表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

186年、傅燮と、車騎将軍の趙忠

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

186年春、車騎の趙忠が、傅燮をはばかる

孝靈皇帝中中平三年(丙寅,公元一八六年) 春,二月,江夏兵趙慈反,殺南陽太守秦頡。 庚戌,赦天下。
太尉張延罷。遣使者持節就長安拜張溫為太尉。三公在外始於溫。

186年春2月、江夏の兵・趙慈が反した。南陽太守の秦頡を殺した。 2月庚戌、天下を赦した。 太尉の張延をやめた。使者に持節して長安にゆかせ、張溫を太尉とした。三公在外は、張温にはじまる。

以中常侍趙忠為車騎將軍。帝使忠論討黃巾之功,執金吾甄舉謂忠曰:「傅南容前 在東軍,有功不侯,天下失望。今將軍親當重任,宜進賢理屈,以副眾心。」忠納其言, 遣弟城門校尉延致殷勤於傅燮。延謂燮曰:「南容少答我常侍,萬戶侯不足得也!」燮 正色拒之曰:「有功不論,命也。傅燮豈求私賞哉!」忠愈懷恨,然憚其名,不敢害, 出為漢陽太守。

中常侍の趙忠を、車騎將軍とした。霊帝は、趙忠が黄巾を討った功績を論じた。

ぼくは思う。もっとも皇帝に信任された宦官は、車騎将軍となる。順帝、桓帝からの伝統。霊帝も前に、曹節を車騎将軍にした。いま宦官のトップは、張讓でなく、趙忠だな。

執金吾の甄舉は、趙忠に言った。「傅燮は、東軍で功績があったが、侯でない。天下は、失望した。あなた(趙忠)は、理屈をわきまえ、世論にしたがえ」と。趙忠は、甄舉をみとめた。
弟の城門校尉・趙延は、傅燮を殷勤に迎えた。趙延は、傅燮に言った。「傅燮は、趙忠の口ぞえがなければ、1万戸ももらえない」と。傅燮は、趙延にことわる。「功績があっても、褒賞がないのは、天命だ。私は、趙忠に賞されたくない」と。趙忠は、傅燮を恨んだ。だが趙忠は、傅燮の名声にはばかり、傅燮を殺せない。
傅燮は中央をでて、漢陽太守となった。

『考異』はいう。袁宏は、翌年の9月とする。いま范曄にしたがう。


186年夏、荊州刺史の王敏が、趙慈を斬る

帝使鉤盾令宋典繕修南宮玉堂,又使掖庭令畢嵐鑄四銅人,又鑄四鐘,皆受二千斛。 又鑄天祿、蝦蟆吐水於平門外橋東,轉水入宮。又作翻車、渴烏,施於橋西,用灑南北 郊路,以為可省百姓灑道之費。

霊帝は、鉤盾令の宋典に、南宮の玉堂を繕修させた。掖庭令の畢嵐に、4つの銅人と、4つの鐘を、鋳造させた。どちらも、2千斛を受けた。その他、おおくを建築した。ありものの施設を流用して、節約した。

五月,壬辰晦,日有食之。 六月,荊州刺史王敏討趙慈,斬之。車騎將軍趙忠罷。 冬,十月,武陵蠻反,郡兵討破之。 前太尉張廷為宦官所譖,下獄死。 十二月,鮮卑寇幽、並二州。 征張溫還京師。

186年5月壬辰みそか、日食した。 6月、荊州刺史の王敏は、趙慈を斬った。車騎將軍の趙忠をやめた。

ぼくは思う。趙忠は、荊州を平定するため、車騎将軍になっていたのか。名目だけでも。そして、孫堅が殺す、荊州刺史の王叡は、いまの王敏と、関係があるのだろうか。

186年冬10月、武陵蠻が反した。郡の兵が、蛮をやぶる。 さきの太尉の張廷は、宦官にそしられて獄死した。 12月、鮮卑が幽州と并州を寇した。張温を、京師にもどした。101215

inserted by FC2 system