表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

179年、陽球が王甫を殺し、曹節に殺さる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

179年春、橋玄が、人質の幼子を殺す

孝靈皇帝上之下光和二年(己未,公元一七九年)
春,大疫。 三月,司徒袁滂免,以大鴻臚劉郃為司徒。乙丑,太尉橋玄罷,拜太中大夫;以太 中大夫段熲為太尉。

179年春、大疫あり。3月、司徒の袁滂をやめ、大鴻臚の劉郃を、司徒とした。

『考異』はいう。袁宏はいう。2月丁巳、袁滂をやめた。劉郃を、劉邵とかく。范曄にしたがう。

3月乙丑、太尉の橋玄をやめ、太中大夫とした。太中大夫の段熲を、太尉とした。

玄幼子游門次,為人所劫,登樓求貨;玄不與。司隸校尉、河南尹 圍守玄家,不敢迫。玄瞋目呼曰:「奸人無狀,玄豈以一子之命而縱國賊乎!」促令攻 之,玄子亦死。玄因上言:「天下凡有劫質,皆並殺之,不得贖以財寶,開張奸路。」 由是劫質遂絕。
京兆地震。 司空袁逢罷;以太常張濟為司空。

橋玄の幼子が、誘拐され、身代金を求められた。橋玄は、支払わず。司隸校尉と河南尹は、誘拐犯に、突入できない。橋玄は、目をいからせた。「私の1人の子を助けるため、国賊の好きにさせるのか」と。橋玄は、司隷校尉と河南尹に、突入させた。橋玄の子は、死んだ。
橋玄は、霊帝に上言した。「もし人質をとる人があれば、人質もろとも殺せ。財宝で、取引させるな。不正のキッカケとなる」と。これにより、人質がなくなった。
京兆が、地震した。 司空の袁逢をやめた。太常の張濟を、司空とした。

179年夏、陽球が王甫・王萌・王吉を殺す

夏,四月,甲戌朔,日有食之。 王甫、曹節等奸虐弄權,扇動內外,太尉段熲阿附之。節、甫父兄子弟為卿、校、 牧、守、令、長者佈滿天下,所在貪暴。甫養子吉為沛相,尤殘酷,凡殺人,皆磔屍車 上,隨其罪目,宣示屬縣,夏月腐爛,則以繩連其骨,周遍一郡乃止,見者駭懼。視事 五年,凡殺萬餘人。尚書令陽球常拊髀發憤曰:「若陽球作司隸,此曹子安得容乎!」 即而球果遷司隸。

179年夏4月甲戌ついたち、日食した。王甫と曹節らは、権力をもてあそぶ。太尉の段熲は、宦官におもねる。曹節と王甫の父兄や子は、卿、校、 牧、守、令、長となった。天下にみちて、貪暴した。
王甫の養子は、王吉である。王吉は、沛相となった。もっとも殘酷だ。罪状を書き、死体をさらして、夏に腐らせた。骨を縄でしばり、郡をひきまわす。王吉は、沛相を5年やり、1万余人を殺した。尚書令の陽球は、つねに発憤して言う。「もし私(陽球)が司隷校尉となれば、王吉をこのままにしない」と。果たして、すぐに陽球は、司隷校尉にうつった。

甫使門生於京兆界辜榷官財物七千餘萬,京兆尹楊彪發其奸,言之司隸。彪,賜之 子也。時甫休沐裡捨,熲方以日食自劾。球詣闕謝恩,因奏甫、熲及中常侍淳於登、袁 赦、封□羽等罪惡,辛巳,悉收甫、熲等送洛陽獄,
及甫子永樂少府萌、沛相吉。球自 臨考甫等,五毒備極;萌先嘗為司隸,乃謂球曰:「父子既當伏誅,亦以先後之義,少 以楚毒假借老父。」球曰:「爾罪惡無狀,死不滅責,乃欲論先後求假借邪!」萌乃罵 曰:「爾前奉事吾父子如奴,奴敢反汝主乎!今日臨坑相擠,行自及也!」
球使以土窒 萌口,箠撲交至,父子悉死於杖下;熲亦自殺。乃僵磔甫屍於夏城門,大署榜曰:「賊 臣王甫。」盡沒入其財產,妻子皆徙比景。

王甫は門生に命じ、京兆あたりで、国家の財物7千余万をつかわせた。京兆尹の楊彪は、王甫を司隷校尉の陽球にチクった。楊彪は、楊賜の子だ。
ときに王甫は、私邸で休む。段熲は日食だから、みずからを劾めた。陽球は、以下の人の罪悪を上奏した。王甫、段熲、中常侍の淳於登、袁赦、封トツである。4月辛巳、王甫や段熲らをすべて捕え、洛陽獄に送った。

ぼくは思う。袁赦の行く末が、書いてないが。「悉」とあるから、洛陽獄に入ったか。

王甫の子は、永樂少府の王萌と、沛相の王吉である。陽球は、王萌と王吉も、洛陽獄に送った。みずから陽球は、王甫を裁判した。王甫の子・王萌は、かつて司隷校尉だった。王萌は、陽球を罵った。「さきに陽球は、父と私(王甫と王萌)に、奴隷のごとく仕えた。いま陽球は、私たち父子を裏切るのか」と。
陽球は、土で王萌の口をふさいだ。王甫と王萌を、杖で叩き殺した。段熲は自殺した。王甫の死骸を、夏城門に貼り付けた。「賊臣の王甫」とかかげた。王甫の財産を没収し、妻子を比景に徙した。

ぼくは思う。胡三省の注釈も、とくにない。ただの、お話である。


179年夏、曹節が陽球を、衛尉に左遷する

球既誅甫,欲以次表曹節等,乃敕中都官從事曰:「且先去權貴大猾,乃議其餘耳。 公卿豪右若袁氏兒輩,從事自辦之,何須校尉邪!」權門聞之,莫不屏氣。曹節等皆不 敢出沐。

すでに陽球は、王甫を殺した。つぎは、曹節を殺したい。陽球は、上表をする。陽球は、中都官從事に言った。

胡三省はいう。中都官從事とは、都官從事のことだ。百官のうち、法を犯した人を、とりしまる。光武帝ののち、都官從事は、もっぱら貴戚をとりしまった。

陽球は言う。「私は、權貴で大猾な人(王甫)を殺した。その他(曹節)についても、話したい。公卿や豪右に、もし袁氏の兒輩しかいなければ、私(陽球)がみずから、曹節らの罪を弁じよう。処刑を、校尉に任せる必要はない」と。

胡三省はいう。ときに袁氏は、袁赦と同宗だから、世に貴寵した。
ぼくは補う。「若」の訳し方が、自信ありません。おそらく陽球は、「公卿に宦官の身内しかおらず、話が通らないなら」と、言ったのだろう。宦官の身内の代表が、袁氏だ。

權門はこれを聞き、気をふさいだ。曹節らは、みな出沐しない。

會順帝虞貴人葬,百官會喪還,曹節見磔甫屍道次,慨然抆淚曰:「我曹可自 相食,何宜使犬舐其汁乎!」語諸常侍:「今且俱入,勿過裡捨也。」節直入省,白帝 曰:「陽球故酷暴吏,前三府奏當免官,以九江微功,復見擢用。愆過之人,好為妄作, 不宜使在司隸,以騁毒虐。」帝乃徙球為衛尉。
時球出謁陵,節敕尚書令召拜,不得稽 留尺一。球被召急,因求見帝,叩頭曰:「臣無清高之行,橫蒙鷹犬之任,前雖誅王甫、 段熲,蓋狐狸小丑,未足宣示天下。願假臣一月,必令豺狼鴟梟各服其辜。」叩頭流血。 殿上呵叱曰:「衛尉扞詔邪!」至於再三,乃受拜。

順帝の母・虞貴人の葬儀があった。帰り道、曹節は、王甫のハリツケを見た。曹節は慨然として、涙をふいた。「おなじ釜の飯を食べた王甫よ。王甫の体液を、犬に舐めさえてはおけない」と。曹節は王甫を片づけ、すぐに霊帝に言った。「陽球は、故酷な暴吏だ。まえ(熹平6年)に陽球を劾めたが、九江の微功があるから許した。だが陽球は、ひどい。司隷校尉をやめさせよ」と。霊帝は陽球を、衛尉とした
陽球は、叩頭して流血し、霊帝への面会を求めた。「あと1ヶ月、司隷校尉の任期を伸ばしてくれたら、豺狼や鴟梟(曹節ら)を罰することができるのに」と。陽球は尚書令に、再三たのみ、霊帝に会えた。霊帝は、陽球を叱った。「陽球は、衛尉にするという詔に、逆らうか」と。

ぼくは補う。陽球は、王甫に勝った。曹節は、陽球に勝ち、王甫の仇をとった。やっぱり、胡三省の注釈で広がるわけでもない、たのだのお話だ。


179年夏、審忠と呂強が、霊帝に却下される

於是曹節、硃瑀等權勢復盛。節領尚書令。郎中梁人審忠上書曰:
「陛下即位之初, 未能萬機,皇太后念在撫育,權時攝政,故中常侍蘇康、管霸應時誅殄。太傅陳蕃、大 將軍竇武考其黨與,志清朝政。華容侯硃瑀知事覺露,禍及其身,遂興造逆謀,作亂王 室,撞蹋省闥,執奪璽綬,迫脅陛下,聚會群臣,離間骨肉母子之恩,遂誅蕃、武及尹 勳等。因共割裂城社,自相封賞,父子兄弟,被蒙尊榮,素所親厚,布在州郡,或登九 列,或據三司。不惟祿重位尊之責,而苟營私門,多蓄財貨,繕修第捨,連裡竟巷,盜 取御水,以作漁釣,車馬服玩,擬於天家。群公卿士,杜口吞聲,莫敢有言;州牧郡守, 承順風旨,辟召選舉,釋賢取愚。故蟲蝗為之生,夷寇為之起,天意憤盈,積十餘年, 故頻歲日食於上,地震於下,所以譴戒人主,欲令覺悟,誅金甘無狀。昔高宗以雉雊之 變,故獲中興之功;近者神祇啟悟陛下,發赫斯之怒,故王甫父子應時馘截,路人士女 莫不稱善,若除父母之仇。誠恐陛下復忍孽臣之類,不悉殄滅。昔秦信趙高,以危其國; 吳使刑人,身遘其禍。今以不忍之恩,赦夷族之罪,奸謀一成,悔亦何及!臣為郎十五 年,皆耳目聞見,瑀之所為,誠皇天所不復赦。願陛下留漏刻之聽,裁省臣表,掃滅丑 類,以答天怒。與瑀考驗,有不如言,願受湯鑊之誅,妻子並徙,以絕妄言之路。」章 寢不報。

陽球が司隷校尉をやめた。曹節と硃瑀らは、ふたたび權勢が盛んだ。曹節は、尚書令となった。
郎中する梁人の審忠は、上書した。審忠は言う。「霊帝が即位して、もと中常侍の蘇康と、管覇がみだした。華容侯の硃瑀は、自分の悪事がバレたので、陳蕃と陳蕃と尹勲を殺した。王甫の父子が、みだした。私は15年間、郎中をやるが、霊帝の政治はまずい。硃瑀を殺し、妻子を徙せ」と。霊帝は、審忠の上書をふせた。

中常侍呂強清忠奉公,帝以眾例封為都鄉侯,強固辭不受,因上疏陳事曰:「臣聞 高祖重約,非功臣不侯,所以重天爵、明勸戒也。中常侍曹節等,宦官祐薄,品卑人賤, 讒諂媚主,佞邪徼寵,有趙高之禍,未被轘裂之誅。陛下不悟,妄授茅土,開國承家, 小人是用,又並及家人,重金兼紫,交結邪黨,下比群佞。陰陽乖剌,稼穡荒蕪,人用 不康,罔不由茲。臣誠知封事已行,言之無逮,所以冒死干觸陳愚忠者,實願陛下損改 既謬,從此一止。臣又聞後宮采女數千餘人,衣食之費日數百金,比谷雖賤而戶有饑色, 案法當貴而今更賤者,由賦發繁數,以解縣官,寒不敢衣,饑不敢食,民有斯厄而莫之 恤。宮女無用,填積後庭,天下雖復盡力耕桑,猶不能供。
又,前召議郎蔡邕對問於金 商門,邕不敢懷道迷國,而切言極對,毀刺貴臣,譏呵宦官。陛下不密其言,至令宣露, 群邪項領,膏脣拭舌,競欲咀嚼,造作飛條。陛下回受誹謗,致邕刑罪,室家徙放,老 幼流離,豈不負忠臣哉!今群臣皆以邕為戒,上畏不測之難,下懼劍客之害,臣知朝廷 不復得聞忠言矣!故太尉段熲,武勇冠世,習於邊事,垂發服戎,功成皓首,歷事二主, 勳烈獨昭。陛下既已式序,位登台司,而為司隸校尉陽球所見誣脅,一身既斃,而妻子 遠播,天下惆悵,功臣失望。宜征邕更加授任,反熲家屬,則忠貞路開,眾怨以弭矣。」 帝知其忠而不能用。

中常侍の呂強は、清忠で奉公する。霊帝は、都郷侯をたくさん封じた。呂強は侯を固辞して、上疏した。「劉邦の重約にある。功臣でなければ、侯としないと。いま曹節は、卑賤のくせに、侯だ。霊帝の爵位の配り方は、誤りだ。また蔡邕は、発言が正しかった。蔡邕を朔北から、呼びもどせ。また段熲は名将なのに、陽球に殺された。段熲の家属を呼びもどせ」と。
霊帝は、呂強が忠だと知るが、もちいず。

丁酉,赦天下。上祿長和海上言:「禮,從祖兄弟別居異財,恩義已輕,服屬疏末。 而今黨人錮及五族,既乖典訓之文,有謬經常之法。」帝覽之而悟,於是黨錮自從祖以 下皆得解釋。
五月,以衛尉劉寬為太尉。

4月丁酉、天下を赦した。上祿の長和海が、上言した。

胡三省はいう。上祿県は、武都郡だ。

「礼のルールでは、從祖兄弟は、財産がべつだ。いま党錮は五族まで及ぶが、親族の範囲が広すぎる」と。霊帝は、党人の從祖兄弟に、禁錮を解いた。
179年5月、衛尉の劉寬を、太尉とした。

179年秋、南匈奴で、羌渠が単于となる

護匈奴中郎將張修與南單于呼征不相能,修擅斬之,更立右賢王羌渠為單于。秋, 七月,修坐不先請而擅誅殺,檻車征詣廷尉,死。

護匈奴中郎將の張修は、南單于の呼徴と、仲がわるい。張修は、南單于の呼徴を斬った。右賢王の羌渠を、南単于とした。
179年秋7月、張修は、ほしいままに南単于を斬ったので、死刑になった。

ぼくは思う。南匈奴は、『後漢書』の列伝を読んでおきたい。袁紹や袁術の味方だ。


179年冬、劉郃、陳球、劉納、陽球が獄死

初,司徒劉郃兄侍中鯈與竇武同謀,俱死。永樂少府陳球說郃曰:「公出自宗室, 位登台鼎,天下瞻望,社稷鎮衛,豈得雷同,容容無違而已。今曹節等放縱為害,而久 在左右,又公兄侍中受害節等,今可表徙衛尉陽球為司隸校尉,以次收節等誅之,政出 聖主,天下太平,可翹足而待也!」郃曰:「兇豎多耳目,恐事未會,先受其禍。」
尚 書劉納曰:「為國棟樑,傾危不持,焉用延彼相邪!」郃許諾,亦與陽球結謀。球小妻, 程璜之女,由是節等頗得聞知,乃重賂璜,且脅之。璜懼迫,以球謀告節,節因共白帝 曰:「郃與劉納、陳球、陽球交通書疏,謀議不軌。」帝大怒。冬,十月,甲申,劉郃、 陳球、劉納、陽球皆下獄死。

司徒・劉郃の兄は、侍中の劉鯈である。劉鯈は、竇武とともに殺された。永樂少府の陳球は、劉郃に言った。「きみ(劉郃)は、宗室の出自だ。なんでもできる。いま曹節は、きみの兄・劉鯈を殺した。司隷校尉の陽球は、曹節を殺せず。きみが曹節を殺せ」と。劉郃は、ためらった。
尚書の劉納は、劉郃に言った。「国のために、棟梁となれ。曹節は、きみに敵わない」と。劉郃はみとめ、陽球とともに、曹節殺しを謀った。
陽球の小妻は、宦官・程璜の娘だ。程璜をつうじ、曹節は、劉郃の計画を知った。曹節は、霊帝に言った。「劉納、陳球、陽球が、霊帝を廃すつもりです」と。霊帝は、大怒した。
179年冬10月甲申、劉郃、 陳球、劉納、陽球は、みな獄死した。

ぼくは思う。曹節は、とても強い。王甫より、情報に通じて、宮廷のウラワザが使える。曹節は、霊帝を即位させた宦官である。霊帝の前半は、「曹節の時代」とも言えそう。曹節が死ぬまで、張讓と趙忠の出番はない。


巴郡板楯蠻反,遣御史中丞蕭瑗督益州刺史討之,不克。
十二月,以光祿勳楊賜為司徒。 鮮卑寇幽、並二州。

巴郡の板楯蠻が、反した。御史中丞の蕭瑗は、益州刺史を督したが、板楯蠻に敗れた。179年12月、光祿勳の楊賜を、司徒とした。鮮卑が、幽州と并州を寇した。101215

inserted by FC2 system