表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

173-176年、霊帝の宦官が安定支配

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

173年、宦官の子弟で三公まわりもち

孝靈皇帝上之下熹平二年(癸丑,公元一七三年) 春,正月,大疫。 丁丑,司空宗俱薨。 二月,壬午,赦天下。 以光祿勳楊賜為司空。 三月,太尉李鹹免。
夏,五月,以司隸校尉段熲為太尉。 六月,北海地震。

173年春正月、大疫あり。正月 丁丑、司空の宗俱が薨じた。2月壬午、天下を赦した。光祿勳の楊賜を、司空とした。3月、太尉の李鹹をやめた。
173年夏5月、司隸校尉の段熲を、太尉とした。6月、北海で地震した。

秋,七月,司空楊賜免;以太常穎川唐珍為司空。珍,衡之弟也。 冬,十二月,太尉段熲罷。
鮮卑寇幽、並二州。 癸酉晦,日有食之。

173年秋7月、司空の楊賜をやめた。太常する穎川の唐珍を、司空とした。唐珍は、唐衡の弟だ。

ぼくは補う。唐衡は、桓帝をたすけて梁冀を殺した、五侯。楊賜は、たった6ヶ月しか、司空をしてない。楊賜と宦官の関係は、どんなだろう。

173年冬12月、太尉の段熲をやめた。鮮卑は、幽州と并州を寇した。12月癸酉みそか、日食した。

174年、孫堅がたすけ、臧旻と陳寅が許生を斬る

孝靈皇帝上之下熹平三年(甲寅,公元一七四年) 春,二月,己巳,赦天下。 以太常東海陳耽為太尉。 三月,中山穆王暢薨,無子,國除。 夏,六月,封河間王利子康為濟南王,奉孝仁皇祀。 吳郡司馬富春孫堅召募精勇,得千餘人,助州郡討許生。

174年春2月己巳、天下を赦した。太常する東海の陳耽を、太尉とした。3月、中山穆王の劉暢が薨じた。子なく、國は除かる。

胡三省はいう。劉暢は、中山簡王・劉焉の曾孫だ。劉焉は、光武帝の子だ。『考異』はいう。列伝では、節王の劉稚が嗣ぎ、子なく、国は除かるとする。霊帝本紀とちがう。どっちか分からん。劉稚の没年が分からないから、本紀にしたがう。

夏6月、河間王・劉利の子、劉康を濟南王とした。劉康に、孝仁皇祀を奉じさせた。

霊帝は、そとから入った。だから劉康は、霊帝の祖先をまつる。劉利は、霊帝の従兄だ。

吳郡司馬する富春の孫堅は、精勇を1千餘人をつのる。孫権は、州郡を助け、許生を討った。

『百官志』はいう。郡に丞と長史がいる。だが郡に、司馬はない。おそらく賊がいるから、臨時で、司馬を置いたのだろう。東晋・簡文帝の母の諱をさけて、富陽県と改めた。


冬,十一月,臧旻、陳寅 大破生於會稽,斬之。任城王博薨,無子,國絕。
十二月,鮮卑入北地,太守夏育率屠各追擊,破之。遷育為護烏桓校尉。鮮卑又寇 并州。 司空唐珍罷,以永樂少府許訓為司空。

174年冬11月、臧旻と陳寅は、会稽で許生を斬った。任城王の劉博は、薨じた。子なく、國は除かる。

胡三省はいう。桓帝の延熹4年、劉博は任城王をついだ。

12月、鮮卑は北地に入る。北地太守の夏育は、屠各をひきいて破った。夏育は、護烏桓校尉となった。ふたたび鮮卑は、并州を寇した。 司空の唐珍をやめ、永樂少府の許訓を司空とした。

胡三省はいう。永楽少府とは、董太后(霊帝の母)の官位だ。
ぼくは思う。この時期、2つの特徴がある。『資治通鑑』の記述が少ない。三公の交替が目まぐるしい。ここから、何を言えるか。宦官による政治が、安定してる。よくも悪くも、事件がないのだ。ちょうど『後漢書』と『三国志』が、接続するあたりだ。もっと詳しく、編年体をつくってほしいなあ。


175年、蔡邕が儒教のテキストを定め、三互に反対

孝靈皇帝上之下熹平四年(乙卯,公元一七五年)
春,三月,詔諸儒正《五經》文字,命議郎蔡邕為古文、篆、隸三體書之,刻石, 立於太學門外,使後儒晚學鹹取正焉。碑始立,其觀視及摹寫者車乘日千餘兩,填塞街 陌。

175年春3月、諸儒に《五經》の文字を正させた。議郎の蔡邕は、古文、篆、隸の3書体を石に刻み、太學の門外に立てた。この石を、正とした。

ここで、胡三省の注釈が、バグる。中華書局版で、2.5ページもつづく。はぶく!
ぼくは思う。蔡邕は太学で、純粋な研究に没頭した。陳蕃や李膺ら、太学は拠点にしたが、滅びた。もう太学には、政治的な毒気がないのか。

石を見にくる人は、1日に車が1千余台。街を埋めた。

初,朝議以州郡相黨,人情比周,乃制昏姻之家及兩州人士不得對相監臨,至是復 有三互法,禁忌轉密,選用艱難,幽、冀二州久缺不補。蔡邕上疏曰:「伏見幽、冀舊 壤,鎧、馬所出,比年兵饑,漸至空耗。今者闕職經時,吏民延屬,而三府選舉,逾月 不定。臣怪問其故,雲避三互。十一月有禁,當取二州而已。又,二州之士或復限以歲 月,狐疑遲淹,兩州懸空,萬裡蕭條,無所管系。愚以為三互之禁,禁之薄者。今但申 以威靈,明其憲令,對相部主,尚畏懼不敢營私;況乃三互,何足為嫌!昔韓安國起自 徒中,硃買臣出於幽賤,並以才宜,還守本邦,豈復顧循三互,系以末制乎!臣願陛下 上則先帝,蠲除近禁,其諸州刺史器用可換者,無拘日月、三互,以差厥中。」朝廷不 從。

はじめ朝廷は、徒党を防ぐため、州郡に三互の法を定めた。「自分の出身地で、地方官ができない。婚姻相手の出身地で、地方官ができない。地方官の出身地に、その地の出身者は赴任できない」と。幽州と冀州では、ルールに適合した人が見つからず、月をまたいで、刺史が補充されなかった。
蔡邕は、三互の法に反対した。霊帝は、蔡邕をきかず。

司馬光はいう。「国が滅びそうになると、法制が煩瑣になる」と書いてあるのは、『左伝』である。豺狼のような刺史が多い時代なのに、この禁令だけは守り続けた。物笑いであると。
ぼくは思う。この部分は、難しそうなので、論文で補うべきだ。絶対に、研究されてそう。いま、ぼくが2年前につくった要約を引用しました。


封河間王建孫佗為任城王。夏,四月,郡、國七大水。 五月,丁卯,赦天下。 延陵園災。 鮮卑寇幽州。
六月,弘農、三輔螟。 於窴王安國攻拘彌,大破之,殺其王。戊己校尉、西域長史各發兵輔立拘彌侍子定 興為王,人眾裁千口。

河間王・劉建の孫、劉佗を任城王とした。175年夏4月、郡國7つで大水あり。5月丁卯、天下を赦した。延陵(成帝)園が災えた。鮮卑が幽州を寇した。
175年6月、弘農と三輔で、ズイムシ。於窴王の安國は、拘彌の王を殺した。戊己校尉と、西域長史は、拘彌の侍子・定興を王とした。1千人を裁す。

ぼくは思う。記述が、少ないなあ。三国の群雄たちの青年時代が、分からない!
【追記】田中敏一氏はいう。熹平四年[175]十月の、改平準為中準,[一]使宦者為令,列於內署.自是諸署悉以閹人為丞、令.[一] 漢官儀曰:「平準令一人,秩六百石也.」 を司馬光が抜いたのは意味があるのでしょうか。(引用おわり)
ぼくは思います。田中氏のご指摘は、范曄『後漢書』霊帝紀からです。この文章の前に、司馬光にとって興味の薄い記事があったので、まとめて切り捨ててしまったのかも知れません。直前にある文とは。
冬十月丁巳,令天下系囚罪未決,入縑贖。拜沖帝母虞美人為憲園貴人,質帝母陳夫人為勃海孝王妃。
抄訳すれば、まだ裁かれていない罪人が、キヌを支払って釈放された。沖帝と質帝の母を、名誉回復したと。前者は、174年10月におなじ政策が出ていますが、司馬光がこれを省いています。霊帝紀で確認できます。司馬光にとっては、些細な出来事だったようです。
後者は、傍系から入った皇帝の母が、わざわざ皇帝の死後に追尊された例を探さないと、司馬光の編集方針が分かりません。史料を読むとき、気にとめ続けます。ぼくの憶測ですが、沖帝と質帝は、「もう終わった話だから、あまり関係ない」と見なされたのかも知れません。『資治通鑑』は、ほおっておくと、無限に長くなる恐れがあります。司馬光が、省かねばならない記事は、たくさんありました。
ともあれ、時代の画期を示すような記事が、『資治通鑑』から落ちてしまったことは、残念です。宦官によって、各部署の丞と令が占められたと。


176年、永昌太守の曹鸞がヤブ蛇、党錮が拡大

孝靈皇帝上之下熹平五年(丙辰,公元一七六年)
夏,四月,癸亥,赦天下。 益州郡夷反,太守李顒討平之。 大雩。
五月,太尉陳耽罷,以司空許訓為太尉。
閏月,永昌太守曹鸞上書曰:「夫黨人者,或耆年淵德,或衣冠英賢,皆宜股肱王 室,左右大猷者也;而久被禁錮,辱在塗泥。謀反大逆尚蒙赦宥,黨人何罪,獨不開恕 乎!所以災異屢見,水旱薦臻,皆由於斯。宜加沛然,以副天心。」帝省奏,大怒,即 詔司隸、益州檻車收鸞,送槐裡獄,掠殺之。於是詔州郡更考黨人門生、故吏、父子、 兄弟在位者,悉免官禁錮,爰及五屬。

176年夏4月癸亥、天下を赦した。 益州郡で、夷が反した。益州太守の李顒が、平定した。雨乞した。
5月、太尉の陳耽をやめた。司空の許訓を、太尉とした。
閏月、永昌太守の曹鸞が、上書した。「党人をゆるせ」と。霊帝は大怒した。すぐに司隷校尉と益州に命じ、曹鸞を槐裡で獄死させた。ここにおいて、さらに州郡は、党人の関係者を禁錮した。門生、故吏、父子、 兄弟は、官位をやめた。禁錮は、党人の五屬まで及んだ。

ぼくは思う。三公のお顔ぶれが同じ。ローテーション。党人の範囲をひろげ、さらに追放された。宦官による政権が、安定している。ガッチガチ!


六月,壬戌,以太常南陽劉逸為司空。 秋,七月,太尉許訓罷。以光祿勳劉寬為太尉。
冬,十月,司徒袁隗罷;十一月,丙戌,以光祿大夫楊賜為司徒。 是歲,鮮卑寇幽州。

176年6月壬戌、太常する南陽の劉逸を、司空とした。176年秋7月、太尉の許訓をやめた。光祿勳の劉寬を、太尉とした。
176年10月、司徒の袁隗をやめた。11月丙戌、光祿大夫の楊賜を司徒とした。この歳、鮮卑が幽州を寇した。101211

ぼくは思う。毎年の末尾に、鮮卑が書かれる。恒常的に、幽州はズタズタである。劉備がいるはずだ。劉虞の登場の前提づくりでもある。

inserted by FC2 system