由是複為尚書。

王暢は、あざなを叔茂。交党しない。孝廉にあがり、病気で辞す。大將軍の梁商は、とくに茂才にあげた。4たび遷り、尚書令、齊相となる。司隸校尉、漁陽太守。嚴明をたたえられた。罪をえて免官。このとき政事は、おおく尚書に帰す。桓帝は三公に詔し、庸能(実績や実力ある人物)を高選させた。太尉の陳蕃は、王暢が清方公正だから、薦めた。尚書となる。

陳蕃をはじめ採用したのは、父の王龔。薦めあいである。


尋拜南陽太守。前後二千石逼懼帝鄉貴戚,多不稱職。暢深疾之,下車奮厲威猛,其豪黨有釁穢者,莫不糾發。會赦,事得散。暢追恨之,更為設法,諸受臧二千萬以上不自首實者,盡入財物;若其隱伏,使吏髮屋伐樹,堙井夷灶,豪右大震。功曹張敞奏記諫曰:

王暢は、南陽太守となる。前後の南陽太守は、後漢の光武帝の貴戚がいるから、職務を全うできない。王暢はこれを疾み、下車して威猛を奮厲した。豪党の取り締まった。賄賂したが自白しなければ、財産を没収。かくれたら、吏に屋敷を解体させ、樹木を切り、井戸をうめ、竈をこわした。豪党は震えた。功曹の張敞が、王暢を諌めた。

五教在寬,著之經典。湯去三面,八方歸仁。武王入殷,先去砲格之刑。高祖鑒秦,唯定三章之法。孝文皇帝感一緹縈,蠲除肉刑。卓茂、文翁、召父之徒,皆疾惡嚴刻,務崇溫厚。仁賢之政,流聞後世。夫明哲之君,網漏吞舟之魚,然後三光明於上,人物悅於下。言之若迂,其效甚近。髮屋伐樹。將為嚴烈,雖欲懲惡,難以聞遠。以明府上智之才,日月之曜,敷仁惠之政,則海內改觀,實有折枝之易,而無挾山之難。郡為舊都侯甸之國,園廟出於章陵,三後生自新野,士女沾教化,黔首仰風流,自中興以來,功臣將相,繼世而隆。愚以為懇懇用刑,不如行恩;孳孳求奸,未若禮賢。舜舉皋陶,不仁者遠。隨會為政,晉盜奔秦。虞、芮入境,讓心自生。化人在德,不在用刑。
暢深納敞諫,更崇寬政,慎刑簡罰,教化遂行。

張敞はいう。「五教は寬を在(むね)とする。これを經典に著した。殷の湯王、周の武王、前漢の高帝、文帝の前例がある」と。王暢は、寛政にあらためた。刑罰をゆるめた。教化が行われた。

郡中豪族多以奢靡相尚,暢常布衣皮褥,車馬羸敗,以矯其敞。同郡劉表時年十七,從暢受學。進諫曰:「夫奢不僭上,儉不逼下,循道行禮,貴處可否之間。蘧伯玉恥獨為君子。府君不希孔聖之明訓,而慕夷,齊之末操,無乃皎然自貴於世乎?」暢曰:「昔公儀休在魯,拔園葵,去織婦;孫叔敖相楚,其子被裘刈薪。夫以約失之鮮矣。聞伯夷之風者,貪夫廉,懦夫有立志。雖以不德,敢慕遣烈。」

郡中の豪族は、奢靡が好き。王暢は、ボロい服と車で、風俗を矯正したい。同郡の劉表は、17歳だ。王暢に学問をならう。劉表は王暢を諌めた。「奢っても、上を越えない。倹約しても、下に逼らない。ほどほどがよい。王暢は、ほどほどの孔子でなく、やりすぎて餓死した、伯夷と叔斉と同じだ。やめろ」と。
王暢は言った。「倹約しすぎて、過失した人はすくない。伯夷は飢え死にしたが、烈ぶりを慕われてた」と。

つまり劉表がせっかく心配したのに、王暢は無視った。このときの貯蓄が、袁術の兵站となる。南陽の人々は、かわいそう。笑
袁術との差異を比較して読む、劉表伝 01) 南陽太守・王暢の人脈


後征為長樂衛尉。建甯元年,遷司空,數月,以水災策免。明年,卒於家。子謙,為大將軍何進長史。謙子粲,以文才知名。

のちに王暢は、長樂衛尉となる。建甯元年(168)、司空にうつる。数ヶ月で、水災により免ぜられた。翌年、在家で死んだ。子は王謙。王謙は、大將軍する何進の長史となる。王謙の子は、王粲。文才で知られた。王粲は『三国志』に列伝あり。

つぎは、种氏の列伝。三国と、よくからむ。つづく。

inserted by FC2 system