表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

169年夏、霊帝のイスに青蛇が現れる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

169年春、霊帝の母系・董氏が就職

孝桓皇帝下建寧二年(己酉,公元一六九年)
春,正月,丁丑,赦天下。 帝迎董貴人於河間。三月,乙巳,尊為孝仁皇後,居永樂宮,拜其兄寵為執金吾, 兄子重為五官中郎將。

169年春正月丁丑、天下を赦した。霊帝は、母の董貴人を河間にむかえた。169年3月乙巳、母を孝仁皇后とした。母を、永樂宮におく。母の兄・董寵を、執金吾とした。董寵の子・董重を、五官中郎將とした。

ぼくは思う。曹操を暗殺しかけた、董昭との血縁は?


169年夏、青蛇を、張奐、謝弼、楊賜が評す

夏,四月,壬辰,有青蛇見於御坐上。癸巳,大風,雨雹,霹靂,拔大木百餘。詔 公卿以下各上封事。大司農張奐上疏曰:「昔周公葬不如禮,天乃動威。今竇武、陳蕃 忠貞,未被明宥,妖眚之來,皆為此也。宜急為改葬,徙還家屬,其從坐禁錮,一切蠲 除。又,皇太后雖居南宮,而恩禮不接,朝臣莫言,遠近失望。宜思大義顧復之報。」 上深嘉奐言,以問諸常侍,左右皆惡之,帝不得自從。
奐又與尚書劉猛等共薦王暢、李 膺可參三公之選,曹節等彌疾其言,遂下詔切責之。奐等皆自囚廷尉,數日,乃得出, 並以三月俸贖罪。

169年4月壬辰、青蛇が御坐にあらわれた。4月癸巳、大風、雨雹、霹靂にて、大木が1百余もぬけた。公卿より以下に、封書をださせた。

『考異』はいう。桓帝紀は、建寧2年4月癸巳に、雨と雹がふる。楊賜伝は、熹平元年に、青蛇があらわれる。『続漢書』は、熹平元年4月申午、青蛇があらわれる。袁宏は、建寧2年4月壬辰、青蛇があらわれ、癸巳、大風がふく。つぎにある、張奐伝のセリフは、袁宏と整合する。袁宏を採用する。
ぼくは思う。『三国演義』の序幕は、ここだっけ?史料によって、時期がバラバラだが。青蛇が、何匹も何回もあらわれたか。もしくは、「霊帝の時代なら、いかにもありそうだ」と考え、創作したか。後者が、説得力がある。

大司農の張奐は、上疏した。「陳蕃と竇武を殺すから、青蛇がでたのだ。かわりの人材を補充せよ」と。桓帝は、張奐をみとめたが、宦官がブロックした。
張奐は、尚書の劉猛らとともに、王暢、李膺を薦めた。曹節は詔をくだし、張奐をキツく責めた。張奐と劉猛らは、みずから廷尉につかまった。数日で、廷尉から解放された。3か月分の罰金を払った。

ぼくは思う。曹節は、霊帝のとき、いきなり出てきた。桓帝のとき、パッとせず。曹節は、霊帝を迎えた人だ。だから、権力をもった。
霊帝を迎えた功績があるという点で、曹節は、竇武と陳蕃とおなじ。曹節は、ライバルの陳蕃と竇武に、完勝したのだ。イレギュラーな即位は、重臣を入れ替える結果をまねくなあ。


郎中東郡謝弼上封事曰:「臣聞『惟虺惟蛇,女子之祥』。伏惟皇太后定策宮闥, 援立聖明,《書》曰:『父子兄弟,罪不相及』,竇氏之誅,豈宜咎延太后!幽隔空宮, 愁感天心,如有霧露之疾,陛下當何面目以見天下!孝和皇帝不絕竇氏之恩,前世以為 美談。禮,『為人後者為之子』,今以桓帝為父,豈得不以太后為母哉!願陛下仰慕有 虞蒸蒸之化,俯思《凱風》慰母之念。臣又聞『開國承家,小人勿用』。今功臣久外, 未蒙爵秩,阿母寵私,乃享大封,大風雨雹,亦由於茲。又,故太傅陳蕃,勤身王室, 而見陷群邪,一旦誅滅,其為酷濫,駭動天下;而門生故吏,並離徙錮。蕃身已往,人 百何贖!宜還其家屬,解除禁網,夫台宰重器,國命所系,今之四公,唯司空劉寵斷斷 守善,餘皆素餐致寇之人,必有折足覆餗之兇,可因災異,並加罷黜,征故司空王暢、 長樂少府李膺並居政事,庶災變可消,國祚惟永。」左右惡其言,出為廣陵府丞,去官, 歸家。曹節從子紹為東郡太守,以它罪收弼,掠死於獄。

郎中する東郡の謝弼は、封書をだした。「蛇は穴をほるから、陰を示し、女性を示す。『左伝』は、父子兄弟の罪が、女性に及ばないという。竇武は誅殺されたが、竇太后に罪はない。和帝は、竇氏に恩を絶やさず。これは、前時代の美談だ。霊帝は、竇太后を慰めよ。

胡三省はいう。和帝の話は、『資治通鑑』47巻の永元9年にある。
ぼくは思う。これは、ちょっと気になる。時代がちょっと前だから、読むのがしんどいかも、知れないが。梁氏や竇氏を理解するには、和帝を避けてとおれない。

陳蕃の門生故吏を、復帰させよ。いまの四公のうち、司空の劉寵だけが、すぐれた人間だ。ほかの3人は、ジャマだ。

李賢はいう。四公とは。劉矩は太尉、許訓は司徒、胡広は太尉、劉寵は司徒。
胡三省はいう。この169年から、聞人襲が、劉矩に代わって太尉になった。のこりの三公も、李賢の注釈は、あわない。
ぼくは思う。胡三省は、代替案を、ちゃんと書いてくれ。

もと司空の王暢と、長楽少府の李膺に、政事を任せよ。災難はしずまる」と。
謝弼は、宦官に悪まれた。広陵府丞に、左遷された。曹節の従子・曹紹は、東郡太守になった。謝弼をほかの罪にかこつけ、獄死させた。

ぼくは思う。宦官の子弟が、太守になるのは、ハンパなく流行している。漢末の群雄の地位がほしくて、がんばったのに。太守になれば、群雄に仲間入りできたのに。


帝以蛇妖問光祿勳楊賜,賜上封事曰:「夫善不妄來,災不空發。王者心有所想, 雖未形顏色,而五星以之推移,陰陽為其變度。夫皇極不建,則有龍蛇之孽,《詩》雲: 『惟虺惟蛇,女子之祥。』惟陛下思乾剛之道,別內外之宜,抑皇甫之權,割艷妻之愛, 則蛇變可消,禎祥立應。」賜,秉之子也。

霊帝は、光禄勲の楊賜に、青蛇について問うた。楊賜は封書した。「陰陽のバランスが悪いから、陰を示す蛇が出たのです。霊帝は、乾剛の道を思い、陽を強めなさい」と。楊賜は、楊秉の子である。

ぼくは思う。胡三省の注釈では、陰陽=男女で、皇帝の近辺の女性(竇太后)が、批判されているようだ。だが、陰陽の逆転と言えば、宦官だよなあ。批判の対象が、よくわからん。楊賜のコメントは、具体的な政策に、霊帝をみちびかない。無責任な批評家だ。
四世太尉の楊氏が、どんな政治的な立場か。これを仮説すれば、なにか言えそうだ!


169年夏秋、段熲が東羌を、殺戮しつくす

五月,太尉聞人襲、司空許栩免;六月,以司徒劉寵為太尉,太常汝南許訓為司徒, 太僕長沙劉囂為司空。囂素附諸常侍,故致位公輔。

169年5月、太尉の聞人襲と、司空の許栩をやめた。6月、司徒の劉寵を太尉とした。太常する汝南の許訓を、司徒とした。太僕する長沙の劉囂を、司空とした。劉囂は、宦官たちにへつらい、三公になれた。

ぼくは思う。謝弼が、青蛇のとき、言ったとおりになった。劉寵だけ残して、三公が代わった。


詔遣謁者馮禪說降漢陽散羌。段熲以春農,百姓布野,羌雖暫降,而縣官無廩,必 當復為盜賊,不如乘虛放兵,勢必殄滅。熲於是自進營,去羌所屯凡亭山四五十裡,遣 騎司馬田晏、假司馬夏育將五千人先進,擊破之。羌眾潰東奔,復聚射虎谷,分兵守谷 上下門,熲規一舉滅之,不欲復令散走。

謁者の馮禪は、漢陽に散った羌族を、説得して降した。段熲は、考えた。羌族は蓄えがないから、また盗賊になると。段熲は羌族を、不意に攻めた。羌族は、東に逃げた。段熲は、逃がさず殺した。

秋,七月,熲遣千人於西縣結木為柵,廣二十 步,長四十裡遮之。分遣晏、育等將七千人銜枚夜上西山,結營穿塹,去虜一裡許,又 遣司馬張愷等將三千人上東山,虜乃覺之。熲因與愷等夾東、西山,縱兵奮擊,破之, 追至谷上下門,窮山深谷之中,處處破之,斬其渠帥以下萬九千級。馮禪等所招降四千 人,分置安定、漢陽、隴西三郡。於是東羌悉平。熲凡百八十戰,斬三萬八千餘級,獲 雜畜四十二萬七千餘頭,費用四十四億,軍士死者四百餘人;更封新豐縣侯,邑萬戶。

169年秋7月、段熲は東羌を、殺しまくった。降った羌族は、安定、漢陽、隴西に分けて置いた。段熲は、180戦して、3万8千級を斬り、家畜43万を得て、44億を費やした。後漢の兵士は、4百余人死んだ。段熲は、新豐縣侯に封じられた。食邑は1万戸だ。

ぼくは思う。こまかい戦闘の経過は省く。良質な地図を見ながら読まないと、まるで意味がない。いま、その準備がない。道具も興味も、ない。
ここで司馬光はいう。段熲は勝ったが、やりすぎ。君子でない。ぼくが言いたかったこと以上に、司馬光が、小難しく代弁してくれた。とくに補足なし。もし段熲が、黄巾の討伐に参戦したら、漢族を殺しまくったのかなあ。


169年9月、三君、八俊、八顧、八及、八廚

九月,江夏蠻反,州郡討平之。 丹楊山越圍太守陳夤,夤擊破之。

169年9月、江夏の蛮が反した。州郡は、平らげた。丹楊の山越は、丹楊太守の陳夤をかこんだ。陳夤は、山越を破った。

胡三省はいう。山越は、またもとを越人という。山にこもって、納税しないから、山越という。山越が郡県を襲うのは、きっとこれが初めて。のちに孫呉が、山越の土地を全てうばい、山越の民を兵とした。山越の土地を、王土とした。
ぼくは思う。漢族と山越の抗争に、区切りなどない。ただ、胡三省の注釈は、おもしろい。孫呉ファンは、注目していいと思いました。


初,李膺等雖廢錮,天下士大夫皆高尚其道而污穢朝廷,希之者唯恐不及,更共相 標榜,為之稱號:以竇武、陳蕃、劉淑為三君,君者,言一世之所宗也;李膺、荀翌、 杜密、王暢、劉祐、魏朗、趙典、硃□為八俊,俊者,言人之英也;郭泰、范滂、尹勳、 巴肅及南陽宗慈、陳留夏馥、汝南蔡衍、泰山羊陟為八顧,顧者,言能以德行引人者也; 張儉、翟超、岑晊、苑康及山陽劉表、汝南陳翔、魯國孔昱、山陽檀敷為八及,及者, 言其能導人追宗者也;度尚及東平張邈、王孝、東郡劉儒、泰山胡母班、陳留秦周、魯 國蕃向、東萊王章為八廚,廚者,言能以財救人者也。及陳、竇用事,復舉拔膺等;

李膺は廢錮されたが、天下の士大夫は、李膺をほめた。朝廷が汚穢するから、士大夫は称号をつけあった。竇武、陳蕃、劉淑を、三君とした。君とは、同時代のリーダーをさす。李膺、荀翌、 杜密、王暢、劉祐、魏朗、趙典、硃瑀は、八俊という。俊とは、英れたことをさす。
郭泰、范滂、尹勳、巴肅および、南陽の宗慈、陳留の夏馥、汝南の蔡衍、泰山の羊陟を、八顧とした。顧とは、德行をもって人をひくことをさす。張儉、翟超、岑晊、苑康および、山陽の劉表、汝南の陳翔、魯國の孔昱、山陽の檀敷を、八及とした。及とは、人をみちびき、リーダーを追うことをさす。度尚および、東平の張邈、王孝、東郡の劉儒、泰山の胡母班、陳留の秦周、魯國の蕃向、東萊の王章は、八廚とした。廚とは、財産で人を救うことを指す。

ぼくは思う。モレなく、ダブりなく、称号をリストアップしてくれて、すごい。胡三省も李賢も、とくにメンバーと称号に、ケチをつけてない。裴松之では、異同がありすぎた。
ときどき、外戚は濁流だと決めつけ、竇武が三君にいることを、不思議がいる。「清流は、竇武を三君にして、へつらった」なんて、検討ハズレをいう本もあった。ちがう。外戚=濁流は、ひどい。「宦官、外戚、党人の三つ巴」という、なんの説明にもならない単純化を、鵜呑みにした弊害である。竇武の経歴を見るべきだ。

陳蕃と竇武が政権をもつと、李膺らをもちいた。陳蕃と竇武が殺されると、李膺らは、また公職につけない。

宦官疾惡膺等,每下詔書,輒申黨人之禁。侯覽怨張儉尤甚,覽鄉人 硃並素佞邪,為儉所棄,承覽意指,上書告儉與同鄉二十四人別相署號,共為部黨,圖 危社稷,而儉為之魁。詔刊章捕儉等。

宦官は、李膺らを悪んだ。宦官は、党人を禁錮せよと言う。侯覽は張儉を、もっともひどく悪む。侯覧の同郷人・硃並が、張倹に裁かれた。侯覧は上書した。「張倹ら24人は、徒党をくみ、社稷を危うくした。張倹を捕えよ」と。

次回、第二次党錮の禁と、袁氏の復活!

inserted by FC2 system