表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

178年、官位を売り、桓帝の赤字解消

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

178年春、鴻都門学をおき、袁滂が司徒に

孝靈皇帝上之下光和元年(戊午,公元一七八年)
春,正月,合浦、交趾烏滸蠻反,招引九真、日南民攻沒郡縣。 太尉孟彧罷。
二月,辛亥朔,日有食之。 癸丑,以光祿勳陳國袁滂為司徒。 己未,地震。 置鴻都門學,其諸生皆敕州郡、三公舉用辟召,或出為刺史、太守,入為尚書、侍 中,有封侯、賜爵者;士君子皆恥與為列焉。
三月,辛丑,赦天下,改元。 以太常常山張顥為太尉。顥,中常侍奉之弟也。

178年春正月、合浦と交趾で、烏滸蠻が反した。九真と日南の民を招きいれ、郡縣を攻め落とした。太尉の孟彧をやめた。
2月辛亥ついたち、日食した。2月癸丑、光祿勳する陳國の袁滂を、司徒とした。

ぼくは思う。陳国は、汝南のとなり。袁術も、ねらった土地。
袁滂が、どういう血縁の人か、知っておかねば。袁渙の父である。なぜ今日まで、列伝を読まずに放置したか、ぎゃくにナゾ。近日、読みます。

2月己未、地震した。霊帝は、鴻都門學をおいた。鴻都門学の学生は、みな州郡や三公に、あつめさせた人材。鴻都門生は、地方で、刺史や太守となった。中央で、尚書や侍 中となった。侯に封じられ、爵を賜った。みな士君子は、鴻都門生とならぶのを、恥とした。

胡三省はいう。爵を賜うとは、関内侯より以下である。
ぼくは思う。鴻都門生は、ぼくが名づけるならば、霊帝派である。『資治通鑑』を読むと、おおくの派閥が、興亡してきた。梁冀派、桓帝派(桓帝の宦官)、太学派(陳蕃ら)、曹節派(霊帝の宦官)だ。これらにつづき、あたらしい霊帝派が登場しました!
霊帝派に並ぶのを恥としたのは、太学派(陳蕃派)の残党である。儒教者。

177年3月辛丑、天下を赦して、光和と改元した。太常する常山の張顥を、太尉とした。張顥は、中常侍する張奉の弟だ。

ぼくは補う。前年の記事で、陽球を弾劾したのは、「司徒」の張顥である。霊帝の宦官の子弟が、陽球をせめる。分かりやすい、二項対立である。


178年秋、鶏の性転換、黒い龍の気

夏,四月,丙辰,地震。 侍中寺雌雞化為雄。 司空陳耽免;以太常來艷為司空。 六月,丁丑,有黑氣墮帝所御溫德殿東庭中,長十餘丈,似龍。
秋,七月,壬子,青虹見玉堂後殿庭中。詔召光祿大夫楊賜等詣金商門,問以災異 及消復之術。

178年夏4月丙辰、地震した。侍中の府で、雌ドリが雄ドリに化けた。司空の陳耽をやめた。太常の來艷を、司空とした。6月丁丑、黑氣が、霊帝のいる溫德殿の東庭におちた。長さは10余丈だ。龍に似た。
178年秋7月壬子、青虹が、玉堂後殿の庭中に見えた。光祿大夫の楊賜らを、金商門に集めた。霊帝は、災異を消す方法を問うた。

胡三省はいう。『洛陽宮殿名』はいう。南宮は、玉堂前後殿にある。『洛陽記』はいう。南宮に、崇徳伝、大極伝がある。殿の西に、金商門がある。


賜對曰:「《春秋言□》曰:『天投蜺,天下怨,海內亂。』加四百之期, 亦復垂及。今妾媵、閹尹之徒共專國朝,欺罔日月;又,鴻都門下招會群小,造作賦說, 見寵於時,更相薦說,旬月之間,並各拔擢。樂松處常伯,任芝居納言,郤儉、梁鵠各 受豐爵不次之寵,而令搢紳之徒委伏畎□,口誦堯、舜之言,身蹈絕俗之行,棄捐溝壑, 不見逮及。冠履倒易,陵谷代處,幸賴皇天垂象譴告。《周書》曰:『天子見怪則修德, 諸侯見怪則修政,卿大夫見怪則修職,士庶人見怪則修身。』唯陛下斥遠佞巧之臣,速 征鶴鳴之士,斷絕尺一,抑止槃游,冀上天還威,眾變可弭!」

楊賜は答えた。「女官と宦官が、政治をもっぱらにするのが、いけない。鴻都門生が、賦說をつくって遊ぶのが、いけない。鴻都門の人材のうち、樂松は常伯(侍中)となり、任芝は納言(尚書)となった。これは、いけない。霊帝は、儒教を身につけた士人を用いよ。災異はきえる」と。

178年秋、蔡邕が災異に答え、朔北へ流さる

議郎蔡邕對曰:「臣伏思諸異,皆亡國之怪也。天於大漢殷勤不已,故屢出祅變以 當譴責,欲令人君感悟,改危即安。今蜺墮、雞化,皆婦人干政之所致也。前者乳母趙 嬈,貴重天下,讒諛驕溢,續以永樂門史霍玉,依阻城社,又為奸邪。今道路紛紛,復 雲有程大人者,察其風聲,將為國患;宜高為堤防,明設禁令,深惟趙、霍,以為至戒。 今太尉張顥,為玉所進;光祿勳偉璋,有名貪濁;又長水校尉趙玹,屯騎校尉蓋升,並 叨時幸,榮富優足;宜念小人在位之咎,退思引身避賢之福。

災異を消す方法について、議郎の蔡邕は答えた。「雌鶏は、婦人が政治に干渉することを表す。乳母の趙嬈、永樂門史(董太后の官)霍玉、程大人らが、原因だ。いま太尉の張顥は、霍玉が推薦した人だ。光祿勳の偉璋は、貪濁だ。長水校尉の趙玹と、屯騎校尉の蓋升は、榮富した。小人が官位にあるのが、よくない」と。

伏見廷尉郭禧,純厚老成; 光祿大夫橋玄,聰達方直;故太尉劉寵,忠實守正;並宜為謀主,數見訪問。夫宰相大 臣,君之四體,委任責成,優劣已分,不宜聽納小吏,雕琢大臣也,又,尚方工技之作, 鴻都篇賦之文,可且消息,以示惟優。宰府孝廉,士之高選,近者以辟召不慎,切責三 公,而今並以小文超取選舉,開請托之門,違明王之黃,眾心不厭,莫之敢言。臣願陛 下忍而絕之,思惟萬機,以答天望。聖朝既自約厲,左右近臣亦宜從化,人自抑損,以 塞咎戒,則天道虧滿,鬼神福謙矣。夫君臣不密,上有漏言之戒,下有失身之禍,願寢 臣表,無使盡忠之吏受怨奸仇。」章奏,帝覽而歎息。因起更衣,曹節於後竊視之,悉 宣語左右,事遂漏露。其為邕所裁黜者,側目思報。

蔡邕は続ける。「私が推薦する人材は、以下のとおり。廷尉の郭禧は、純厚して老成した。光祿大夫の橋玄は、聰達で方直だ。もと太尉の劉寵は、忠實で守正する。儒教をそなえた人材を用いよ。災異はおさまる」と。

ぼくは補う。固有名詞を、ちゃんと拾ったつもりですが。みんな、知らん。つまり蔡邕は、「霊帝派でなく、太学派を用いよ」と言っているのだ。それだけ。

霊帝は、蔡邕の文書を見て、嘆息した。霊帝はトイレに立った。そのすきに、曹節が盗み見た。曹節は、蔡邕の意見をひろめた。蔡邕に批判された人は、目くばせした。「いつか蔡邕に、報復する」と。

初,邕與大鴻臚劉命素不相平,叔 父衛尉質又與將作大匠陽球有隙。球即中常侍程璜女夫也。璜遂使人飛章言「邕、質數 以私事請托於郃,郃不聽。邕含隱切,志欲相中。」於中詔下尚書召邕詰狀。邕上書曰: 「臣實愚戇,不顧後害,陛下不念忠臣直言,宜加掩蔽,誹謗卒至,便用疑怪。臣年四 十有六,孤特一身,得托名忠臣,死有餘榮,恐陛下於此不復聞至言矣!」於是下邕、 質於雒陽獄,劾以「仇怨奉公,議害大臣,大不敬,棄市。」事奏,中常侍河南呂強愍 邕無罪,力為伸請。帝亦更思其章,有詔:「減死一等,與家屬髡金甘,徙朔鉗方,不 得以赦令除。」陽球使客追路刺邕,客感其義,皆莫為用。球又賂其部主,使加毒害, 所賂者反以其情戒邕,由是得免。

もともと蔡邕は、大鴻臚の劉郃と、仲がわるい。劉郃の叔父は、衛尉の劉質だ。劉質は、 將作大匠の陽球と、仲がわるい。陽球は、中常侍の程璜の娘婿だ。程璜は、ウワサを流した。「蔡邕と劉質は、劉郃に私事をたのむ。劉郃がきかない。蔡邕は、霊帝への謀反をたくらむようだ」と。蔡邕は上書した。「私は46歳で、忠臣ひとすじ。霊帝は、あらぬウワサを聞くな」と。
蔡邕は不敬だから、洛陽獄にくだされた。中常侍する河南の呂強が、蔡邕を弁護した。霊帝は蔡邕をゆるし、朔方に流すことにした。陽球は、蔡邕に刺客を送った。刺客は、蔡邕の義を感じて、蔡邕を殺さず。陽球は、州牧や太守に金をわたし、蔡邕を殺したい。州牧も太守も、蔡邕を殺せず。蔡邕は、死なずにすんだ。

ぼくは思う。仲の良し悪しが、分かりにくいが。ぼくが悪いのでなく、『資治通鑑』が悪いのだ。陽球は、蔡邕を殺そうとした。陽球は、宦官と敵対するが、太学の蔡邕とも敵対する。勢力図は、単純に、2では割り切れない。陽球の立場・主張を、見守るべきだ。


178年冬、王甫が宋后を殺し、盧植が任期に苦情

八月,有星孛於天市。九月,太尉張顥罷,以太常陳球為太尉。 司空來艷薨。
冬,十月,以屯騎校尉袁逢為司空。 宋皇後無寵,後宮幸姬眾共譖毀。渤海王悝妃宋氏,即後之姑也,中常侍王甫恐後 怨之,因譖後挾左道祝詛;帝信之,遂策收璽綬。後自致暴室,以憂死。父不其鄉侯酆 及兄弟並被誅。

178年8月、天市に彗星あり。9月、太尉の張顥をやめた。太常の陳球を太尉とした。 司空の來艷が、薨じた。
178年冬10月、屯騎校尉の袁逢を、司空とした。

『考異』はいう。袁宏はいう。來艷は、ひさしく病んで死んだと。いま范曄にしたがう。
ぼくは思う。袁逢は、屯騎校尉をしていた。三公になるのは知っているが、前の官位も、よく調べて列挙したい。

宋皇后に、霊帝の寵愛がない。後宮に人たちは、宋皇后をそしった。渤海王・劉悝は、妃が宋氏だった。渤海王妃は、宋皇后のおばだ。中常侍の王甫は、かつて劉悝を殺した(熹平元年)。王甫は、宋皇后に怨まれるのを恐れた。王甫は霊帝に言った。「宋皇后が、左道して、祝詛した」と。霊帝はこれを信じ、宋皇后を憂死させた。宋皇后の父兄も、殺された。

ぼくは補う。曹操も、宋氏の遠縁だから、連座した。


丙子晦,日有食之。 尚書盧植上言:「凡諸黨錮多非其罪,可加赦恕,申宥回枉。又,宋後家屬並以無 辜委骸橫屍,不得斂葬,宜敕收拾,以安游魂。又,郡守、刺史一月數遷,宜依黜陟以 章能否,縱不九載,可滿三歲。又,請謁希求,一宜禁塞,選舉之事,責成主者。又, 天子之體,理無私積,宜弘大務,蠲略細微。」帝不省。
十一月,太尉陳球免。 十二月,丁巳,以光祿大夫橋玄為太尉。 鮮卑寇酒泉;種眾日多,緣邊莫不被毒。

10月丙子みそか、日食した。尚書の盧植は、上言した。
「党錮も、宋皇后の家も、無罪で殺された。太守や刺史は、1ヶ月で転任するから、能力の有無がわからない。『書経』がいう9年はムリでも、せめて3年は、職務を続けさせよう」と。霊帝は、盧植を用いず。
178年11月、太尉の陳球をやめた。12月丁巳、光祿大夫の橋玄を、太尉とした。 鮮卑が、酒泉を寇した。辺境は、ますます被害をうけた。

178年冬、霊帝が官位を売り、桓帝の赤字を解消

詔中尚方為鴻都文學樂松、江覽等三十二人圖象立贊,以勸學者。尚書令陽球諫曰: 「臣案松、覽等皆出於微蔑,斗筲小人,依憑世戚,附托權豪,俛眉承睫,徼進明時。 或獻賦一篇,或鳥篆盈簡,而位升郎中,形圖丹青。亦有筆不點牘,辭不辨心,假手請 字,妖偽百品,莫不被蒙殊恩,蟬蛻滓濁。是以有識掩口,天下嗟歎。臣聞圖象之設, 以昭勸戒,欲令人君動鑒得失,未聞豎子小人詐作文頌,而可妄竊天官,垂象圖素者也。 今太學、東觀足以宣明聖化,願罷鴻都之選,以銷天下之謗。」書奏,不省。

中尚方に詔した。鴻都文學の樂松や江覽ら32人に、絵を描かせ、贊を立てた。霊帝は、学問を薦めた。

胡三省はいう。中尚方とは、尚方だ。少府に属す。
ぼくは思う。「象」は、エレファントじゃなくて、かたちの意味の「像」だと思いましたが。なお、よく分かっていません。

尚書令の陽球は、霊帝を諌めた。「樂松や江覽は、微蔑の出身だ。書道や作文がうまいだけの人を、用いてはいけない。鴻都門学でなく、太学や東観の人材を、用いよ」と。霊帝は、陽球をかえりみず。

是歲,初開西邸賣官,入錢各有差;二千石二千萬;四百石四百萬;其以德次應選 者半之,或三分之一;於西園立庫以貯之。或詣闕上書占令長,隨縣好丑,豐約有賈。 富者則先入錢,貧者到官然後倍輸。又私令左右賣公卿,公千萬,卿五百萬。初,帝為 侯時常苦貧,及即位,每歎桓帝不能作家居,曾無私錢,故賣官聚錢以為私藏。
帝嘗問 侍中楊奇曰:「朕何如桓帝?」對曰:「陛下之於桓帝,亦猶虞舜比德唐堯。」帝不悅 曰:「卿強項,真楊震子孫,死後必復致大鳥矣。」奇,震之曾孫也。
南匈奴屠特若屍逐就單于死,子呼征立。

この歳はじめて、西邸で官位を販売した。霊帝は実家が貧しかった。また桓帝が、公庫をカラにした。だから霊帝は、金儲けをした。

ぼくは思う。商売のルールは、あちこちに解説されているので、はぶく。

かつて霊帝は、侍中の楊奇に聞いた。「私は、桓帝と比べて、どうか」と。楊奇は答えた。「桓帝と霊帝をくらべるのは、虞舜と唐堯をくらべるようなもの」と。霊帝は、悦ばず。霊帝は、楊奇に言った。「さすが楊奇は、楊震の孫だ。お世辞を言わない。死後に、鳳凰となるだろう」と。101214

胡三省はいう。大鳥は、『資治通鑑』51巻、安帝の延光4年にある。ぼくは思う。大鳥という、人物がいたのか?ふつうに鳳凰でいいのか?
楊震は、生前はパッとしない時代が続いた。死後、その姿勢をほめられた。霊帝は、楊奇にムカついて、皮肉したのだろう。霊帝の自己認識では、桓帝より上である。なぜなら霊帝は、財政難を立て直したから。いくら堯舜に例えられても、同レベルと言われては、ムカつく。

inserted by FC2 system