表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

167年、李膺を釈放し、桓帝が死ぬ

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

167年春、夫餘王を、公孫域が破る

孝桓皇帝下永康元年(丁未,公元一六七年)
春,正月,東羌先零圍示殳祤,掠雲陽,當煎諸種復反。段熲擊之於鸞鳥,大破之, 西羌遂定。 夫餘王夫台寇玄菟;玄菟太守公孫域擊破之。
夏,四月,先零羌寇三輔,攻沒兩營,殺千餘人。 五月,壬子晦,日有食之。

167年春正月、東羌と先零羌は、エキ祤をかこんだ。羌族は、雲陽をかすめた。

胡三省はいう。攻められた2県は、どちらも左馮翊に属す。

當煎羌ら、諸種がふたたび反した。段熲は、鸞鳥で羌族を破った。西羌は定まる。夫餘王の夫台は、玄菟を寇した。玄菟太守の公孫域は、夫餘王を撃破した。

ぼくは思う。そろそろ公孫瓚が、このあたりにいる。年齢的に、いてもいい。

166年夏4月、先零羌は三輔を寇した。2つに軍営が陥ちた。1千余人が死んだ。

胡三省はいう。2つの軍営とは。京兆の虎牙にある軍営と、扶風の雍県にある軍営である。ぼくは思う。ふつうに、超ヤバいじゃないか。黄河が北上するより西側は、しんどい。

5月壬子みそか、日食した。

167年夏、賈彪がたすけ、竇武と霍諝が上疏

陳蕃既免,朝臣震栗,莫敢復為黨人言者。賈彪曰:「吾不西行,大禍不解。」乃 入雒陽,說城門校尉竇武、尚書魏郡霍諝等,使訟之。

陳蕃が免じられ、だれも党錮について言わない。賈彪が言った。「私が西にゆかねば、党錮の大禍は、解けない」と。賈彪は洛陽に入った。賈彪は、城門校尉の竇武、尚書する魏郡の霍諝らに、作文させた。

胡三省はいう。賈彪は、潁川の定陵の人だ。潁川から洛陽へは、「西にゆく」となる。


武上疏曰:「陛下即位以來,未 聞善政,常侍、黃門,競行譎詐,妄爵非人。伏尋西京,佞臣執政,終喪天下。今不慮 前事之失,復循覆車之軌。臣恐二世之難,必將復及,趙高之變,不朝則夕。近者奸臣 牢修造設黨議,遂收前司隸校尉李膺等逮考,連及數百人。曠年拘錄,事無效驗。臣惟 膺等建忠抗節,志經王室,此誠陛下稷、伊、呂之佐;而虛為奸臣賊子之所誣枉,天下 寒心,海內失望。惟陛下留神澄省,時見理出,以厭人鬼喁喁之心。今台閣近臣,尚書 硃寓、荀緄、劉祐、魏朗、劉矩、尹勳等,皆國之貞士,朝之良佐;尚書郎張陵、媯皓、 苑康、楊喬、邊韶、戴恢等,文質彬彬,明達國典,內外之職,群才並列。而陛下委任 近習,專樹饕餮,外典州郡,內干心膂,宜以次貶黜,案罪糾罰;信任忠良,平決臧否, 使邪正毀譽,各得其所,寶愛天官,唯善是授,如此,咎征可消,天應可待。間者有嘉 禾、芝草、黃龍之見。夫瑞生必於嘉士,福至實由善人,在德為瑞,無德為災。陛下所 行不合天意,不宜稱慶。」書奏,因以病上還城門校尉、槐裡侯印綬。霍諝亦為表請。

竇武は、上疏した。「桓帝が即位してから、宦官がむさぼる。秦の趙高とおなじだ。司隷校尉の李膺を捕えて、天下はがっかりした。尚書の硃寓、荀緄、劉祐、魏朗、劉矩、尹勳らは、みな国家の貞士で、朝廷の良佐だ。尚書郎の張陵、媯皓、 苑康、楊喬、邊韶、戴恢らは、文章が彬彬とし、國典に明達する。彼らを公職から外すのは、天意に逆らうことだ」

『考異』はいう。竇武伝はいう。尚書令の陳蕃、僕射の胡広、尚書の硃寓らと。陳蕃と胡広は、役職がちがうから、司馬光がはずした。
ぼくは補う。ながい上疏のうち、固有名詞の出てくる、重要なところだけ、抜きました。あとの趣旨は、桓帝と宦官を批判するもの。

竇武は、病を理由に、城門校尉と槐裡侯の印綬を、返却した。

ぼくは思う。皇后の父が、桓帝を見棄てた。これは、辞表である。

霍諝も、上表した。

167年夏、李膺や范滂らを釈放する

帝意稍解,因中常侍王甫就獄訊黨人范滂等,皆三木囊頭,暴於階下,甫以次辨詰曰: 「卿等更相拔舉,迭為脣齒,其意如何?」滂曰:「仲尼之言:『見善如不及,見惡如 探湯。』滂欲使善善同其清,惡惡同其污,謂王政之所願聞,不悟更以為黨。古之修善, 自求多福。今之修善,身陷大戮。身死之日,願埋滂於首陽山側,上不負皇天,下不愧 夷、齊。」甫愍然為之改容,乃得並解桎梏。李膺等又多引宦官子弟,宦官懼,請帝以 天時宜赦。六月,庚申,赦天下,改元;黨人二百餘人皆歸田裡,書名三府,禁錮終身。

桓帝は、党錮の意思がゆるむ。中常侍の王甫に、范滂らをひかせた。范滂らは、みな頭・手・足に、木製のカセをつけて、桓帝の前にでた。
王甫は、范滂に聞いた。「お前ら太学派は、おたがいに評価しあったくせに、捕えられた。気分はどうだ」と。范滂は答えた。「私たちは、善いものを清め、汚いものを悪んだ。私党をくんだのではない。死んでも、伯夷と叔斉にすら愧じない」と。王甫は、范滂らのカセをはずした。李膺は、宦官の子弟を、おおく罰した。だから宦官は、李膺を懼れた。宦官は桓帝に願った。「天のときに合わせ、党人を赦せ」と。
6月庚申、天下を赦し、改元した。党人200余人は、田里に帰った。だが当時は、三公のブラックリストに記名され、死ぬまで就職できない。

『考異』はいう。桓帝紀は、去年の冬にいう。「李膺ら200余人を下獄し、三府に名を記した。陳蕃が訴えて、李膺の名を消した」と。つまり桓帝紀で、李膺らは、下獄したときと、出獄したときと、2回とも記名された。いま、下獄のときの記名は、『資治通鑑』の話に比露陥ないから、はぶく。「三府」を「王府」とする写本もあるが、いまは「三府」とする。
ぼくは思う。ごくアタリマエのことだ。獄に入るときと、出るときと、どちらも記録しないと、管理にならない。前者がなければ、誰が獄にいるか分からん。後者がなければ、獄の名簿は、無限に増えつづける。食事は、何人分、用意すればいいのか。


范滂往候霍諝而不謝。或讓之,滂曰:「昔叔向不見祁奚,吾何謝焉!」滂南歸汝南, 南陽士大夫迎之者,車數千兩,鄉人殷陶、黃穆侍衛於旁,應對賓客。滂謂陶等曰: 「今子相隨,是重吾禍也!」遂遁還鄉里。

范滂は、霍諝に会ったが、謝さない。范滂は言った。「むかし叔向は、自分を救った祁奚に、会わず。なぜ私は、霍諝に礼を言うものか」と。
范滂は、汝南に帰る。汝南の士大夫は、車数千両で、范滂を迎えた。郷人の殷陶と黃穆は、侍衛に范滂を迎えにいかせた。殷陶らは、范滂を賓客に迎えたい。范滂は、殷陶を拒否した。「いまあなたに甘えれば、私は禍いを重ねる」と。范滂は、逃げるように郷里に帰った。

史弼は党人をあげず、楊喬は桓帝に仕えず

初,詔書下舉鉤黨,郡國所奏相連及者,多至百數,唯平原相史弼獨無所上。詔書 前後迫切州郡,髡笞掾史,從事坐傳捨責曰:「詔書疾惡黨人,旨意懇惻。青州六郡, 其五有黨,平原何治而得獨無?」弼曰:「先王疆理天下,畫界分境,水土異齊,風俗 不同。它郡自有,平原自無,胡可相比!若承望上司,誣陷良善,淫刑濫罰,以逞非理, 則平原之人,戶可為黨。相有死而已,所不能也!」從事大怒,即收郡僚職送獄,遂舉 奏弼。會黨禁中解,弼以俸贖罪。所脫者甚眾。

はじめ桓帝が、郡国に党人をリストアップせよと、命じたとき。郡国によっては、100人をあげた。だが平原相の史弼だけは、1人もあげず。桓帝は州郡に「党人をあげねば、掾史を髡笞にする」と迫った。従事は、史弼に言った。「青州には6郡ある。うちの平原だけ、どうして党人が1人もいないのか」と。

李賢はいう。『続漢書』はいう。州ごとに、従事史や曹掾史がいる。いま掾史は、史弼に連座してしまう。
ぼくは思う。掾史が、青州のほかの郡と、横ならびで論じていることが、面白い。やっぱり、類似した横の部署が、気になるのだ。「となりと同じなら、内容はともかく、それでいい」と。組織人の宿命だ。まあ掾史は、青州の役人だから、こういう視点を持つのだろうが。

史弼は答えた。「平原は、もと斉の文化圏とは、水土がちがい、風俗もちがう。どうしてほかの郡と比べるか」と。従事は怒り、史弼を獄におくった、たまたま李膺らが出獄したので、史弼は罰金ですんだ。

竇武所薦:硃寓,沛人;苑康,勃海人; 楊喬,會稽人;邊韶,陳留人。喬容儀偉麗,數上言政事,帝愛其才貌,欲妻以公主, 喬固辭,不聽,遂閉口不食,七日而死。

竇武は、以下の人材を推薦した。沛人の硃寓、勃海の苑康、会稽の楊喬、陳留の邊韶。 楊喬は、容儀偉麗で、しばしば政事を上言した。桓帝は、楊喬の才貌を愛して、公主の婿にしたい。楊喬はかたく辞退し、絶食して7日で死んだ。

ぼくは思う。竇武は、どんな意図があったか。竇武は、桓帝が李膺らを解放したから、桓帝を許した。だが楊喬は、桓帝を許していなかった。その差だろうか。


167年秋、巴郡に黄龍が現れる

秋,八月,巴部言黃龍見。初,郡人欲就池浴,見池水濁,因戲相恐,「此中有黃 龍,」語遂行民間,太守欲以為美。故上之。郡吏傅堅諫曰:「此走卒戲語耳。」太守 不聽。
六月大水,勃海海溢。

167年秋8月、巴郡で黄龍があらわれた。はじめ巴郡の人は、池が濁っているのを見て、「黄龍だ」と恐れた。うわさになった。太守は、美談だと思って、桓帝に報告した。郡吏が、太守を諌めた。「ウソじゃん」と。太守はきかず、桓帝に報告した。

ぼくは思う。黄龍は、後漢が滅びる兆しである。太守は、ちゃんと知っていて、報告したんだろうか。池が黄土でにごれば、自動的に黄龍になるだろうが。

167年6月、渤海郡で、海水があふれた。

167年冬、張奐が弘農に移住し、桓帝が死ぬ

冬,十月,先零羌寇三輔,張奐遣司馬尹端、董卓拒擊,大破之,斬其酋豪,首虜 萬餘人,三州清定。奐論功當封,以不事宦官故不果封,唯賜錢二十萬,除家一人為郎。 奐辭不受,請徙屬弘農。舊制,邊人不得內徙,詔以奐有功,特許之。拜董卓為郎中。 卓,隴西人,性粗猛有謀,羌胡畏之。

167年冬10月、先零羌が三輔を寇した。張奐は、司馬の尹端と董卓に、先零羌を破らせた。酋豪を斬り、1万余人を斬獲した。三州は清定した。

胡三省はいう。ときに張奐は、幽州、并州、涼州を督す。胡三省はいう。董卓が初登場するのは、ここである。

張奐は、宦官に迎合しない。恩賞が少ない。錢20萬をもらい、親族1人を郎にするだけ。張奐は恩賞を受けず、弘農への移住をねがった。旧制では、辺境の人は、内地に移れない。だが特別に許された。董卓は、郎中になった。董卓は、隴西の人だ。性質は、粗猛有謀だから、羌胡は董卓を畏れた。

十二月,壬申,復癭陶王悝為勃海王。
丁丑,帝崩於德陽前殿。戊寅,尊皇後曰皇太后。太后臨朝。初,竇後既立,御見 甚稀,唯采女田聖等有寵。後素忌忍,帝梓宮尚在前殿,遂殺田聖。城門校尉竇武議立 嗣,召侍御史河間劉鰷,問以國中宗室之賢者,鯈稱解瀆亭侯宏。宏者,河間孝王之曾 孫也,祖淑,父萇,世封解瀆亭侯。武乃入白太后,定策禁中,以鯈守光祿大夫,與中 常侍曹節並持節將中黃門、虎賁、羽林千人,奉迎宏,時年十二。

167年12月壬申、癭陶王の劉悝を、勃海王とした。

胡三省はいう。劉悝は、延熹八年に、渤海王から癭陶王におちた。ぼくは補う。劉悝は、桓帝の弟である。兵をあつめて、謀反をたくらんだらしい。

12月丁丑、桓帝は德陽前殿で崩じた。

胡三省はいう。36才だった。ぼくは思う。桓帝が楽しかったのは、159年から164年くらい。宦官とともに、親政した。宦官の腕をかじって、血盟をむすんだときから、楽しい時期が始まった。っていうか、桓帝は、自分の腕をかじれよ。宦官を五侯にした。165年、県侯からおとされ、黄金時代が終わった。
晩年は、太学派と、もめた。明確な決着はないが、太学派の勝ちだろう。桓帝が李膺を釈放した。桓帝が死んで退場した。この2つの理由による。むしろ桓帝は、李膺らにストレスをかけられて、若死にしたという気もする。それなら、桓帝の敗北はゆるがない。

12月戊寅、皇后を皇太后とした。竇太后が臨朝した。もとから寵愛した田聖とばかり、桓帝は会った。皇后は、田聖を殺した。城門校尉の竇武は、つぎの皇帝を議した。侍御史する河間の劉鯈に、宗室の賢者を聞いた。劉鰷は、解瀆亭侯の劉宏をほめた。劉宏は、河間孝王の曾 孫だ。祖父は劉淑、父は劉萇だ。みな解瀆亭侯をついできた。

李賢はいう。解瀆亭は、いまの定州義豊県の東北だ。杜佑はいう。義豊は、漢代は、安国県だ。で、どの州で、どの郡?

竇武は竇太后に、劉宏を報告した。劉鯈に光祿大夫を守させ、中常侍の曹節と持節した。劉鯈は、中黃門、虎賁、羽林1千人をひきい、劉宏を迎えた。劉宏は12歳。霊帝だ。101208

『考異』はいう。范曄は、13歳とする。袁宏は、12歳とする。建寧二年、党人を誅したとき、14歳という。袁紀がただしい。

inserted by FC2 system