表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

187年、張挙と張純が、幽州で革命

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

187年春、韓遂が、邊章、北宮伯玉、李文侯を殺す

孝靈皇帝中中平四年(丁卯,公元一八七年)
春,正月,己卯,赦天下。 二月,滎陽賊殺中矣令。三月,河南尹何苗討滎陽賊,破之;拜苗為車騎將軍。

187年春正月己卯、天下を赦した。2月、滎陽の賊が、中矣令を殺した。3月、河南尹の何苗は、滎陽の賊を破った。何苗は、車騎將軍となった。

胡三省はいう。中牟県は、河南尹に属す。ぼくは思う。前年まで、車騎将軍は、宦官の趙忠だった。宦官から、外戚へ。よく分からない人事だ。


韓遂殺邊章及北宮伯玉、李文侯,擁兵十餘萬,進圍隴西,太守李相如叛,與遂連 和。涼州刺史耿鄙率六郡兵討遂。鄙任治中程球,球通姦利,士民怨之。漢陽太守傅燮 謂鄙曰:「使君統政日淺,民未知教。賊聞大軍將至,必萬人一心,邊兵多勇,其鋒難 當;而新合之眾,上下未和,萬一內變,雖悔無及。不若息軍養德,明賞必罰,賊得寬 挺,必謂我怯,群惡爭勢,其離可必。然後率已教之民,討成離之賊,其功可坐而待 也。」鄙不從。

韓遂は、邊章と北宮伯玉、李文侯を殺した。韓遂は、兵10余万がいる。隴西をかこんだ。隴西太守の李相如は、反して、韓遂とつらなる。
涼州刺史の耿鄙は、6郡の兵をひきいて、韓遂を討つ。耿鄙の治中は、程球だ。程球は姦利につうじ、士民に怨まれた。漢陽太守の傅燮は、耿鄙に言った。「耿鄙は、まだ赴任して、日があさい。また程球がいては、官軍の心が、ひとつにまとまらない」と。耿鄙は、傅燮をきかず。

187年夏、耿鄙が韓遂に破れ、馬騰が自立

夏,四月,鄙行至狄道,州別駕反應賊,先殺程球,次害鄙,賊遂進圍 漢陽。城中兵少糧盡,燮猶固守。

187年夏4月、耿鄙は狄道にゆく。州別駕は、韓遂に応じた。州別駕は、程球と耿鄙を殺した。韓遂は、漢陽をかこむ。城中の兵は少なく、食糧はつきた。傅燮は、かたく守った。

前年、趙忠と対立して、漢陽にきた傅燮。ちゃんと、見せ場があった。『資治通鑑』は、下手な小説より、よほど、構成がすぐれている。


時北地胡騎數千隨賊攻郡,皆夙懷燮恩,共於城外叩頭,求送燮歸鄉里。燮子幹, 年十三,言於燮曰:「國家昏亂,遂令大人不容於朝。今後不足以自守,宜聽羌、胡之 請,還鄉里,徐俟有道而輔之。」言未終,燮慨然歎曰:「汝知吾必死邪!聖達節,次 守節。殷紂暴虐,伯夷不食周粟而死。再遭世亂,不能養浩然之志,食祿,又欲避其難 乎!吾行何之,必死於此!汝有才智,勉之勉之!主簿楊會,吾之程嬰也。」

ときに北地の胡騎が、数千いて、韓遂にしたがう。みな傅燮の恩になつく。胡騎は城外で叩頭して、傅燮を郷里(北地の霊州)に送りたいと言った。
傅燮の子は、傅幹である。傅幹は、父の傅燮に言う。「後漢は、もうダメだ。この漢陽は、守れない。羌族と胡族にあまえて、故郷に帰ろう」と。傅燮は、傅幹が言い終える前に、歎じた。「伯夷は、どれだけ殷がダメでも、周に仕えなかった。私も後漢に殉じる。主簿の楊會は、私にとって程嬰だ。傅幹は、楊會を頼れ」と。

胡三省は『史記』から、程嬰をひく。遺児を逃がして、成人させた人らしい。逃げた遺児は、のちに趙武になったそうだ。ぼくは知りません。


狄道人王 國使故酒泉太守黃衍說燮曰:「天下已非復漢有,府君寧有意為吾屬帥乎?」燮按劍叱 衍曰:「若剖符之臣,反為賊說邪!」遂麾左右進兵,臨陳戰歿。耿鄙司馬扶風馬騰亦 擁兵反,與韓遂合,共推王國為主,寇掠三輔。

狄道人の王國は、もと酒泉太守の黃衍をおくり、傅燮に説く。「天はすでに、漢にない。傅燮は、わが軍のリーダーにならないか」と。傅燮は剣をつかみ、黃衍を叱った。「私に賊になれと、言うのか」と。傅燮は進軍し、戦没した。
耿鄙の司馬する、扶風の馬騰もまた、反した。韓遂と合わさり、王国をリーダーとした。三輔を寇した。

『考異』がいう。傅燮の死を、袁宏は翌年5月とする。范曄にしたがう。
ぼくは思う。馬騰は、耿鄙の司馬だった。この出自は、馬超を知るために、役立つ。


187年夏、公孫瓚と張純が、烏桓の指揮を争う

太尉張溫以寇賊未平,免;以司徒崔烈為太尉。五月,以司空許相為司徒;光祿勳 沛國丁宮為司空。

太尉の張溫は、寇賊が平らがないから、やめた。司徒の崔烈を、太尉とした。5月、司空の許相を、司徒とした。光祿勳する沛國の丁宮を、司空とした。

初,張溫發幽州烏桓突騎三千以討涼州,故中山相漁陽張純請將之,溫不聽,而使 涿令遼西公孫瓚將之。軍到薊中,烏桓以牢稟逋縣,多叛還本國。張純忿不得將,

はじめ張溫は、幽州の烏桓突騎3千で、涼州を討った。もと中山相した漁陽の張純は、烏桓をひきいたい。張温は、張純をゆるさず。涿令する遼西の公孫瓚が、烏桓をひきいた。

ぼくは思う。公孫瓚と、張純が、烏桓突騎の指揮を、うばいあった。張温が、公孫瓚にあたえた。こんな話、あったっけ。知らなかった。はずかしいなあ。

烏桓の軍は、薊中にきた。烏桓は、薊県の食糧を持ち逃げした。張純は、烏桓の指揮を任させてもらえないから、怒った。

ぼくは補う。張純は思ったはずだ。「公孫瓚は、烏桓に食糧を持ち逃げされた。私(張純)が烏桓をひきいれば、もっと、うまくやったのに」と。
公孫瓚は、異民族を殺しまくったイメージがあるが。公孫瓚が、烏桓をひきいたことも、あった。指揮に失敗したから、異民族を怨んだのか?だとしたら、とんだ小さい人物だ。


乃與 同郡故泰山太守張舉及烏桓大人丘力居等連盟,劫略薊中,殺護烏桓校尉公綦稠、右北 平太守劉政、遼東太守陽終等,眾至十餘萬,屯肥如。舉稱天子,純稱彌天將軍、安定 王,移收州郡,雲舉當代漢,告天子避位,敕公卿奉迎。冬,十月,長沙賊區星自稱將 軍,眾萬餘人;詔以議郎孫堅為長沙太守,討擊平之,封堅烏程侯。

張純は、同郡のもと泰山太守・張舉と、烏桓の大人・丘力居らと、連盟した。張純は、薊中を劫略した。張純は、護烏桓校尉の公綦稠、右北 平太守の劉政、遼東太守陽終らを殺した。張純は、10万余になり、肥如(遼西)に屯した。張挙は天子を称し、張純は彌天將軍、安定 王を称した。州郡に文書をまわした。「張挙が、漢に代わった。天子を位から降ろせ。公卿は、張挙を迎えよ」と命じた。

187年冬、孫堅が区星を討ち、烏程侯

冬,十月,長沙賊區星自稱將 軍,眾萬餘人;詔以議郎孫堅為長沙太守,討擊平之,封堅烏程侯。 十一月,太尉崔烈罷;以大司農曹嵩為太尉。 十二月,屠各胡反。
是歲,賣關內侯,直五百萬錢。
前大丘長陳寔卒,海內赴吊者三萬余人。寔在鄉閭,平心率物,其有爭論,輒求判 正,曉譬曲直,退無怨者,至乃歎曰:「寧為刑罰所加,不為陳君所短!」楊賜、陳耽, 每拜公卿,群僚畢賀,輒歎寔大位未登,愧於先之。

187年冬10月、長沙賊の區星は、みずから將軍を称した。1万余人あつまる。議郎の孫堅を長沙太守として、区星を平らげた。孫堅は、烏程侯となる。

『考異』はいう。范曄は「観鵠」とするが、陳寿にしたがう。

11月、太尉の崔烈をやめた。大司農の曹嵩を、太尉とした。12月、屠各胡(匈奴)が反した。この歳、關內侯を売った。5百萬錢だ。
さきの大丘長・陳寔が死んだ。海内から、3万人が弔問した。陳寔は、判断の公正さが知られた。「刑罰を受けても、陳寔に責められたくない」と言われた。楊賜と楊賜は、公卿になり、みなに祝われたあと、いつも歎じた。「私は、陳寔より先に、高位に昇ってしまった」と愧じた。101215

inserted by FC2 system