表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

183年、楊賜と劉陶が、張角を警戒

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

183年、何皇后の母を、舞陽君とする

孝靈皇帝中光和六年(癸亥,公元一八三年) 春,三月,辛未,赦天下。 夏,大旱。 爵號皇後母為舞陽君。
秋,金城河水溢出二十餘里。 五原山岸崩。

183年春3月辛未、天下を赦した。 夏、ひでり。 何皇后の母を、舞陽君とした。
183年秋、金城の黄河があふれ、20余里でた。 五原の山岸が崩れた。

183年、鉅鹿の張角が、郡県に広まる

初,巨鹿張角奉事黃、老,以妖術教授,號「太平道。」咒符水以療病,令病者跪 拜首過,或時病癒,眾共神而信之。角分遣弟子周行四方,轉相誑誘,十餘年間,徒眾 數十萬,自青、徐、幽、冀、荊、揚、兗、豫八州之人,莫不畢應。或棄賣財產、流移 奔赴,填塞道路,未至病死者亦以萬數。郡縣不解其意,反言角以善道教化,為民所歸。

はじめ巨鹿の張角は、黄帝と老子に奉り、妖術を教授された。「太平道」と号して、病気を治した。張角は、弟子を四方におくり、10余年たつ。黄巾は、数10万だ。青、徐、幽、冀、荊、揚、兗、豫の8州が、黄巾に応じた。財産を売りはらい、流浪した。道が埋まった。病死していない人は、1万をかぞえる。郡県は、黄巾の意図が分からない。かえって張角が、善道教化すると言った。郡県は領民を、張角にしたがわせた。

ぼくは思う。黄巾は、宦官の子弟が、地方を乱したことが原因。張角が「布教」した10年は、第二次党錮と、ちょうど時期がおなじである。太学派と、張角のつながりは、充分に想定されること。張角を、役人に落第した人とするフィクションは、支持できる。科挙は、さすがに時代錯誤だが。


太尉楊賜時為司徒,上書言:「角誑曜百姓,遭赦不悔,稍益滋蔓。今若下州郡捕 討,恐更騷擾,速成其患。宜切敕刺史、二千石,簡別流民,各護歸本郡,以孤弱其黨, 然後誅其渠帥,可不勞而定。」會賜去位,事遂留中。司徒掾劉陶復上疏申賜前議,言: 「角等陰謀益甚,四方私言,雲角等竊入京師,覘視朝政。鳥聲獸心,私共鳴呼。州郡 忌諱,不欲聞之,但更相告語,莫肯公文。宜下明詔,重募角等,賞以國土,有敢迴避, 與之同罪。」帝殊不為意,方詔陶次第春秋條例。

太尉の楊賜は、ときに司徒となった。

胡三省はいう。楊賜は、光和5年、司徒になった。

楊賜は、上言した。「張角は、百姓を誑曜する。はやめに張角を捕えよ。刺史と太守へ、流民を本郡にもどせと命じよ。流民をぬけば、黄巾は孤立する」と。たまたま楊賜は、太尉をやめた。上書は、留められた。
司徒掾の劉陶も、楊賜とおなじ上言をした。「黄巾は、ひそかに京師に入り、朝政を見ている。鳥の声と、獣の心は、ひそかに共鳴する。州郡は、張角の名を口にせず、文書にも載せない。霊帝は、張角に懸賞をつけよ。張角について、当たらず触らずの人は、張角と同罪とせよ」と。
霊帝は、劉陶の意味が分からない。劉陶に、『春秋』の訓詁を命じた。

角遂置三十六方,方猶將軍也。大方 萬餘人,小方六七千,各立渠帥。訛言:「蒼天已死,黃天當立,歲在甲子,天下大 吉。」以白土書京城寺門及州郡官府,皆作「甲子」字。大方馬元義等先收荊、揚數萬 人,期會發於鄴。元義數往來京師,以中常侍封諝、徐奉等為內應,約以三月五日內外 俱起。

張角は、36方をおき、将軍とした。「蒼天已死,黃天當立,歲在甲子,天下大吉」と、訛言した。白土で、京城の寺門と、州郡の官府に、「甲子」と書いた。大方の馬元義らは、さきに荊州と揚州で、数万人をおさめた。馬元義は、鄴にあつまる。

ぼくは思う。荊州と揚州から、冀州の鄴へ。この戦略、くわしく考えたい。冀州の鄴は、このとき誰が長官だろう。冀州は、鉅鹿があるから、黄巾の本拠だろう。

馬元義は、しばしば京師にゆく。中常侍の封諝、徐奉らは、馬元義に内応した。3月5日に、内外でともに起兵すると約した。101215

inserted by FC2 system