表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

161年、会稽の劉寵、諸羌の皇甫規

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

161年春夏、宦官の役所で、火事が多発

孝桓皇帝上之下延熹四年(辛丑,公元一六一年) 春,正月,辛酉,南宮嘉德殿火;戊子,丙署火。 大疫。 二月,壬辰,武庫火。 司徒盛允免,以大司農種暠為司徒。 三月,太尉黃瓊免;

161年春正月辛酉、南宮の嘉德殿で出火。正月戊子、丙署が出火。

『百官志』はいう。丙署長は7人。秩は400石。黄綬。宦官がつく。中宮の別処をつかさどる。ぼくは思う。だれかが、宦官にムカついて、放火したのだ。笑

大疫した。2月壬辰、武庫が出火。司徒の盛允をやめ、大司農の種暠を司徒とした。3月、太尉の黃瓊をやめた。

『考異』はいう。袁紀では、160年に記す。祝恬の死後、盛允が司徒。盛允のつぎ、種暠が司徒。半年あく。袁紀が誤りで、161年とする范曄が正しい。


夏,四月,以太常沛國劉矩為太尉。初,矩為雍丘令,以禮讓 化民;有訟者,常引之於前,提耳訓告,以為忿恚可忍,縣官不可入,使歸更思。訟者 感之,輒各罷去。 甲寅,封河間孝王子參戶亭侯博為任城王,奉孝王后。 五月,辛酉,有星孛於心。 丁卯,原陵長壽門火。 己卯,京師雨雹。

161年夏4月、太常する沛國の劉矩を太尉とした。はじめ劉矩は、雍丘令となった。訴訟をみずから聞いた。県官を同席させず、裁いた。訴訟にきた人は、感じ入った。

胡三省はいう。雍丘は、陳留郡に属す。もとキ国だ。
ぼくは思う。なぜ県官を入れないか。県官と人民とのあいだで、もめごとが多かったのだろう。県官とは、どうせ宦官の子弟だ。ちがうかなあ。

4月甲寅、河間孝王の子である、戶亭侯の劉博を、任城王にした。劉博は、孝王の后を奉った。

胡三省はいう。元嘉元年、任城王の劉崇が死んだ。子がなく、国は絶えた。いま劉博につがす。河間孝王とは、劉開だ。任城孝王とは、劉尚だ。

5月辛酉、心に彗星。5月丁卯、原陵の長壽門が出火。

胡三省はいう。原陵とは、光武帝の陵墓だ。

5月己卯、京師に雹がふる。

六月,京兆、扶風及涼州地震。 庚子,岱山及博尤來山並頹裂。 己酉,赦天下。 司空虞放免,以前太尉黃瓊為司空。 犍為屬國夷寇鈔百姓。益州刺史山昱擊破之。 零吾羌與先零諸種反,寇三輔。

6月、京兆と扶風および涼州で、地震した。6月庚子、岱山および博尤來山が、くずれて裂けた。6月 己酉、天下を赦した。 司空の虞放をやめ、さきの太尉の黃瓊を司空とした。
犍為屬國の夷族が、百姓を寇鈔した。益州刺史の山昱が、夷族を破った。

胡三省はいう。永初元年、犍為の南部都尉を、犍為の属国都尉とした。朱提と漢陽に2郡をみた。

零吾羌と、先零の諸種が、三輔を寇した。

161年秋、会稽の一銭太守・劉寵

秋,七月,京師雩。 減公卿已下奉,貣王侯半租,占賣關內侯、虎賁、羽林緹騎、營士、五大夫錢各有 差。

161年秋7月、京師で雨乞。
公卿より以下を、減俸した。桓帝は、王侯に金を貸しつけ、官位を売った。商品は、關內侯、虎賁、羽林緹騎、營士、五大夫である。

胡三省は「已」を「以」とおなじ意味で使う例を、しつこく検証する。
ぼくは思う。梁冀から巻き上げた金を、桓帝はすでに使い切ったか。


九月,司空黃瓊免,以大鴻臚東萊劉寵為司空。
寵常為會稽太守,簡除煩苛,禁察非法,郡中大治;征為將作大匠。山陰縣有五六 老叟,自若邪山谷間出,人□百錢以送寵曰:「山谷鄙生,未嘗識郡朝,它守時,吏發 求民間,至夜不絕,或狗吠竟夕,民不得安。自明府下車以來,狗不夜吠,民不見吏; 年老遭值聖明,今聞當見棄去,故自扶奉送。」寵曰:「吾政何能及公言邪!勤苦父 老!」為人選一大錢受之。

9月、司空の黄瓊をやめ、大鴻臚する東萊の劉寵を、司空とした。劉寵は会稽太守のとき、山越に慕われた。転任するとき、1銭だけ餞別を受け取った。

ぼくは思う。黄瓊は、名前を貸しただけか。桓帝はお金を使い果たし、黄瓊を頼ったのかも知れない。黄瓊は、相手にせず。
劉寵は、あの、劉岱と劉繇の伯父。以下で、ふれました。
袁術のライバル、腐っても劉繇について『集解』で史料あつめ


161年冬、段熲でなく皇甫規が、羌族を討つ

冬,先零、沈氐羌與諸種羌寇並、涼二州,校尉段熲將湟中義從討之。涼州刺史郭 閎貪共其功,稽固熲軍,使不得進;義從役久戀鄉舊,皆悉叛歸。郭閎歸罪於熲,熲坐 征下獄,輸作左校,以濟南相胡閎代為校尉。胡閎無威略,羌遂陸梁,覆沒營塢,轉相 招結,唐突諸郡,寇患轉盛。

161年冬、先零と沈氐羌は、諸種羌とともに、并州と涼州を寇した。校尉の段熲は、湟中の義從をひきい、これを羌族を討った。涼州刺史の郭閎は、軍功をむさぼる。郭閎は、段熲の軍を進ませない。戦役が長びいたので、義從は反して、すべて帰郷した。郭閎は、段熲に罪を着せて、下獄した。左校にうつした。濟南相の胡閎が、段熲の代わりに校尉となる。

ぼくは思う。涼州刺史は郭で、部下の校尉は胡。迷惑である。

胡閎には、威略がない。諸郡は、羌族にひどく寇された。

泰山太守皇甫規上疏曰:「今猾賊就滅,泰山略平,復聞 群羌並皆反逆。臣生長邠岐,年五十有九,昔為郡吏,再更叛羌,豫籌其事,有誤中之 言。臣素有痼疾,恐犬馬齒窮,不報大恩,願乞冗官,備單車一介之使,勞來三輔,宣 國威澤,以所習地形兵勢佐助諸軍。臣窮居孤危之中,坐觀郡將已數十年,自鳥鼠至於 東岱,其病一也。力求猛敵,不如清平;勤明孫、吳,未若奉法。前變未遠,臣誠戚之, 是以越職盡其區區。」詔以規為中郎將,持節監關西兵討零吾等。

泰山太守の皇甫規は、上疏した。「泰山は、ほぼ平定できた。私は59歳だ。羌族の討伐を任せてください」と。皇甫規は、中郎将となった。持節して、関西の兵を監し、零吾羌らを討つ。

『後漢書』皇甫規伝は、なにげに以前、やったことがあります。
ユニット名は「涼西の三明」皇甫規、段熲、張奐伝


十一月,規擊羌,破 之,斬首八百級。先零諸種羌慕規威信,相勸降者十餘萬。

11月、皇甫規は羌族をやぶり、八百級を斬った。先零の諸種羌は、皇甫規の威信をしたう。10餘萬が、皇甫規にくだった。101204

桓帝がお気に入りの人事をやめ、梁冀時代の人事に戻すことで、辺境の反乱が治まる。このパタンである。

inserted by FC2 system