表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

170-171年、橋玄が司空、霊帝が元服

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

170年、梁国の橋玄が、司空となる

孝桓皇帝下建寧三年(庚戌,公元一七零年) 春,三月,丙寅晦,日有食之。 征段熲還京師,拜侍中。熲在邊十餘年,未嘗一日蓐寢,與將士同甘苦,故皆樂為 死戰,所向有功。
夏,四月,太尉郭禧罷;以太中大夫聞人襲為太尉。
秋,七月,司空劉囂罷;八月,以大鴻臚梁國橋玄為司空。 九月,執金吾董寵坐矯永樂太后屬請,下獄死。

170年春3月丙寅みそか、日食した。段熲は京師にもどり、侍中となる。段熲は、辺境に10余年いた。いちども、しとねで寝ず。將士と、甘苦をおなじくした。将士は、段熲と死戰した。

ぼくは補う。前年、東羌を平定しつくした。この平穏は、何年つづくのか。

170年夏4月、太尉の郭禧をやめ、太中大夫の聞人襲を、太尉とした。
170年秋7月、司空の劉囂をやめた。8月、大鴻臚する梁國の橋玄司空とした。

ぼくは思う。橋玄は、梁冀の人脈だろうなあ。曹騰、皇甫規、張奐などの系列。曹操が、橋玄につらなることは、有名です。

9月、執金吾の董寵は、永樂太后の屬請を矯めることに連座し、獄死した。

董寵、なにが起きたか分かりません。


170年冬、孟佗が張讓に会い、涼州刺史に

冬,郁林太守谷永以恩信招降烏滸人十餘萬,皆內屬,受冠帶,開置七縣。

170年冬、鬱林太守の谷永は、恩信をもって、烏滸人10余萬を降した。烏滸は後漢に属し、後漢の冠帶を受けた、烏滸の人口は、7県に置いた。

胡三省はいう。烏滸は、広州の南、交州の北だ。南方の夷だ。鼻から酒を飲む。


涼州刺史扶風孟佗遣從事任涉將敦煌兵五百人,與戊己司馬曹寬、西域長史張宴將 焉耆、龜茲、車師前、後部,合三萬餘人討疏,攻楨中城,四十餘日不能下,引去。其 後疏勒王連相殺害,朝廷亦不能復治。

涼州刺史する扶風の孟佗は、從事の任涉に、敦煌の兵5百人をつけた。戊己司馬の曹寬と、西域長史の張宴とともに、異民族3万をひきい、疏勒を討った。ひきいた異民族は、焉耆、龜茲、車師前、後部である。楨中城を攻めたが、40余日たっても陥とせず。のちに疏勒王が殺し合い、後漢は治められない。

初,中常侍張讓有監奴,典任家事,威形喧赫。 孟佗資產饒贍,與奴朋結,傾竭饋問,無所遺愛。奴鹹德之,問其所欲。佗曰:「吾望 汝曹為我一拜耳!」時賓客求謁讓者,車常數百千兩,佗詣讓,後至,不得進,監奴乃 率諸倉頭迎拜於路,遂共輿車入門,賓客鹹驚,謂佗善於讓,皆爭以珍玩賂之。佗分以 遺讓,讓大喜,由是以佗為涼州刺史。

はじめ中常侍には、監奴がいた。監奴が、家事をしきる。孟佗は、監奴にプレゼントして、頼んだ。「張讓に、いちど会いたい」と。監奴は、とくべつに孟佗を優先して、張讓に会わせた。孟佗は、張讓に珍品を贈った。
張讓のおかげで、孟佗は、涼州刺史になった。

171年春夏、霊帝が元服し、党人を赦さず

孝桓皇帝下建寧四年(辛亥,公元一七一年)
春,正月,甲子,帝加元服,赦天下,唯黨人不赦。 二月,癸卯,地震。 三月,辛酉朔,日有食之。 太尉聞人襲免;以太僕汝南李鹹為太尉。 大疫。 司徒許訓免;以司空橋玄為司徒;
夏,四月,以太常南陽來艷為司空。

171年春正月甲子、霊帝は元服して、天下を赦した。黨人だけ赦さず。
2月癸卯、地震した。3月辛酉ついたち、日食した。太尉の聞人襲をやめ、太僕する汝南の李鹹を太尉とした。 大疫があり、司徒の許訓をやめた。司空の橋玄を、司徒とした。
171年夏4月、太常する南陽の來艷を、司空とした。

ぼくは思う。170年と171年は、えらく記事が少ないが。169年に、記事を置きすぎたからだ。党人の追討は、この歳も、継続して行われているだろう。だが、史料を年ごとにバラせないので、司馬光は169年に集めた。


171年秋冬、曹節と王甫が、董萌を殺す

秋,七月,司空來艷免。 癸丑,立貴人宋氏為皇後,後,執金吾酆之女也。 司徒橋玄免;以太常南陽宗俱為司空,前司空許栩為司徒。

171年秋7月、司空の來艷をやめた。7月癸丑、貴人の宋氏を、皇后とした。皇后は、執金吾する宋酆の娘だ。司徒の橋玄をやめた。太常する南陽の宗俱を、司空とした。さきの司空の許栩を司徒とした。

帝以竇太后有援立之功,冬,十月,戊子朔,率群臣朝太后於南宮,親饋上壽。 黃門令董萌因此數為太后訴冤,帝深納之,供養資奉,有加於前。曹節、王甫疾之,誣萌以謗訕永樂宮,下獄死。 鮮卑寇并州。

竇太后は、霊帝を立てた功績がある。171年冬10月戊子ついたち、霊帝は群臣をひきいて、南宮で太后と会う。
黃門令の董萌は、しばしば霊帝に言った。「竇太后を大切にせよ」と。霊帝は、董萌にしたがう。曹節と王甫は、董萌がウザい。曹節と王甫は、董萌の罪をつくった。董萌が、永樂宮(霊帝の母・董氏)をそしったとして、董萌を獄死させた。

董萌が、董姓だから、分かりにくいが。曹節と王甫は、竇太后を、政治から遠ざけたい。だが董萌は、竇太后を重んじた。ということで、いいのかなあ。
霊帝には、母が2人いる。桓帝の竇皇后と、実母の董氏だ。ややこしい。

鮮卑が并州を寇した。 101211

これにて『資治通鑑』巻56はおわり。

inserted by FC2 system