表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

185年、崔烈の涼州放棄、張温の遠征

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

185年春、霊帝の課税と、張燕の独立

孝靈皇帝中中平二年(乙丑,公元一八五年)
春,正月,大疫。 二月,己酉,南宮雲台災。庚戌,樂城門災。
中常侍張讓、趙忠說帝斂天下田,□十錢,以修宮室、鑄銅人。樂安太守陸康上疏 諫曰:「昔魯宣稅□而蝝災自生。哀公增賦而孔子非之,豈有聚奪民物以營無用之銅人, 捐捨聖戒,自蹈亡王之法哉!」內幸譖康援引亡國以譬聖明,大不敬,檻車征詣廷尉。 侍御史劉岱表陳解釋,得免歸田裡。康,續之孫也。

185年春正月、大疫あり。 2月己酉、南宮雲台が燃えた。2月庚戌、樂城門が燃えた。
中常侍の張讓と趙忠は、霊帝に、天下の田地へ課税を提案した。畝ごとに10銭をとり、宮室をなおし、銅人を鋳造せよと。樂安太守の陸康は、上疏して、課税を諌めた。「無用の銅人をつくり、万民の財産を奪うな。王法をやぶるな」と。陸康は、不敬として、廷尉に送られた。
侍御史の劉岱は、陸康をゆるせと上表した。陸康は、郷里に帰ることができた。陸康は、陸続の孫だ。

胡三省はいう。陸続は、『資治通鑑』45巻にある。明帝の永平14年だ。
ぼくは思う。陸康と、劉岱。三国志の登場人物が、出てきた。豪華!


又詔發州郡材木文石,部送京師。 黃門常侍輒令譴呵不中者,因強折賤買,僅得本賈十分之一,因復貨之,宦官復不為即 受,材木遂至腐積,宮室連年不成。刺史、太守復增私調,百姓呼嗟。又令西園騶分道 督趣,恐動州郡,多受賕賂。刺史、二千石及茂才、孝廉遷除皆至西園諧價,然後得去, 其守清者乞不之官,皆迫遣之。時巨鹿太守河內司馬直新除,以有清名,減責三百萬。 直被詔,悵然曰:「為民父母而反割剝百姓以稱時求,吾不忍也。」辭疾,不聽。行至 孟津,上書極陳當世之失,即吞藥自殺。書奏,帝為暫絕修宮錢。

また霊帝は、州郡から京師へ、材木文石を送らせた。黃門常侍は、品質が合格しないと、10分の1に買い叩いた。黃門常侍は、金をもうけた。宦官も、すぐに検収せず、材木を腐らせた。宮室は、連年しても成らず。

みごとなる下請法違反。違反の項目に、みごとに合致!

刺史や太守は、百姓から搾取し、ふところに入れた。霊帝は、地方から集金して、建築する。

ぼくは思う。これだけ見ると、バカな政治だが。江戸幕府がやった、天下普請と発想が同じかも?つまり、地方の実力を、失わせるための政策。地方を放置すると、また反乱するから。ただ、江戸幕府の場合は、大名を攻撃した。だが霊帝は、万民そのものを攻撃した。結果、黄巾もどきになり、全国の反乱がやまないのだが。
霊帝は、中央集権の気持ちが、とても強い。強すぎたかも。

地方官に着任するには、霊帝への支払いが必要だ。清い人は、官に就きたくない。脅されて、着任した。ときに巨鹿太守する河內の司馬直は、新たに任命された。清名による任命だから、支払いが3百万に減らされた。司馬直は、悵然として言う。「太守として、民の父母になるはずが。民から搾取するなんて。私は、忍びない」と。司馬直は、孟津で霊帝をきつく諌めて、服毒した。司馬直の上書を見て、霊帝はしばらく宮錢を集めず。

以硃俊為右車騎將軍。 自張角之亂,所在盜賊並起,博陵張牛角、常山褚飛燕及黃龍、左校、於氐根、張 白騎、劉石、左髭文八、平漢大計、司隸緣城、雷公、浮雲、白雀、楊鳳、於毒、五鹿、 李大目、白繞、眭固、苦蝤之徒,不可勝數,大者二三萬,小者六七千人。張牛角、褚 飛燕合軍攻癭陶,牛角中流矢且死,令其眾奉飛燕為帥,改姓張。飛燕名燕,輕勇走趫 捷,故軍中號曰「飛燕」。山谷寇賊多附之,部眾寢廣,殆至百萬,號「黑山賊」,河 北諸郡縣並被其害,朝廷不能討。燕乃遣使至京師,奏書乞降;遂拜燕平難中郎將,使 領河北諸山谷事,歲得舉孝廉、計吏。

朱儁を、右車騎將軍とした。
張角のあと、盗賊が並びたつ。博陵の張牛角、常山の褚飛燕(中略)大きい賊は2、3万。小さい賊でも5、6千。張牛角が癭陶で死んだので、褚飛燕がついだ。河北で、100万の黑山賊となる。朝廷は張燕を、平難中郎將、使領河北諸山谷事に任命した。張燕は、孝廉と計吏をあげる。

杜佑はいう。漢代の朝歌県の西北に、黒山がある。ぼくは補う。多才な名前の賊を、はぶきましたが。原文をご覧ください。袁紹伝からの引用かな。


185年春、銅臭の崔烈が、涼州を棄てろと言う

司徒袁隗免。 三月,以廷尉崔烈為司徒。烈,寔之從兄也。是時,三公往往因常侍、阿保入錢西 園而得之,段穎、張溫等雖有功勤名譽,然皆行輸貨財,乃登公位。烈因傅母入錢五百 萬,故得為司徒。及拜日,天子臨軒,百僚畢會,帝顧謂親幸者曰:「悔不小靳,可至 千萬!」程夫人於傍應曰:「崔公,冀州名士,豈肯買官!賴我得是,反不知姝邪!」 烈由是聲譽頓衰。

司徒の袁隗をやめた。185年3月、廷尉の崔烈を司徒とした。崔烈は、崔寔の從兄だ。このとき、三公は往往にして、常侍に近づく。西園に支払って、三公になれた。段穎や張溫らですら、功勤も名譽もあるが、支払って三公になった。
崔烈は、5百万銭を払って、司徒となった。百僚が会したとき、霊帝はそばの人に「崔烈から、1千万銭は、とれたかな」と言った。程夫人が、「崔烈は、冀州の名士だ。買官などしない。崔烈は、私(程大人)を頼って、三公になったんだよ」と言った。崔烈の聲譽は、おとろえた。

ぼくは思う。程大人は、ワザとでなければ、よほどバカである。ワザとであれば、自分の権限の大きさを、誇示したかったのか。どちらにせよ、バカな雰囲気の朝廷である。そう見えるように、史家が書いたのだろうが。


北宮伯玉等寇三輔,詔左車騎將軍皇甫嵩鎮長安以討之。
時涼州兵亂不解,征發天下役賦無已,崔烈以為宜棄涼州。詔會公卿百官議之,議 郎傅燮厲言曰:「斬司徒,天下乃安!」尚書奏燮廷辱大臣。帝以問燮,對曰:「樊噲 以冒頓悖逆,憤激思奮,未失人臣之節,季布猶曰『噲可斬也』。今涼州天下要沖,國 家籓衛。高祖初興,使酈商別定隴石;世宗拓境,列置四郡,議者以為斷匈奴右臂。今 牧御失和,使一州叛逆;烈為宰相,不念為國思所以弭之之策,乃欲割棄一方萬裡之土, 臣竊惑之!若使左衽之虜得居此地,士勁甲堅,因以為亂,此天下之至慮,社稷之深憂 也。若烈不知,是極蔽也;知而故言,是不忠也。」帝善而從之。

北宮伯玉らは、三輔を寇した。左車騎將軍の皇甫嵩を、長安におく。
ときに涼州の兵乱のせいで、戦費がふくらむ。崔烈は、涼州を棄てろと言う。公卿百官と、涼州を議論した。議郎の傅燮は、猛反対した。霊帝は、涼州を棄てない。

ぼくは補う。傅燮の議論の中身が、単純なので、はぶく。


185年秋、張温と袁滂が、董卓を従え、北宮を討つ

夏,四月,庚戌,大雨雹。 五月,太慰鄧盛罷;以太僕河南張延為太尉。 六月,以討張角功,封中常侍張讓等十二人為列侯。

185年夏4月庚戌、おおいに雹がふる。 5月、太尉の鄧盛をやめた。太僕する河南の張延を、太尉とする。 6月、張角を討った功績により、中常侍の張讓ら、12人を列侯とする。

張讓に、なんの功績があるのか。万人が、つっこむところだ。前年の、張讓&王允の事件と、関係があるのだろうか。


秋,七月,三輔螟。 皇甫嵩之討張角也,過鄴,見中常侍趙忠捨宅逾制,奏沒入之。又中常侍張讓私求 錢五千萬,嵩不與。二人由是奏嵩連戰無功,功費者多,征嵩還,收左軍騎將車印綬, 削戶六千。

185年秋7月、三輔でズイムシ。
皇甫嵩が張角を討ち、鄴県を過ぎた。皇甫嵩は、中常侍の趙忠がもつ、豪邸を見た。皇甫嵩は、趙忠を没収しろと上奏した。また中常侍の趙忠は、皇甫嵩に5千万のワイロをもとめた。皇甫嵩は、張讓に支払わず。

ぼくは思う。張讓は、皇甫嵩が支払うのを、当然だと思っている。現代のフェアな商取引と、おなじに考えてはいけない。皇甫嵩が、朝廷からお金をもらえば、宦官にバックするのが当然だというルールだ。貪汚でなく、当然なんだ。

これにより、趙忠と張讓は、上奏した。「皇甫嵩は、戦費を浪費した。左車騎將車の印綬を返させ、6千戸を削れ」と。

八月,以司空張溫為車騎將軍,執金吾袁滂為副,以討北宮伯玉;拜中郎將 董卓為破虜將軍,與蕩寇將軍周慎並統於溫。 九月,以特進楊賜為司空。冬,十月,庚寅,臨晉文烈侯楊賜薨。以光祿大夫許相 為司空。相,訓之子也。

8月、司空の張溫を、車騎將軍とした。執金吾の袁滂を、張温の副官とした。張温と袁滂に、北宮伯玉を討たせた。

ぼくは思う。袁氏が出てくると、機械的に反応してしまうが。張温の下に、孫堅がつく。袁滂と孫堅の関係は? 孫堅が袁術にしたがう伏線では?

中郎將の董卓を、破虜將軍とした。蕩寇將軍の周慎とともに、張温の指揮に入る。
9月、特進の楊賜を、司空とした。185年冬10月庚寅、臨晉文烈侯の楊賜が薨じた。光祿大夫の許相を、司空とした。許相は、許訓の子だ。

185年冬、孫堅が張温に、董卓を斬れと言う

諫議大夫劉陶上言:「天下前遇張角之亂,後遭邊章之寇,今西羌逆類已攻河東, 恐遂轉盛,豕突上京。民有百走退死之心,而無一前斗生之計,西寇浸前,車騎孤危, 假令失利,其敗不救。臣自知言數見厭,而言不自裁者,以為國安則臣蒙其慶,國危則 臣亦先亡也。謹復陳當今要急八事。」大較言天下大亂,皆由宦官。宦官共讒陶曰: 「前張角事發,詔書示以威恩,自此以來,各各改悔。今者四方安靜,而陶疾害聖政, 專言妖孽。州郡不上,陶何緣知?疑陶與賊通情。」於是收陶下黃門北寺獄,掠按日急。 陶謂使者曰:「臣恨不與伊、呂同疇,而以三仁為輩。今上殺忠謇之臣,下有憔悴之民, 亦在不久,後悔何及!」遂閉氣而死。前司徒陳耽為人忠正,宦官怨之,亦誣陷,死獄 中。

諫議大夫の劉陶は、上言した。「まえに張角が乱し、あとに辺章が寇した。いま西羌は、河東を攻める。河東から洛陽は、すぐ近くだ。首都が危ない。西にいる張温も、負けそうだ。宦官のせいである」と。
宦官は、劉陶をそしった。「張角のとき、我ら宦官は反省した。いま四方は、安静だ。劉陶は、ありもしない脅威を言う。州郡の事情を、なぜ劉陶が知るか。劉陶こそ、賊と通じているからだ」と。劉陶は、黃門北寺獄で、気がふさがって死んだ。
さきの司徒の陳耽は、人となりが忠正だ。陳耽は、宦官に獄死させられた。

張溫將諸郡兵步騎十餘萬屯美陽,邊章、韓遂亦進兵美陽,溫與戰,輒不利。十一 月,董卓與右扶風鮑鴻等並兵攻章、遂,大破之,章、遂走榆中。溫遣周慎將三萬人追 之。參軍事孫堅說慎曰:「賊城中無谷,當外轉糧食,堅願得萬人斷其運道,將軍以大 兵繼後,賊必困乏而不敢戰,走入羌中,並力討之,則涼州可定也!」慎不從,引軍圍 榆中城,而章、遂分屯葵園峽,反斷慎運道,慎懼,棄車重而退。

張溫は、10余万で美陽にいる。邊章と韓遂は、張温に勝てない。11月、董卓は、右扶風の鮑鴻らとともに、辺章と韓遂を破った。榆中に逃げた。張温は、周慎3万に追わせた。參軍事の孫堅は、周慎に言う。

胡三省はいう。参軍事の官は、はじめて見える。杜佑はいう。後漢の霊帝のとき、陶謙は幽州刺史となった。陶謙は、司空、車騎将軍の張温の軍事に「参」じた。ときに孫堅は、参軍となった。晋代に、軍府に官員をおいた。

孫堅は言う。「辺章と韓遂の食糧を、断ちましょう。私に1万をつけよ。周慎将軍が、あとから大兵で攻めれば、涼州は定まる」と。周慎は、孫堅をきかず。周慎は、ぎゃくに糧道を断たれて、しりぞいた。

溫又使董卓將兵三萬 討先零羌,羌、胡圍卓於望垣北,糧食乏絕,乃於所度水中偽立□焉以捕魚,而潛從□ 焉下過軍。比賊追之,決水已深,不得度,遂還屯扶風。張溫以詔書召卓,卓良久乃詣 溫;溫責讓卓,卓應對不順。孫堅前耳語謂溫曰:「卓不怖罪而鴟張大語,宜以召不時 至,陳軍法斬之。」溫曰:「卓素著威名於河、隴之間,今日殺之,西行無依。」堅曰: 「明公親率王師,威震天下,何賴於卓!觀卓所言,不假明公,輕上無禮,一罪也;章、 遂跋扈經年,當以時進討,而卓雲未可,沮軍疑眾,二罪也;卓受任無功,應召稽留, 而軒昂自高,三罪也。古之名將仗鉞臨眾,未有不斷斬以成功者也。今明公垂意於卓, 不即加誅,虧損威刑,於是在矣。」溫不忍發,乃曰:「君且還,卓將疑人。」堅遂出。

張温は董卓に3万をつけ、先零羌を討たせた。董卓は、望垣(漢陽)の北で囲まれた。董卓は、魚をとるふりをして、川を決壊させた。韓遂は、扶風にもどる。
張温が董卓を召したが、董卓は遅刻した。孫堅は張温に耳打ちした。「董卓を斬れ」と。張温は断った。「董卓は、黄河と隴西のあいだで、威名がある」と。張温は、孫堅を下がらせた。「董卓に疑われるだろう」と。孫堅は、退出した。

ぼくは補う。孫堅伝の話は、有名なので、はぶく。ところで、袁滂はどこに行ったの? 中央に、召し返されたのだろうか。袁氏の心配ばかり、している。笑


是歲,帝造萬金堂於西園,引司農金錢、繒帛牣積堂中,復藏寄小黃門、常侍家錢 各數千萬,又於河間買田宅,起第觀。

この185年、霊帝は萬金堂を、西園に造る。司農の金錢をひき、繒帛を堂中に満たす。また小黃門に貯金したので、それぞれ侍家には、つねに数千銭のキャッシュがあった。また河間に田宅を買い、第觀を建てた。101217

ぼくは思う。霊帝は皇帝なのに、田宅を「買う」んだなあ。
使い道のない「死に金」だとしたら、霊帝の蓄財は、暗君である。でも、霊帝をバカと決めつけるのは、早い。霊帝なりに、後漢を改革する気持ちがある。そのための原資を、蓄えたのだろう。使い道、考えるのは楽しい。後世の史料読みとして。

inserted by FC2 system