表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

158年、桓帝と陳亀VS梁冀と張奐と種暠

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

158年、日食は梁冀のせいである

孝桓皇帝上之下延熹元年(戊戌,公元一五八年) 夏,五月,甲戊晦,日有食之。太史令陳授因小黃門徐璜陳「日食之變咎在大將軍 冀」。冀聞之,諷雒陽收考授,死於獄。帝由是怒冀。 京師蝗。 六月,戊寅,赦天下,改元。大雩。 秋,七月,甲子,太尉黃瓊免;以太常胡廣為太尉。
冬,十月,帝校獵廣成,遂幸上林苑。

158年夏5月甲戊みそか、日食した。太史令の陳授は、小黃門の徐璜に言う。「日食は、梁冀のせいだ」と。梁冀は、洛陽令に吹きこみ、陳授を獄死させた。桓帝は、梁冀に怒った。京師でイナゴ。

ぼくは思う。日食は、これまで何度もあった。いま太史令の陳授が、梁冀を批判したのは、なぜか。桓帝が、梁冀の悪口を言いやすい環境を作った。

六月戊寅、天下を赦した。延熹と改元した。雨乞した。

胡三省はいう。『公羊伝』は、雩とは日照の祭という。何休の注釈はいう。みずから君主は、南郊にゆく。自らの過ちを、6つ責める。祭祀が悪いか。民政が悪いか。宮室が悪いか。女性が悪いか。など。男子と女子8人ずつ、踊って雨をよぶ。

158年秋7月甲子、太尉の黃瓊を免じた。太常の胡廣を、太尉とした。
158年冬10月、桓帝は廣成に校猟した。上林苑にいたる。

胡三省はいう。廣成苑は、河南郡の新城県だ。上林苑は、洛陽の西にある。
ぼくは思う。桓帝は、なんで校猟をしているのかな。狩猟は、軍事演習である。梁冀を討伐する準備ではないか。もっとも、ただのスポーツかもだが。


158年12月、度遼将軍の陳亀が、辺境を改善

十二月,南匈奴諸部並叛,與烏桓、鮮卑寇緣邊九郡。帝以京兆尹陳龜為度遼將軍。 龜臨行,上疏曰:

158年12月、南匈奴の諸部が叛した。南匈奴は、烏桓や鮮卑とともに、辺境の9郡を寇した。桓帝は、京兆尹の陳龜を、度遼將軍とした。陳亀は出陣するとき、上疏した。

『考異』はいう。匈奴伝を見るに。度遼将軍が任命されるごとに、匈奴伝は、それを書く。いまの陳亀、まえの李膺、あとの種暠は、匈奴伝にない。いちどに2つの官位を担当しない。いまこれを確認して、前後に分けて書く。
ぼくは補う。すみません。『考異』の意味が分かりません。


「臣聞三辰不軌,擢士為相;蠻夷不恭,拔卒為將。臣無文武之才, 而忝鷹揚之任,雖歿軀體,無所雲補。今西州邊鄙,土地□脊□角,民數更寇虜,室家 殘破,雖含生氣,實同枯朽。往歲并州水雨,災螟互生,稼穡荒耗,租更空闕。陛下以 百姓為子,焉可不垂撫循之恩哉!古公、西伯天下歸仁,豈復輿金輦寶以為民惠乎!陛 下繼中興之統,承光武之業,臨朝聽政而未留聖意。且牧守不良,或出中官,懼逆上旨, 取過目前。呼嗟之聲,招致災害,胡虜兇悍,因衰緣隙;而令倉庫單于豺狼之口,功業 無銖兩之效,皆由將帥不忠,聚奸所致。

「非常時には、適任者が就くべき。私は文武の才がないのに、度遼将軍になった。いま西州の国土は、うすい。西州の人民は、危険にあう。ここ数年、并州は大雨とズイムシだ。
桓帝が中興する仕事は、光武帝をつぐものだ。だが現在の地方官は、中央官が出張して就いており、中央の意向にビクビクするだけだ。地方官は、無難に勤務するだけ。これでは、異民族の進攻をまねく。

前涼州刺史祝良,初除到州,多所糾罰,太守 令長,貶黜將半,政未逾時,功效卓然,實應賞異,以勸功能;改任牧守,去斥奸殘; 又宜更選匈奴、烏桓護羌中郎將、校尉,簡練文下,授之法令;除並、涼二州今年租、 更,寬赦罪隸,掃除更始。則善吏知奉公之祐,惡者覺營私之禍,胡馬可不窺長城,塞 下無候望之患矣。」

さきの涼州刺史の祝良は、中央に気がねせず、不正をあばいた。涼州にいる太守や令長を、半分も罰した。祝良は、護匈奴中郎将、護烏桓校尉、護羌校尉に、法令を叩きこんだ。
并州と涼州も、改革が必要である。1年、免税せよ。辺境をうまく治めれば、異民族の騎馬が、進入してくる心配はないだろう」と。

帝乃更選幽、並刺史,自營、郡太守、都尉以下,多所革易。下詔 為陳將軍除並、涼一年租賦,以賜吏民。龜到職,州郡重足震栗,省息經用,歲以億計。

桓帝は、陳亀をみとめた。幽州と并州の刺史を、代えた。軍営や太守や都尉より以下、おおくの人材を代えた。陳亀に命じ、并州と涼州の租税を、吏民に与えた。陳亀が、度遼将軍に着任した。州郡は、歓迎した。節約して、1年で億をたくわえた。

桓帝も陳亀も、ゴリゴリ改革するのが好き。この改革で、梁冀が配置した人材が、撤去されたのだろう。
対する梁冀は、清濁を併せ呑んで、現状に柔軟に適応する。梁冀を「貪汚」に描くのはカンタンだが、それだけじゃないのだ。むしろ、理想に燃える桓帝のほうが、変化に弱い。
以前に桓帝紀を読んだとき、桓帝は理想に燃えていた。国庫の採算を度外視して、飢民に施してしまう。反動で、霊帝が蓄財に走る。これは、もっと先の話。
ご参考:『後漢書』本紀7、桓帝とは何者か


158年、張奐が烏桓と結び、南匈奴を破る

詔拜安定屬國都尉張奐為北中郎將,以討匈奴、烏桓等。匈奴、烏桓燒度遼將軍門,引 屯赤阬,煙火相望。兵眾大恐,各欲亡去。奐安坐帷中,與弟子講誦自若,軍士稍安。 乃潛誘烏桓,陰與和通,遂使斬匈奴、屠各渠帥,襲破其眾,諸胡悉降。奐以南單于車 兒不能統理國事,乃拘之,奏立左谷蠡王為單于。詔曰:「《春秋》大居正;車兒一心 向化,何罪而黜!其遣還庭!」

安定屬國都尉の張奐を、北中郎將とした。張奐に、匈奴や烏桓らを、討たせる。匈奴と烏桓は、度遼將軍・陳亀の軍門を焼いた。

胡三省はいう。張奐伝では、護匈奴中郎将になった。
賢はいう。度遼将軍は、五原に屯する。

度遼将軍の軍門が燃えたので、張奐の兵は、逃げそう。だが張奐は帷中に座り、まったく動じない。兵たちは落ち着いた。
張奐は、ひそかに烏桓と和通した。張奐は烏桓に、匈奴の渠帥たちを殺させた。諸胡は、みな張奐に降った。張奐は、南単于に統治能力がないので、左谷蠡王を南單于とした。
桓帝は詔した。「《春秋》がいう大居正によれば。車兒は、後漢の教化を理解した。なんの罪で、車兒を単于から降ろしたか。車兒に、南匈奴の領土を返還せよ」と。

胡三省は『春秋』を説明するが、どうせ分からないので、はぶく。王者が即位した年に、居正をなだめると。うーん。
車兒は、桓帝が即位した建和元年に、同じ年に、単于になった。後漢に従った。ぼくは補う。車兒と桓帝が、おなじ年に君主になったから、『春秋』居正を持ち出したのか。記述が符合したとか。
同年のよしみか、桓帝は、張奐が単于に選んだ左谷蠡王をやめて、車兒を南単于に立てた。
袁紀はいう。元康元年4月、中郎将の張奐は、車兒に統治能力がないから、左谷蠡王の都紺を単于とした。桓帝はゆるさずと。范曄の匈奴殿伝では、延熹元年だ。『資治通鑑』は、范曄に従う。


158年、度遼将軍を、陳亀から種暠へ

大將軍冀與陳龜素有隙,譖其沮毀國威,挑取功譽,不為胡虜所畏,坐征還,以種 暠為度遼將軍。龜遂乞骸骨歸田裡,復征為尚書。冀暴虐日甚,龜上疏言其罪狀,請誅 之,帝不省。龜自知必為冀所害,不食七日而死。

梁冀は、陳亀と仲がわるい。陳亀の功績を、横取&独占したい。梁冀は、陳亀を中央にもどし、種暠を度遼将軍にした。陳亀は引退したいが、ふたたび尚書に召された。陳亀は、桓帝に言った。「梁冀の暴虐は、日に日にひどい。梁冀を殺したい」と。桓帝は、ゆるさず。
陳亀は、梁冀に殺されると悟った。陳亀は7日食べず、死んだ。

ぼくは思う。陳亀は、辺境の政策変更を、桓帝に聞き入れられた人。桓帝の信頼が厚かろう。この陳亀を、梁冀は降ろした。
いま梁冀に推薦されたのは、種暠。次の文で見ますが。種暠は、すぐれた政治家である。「梁冀が善人を推挙した」となる。『後漢書』が梁冀に貼ったレッテルから、逸脱する。『後漢書』種暠伝が、梁冀と種暠のつながりを、強調していない(あわよくば、わざと薄めている)と、おもしろい。
まえに冀州刺史となった朱穆も、すぐれた政治家だった。梁冀の人脈は、べつに腐っていない。司馬光が隠せないほど、優秀だ。


種暠到營所,先宣恩信,誘降諸胡, 其有不服,然後加討;羌虜先時有生見獲質於郡縣者,悉遣還之;誠心懷撫,信賞分明, 由是羌、胡皆來順服。暠乃去烽燧,除候望,邊方晏然無警;入為大司農。

種暠は、度遼将軍になった。さきに恩信をのべ、諸胡が服さないと、あとから討伐した。

ぼくは補う。ゲーム理論における、しっぺ返しの法則だ。囚人のジレンマを、複数回プレイする場合、最強の作戦らしい。

羌族の人質を、種暠はすべて返した。すべて羌胡は、種暠に服した。種暠が去るとき、烽燧で見送られた。種暠は、大司農となった。

ぼくは思う。種暠は、梁冀に推された人材。梁冀の方針は、「辺境と調和する」だ。種暠は、これに従った。対する桓帝の方針は、「辺境を討伐する」だ。地の果てまで、異民族を滅ぼそうとする。理想が好き。
このページで張奐は、南単于の人事を、桓帝に覆された。張奐も、異民族と調和する系の政治家である。梁冀の人脈だろうか。っていうか、張奐を推挙したのは、曹騰だ。曹騰と梁冀は、盟友である。梁冀と張奐が、共通した方針を持つことは、不自然でない。なにか、つながりが見えてきたかも。幻かなあ。笑

inserted by FC2 system