表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

172年、曹節と王甫が、竇太后の死体をいびる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

172年春、胡広と侯覧が死ぬ

孝靈皇帝上之下熹平元年(壬子,公元一七二年) 春,正月,車駕上原陵。司徒掾陳留蔡邕曰:「吾聞古不墓祭。朝廷有上陵之禮, 始謂可損;今見威儀,察其本意,乃知孝明皇帝至孝惻隱,不易奪也。禮有煩而不可省 者,此之謂也。」

172年正月、霊帝の車駕は、原陵ゆく。司徒掾する陳留の蔡邕は、言った。「私は聞きます。古代は、墓を祭らずと。朝廷には、上陵の礼があり、損ずべきという。今日の威儀を見ると、上陵の礼の、本意が分かる。後漢の明帝は、至孝で惻隱だった。易えずに奪うと。煩わしい礼でも、省くなというのは、これを言及したものだ」

すみません。分かりません。


三月,壬戌,太傅胡廣薨,年八十二。廣周流四公,三十餘年,歷事六帝,禮任極 優,罷免未嘗滿歲,輒復升進。所辟多天下名士,與故吏陳蕃、李鹹並為三司。練達故 事,明解朝章,故京師諺曰:「萬事不理,問伯始;天下中庸,有胡公。」然溫柔謹愨, 常遜言恭色以取媚於時,無忠直之風,天下以此薄之。

172年3月壬戌、太傅の胡廣が薨じた。82歳だ。胡広は、四公をした。30余年で、6帝につかえた。禮任はきわめてすぐれ、1年よりながく離職せず、すぐに昇進した。

胡三省はいう。四公とは、太傅、太尉、司徒、司空。李賢はいう。順帝の漢安元年(142年)に司空となり、172年死ぬまでが31年だ。六帝とは、安帝、順帝、沖帝、質帝、桓帝、霊帝だ。
ぼくは思う。初就職で、司空になったのでは、なかろう。31年よりも長いはず。安帝を含む「六帝」と、矛盾するじゃん。ところで。日本のサラリーマンは、40年弱働く。もちろん人間の寿命はが、後漢と現代日本じゃちがうけど。つまり、日本のサラリーマンがふつうに働く期間に、安帝から霊帝まで、皇帝が代わったのか。後漢って、短いなあ。

胡広は、天下の名士を辟した。故吏の陳蕃と李鹹は、どちらも三公になった。
知識があり、文章がうまい。京師の人はいう。「分からなければ、胡広に聞け。バランスのよい回答が聞ける」と。 ただし胡広は、ときに媚びたから、天下に軽んじられた。

ぼくは思う。袁氏も同じだが。この激動の時代を生き抜くには、変節が必要。時代が激動するのに、自分を変えなければ、滅ぶしかない。もとは胡広は、梁冀と結んでましたね。


五月,己巳,赦天下,改元。 長樂太僕侯覽坐專權驕奢,策收印綬,自殺。 六月,京師大水。

172年5月己巳、天下を赦して、熹平と改元した。長樂太僕の侯覽は、專權で驕奢したから、印綬を没収された。自殺した。

ぼくは思う。侯覧は、霊帝の宦官でない。桓帝のときから、いた。おそらく、霊帝の宦官に、ジャマがられたのだ。

172年六月、京師は大水した。

172年夏、竇太后が死に、宦官は死体を暴きたい

竇太后母卒於比景,太后憂思感疾,癸巳,崩於雲台。宦者積怨竇氏,以衣車載太 後屍置城南市捨,數日,曹節、王甫欲用貴人禮殯。帝曰:「太后親立朕躬,統承大業, 豈宜以貴人終乎!」於是發喪成禮。

竇太后の母が、比景で死んだ。172年6月癸巳、竇太后も雲台で死んだ。宦官は、竇氏に怨みが積もる。太后の死体を城南の市舎においた。数日して、曹節と王甫は、貴人の禮殯で弔おうとした。霊帝は反対した。「竇太后は、私を皇帝に立てた。貴人でなく、皇后として弔え」と。竇太后を、皇后として弔った。
曹節らは、竇太后を、馮夫人とセットで葬りたい。

李賢はいう。皇后が死んだら、夫の皇帝とセットで葬る。ぼくは補う。馮夫人とは、桓帝の夫人で、皇后でない。あくまで曹節は、竇太后をおとしめたい。


節等欲別葬太后,而以馮貴人配祔。詔公卿大會朝 堂,令中常侍趙忠監議。太尉李鹹時病,扶輿而起,搗椒自隨,謂妻子曰:「若皇太后 不得配食桓帝,吾不生還矣!」既議,坐者數百人,各瞻望良久,莫肯先言。趙忠曰: 「議當時定!」廷尉陳球曰:「皇太后以盛德良家,母臨天下,宜配先帝,是無所疑。」 忠笑而言曰:「陳廷尉宜便操筆。」

霊帝は朝堂で、竇太后をどこに葬るか、話し合う。中常侍の趙忠が、議題をセットした。 太尉の李鹹は病身をおして、杖で出勤する。李鹹は、妻子に言った。「もし竇太后を桓帝とセットにできなければ、私は生きて還らない」と。
数百人は、曹節に反対しない。趙忠は言った。「竇太后は、桓帝とセットにしない。決まった」と。廷尉の陳球が、趙忠に反対した。「竇太后は、良家の出身で、臨朝した。桓帝とセットにすべきだ。馮貴人は、陵墓を暴かれ、骸骨をさらした。ここに竇太后を葬るな」と。

李賢はいう。段熲が河南尹になった。馮貴人を陵墓をあばき、段熲は諌議大夫に左遷された。段熲は、延熹3年に侍中となり、執金吾とうつる。段熲が河南尹になったのは、この172年に近い時期だろうか。
ぼくは思う。曹節は、竇太后の死体をあばくつもりだ。桓帝とセットにされたら、さすがに、あばけない。だから、桓帝と竇太后を、別にしたい。


球即下議曰:「皇太后自在椒房,有聰明母儀之德; 遭時不造,援立聖明承繼宗廟,功烈至重。先帝晏駕,因遇大獄,遷居空宮,不幸早世, 家雖獲罪,事非太后,今若別葬,誠失天下之望。且馮貴人塚嘗被發掘,骸骨暴露,與 賊並屍,魂靈污染,且無功於國,何宜上配至尊!」忠省球議,作色俯仰,蚩球曰: 「陳廷尉建此議甚健!」球曰:「陳、竇既冤,皇太后無故幽閉,臣常痛心,天下憤歎! 今日言之,退而受罪,宿昔之願也!」

趙忠が、陳球を笑った。陳球は言った。「陳蕃と竇武は、冤罪だった。竇太后が幽閉された。私は心を痛めた。天下は憤歎した」と。

ぼくは思う。陳球は、分かりやすいまでに、太学派(陳蕃派)だ。曹節の敵である。分かりやすい、二項対立である。
ところで。原文にある、趙忠の議長ぶりがおもしろい。宦官は、発言者にイチイチ、からかいを入れながら、話し合いを仕切ったらしい。


李鹹曰:「臣本謂宜爾,誠與意合。」於是公卿 以下皆從球議。曹節、王甫猶爭,以為:「梁後家犯惡逆,別葬懿陵,武帝黜廢衛後, 而以李夫人配食,今竇氏罪深,豈得合葬先帝!」李鹹復上疏曰:「臣伏惟章德竇後虐 害恭懷,安思閻後家犯惡逆,而和帝無異葬之議,順朝無貶降之文。至於衛後,孝武皇 帝身所廢棄,不可以為比。今長樂太后尊號在身,親嘗稱制,且援立聖明,光隆皇祚。 太后以陛下為子,陛下豈得不以太后為母!子無黜母,臣無貶君,宜合葬宣陵,一如舊 制。」帝省奏,從之。

李鹹が言った。「私は、陳球と同意見だ」と。公卿より以下は、みな陳球に同意した。曹節と王甫は、言った。「桓帝の梁皇后は、桓帝とべつに葬った。竇太后も、梁太后とおなじだ。桓帝とセットにするな」と。李鹹は言った。「後漢の章帝の竇皇后と、安帝の閻皇后は、悪逆をした。だが、つぎの和帝と順帝は、竇皇后と閻皇后を、章帝や安帝とべつにしかなかった。まして竇太后は、霊帝をたて、正しい政治をした。桓帝とセットがよい」と。霊帝は、竇太后を桓帝とセットにした。

『考異』はいう。袁宏はいう。河南尹の李鹹は、始皇帝を例にして、竇太后を桓帝とセットにせよという。廷尉の陳球が、同調したと。范曄とちがう。


172年秋、司隷校尉の段熲、張奐を屈服させる

秋,七月,甲寅,葬桓思皇後於宣陵。
有人書硃雀闕,言:「天下大亂,曹節、王甫幽殺太后,公卿皆屍祿,無忠言者。」 詔司隸校尉劉猛逐捕,十日一會。猛以誹書言直,不肯急捕。月餘,主名不立;猛坐左 轉諫議大夫,以御史中丞段熲代之。熲乃四出逐捕,及太學游生系者千餘人。節等又使 熲以它事奏猛,論輸左校。

172年秋7月甲寅、桓思皇后(竇太后)を、宣陵に葬った。
硃雀門に書かれた。「天下は大乱した。曹節と王甫は、竇太后を幽殺した。公卿に、忠言する人はいない」と。司隸校尉の劉猛は、1ヶ月余り、犯人を捕えず。劉猛は、諫議大夫に左遷された。
劉猛にかえて、御史中丞の段熲を、司隷校尉とした。段熲は、太学生を1千余人つないだ。曹節は段熲をつかい、劉猛を輸左校した。

ぼくは補う。宦官が、太学派(陳蕃派)を捕まえるためのワナ?


初,司隸校尉王寓依倚宦官,求薦於太常張奐,奐拒之,寓遂陷奐以黨罪禁錮。奐 嘗與段熲爭擊羌,不相平,熲為司隸,欲逐奐歸敦煌而害之;奐奏記哀請於熲,乃得免。

司隸校尉の王寓は、宦官をたよる。王寓は、太常の張奐を、司隷校尉にしたい。張奐は拒んだ。ついに王寓は、著漢を禁錮にした。張奐はかつて段熲と、羌族の討伐を競ったことがある。張奐と段熲は、不仲だ。段熲が司隷校尉となると、張奐を敦煌におくり、殺すつもりだ。

胡三省はいう。張奐は、敦煌から、弘農に移住した。桓帝の永康元年だ。
ぼくは補う。敦煌は、170年冬に、涼州刺史の孟佗が、疏勒を討てなかった。治まらない。漢族は住めない。ぼくは思う。宦官派の人は、孟佗も段熲も、一本調子に攻めるだけ。ものすごくコストをかけるわりに、治安が悪化する。曹操の烏桓征伐は、おなじ流れにいないかなあ。対する袁氏は、梁冀派の流れをくみ、異民族と折り合う。

張奐は、段熲に哀願した。張奐は、敦煌にゆかず。

張奐は梁冀派、段熲は宦官派です。後者が強いに決まっている。


初,魏郡李暠為司隸校尉,以舊怨殺扶風蘇謙;謙子不韋瘞而不葬,變姓名,結客 報仇。暠遷大司農,不韋匿於諭廥中,鑿地旁達暠之寢室,殺其妾並小兒。暠大懼,以 板藉地,一夕九徙。又掘暠父塚,斷取其頭,標之於市。暠求捕不獲,憤恚,嘔血死。 不韋遇赦還家,乃葬父行喪。張奐素睦於蘇氏,而段熲與暠善,熲辟不韋為司隸從事, 不韋懼,稱病不詣。熲怒,使從事張賢就家殺之,先以鴆與賢父曰:「若賢不得不韋, 便可飲此!」賢遂收不韋,並其一門六十餘人,盡誅之。

はじめ魏郡の李暠は、司隸校尉となった。李暠は、旧怨があるから、扶風の蘇謙を殺した。李暠は大司農に遷ったあと、蘇謙の子・蘇不韋は仇討ちして、李暠の妻子を殺し、李暠の亡父の首をさらした。李暠は、憤死した。蘇不韋は、仇討ちを果たし、父の蘇謙に報告した。
さて張奐は、蘇謙と仲がよい。段熲は李暠と仲がよい。段熲は(政敵の)蘇不韋を司隸從事にした。蘇不韋は病だとして、司隷校尉の段熲に仕えず。段熲は、蘇氏の一門60余人を殺した。

ぼくは思う。この話が載っているのは、なぜか。張奐と段熲の、不仲を裏づけるためだ。「ほら、仲が悪いでしょ」と。梁冀派と、宦官派は、対立が根深い。もうすぐ三国志の時代が、この対立は、消えなかろう。


172年冬、渤海王と陽明皇帝の謀反

渤海王悝之貶癭陶也,因中常侍王甫求復國,許謝錢五千萬;既而桓帝遺詔復悝國, 悝知非甫功,不肯還謝錢。中常侍鄭颯、中黃門董騰數與悝交通,甫密司察以告段熲。 冬,十月,收颯送北寺獄,使尚書令廉忠誣奏「颯等謀迎立悝,大逆不道」,遂詔冀州 刺史收悝考實,迫責悝,令自殺;妃妾十一人、子女七十人、伎女二十四人皆死獄中, 傅、相以下悉伏誅。甫等十二人皆以功封列侯。

渤海王の劉悝は、癭陶侯におちた。劉悝は、中常侍の王甫に頼んだ。「5千万を送るから、渤海国に戻せ」と。桓帝の遺詔のおかげで、劉悝は渤海王にもどった。王甫のおかげでないから、劉悝は、王甫に支払わず。中常侍の鄭颯と、中黃門の董騰は、劉悝に通じる。
172年10月、王甫は段熲をつかい、鄭颯と董騰を捕えた。王甫は拷問して、鄭颯と董騰に、劉悝の大逆を証言させた。劉悝は自殺した。劉悝の妃妾11人、子女70人、伎女24人、傅や相が殺された。王甫ら12人は、列侯になった。

十一月,會稽妖賊許生起句章,自稱陽明皇帝,眾以萬數;遣揚州刺史臧旻、丹楊 太守陳寅討之。
十二月,司徒許栩罷,以大鴻臚袁隗為司徒。 鮮卑寇并州。 是歲,單于車兒死,子屠特若屍逐就單于立。

172年11月、會稽の妖賊・許生が、句章で起兵した。許生は、陽明皇帝を名のり、1万人の兵がいる。揚州刺史の臧旻と、丹楊太守の陳寅は、許生を討った。
172年12月、司徒の許栩をやめ、大鴻臚の袁隗を司徒とした。

ぼくは思う。袁紹と父の世代で、袁氏から三公がでるのは、いまが初めて。霊帝の宦官の最盛期である。袁隗は、霊帝の宦官と、密着していた。のちに袁隗が、董卓に殺されることと、関係あるのか?
ぼくは思う。袁紹も袁術も、袁隗に冷たい。袁隗を洛陽に残して、出奔してしまう。董卓から逃げる。袁紹も袁術も、宦官がキライだ。叔父の袁隗を、快く思っていなかったかも。

鮮卑が并州を寇した。この歳、單于の車兒が死んだ。子の屠特若屍逐就單于が立った。101211

中華書局の傍線、長いなあ。これ、固有名詞?

inserted by FC2 system