表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

162年、刺史が逃げた荊州、馮緄が平定

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

162年春、皇甫規が個人的に羌族を平定

孝桓皇帝上之下延熹五年(壬寅,公元一六二年) 春,正月,壬午,南宮丙署火。
三月,沈氐羌寇張掖、酒泉。皇甫規發先零諸種羌,共討隴右,而道路隔絕,軍中 大疫,死者十三四。規親入庵廬,巡視將士,三軍感悅。東羌遂遣使乞降,涼州復通。

162年春正月壬午、南宮の丙署で出火。

ぼくは思う。去年も、おなじ場所で出火した。宦官の役所だ。誰かが放火しているのか、担当の宦官がダラしないのか。ぼくは後者をのぞむ!

3月、沈氐羌は、張掖と酒泉を寇した。皇甫規は、道路が隔絕した。軍中が大疫した。皇甫規の軍は、3割や4割が死んだ。皇甫規は、みずから將士を見まわる。三軍は感悅した。東羌が降ったので、涼州への道がもどった。

先是安定太守孫俊受取狼藉,屬國都尉李翕、督軍御史張稟多殺降羌,涼州刺史郭閎、 漢陽太守趙熹並老弱不任職,而皆倚恃權貴,不遵法度。規到,悉條奏其罪,或免或誅。 羌人聞之,翕然反善,沈氐大豪滇昌、饑恬等十餘萬口復詣規降。

皇甫規は、涼州方面の腐った役人を、免じたり殺したりした。皇甫規が罰したのは、以下の人。安定太守の孫俊は、狼藉する。屬國都尉の李翕、督軍御史の張稟は、降った羌族をおおく殺す。涼州刺史の郭閎と、漢陽太守の趙熹は、老弱で任務にたえない。そのくせ、權貴にたのみ、法度に遵わない。
羌族は、皇甫規の裁きを聞き、後漢についた。沈氐の大豪である、滇昌や饑恬らは、10餘萬口をひきい、皇甫規にくだる。

組織でなく個人で治める。面でなく、点と線の支配。現代日本の人が、三国を読むときは、感覚を変えねば。「朝貢は、王朝に対してでなく、皇帝個人に対してする」という学説がある。これを受けて、以前ぼくはツイッターで、西晋恵帝の、個人的な責任を追及しました。匈奴が叛いたのは、恵帝に対してだ。西晋を滅ぼし、南北朝時代になったは、恵帝のせいだ。たしかに極論。大陸にいる、諸民族の趨勢はある。でも、やっぱり恵帝が個人的に悪いのだ。笑
皇甫規の手腕を見て、再確信した。個人、点や線の支配で、捉えなきゃと。


162年夏、出火は後漢を転覆させる陰謀?

夏,四月,長沙賊起,寇桂陽、蒼梧。 乙丑,恭陵東闕火。戊辰,虎賁掖門火。五月,康陵園寢火。 長沙、零陵賊入桂陽、蒼梧、南海,交趾刺史及蒼梧太守望風逃奔,遣御史中丞盛 修督州郡募兵討之,不能克。 乙亥,京師地震。 甲申,中藏府丞祿署火。

162年夏4月、長沙の賊が、桂陽と蒼梧を寇した。

ぼくは思う。長沙から、蒼梧まで、行っちゃいますか!

4月乙丑、恭陵(安帝陵)の闕が出火。4月戊辰、虎賁の掖門が出火。5月、康陵(殤帝陵)園寢が出火。

空気が乾燥しているのか?そうでなく、後漢を滅ぼしたい勢力が、洛陽に紛れ込んでいないか。放火の罪は重い(江戸では笑)。具体的に放火活動を起こしているのなら、すでに実行段階である。黄巾につらなる?
胡三省の陵墓の注釈は、文中に埋めました。

長沙と零陵の賊が、桂陽、蒼梧、南海に入った。交趾刺史および蒼梧太守は、逃げた。御史中丞の盛修に、州郡の兵を募らせた。盛修は敗れた。
5月乙亥、京師は地震した。5月甲申、中藏府の丞祿署が出火。

『百官志』はいう。中藏府は、幣帛金銀や諸貨物をつかさどる。


162年秋、洛陽も荊州南部も、大火事

秋,七月,己未,南宮承善闥火。
鳥吾羌寇漢陽,隴西、金城諸郡兵討破之。
艾縣賊攻長沙郡縣,殺益陽令,眾至萬餘人;謁者馬睦督荊州刺史劉度擊之,軍敗, 睦、度奔走。零陵蠻亦反。冬,十月,武陵蠻反,寇江陵,南郡太守李肅奔走,主簿胡 爽扣馬首諫曰:「蠻夷見郡無儆備,故敢乘間而進。明府為國大臣,連城千里,舉旗鳴 鼓,應聲十萬,奈何委符守之重,而為逋逃之人乎!」肅拔刃向爽曰:「掾促去!太守 今急,何暇此計!」爽抱馬固諫,肅遂殺爽而走。帝聞之,征肅,棄市;度、睦減死一 等;復爽門閭,拜家一人為郎。

162年秋7月己未、南宮の承善闥が出火。
鳥吾羌が、漢陽、隴西、金城を寇した。郡兵が破った。
艾縣の賊は、長沙の郡縣を攻めた。

艾縣は、豫章郡に属す。李賢はいう。艾縣の故城は、いまの建昌県にある。いまの分寧県は、漢代の艾縣だ。宗白『続通典』を見るに。分寧県は、もとは武寧県だ。武寧県は、漢代の西安県だ。西安県は、後漢の建安年間に、海コン県を分けて立てた。建昌県は、永元年間に、海コンを分けて立てた。建安年間の前だ。ゆえに162年、艾縣があった。劉宋の元嘉二年、海コンをやめて、建昌にうつした。艾縣の故城は、建昌の境界にある。
ぼくは思う。どうでもいいことを、長々と引用してしまった。

艾縣の賊は、益陽令を殺した。艾縣の賊は、1万余人にふくらむ。謁者の馬睦は、荊州刺史の劉度を督したが、艾縣の賊に敗れた。謁者の馬睦と、荊州刺史の劉度は逃げた零陵の蠻も、また反した。

162年冬、車騎の馮緄が、荊州を平定

冬,十月,武陵蠻反,寇江陵,南郡太守李肅奔走,主簿胡 爽扣馬首諫曰:「蠻夷見郡無儆備,故敢乘間而進。明府為國大臣,連城千里,舉旗鳴 鼓,應聲十萬,奈何委符守之重,而為逋逃之人乎!」肅拔刃向爽曰:「掾促去!太守 今急,何暇此計!」爽抱馬固諫,肅遂殺爽而走。帝聞之,征肅,棄市;度、睦減死一 等;復爽門閭,拜家一人為郎。

162年冬10月、武陵の蠻が、江陵を寇した。南郡太守の李肅は、逃げた。主簿の胡爽は、馬の首をつかまえて、諌めた。「蠻夷を見て逃げ出してはいけない」と。南郡太守の李肅は、刀を胡爽にむけて言う。「はなせー」と。李肅は、胡爽を斬ってにげた。
桓帝はこれを聞き、李粛を棄市した。逃げた劉度と陸睦は、死一等を減じる。太守をとめた胡爽の一族から、1人を郎とした。

ぼくは思う。荊州南部は、攻められたら、逃げるしかない。赤壁のあと、劉備がすばやく平定を完了できたのは、この土地柄ゆえか。荊州南部は、点と線でしか、漢族が進出できない。いちど攻められたら、孤立無援である。
劉度は、209年に劉備に敗れた零陵太守と、同姓同名。まさか同一人物?笑


尚書硃穆舉右校令山陽度尚為荊州刺史。辛丑,以太常馮緄為車騎將軍,將兵十餘 萬討武陵蠻。

尚書の硃穆は、右校令する山陽の度尚を、荊州刺史とした。

胡三省はいう。右校令は、右工徒をつかさどる。秩600石。将作大匠に属す。趙明誠『金石録』は、荊州刺史の度尚の碑文を載せる。センギョクの子孫とある。

10月辛丑、太常の馮緄を、車騎將軍とした。10余万をひきい、武陵蛮を討つ。

『考異』はいう。桓帝紀では。延熹三年(160年)12月、武陵蛮が江陵を寇した。車騎将軍の馮緄は、すべて散降させた。荊州刺史の度尚は、長沙蛮を平定したと。これは、この162年3月に出てくる。2回目だ。延熹三年が誤りだ。
ぼくは思う。范曄も袁紀がおおい。皇帝の記録は、意外とザツ?
ぼくは思う。曹操が荊州に南下したとき、兵はどれだけいたか。公称は80万だが、20万だっけ?それは小説か? ともあれ、今回の出兵は、これに近い。


先是,所遣將帥,宦官多陷以折耗軍資,往往抵罪,緄願請中常侍一人監 軍財費。尚書硃穆奏「緄以財自嫌,失大臣之節;」有詔勿劾。緄請前武陵太守應奉與 俱,拜從事中郎。

これより先。遠征した将帥は、宦官に「軍資を浪費した」と言って、罪を着せられた。馮緄は、中常侍に軍資の管理を任せたい。尚書の朱穆は、上奏した。「馮緄は軍資のことで、大臣の節度を失った」と。桓帝は、馮緄を罰しない。

ぼくは思う。朱穆は、何を言いたかったのか? 高位の臣下なら、自分で軍資を管理せよ。他人に頼るとは、だらしがない。ってこと?

馮緄は、さきの武陵太守の應奉をつれ、從事中郎とした。

胡三省はいう。将軍が出征するとき、従事中郎は、謀議に参じる。
ぼくは思う。馮緄は応挙に、道案内をしてもらったのか。武陵太守としては、政治に失敗しているけど、地理には詳しかろう。


十一月,緄軍至長沙,賊聞之,悉詣營乞降。進擊武陵蠻夷,斬首四 千餘級,受降十餘萬人,荊州平定。詔書賜錢一億,固讓不受,振旅還京師,推功於應 奉,薦以為司隸校尉;而上書乞骸骨,朝廷不許。
滇那羌寇武威、張掖、酒泉。 太尉劉矩免,以太常楊秉為太尉。

162年11月、馮緄は長沙にきた。賊はこれを聞き、馮緄の軍営に降った。武陵の蠻夷に進撃し、四 千餘級を斬首した。十餘萬人を受降した。荊州は平定した。桓帝は馮緄に、錢一億を賜る。馮緄は受けず。馮緄は、應奉の軍功をたたえ、司隸校尉に薦めた。馮緄は引退したいが、桓帝はゆるさず。
滇那羌が、武威、張掖、酒泉を寇した。
太尉の劉矩をやめ、太常の楊秉を太尉とした。

162年、皇甫規のコストメリット

皇甫規持節為將,還督鄉里,既無它私惠,而多所舉奏,又惡絕宦官,不與交通。 於是中外並怨,遂共誣規貨賂群羌,令其文降,帝璽書誚讓相屬。 規上書自訟曰:

皇甫規は持節すれば、将軍となる。郷里に戻れば、私恵しない。上奏がおおい。宦官を悪み、交際しない。皇甫規は、内外に怨まれた。内外の人は、皇甫規の罪を偽造した。「皇甫規は羌族にワイロを送った。ワイロの見返りに、羌族から、皇甫規に降ったと、ウソの文書を作ってもらった」と。桓帝は、これを信じる。皇甫規は、上書して弁明した。

「四年之秋,戎丑蠢戾,舊都懼駭,朝廷西顧。臣振國威靈,羌戎 稽首,所省之費一億以上。以為忠臣之義不敢告勞,故恥以片言自及微效,然比方先事, 庶免罪悔。前踐州界,先奏孫俊、李翕、張稟;旋師南征,又上郭閎、趙熹,陳其過惡, 執據大辟。凡此五臣,支黨半國,其餘墨綬下至小吏,所連及者復有百餘。吏托報將之 怨,子思復父之恥,載贄馳車,懷糧步走,交構豪門,競流謗讟,雲臣私報諸羌,讎以 錢貨。若臣以私財,則家無擔石;如物出於官,則文簿易考。就臣愚惑,信如言者,前 世尚遺匈奴以宮姬,鎮烏孫以公主;今臣但費千萬以懷叛羌,則良臣之才略,兵家之所 貴,將有何罪負義違理乎!自永初以來,將出不少,覆軍有五,動資巨億,有旋車完封, 寫之權門,而名成功立,厚加爵封。今臣還督本土,糾舉諸郡,絕交離親,戮辱舊故, 眾謗陰害,固其宜也!」

「去年(161年)の秋、長安が羌族に震えた。私が羌族を平定して、1億以上の費用が浮いた。前漢の元帝は匈奴に、武帝は烏孫に、公主を嫁がせた。私が、1千万を費やすだけで、公主を嫁がさなくてよい。永初年間(107-113)以来、軍費がかさむ。後漢は5回も大敗した。私を評価すべきだ」と。

胡三省はいう。鄧隲が、冀城の西でまけた。任尚が、平襄でまけた。司馬鈞が、丁ケイ城でまけた。馬賢が、射姑山でまけた。趙沖が、セン陰河でまけた。
ぼくは思う。馬賢は、羌族にワイロしたことを、否定していない。金品の授受はあったかも知れないが(っていうかあった)軍費に比べたら、はるかに安上がりでしょ!と。皇女より、安上がりでしょ!と。1千万というのは、羌族へのプレゼントだ。


帝乃征規還,拜議郎,論功當封;而中常侍徐璜、左心官欲從求貨,數遣賓客就問 功狀,規終不答。璜等忿怒,陷以前事,下之於吏。官屬欲賦斂請謝,規誓而不聽,遂 以餘寇不絕,坐系廷尉,論輸左校。諸公及太學生張鳳等三百餘人詣闕訟之,會赦,歸 家。

桓帝は皇甫規をもどし、議郎とした。功績を評価した。中常侍の徐璜と左悺は、皇甫規に財貨をもとめた。皇甫規は、無視した。

仕事で聞いた。インドネシアの貧者は「金持ちは、オレたちに金をくれて当然だ」と考えるらしい。現地への赴任者が言ってた。宦官も、似たところがあるのでは。「朝廷から金をもらったら、オレたちに回して当然だ」と。
宦官は、恒常的に、生活が苦しかったのでは?いまは栄えているが。だから、フェアな市場原理から見たら、「歪んだ」価値観が形成されたのかも。この宦官を叱っていいのは、インドネシアで、巻き上げをすべて断った人だけ。笑

徐璜は怒り、さきの罪をぶり返して、皇甫規を下獄した。廷尉につなぎ、左校にうつす。諸公および太學生の張鳳ら3三百餘は、皇甫規の釈放を訴えた。家に帰れた。101204

inserted by FC2 system