表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

164年2月、郭泰が後漢を見棄てた人脈を築く

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

164年2月、黄瓊の弔問客・徐稚

孝桓皇帝中延熹七年(甲辰,公元一六四年)
春,二月,丙戌,邟鄉忠侯黃瓊薨。將葬,四方遠近名士會者六七千人。

162年春2月丙戌、邟郷忠侯の黃瓊が薨じた。

李賢はいう。『説文』はいう。邟は、潁川県だ。漢代の潁川は、周代に、承休侯国があった。元始2年、名を邟と改めた。音はコウ。
ぼくは思う。黄瓊の死は、『資治通鑑』が、郭泰の話を始めるための、呼び水である。黄瓊は、梁冀の死後、政治改革を期待された、清い人のトップだ。この黄瓊が封じられたのが、潁川県。のちに潁川の人材が、曹操をたすけるが、その源流かも。
梁冀-黄瓊-桓帝(宦官)の変遷が、袁術や袁紹や曹操の対立構図に、持ち越される気がする。会社の食堂でそんなことを考えたが、まだ詰めてない。

黄瓊を葬るとき、四方遠近から、名士が6、7千人きた。

『考異』はいう。范曄はいう。延熹4年、黄瓊は司空をやめた。延熹7年、死んだと。袁紀はいう。延熹7年、黄瓊は太尉のまま死んだと。范曄では、楊秉が延熹5年に、劉矩のつぎに太尉となる。袁紀では、延熹7年に黄瓊が死に、楊秉が太尉となる。
ぼくは補う。范曄と袁紀では、楊秉が太尉となるタイミングがちがう。范曄のいう太尉は、延熹4年まで黄瓊、延熹5年まで劉矩、延熹7年に楊秉。袁宏のいう太尉は、延熹7年まで黄瓊、延熹7から黄瓊。ぼくは思う。より細かいほうを正解とするなら、范曄で正解。范曄にしたがった、司馬光も正解。


初,瓊之教授於家。徐稚從之咨訪大義,及瓊貴,稚絕不復交。至是,稚往吊之, 進酹,哀哭而去,人莫知者。諸名士推問喪宰,宰曰:「先時有一書生來,衣粗薄而哭 之哀,不記姓字。」眾曰:「必徐孺子也。」於是選能言者陳留茅容輕騎追之,及於塗。 容為沽酒市肉,稚為飲食。容問國家之事,稚不答。更問稼穡之事,稚乃答之。容還, 以語諸人,或曰:「孔子雲:『可與言而不與言,失人。』然則孺子其失人乎?」太原 郭泰曰:「不然。孺子之為人,清潔高廉,饑不可得食,寒不可得衣,而為季偉飲酒食 肉,此為已知季偉之賢故也。所以不答國事者,是其智可及,其愚不可及也。」

はじめ黄瓊は家で、徐稚に大義を教えた。黄瓊がえらくなると、徐稚は黄瓊と交わらず。黄瓊が死ぬと、徐稚が泣きにきた。黄瓊の喪主は、徐稚を知らず。喪主は言った。「服のボロい書生が、泣きにきた。姓名を記さず、帰ってしまった」と。みな言った。「徐稚にちがいない」と。
喪主は、能言な人を選び、徐稚を追わせた。選ばれたのは、陳留の茅容だ。茅容は、輕騎で徐稚を追った。茅容は、みちで徐稚に追いついた。茅容は、酒肉を徐稚におごる。茅容は、国家と稼穡について、徐稚に問うた。徐稚は、こたえず。
茅容はもどり、喪客たちに言った。「孔子は言った。言えるのに、言わない人を、失人という。徐稚は、失人か」と。太原の郭泰は、反論した。「徐稚は、失人でない。徐稚の人となりは、清潔高廉だ。飢えても食わないし、寒くても着ない。だが、茅容がおごった酒肉に、徐稚はつきあった。茅容が賢いと、徐稚が見ぬいたからだ」

ぼくは、単純化しましたが。徐稚のあざなは、孺子という。茅容のあざなは、季偉という。文中では、あざなで呼び合っています。カンタンのため、名指しさせました。


李膺から郭泰をへて、人脈が爆発

泰博學,善談論。初游雒陽,時人莫識,陳留符融一見嗟異,因以介於河南尹李膺。 膺與相見,曰:「吾見士多矣,未有如郭林宗者也。其聰識通朗,高雅密博,今之華夏, 鮮見其儔。」遂與為友,於是名震京師。後歸鄉里,衣冠諸儒送至河上,車數千兩,膺 唯與泰同舟而濟,眾賓望之,以為神仙焉。

郭泰は博學で、談論がうまい。はじめ雒陽に遊学した。陳留の符融だけが、人目で郭泰を評価し、河南尹の李膺に紹介した。李膺は言った。「郭泰のような人は、初めてだ。郭泰は、聰識通朗で、高雅密博である。いまの後漢に、ない人材だ」と。李膺は、郭泰を友とした。郭泰は京師で、無名から、いっきに有名になった。

ぼくは思う。すでに有名な人が、無名な新人を評価する。新人の名が、世間を震わす。人物評価の、いちばん初めかも。つぎは郭泰が起点になって、新人を抜擢しまくる。
梁冀とも桓帝ともちがう、第三勢力だ。梁冀も桓帝も、後漢の体制内から、政治を動かそうとした。いま生まれた第三勢力は、後漢の体制外から、政治を動かそうとする。ここが、既存の2つとちがう。李膺が郭泰をコメントして、「今之華夏, 鮮見其儔」と言うくらいだから、まったく新規の勢力としていい。

のちに郭泰は、帰郷する。郭泰を見送る儒者は、車両が1000だ。李膺と郭泰は、おなじ舟に乗った。神仙のように見えた。

ぼくは思う。車両1000を引いてきた人が、第三勢力である。桓帝のもと、顕職にはついていないが、これだけ洛陽にいる。
胡三省はいう。洛陽から太原にいくためには、黄河を渡って、西北にゆく。ぼくは思う。こういう冷静な解説が、とても重宝する。笑


泰性明知人,好獎訓士類,周游郡國。茅容, 年四十餘,耕於野,與等輩避雨樹下,眾皆夷踞相對,容獨危坐愈恭;泰見而異之,因 請寓宿。旦日,容殺雞為饌,泰謂為己設;容分半食母,餘半庋置,自以草蔬與客同飯。 泰曰:「卿賢哉遠矣!郭林宗猶減三牲之具以供賓旅,而卿如此,乃我友也。」起,對 之揖,勸令從學,卒為盛德。

郭泰は、人士を評価するのを好んだ。郡国をめぐった。郭泰は、茅容をほめた。

こまかい逸話は、郭泰伝で後日読みます。郭泰伝からの引用であることは、確認済。


巨鹿孟敏,客居太原,荷甑墮地,不顧而去。泰見而問其 意,對曰:「甑已破矣,視之何益!」泰以為有分決,與之言,知其德性,因勸令游學, 遂知名當世。
陳留申屠蟠,家貧,傭為漆工;鄢陵庾乘,少給事縣廷為門士;泰見而奇 之,其後皆為名士。自餘或出於屠沽、卒伍,因泰獎進成名者甚眾。
陳國童子魏昭請於泰曰:「經師易遇,人師難遭,願在左右,供給灑掃。」泰許之。 泰嘗不佳,命昭作粥,粥成,進泰,泰呵之曰:「為長者作粥,不加意敬,使不可食!」 以杯擲地。昭更為粥重進,泰復呵之。如此者三,昭姿容無變。泰乃曰:「吾始見子之 面,而今而後,知卿心耳!」遂友而善之。

巨鹿の孟敏、陳留の申屠蟠、陳國の童子・魏昭を、郭泰はほめた。

陳留左原,為郡學生,犯法見斥,泰遇諸路, 為設酒餚以慰之。謂曰:「昔顏涿聚,梁甫之巨盜,段干木,晉國之大駔,卒為齊之忠 臣,魏之名賢;蘧瑗、顏回尚不能無過,況其餘乎!慎勿恚恨,責躬而已!」原納其言 而去。或有譏泰不絕惡人者,泰曰:「人而不仁,疾之已甚,亂也。」原後忽更懷忿結 客,欲報諸生,其日,泰在學,原愧負前言,因遂罷去。後事露,眾人鹹謝服焉。

陳留の左原は、郭泰に諭された。

後漢の滅亡を見越し、就職しない郭泰

或問 范滂曰:「郭林宗何如人?」滂曰:「隱不違親,貞不絕俗,天子不得臣,諸侯不得友, 吾不知其它。」

ある人が、范滂に聞いた。「郭泰は、どんな人か」と。范滂は答えた。「介推のように、隱不違親だ。柳下恵のように、貞不絕俗だ。天子は、郭泰を臣従させられない。諸侯は、郭泰と友人になれない。私は、これしか知らない」と。

ぼくは補う。介推と柳下恵は、李賢の注釈を見て追加。ぼくが2人について詳しくないので、話が膨らみませんが。注目したいのは、「郭泰が桓帝に仕えない」という指摘。郭泰のような人がふえれば、後漢がほろぶのは、自然のなりゆきだ。
范滂について、後日やりたいなあ。


泰嘗舉有道,不就,同郡宋沖素服其德,以為自漢元以來,未見其匹, 嘗勸之仕。泰曰:「吾夜觀乾象,晝察人事,天之所廢,不可支也,吾將優遊卒歲而 已。」然猶周旋京師,誨誘不息。
徐稚以書戒之曰:「夫大木將顛,非一繩所維,何為 棲棲不遑寧處!」泰感寤曰:「謹拜斯言,以為師表。」

かつて郭泰は、有道だから推挙された。郭泰は就職せず。

胡三省はいう。安帝の建光元年(121年)だ。ちょうど鄧太后が崩じて、安帝が新政を始めたときだ。
ぼくは思う。鄧太后の存在感は、自分なりに史料を読んで、イメージしておきたい。鄧太后は、梁冀の姉・梁太后が、政治のモデルにしたっぽい。また、鄧太后が死んだから郭泰は、後漢の滅亡を予感した。
郭泰が121年に20歳だとすると、164年には63歳だ。かなり年上。

郭泰とおなじ太原の宋沖は、郭泰の德に服す。宋沖は、「郭泰は、漢代のはじめから、類例のない人材だ」とほめた。郭泰は言った。「星空を見ると、後漢はほろぶ。天がほろぼす王朝を、私は支えられない。私は後漢に就職しない。郡国をまわって死ぬんだ」と。そのくせ郭泰は、京師に出かけた。

ぼくは思う。大逆罪じゃん。かなり早くから、後漢がほろぶタネを、まき続けた人だ。

徐稚は、郭泰を戒めた。「倒れる大木は、1本の縄だけで、支えるのでない。郭泰は遊んでないで、後漢を支えろ」と。郭泰は、徐稚の言葉に感寤した。「ははあ、おっしゃるとおりだ」と。

ぼくは思う。郭泰は、後漢を支える気がない。梁冀に対して、どんな意見を持ったか、気になる。「やっぱり、後漢は滅ぶんだなあ。予想どおりだ」とでも、思ったか。


袁隗の婿になりたくて、名声を失った黄允

濟陰黃允,以俊才知名,泰見 而謂曰:「卿高才絕人,足成偉器,年過四十,聲名著矣。然至於此際,當深自匡持, 不然,將失之矣!」後司徒袁隗欲為從女求姻,見允,歎曰:「得婿如是,足矣。」允 聞而黜遣其妻。妻請大會宗親為別,因於眾中攘袂數允隱慝十五事而去,允以此廢於時。

濟陰の黄允は、俊才で名を知られる。郭泰は、黄允に言った。「黄允は40歳で、名声を獲得した。だが自匡しないと、いまに名声を失うぞ」と。
のちに、司徒の袁隗は、從女を黄允に嫁がせた。袁隗は黄允に言った。「黄允のような婿がきたら、最高だ」と。黄允は、離婚した。黄允の妻は、大げさに離婚式をひらいた。黄允は、名声を失った。

胡三省はいう。黄允の妻は、夏侯氏だ。袁隗の従女をめとるため、夏侯氏を離縁した。
ぼくは補う。袁隗が司徒をやるのは、172年12月から、176年10月。182年から、185年2月。どちらにせよ、郭泰のエピソードを集めたせいで、時系列がゴチャゴチャである。まだ『資治通鑑』は164年の記事である。
ぼくは思う。べつに黄允は、袁隗とつながろうとして、名声を失ったのではない。夏侯氏の妻に、怨まれたから、名声を失った。袁隗は、それほど悪くない。


初,允與漢中晉文經並恃其才智,曜名遠近,征辟不就。託言療病京師,不通賓客, 公卿大夫遺門生旦暮問疾,郎吏雜坐其門,猶不得見;三公所辟召者,輒以詢訪之,隨 所臧否,以為與奪。符融謂李膺曰:「二子行業無聞,以豪桀自置,遂使公卿問疾,王 臣坐門,融恐其小道破義,空譽違實,特宜察焉。」膺然之。二人自是名論漸衰,賓徒 稍省,旬日之間,慚歎逃去,後並以罪廢棄。

はじめ黄允と、漢中の晉文經は、名声があった。洛陽にいるが、病気を理由に、面会しない。門番が、三公の使者から、ワイロを受けた。符融は李膺に言った。「黄允と晉文經の名声は、内容がないようだ」と。李膺は、そうだと言った。黄允と晉文經は、名声が衰えた。洛陽から逃げ出した。

ぼくは思う。名声があり、面会しない。これだけなら、李膺とおなじである。だが、この市場価値の高さにおごらないのは、むずかしいなあ。説教くさい、つまらん注釈だが。


仇香は、郭泰の友でなく、郭泰の師だ

陳留仇香,至行純嘿,鄉黨無知者。年四 十,為蒲亭長。民有陳元,獨與母居,母詣香告元不孝。香驚曰:「吾近日過元捨,廬 落整頓,耕耘以時,此非惡人,當是教化未至耳。母守寡養孤,苦身投老,奈何以一旦 之忿,棄歷年之勤乎!且母養人遺孤,不能成濟,若死者有知,百歲之後,當何以見亡 者!」母涕泣而起,香乃親到元家,為陳人倫孝行,譬以禍福之言,元感悟,卒為孝子。

陳留の仇香は、郷党に知られない。仇香は40歳で、蒲亭長をする。陳元という民の母が、仇香に訴えた。「うちの息子は、不孝だ」と。陳元は母に諭した。「陳元の家を見たが、家屋も耕地も、よく整っている。一時の不満だけで、息子を不孝と決めつけるな」と。仇香は陳元の家にゆき、仲直りさせた。陳元は、孝行した。

考城令河內王奐署香主簿,謂之曰:「聞在蒲亭,陳元不罰而化之,得無少鷹鸇之志 邪?」香曰:「以為鷹鸇不若鸞鳳,故不為也。」奐曰:「枳棘之林非鸞鳳所集,百裡 非大賢之路。」乃以一月奉資香,使入太學。郭泰、符融□刺謁之,因留宿。明旦,泰 起,下床拜之曰:「君,泰之師,非泰之友也。」香學畢歸鄉里,雖在宴居,必正衣服, 妻子事之若嚴君;妻子有過,免冠自責,妻子庭謝思過,香冠,妻子乃敢升堂,終不見 其喜怒聲色之異。不應徵辟,卒於家。

考城令する河內の王奐は、仇香を主簿にした。

胡三省はいう。さっき仇香が治めた蒲亭は、陳留の考城県に属す。ぼくは補う。王奐は、仇香の上司にあたる。胡三省はいう。考城県は、もとユウ県だったが、後漢の章帝が名をきらって、考城に改めた。

王奐は、仇香のさばき(前述の孝行の話)を評価した。仇香は、王奐に援助され、太学に入った。郭泰と符融は、仇香に名刺をだし、仇香に泊めてもらった。郭泰はベッドの下で、仇香に言った。「仇香は、郭泰の師です。友ではない」と。
仇香は故郷に帰っても、地味に暮らして死んだ。

ぼくは補う。仇香は、『後漢書』循吏伝のうち、仇覽伝にある。郭泰伝でない。郭泰の列伝は、『後漢書』では、いま出てきた符融と、許劭とまとめて一巻である。
ぼくは思う。郭泰は、太学で活動してる。太学は、梁太后がつくった施設である。郭泰は、スネているくせに、ちゃんと後漢を利用している。笑
郭泰が、太学を基盤に、人脈を築いたならば。梁冀&梁太后を、完全には敵視しないはずだ。太学は、もともと鄧太后の政策だ。梁太后が、鄧太后を目指す範囲において、郭泰は後漢を支持したかもしれない。梁冀は、きらっただろうが。


164年の記事だか、郭泰の祭なのか、よく分からない状態でしたが。つぎ、164年の後半から、いつものペースにもどります。

inserted by FC2 system