表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

160年、五侯の横暴と、辺境の再乱

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

160年正月、李燮は、李氏の生き残り

孝桓皇帝上之下延熹三年(庚子,公元一六零年) 春,正月,丙申,赦天下,詔求李固後嗣。
初,固既策罷,知不免禍,乃遣三子基、 茲、燮皆歸鄉里,時燮年十三,姊文姬為同郡趙伯英妻,見二兄歸,具知事本,默然獨 悲曰:「李氏滅矣!自太公已來,積德累仁,何以遇此!」密與二兄謀,豫藏匿燮,托 言還京師,人鹹信之。有頃,難作,州郡收基、茲,皆死獄中。文姬乃告父門生王成曰: 「君執義先公,有古人之節;今委君以六尺之孤,李氏存滅,其在君矣!」成乃將燮乘 江東下,入徐州界,變姓名為酒家傭,而成賣卜於市,各為異人,陰相往來。

160年春正月丙申、天下を赦した。桓帝は、李固の後嗣を探させた。 李固には、3人の子がいた。李基、李茲、李燮だ。李固は、梁冀に免官された。

胡三省はいう。質帝の本初元年だ。

李固は、3人の子が禍いを受けるから、帰郷させた。末子の李燮は、13歳だ。姉の李文姫は、同郡の趙伯英の妻だ。李燮の姉は、悲しんだ。「祖父の李郃が徳と仁をつんだのに、李氏は滅びてしまう」と。李燮の姉は、2人の兄とはかり、李燮をかくした。
のちに梁冀は、李燮の兄を2人とも獄死させた。李燮の姉は、李固の門生・王成に頼んだ。「六尺(15歳以下)の孤児(李燮)を、あなたに委ねる。李氏の存滅は、あなた次第だ」と。王成は長江をくだり、徐州で酒屋をした。

ぼくは思う。中央に追われた人が、ひそむとき、徐州を選んだ。徐州は、辺境と見られていたのではないか。連年、賊は生き延びるし。


積十餘年, 梁冀既誅,燮乃以本末告酒家,酒家具車重厚遣之,燮皆不受,遂還鄉里,追行喪服, 姊弟相見,悲感傍人。姊戒燮曰:「吾家血食將絕,弟幸而得濟,豈非天邪!宜杜絕眾 人,勿妄往來,慎無一言加於梁氏!加梁氏則連主上,禍重至矣,唯引咎而已。」燮謹 從其誨。後王成卒,燮以禮葬之,每四節為設上賓之位而祠焉。

10余年たった。梁冀が誅された。李燮は帰郷し、父や兄の喪に服した。李燮の姉は、喜んだ。のちに、李燮をかくまった王成が死んだ。李燮は、四節(四時)の祭を欠かさなかった。

ぼくは思う。李燮は、就職しなかったのかなあ。


160年正月、五侯と侯覧が、権勢をふるう

丙午,新豐侯單超卒,賜東園秘器,棺中玉具;及葬,發五營騎士、將作大匠起塚 塋。其後四侯轉橫,天下為之語曰:「左回天,具獨坐,徐臥虎,唐雨墮。」皆競起第 宅,以華侈相尚,其僕從皆乘牛車而從列騎,兄弟姻戚,宰州臨郡,辜較百姓,與盜無 異,虐遍天下;民不堪命,故多為盜賊焉。

160年正月丙午、新豐侯の單超が死んだ。異例の葬具&葬式をした。宦官の五侯は、4人になった。天下の人は、言った。「左悺の権力は、天を回せる。具瑗は、驕って独座する。徐コウは、誰も近づけない。唐衡は、害毒を天下に降らす」と。4人とも屋敷を築いて、華美を競った。僕從は、牛車に乗って列をなす。宦官の兄弟や姻戚は、州郡を治める。宦官の縁者は、盗賊と同じだ。民は苦しみ、盗賊が増えた。

ぼくは思う。これも、差し引いて読むべき。あんまりハデに貶すと、実態が分からなくなる。やめてほしいなあ。まあ古代中国の史家は、実態を伝えるより、筆誅を加えることのほうに、重点&動機がありますが。
ぼくは、『資治通鑑』159年の筋書きを、振り返る。梁冀は王朝を腐敗させた。梁冀が死に、黄瓊が改革。だが再び桓帝が、王朝を腐敗させた。159年だけで、二転三転する。司馬光が強調した黄瓊の列伝に興味あり。後日読みます。ただぼくは、梁冀から桓帝に、きわめて円滑に「腐敗したリーダー」が移行しただけだと思う。


中常侍侯覽,小黃門段珪,皆有田業近濟北界,僕從賓客,劫掠行旅。濟北相滕延, 一切收捕,殺數十人,陳屍路衢。覽、珪以事訴帝,延坐征詣廷尉,免。
左心官兄勝為河東太守,皮氏長京兆岐恥之,即日棄官西歸。唐衡兄玹為京兆尹, 素與岐有隙,收岐家屬宗親,陷以重法,盡殺之。岐逃難四方,靡所不歷,自匿姓名,賣餅北海市中;安丘孫嵩見而異之,載與俱歸,藏於復壁中。及諸唐死,遇赦,乃敢出。

中常侍の侯覧と、小黄門の段珪は、済北国の境界に、田業をもつ。侯覧と段珪の僕従は、済北国から、劫掠をした。済北相の滕延は、すべて捕え、数十人を殺し、死体をさらした。侯覧と段珪は、桓帝に言いつけた。桓帝は、滕延を廷尉にわたし、済北相を免じた。

ぼくは思う。侯覧と段珪は、親類だっけ? 字面だけ読めば、身内をかばった、桓帝は最低だが。なにかウラがありそうな事件。

左悺の兄は、左勝だ。左勝は、河東太守となる。皮氏長する京兆の趙岐は、左勝の下位になるのを恥じた。趙岐は、県長の官位を棄てて、西に帰した。

胡三省はいう。皮氏県は、河東郡に属す。
ぼくは思う。県長は、太守の部下という意識が、どれくらい強かったのかなあ。この趙岐は後漢末に、公孫瓚と袁紹を停戦させる人か?

唐衡の兄は、唐玹だ。唐玹は、京兆尹となる。趙岐の家属&宗親を、すべて殺した。趙岐は名をかくして、北海でもちを売った。安丘の孫嵩が、趙岐を壁中にかくまった。唐衡が死んでから、趙岐は出ることができた。

160年夏、段熲が西羌を追いすぎる

閏月,西羌餘眾復與燒何大豪寇張掖,晨,薄校尉段熲軍。熲下馬大戰,至日中, 刀折矢盡,虜亦引退。熲追之,且鬥且行,晝夜相攻,割肉食雪,四十餘日,遂至積石 山,出塞二千餘里,斬燒何大帥,降其餘眾而還。

160年閏月、西羌の余衆は、燒何とともに張掖を寇した。段熲は、下馬して西羌と戦う。段熲は追撃した。段熲は、肉を割いて、雪を食べた。40余日で、積石山にきた。長城を出て、2千余里だ。段熲は、燒何の大帥を斬った。のこりを降して、段熲はもどった。

夏,五月,甲戌,漢中山崩。 六月,辛丑,司徒祝恬薨。

160年夏5月甲戌、漢中山が崩れた。6月辛丑、司徒の祝恬が薨じた。

160年秋冬、辺境の賊が活発になる

秋,七月,以司空盛允為司徒,太常虞放為司空。
長沙蠻反,屯益陽,零陵蠻寇長沙。 九真餘賊屯據日南,眾轉強盛;詔復拜桂陽太守夏方為交趾刺史。方威惠素著,冬, 十一月,日南賊二萬餘人相率詣方降。
勒姐、零吾種羌圍允街;段熲擊破之。
泰山賊叔孫無忌攻殺都尉侯章;遣中郎將宗資討破之。詔征皇甫規,拜泰山太守。 規到官,廣設方略,寇虜悉平。

160年秋7月、司空の盛允を司徒とした。太常の虞放を、司空とした。
長沙の蠻が反して、益陽に屯した。零陵の蠻が、長沙を寇した。九真の余賊が、日南に拠って、強盛となる。桂陽太守の夏方を、ふたたび交趾刺史とした。夏方の威惠は、ふだんから著明だ。160年冬11月、日南の賊・2万余人は、夏方にくだった。
勒姐と、零吾種の羌族が、允街をかこむ。段熲が、破った。
泰山賊の叔孫無忌は、都尉の侯章を殺した。中郎將の宗資は、叔孫無忌を破った。桓帝は、皇甫規を泰山太守とした。皇甫規が着任すると、叔孫無忌らは平らかになった。101204

ぼくは思う。叔孫無忌は、きわめて政治的に動いている。為政者の方針によって、態度をかえる。
後漢の地方政治に、日本の、均質な地方行政を投影してはいけない。だれが長官になるかによって、正反対になることもある。治められる側からしたら、皇帝は同一人物でも、太守によって、まるで別の国に住むかのようになるだろう。

inserted by FC2 system