表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

168年-1、陳蕃と竇武が、政権を担当

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

168年正月、陳蕃が尚書を叱る

孝桓皇帝下建寧元年(戊申,公元一六八年)
春,正月,壬午,以城門校尉竇武為大將軍。前太尉陳蕃為太傅,與武及司徒胡廣 參錄尚書事。

168年春正月壬午、城門校尉の竇武を、大將軍とした。

『考異』はいう。袁宏はいう。延熹9年4月戊寅、特進の竇武を、大将軍とした。竇武は、病気だから辞退した。数十回ことわったが、竇武は大将軍になったと。范曄は、同年正月壬午とする。竇武伝では、大将軍になるのは、霊帝が即位した後だ。いま竇武伝にしたがう。

さきの太尉の陳蕃を、太傅とした。

『考異』はいう。桓帝紀はいう。陳蕃が太傅になるのは、即位の後だ。陳蕃伝では、即位の前だ。つぎの段落で、陳蕃が尚書らを叱る言葉を根拠に、陳蕃伝にしたがう。

陳蕃は、竇武および司徒の胡廣とともに、3人で錄尚書事した。

時新遭大喪,國嗣未立,諸尚書畏懼,多托病不朝。陳蕃移書責之曰: 「古人立節,事亡如存。今帝祚未立,政事日蹙,諸君奈何委荼蓼之苦,息偃在床,於 義安乎!」諸尚書惶怖,皆起視事。
己亥,解瀆亭侯至夏門亭,使竇武持節,以王青蓋車迎入殿中;庚子,即皇帝位, 改元。

ときに桓帝が死に、皇帝がいない。諸尚書はおそれ、病気だと言って、出勤しない。陳蕃は、諸尚書を責めた。「君主が死んでも、死ぬ前と同じに勤めるのが、義のルールだ」と。諸尚書は、出勤した。
正月己亥、解瀆亭侯の劉宏は、夏門亭にきた。竇武を持節させ、王の青蓋車で、劉宏を殿中に迎えた。正月庚子、劉宏は即位して改元した。

ぼくは思う。桓帝が死に、桓帝&宦官と、陳蕃の戦いは、陳蕃が勝利した。梁冀が死んだとき、朝廷がカラになった。桓帝が死んだいまも、朝廷がカラになりかけた。ただし陳蕃は早くも、この168年に死ぬ。宦官が巻きかえす。ネタバレ!


168年2月、段熲が皇甫規をのけ、東羌を破る

二月,辛酉,葬孝桓皇帝於宣陵,廟曰威宗。 辛未,赦天下。
初,護羌校尉段熲既定西羌,而東羌先零等種猶未服,度遼將軍皇甫規、中郎將張 奐招之連年,既降又叛。桓帝詔問熲曰:「先零東羌造惡反逆,而皇甫規、張奐各擁強 眾,不時輯定,欲令熲移兵東討,未識其宜,可參思術略。」熲上言曰:

168年2月辛酉、桓帝を宣陵に葬った。桓帝の廟は、威宗だ。2月辛未、天下を赦した。
はじめ、護羌校尉の段熲は、西羌を定めた。だが東羌や先零羌らは、まだ後漢に服さず。度遼將軍の皇甫規と、中郎將の張奐が、東羌を担当した。東羌は連年、降ったり叛いたり。

胡三省はいう。西羌を定めたのは、167年だ。桓帝の延熹4年、皇甫規は東羌を降した。延熹6年、皇甫規は、張奐を薦めた。永康元年まで、7年間、東羌は反復つねなし。
ぼくは思う。ある種族を、完全に「支配」するのは、不可能である。皇甫規や張奐は、梁冀の方針をつぎ、「外交」する。これが、自然な姿だろう。だが桓帝と、桓帝派の段熲は、とことん異民族を討伐する。ムチャをやる人たち。

桓帝は、段熲に聞いた。「皇甫規と張奐では、ラチがあかない。段熲なら、どんな戦術をとるか」と。段熲は、桓帝に上言した。

「臣伏見先零 東羌雖數叛逆,而降於皇甫規者,已二萬許落;善惡既分,餘寇無幾。今張奐躊躇久不 進者,當慮外離內合,兵往必驚。且自冬踐春,屯結不散,人畜疲羸,有自亡之勢,欲 更招降,坐制強敵耳。臣以為狼子野心,難以恩納,勢窮雖服,兵去復動;唯當長矛挾 脅,白刃加頸耳!計東種所餘三萬餘落,近居塞內,路無險所,非有燕、齊、秦、趙從 橫之勢,而久亂並、涼,累侵三輔,西河、上郡,已各內徙,安定、北地,復至單危。 自雲中、五原,西至漢陽二千餘里,匈奴、諸羌,並擅其地,是為癰疽伏疾,留滯脅下, 如不加誅,轉就滋大。

「私(段熲)は考えます。皇甫規は、東羌2万戸を降らせた。東羌は、まだ3万戸が国境ちかくにいる。并州や涼州を乱し、三輔に入ってくる。西河、上郡は、すでに郡治を内地に徙した。安定、北地は、郡治が危ない。雲中、五原より西は、漢陽まで、匈奴や諸羌がいる。(段熲の上言つづく)

若以騎五千、步萬人、車三千兩,三冬二夏,足以破定,無慮用 費為錢五十四億,如此,則可令群羌破盡,匈奴長服,內徙郡縣,得反本土。伏計永初 中,諸羌反叛,十有四年,用二百四十億;永和之末,復經七年,用八十餘億。費耗若 此,猶不誅盡,餘孽復起,於茲作害。今不暫疲民,則永寧無期。臣庶竭駑劣,伏待節 度。」

もし私に、騎兵5千と、歩兵1万と、車3千をくれたら。3冬2夏のうちに、東羌を破る。永初年間から14年で、240億をつかった。永和の末年から、7年たち、80余億をつかった。この巨額の出費を、やめることができる。私に節度をくれ」と。

胡三省はいう。240億は、ハッタリだが、ともかく巨額なのだ。240億は、安帝の元初5年にある。80余億は、沖帝の永嘉元年にある。


帝許之,悉聽如所上,熲於是將兵萬餘人,□十五日糧,從彭陽直指高平,與先 零諸種戰於逢義山。虜兵盛,熲眾皆恐。熲乃令軍中長鏃利刃,長矛三重,挾以強弩, 列輕騎為左右翼,謂將士曰:「今去家數千里,進則事成,走必盡死,努力共功名!」 因大呼,眾皆應聲騰赴,馳騎於傍,突而擊之,虜眾大潰,斬首八千餘級。太后賜詔書 褒美曰:「須東羌盡定,當並錄功勤;今且賜熲錢二十萬,以家一人為郎中。」敕中藏 府調金錢、彩物增助軍費,拜熲破羌將軍。

桓帝は、段熲をもちいた。兵1万余人、15日分の食糧を、段熲につけた。段熲は、8千余級の東羌を斬った。太后は、段熲をほめた。「段熲に銭20万をあたえ、家の1人を郎中にしよう」と。段熲は、破羌將軍となった。

168年夏、竇武と曹節と陳蕃を、侯にする

閏月,甲午,追尊皇祖為孝元皇,夫人夏氏為孝元後,考為孝仁皇,尊帝母董氏為 慎園貴人。
夏,四月,戊辰,太尉周景薨,司空宣酆免;以長樂衛尉王暢為司空。
五月,丁未朔,日有食之。 以太中大夫劉矩為太尉。

166年閏月甲午、霊帝の祖父母と父に、諡号した。祖父は元皇帝で、父は仁皇帝だ。霊帝の母・董氏を、慎園貴人とした。

ぼくは補う。霊帝の母は、のちに何皇后に殺される人。献帝の祖母。

166年夏4月戊辰、太尉の周景が薨じた。司空の宣酆を免じた。長樂衛尉の王暢を、司空とした。
166年 5月丁未ついたち、日食した。 太中大夫の劉矩を、太尉とした。

六月,京師大水。 癸巳,錄定策功,封竇武為聞喜侯,武子機為渭陽侯,兄子紹為鄠侯,靖為西鄉侯, 中常侍曹節為長安鄉侯,侯者凡十一人。涿郡盧植上書說武曰:「足下之於漢朝,猶旦、 奭之在周室,建立聖主,四海有系,論者以為吾子之功,於斯為重。今同宗相後,披圖 案牒,以次建之,何勳之有!豈可橫叨天功,以為己力乎!宜辭大賞,以全身名。」武 不能用。
植身長八尺二寸,音聲如鐘,性剛毅,有大節。少事馬融,融性豪侈,多列女 倡歌舞於前,植侍講積年,未嘗轉眄,融以是敬之。

166年6月、京師は大雨。6月癸巳、竇武が霊帝を立てたから、聞喜侯とした。竇武の子・竇機、兄の子・竇紹と竇靖を、侯とした。中常侍の曹節を、長安郷侯とした。侯に11人がついた。
涿郡の盧植が、上書して竇武を説く。「竇武は、周公旦とおなじ功績がある。桓帝と同じ血筋から、霊帝を立てたから。身名を全うせよ」と。竇武は、盧植を聞かず。

胡三省はいう。和帝は嗣子がない。安帝は、章帝の孫だから、嗣いだ。沖帝と質帝は、若死にした。桓帝は、章帝の曾孫だから、嗣いだ。桓帝は嗣子なし。また霊帝を、章帝の玄孫だから、嗣がせた。桓帝と霊帝は、血筋が近いのは、いいこと。
ぼくは思う。盧植のいう「身名を全うする」とは、なにか。ともあれ、盧植が竇武派(陳蕃派)ということは、よく確認しておこう。
【追記】T_S氏はいう。(引用はじめ)
「竇武は、周公旦とおなじ功績がある。桓帝と同じ血筋から、霊帝を立てたから。身名を全うせよ」これは意味が取れていないかと。「あんたの功績を周公以上と言う奴もいるが、近親を立てただけのことで大きな功績じゃない。賞を辞退して禍を避けよ」こういう意味でしょう。
つまり、「立つべき血縁の者を迎えただけで周公のような大功ではないんだから、今の賞は分不相応。「出る杭は打たれる」から、禍を避けるには賞は辞退すべき。」そう言っているのでしょう。「何勳之有!」は反語表現で、「周公のような勲功があるだろうか?いやない」 (引用おわり)

盧植は、身長が8尺2寸。声が鐘のようで、性質は剛毅だ。盧植は、馬融に仕えた。馬融は、性質が豪侈だ。馬融がどれだけ女倡を並べても、盧植は見向きもせず、勉強した。馬融は、盧植を敬った。

ぼくは思う。馬融、何をやっているんだろう。不明!


太后以陳蕃舊德,特封高陽鄉侯。 蕃上疏讓曰:「臣聞割地之封,功德是為。臣雖無素潔之行,竊慕君子『不以其道得之, 不居也』。若受爵不讓,掩面就之,使皇天振怒,災流下民,於臣之身,亦何所寄!」 太后不許。蕃固讓,章前後十上,竟不受封。

陳蕃は、ふるく徳がある。竇太后は特例として、陳蕃を高陽鄉侯に封じたい。

【追記】T_S氏はいう。(引用はじめ)「旧徳」は「ふるく徳がある」ではなく、「昔の恩」。「陳蕃は(竇太后を皇后に立てるという)昔の恩があったので、竇太后は特に陳蕃を高陽郷侯にしようとした」でしょう。165年参照。(引用おわり)

陳蕃は断った。「孔子は言う。道理でない方法で、手に入れた場所に、いすわるなと。私は侯にならない」と。陳蕃は、10回断った。竇太后は、あきらめた。

次回、第二次・党錮の禁が起きます。

inserted by FC2 system