表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

151年、蕭何、霍光、鄧禹の待遇

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

151年春、梁不疑が、兄・梁冀を見棄てる

孝質皇帝元嘉元年(辛卯,公元一五一年)
春,正月朔,群臣朝賀,大將軍冀帶劍入省。尚書蜀郡張陵呵叱令出,敕羽林、虎 賁奪劍。冀跪謝,陵不應,即劾奏冀,請廷尉論罪。有詔,以一歲俸贖;百僚肅然。河 南尹不疑嘗舉陵孝廉,乃謂陵曰:「昔舉君,適所以自罰也!」陵曰:「明府不以陵不 肖,誤見擢序,今申公憲以報私恩!」不疑有愧色。
癸酉,赦天下,改元。

151年春正月ついたち、群臣は朝賀した。梁冀は、剣を帯びて禁中に入った。尚書する蜀郡の張陵は、梁冀を叱った。「出ていけ」と。張陵は、羽林と虎賁に命じ、剣を奪った。梁冀はひざまずいて謝る。張陵はゆるさず、梁冀の罪を、廷尉に論じさせた。梁冀は1年分の収入を、罰金された。百僚は肅然とした。

もし張陵が、声をあげねば。梁冀は既成事実として、桓帝の前で剣を帯びただろう。まあ、あとの記事で、これを公式に許可されるのだが。

張陵を孝廉にあげたのは、河 南尹する弟の梁不疑だ。梁不疑は、張陵に言った。「きみ(張陵)を挙げたばかりに、わが一族を罰することになった」と。張陵は言った。「梁不疑は、誤りだ。公職と私恩は別です」と。梁不疑は、愧じた。

梁不疑好經書,喜待士,梁冀疾之,轉不疑為光祿勳;以其子胤為河南尹。胤年十 六,客貌甚陋,不勝冠帶,道路見者莫不蚩笑。不疑自恥兄弟有隙,遂讓位歸第,與弟 蒙閉門自守。冀不欲令與賓客交通,陰使人變服至門,記往來者。南郡太守馬融、江夏 太守田明初除,守謁不疑;冀諷有司奏融在郡貪濁,及以它事陷明,皆髡笞徙朔方。融 自刺不殊,明遂死於路。

梁不疑は、経書と人士を好む。梁冀は、不疑がウザい。梁不疑を光禄勲にした。梁冀は、子の梁胤を、不疑のつぎの河南尹とした。梁胤は16歳だ。梁胤の容貌はひなび、冠帶がだらーん。みな梁胤を笑った。梁不疑は、兄の父子を恥じた。梁不疑は、弟の梁蒙とともに、退職して自宅を閉門した。

ぼくは残念な君主が好きで、よく庇います。でも、梁不疑が離れた時点で、梁冀はダメだろうね。「権力の腐臭」みたいなものが、ただよい始める。功績が大きいから、偉くなる。偉くなること自体は、罪ではないのだが。難しいなあ。まあ、ろくに偉くもないのに、驕ってしまう人は、もっと救えないのですが。笑

梁冀は、梁不疑が賓客とまじわることが、許せない。梁不疑の門を出入りする人を、梁冀はこっそり記録した。南郡太守の馬融と、江夏 太守の田明が、赴任の挨拶にきた。梁冀は、馬融と田明を、髡笞の刑にして、朔方に徙した。馬融は自殺しきれず、田明は道中で死んだ。

梁不疑の人脈が、ふたりとも荊州に任命された。何か意味があるのか?


151年夏秋、お忍び桓帝が、梁胤を訪れる

夏,四月,己丑,上微行,幸河南尹梁胤府捨。是日,大風拔樹,晝昏。尚書楊秉 上疏曰:「臣聞天下言語,以災異譴告。王者至尊,出入有常,警蹕而行,靜室而止, 自非郊廟之事,則鑾旗不駕。故諸侯入諸臣之家,《春秋》尚列其誡;況於以先王法服 而私出槃游,降亂尊卑,等威無序,侍衛守空宮,璽紱委女妾!設有非常之變,任章之 謀,上負先帝,下悔靡及!」帝不納。秉,震之子也。

151年夏4月己丑、こっそり桓帝は、河南尹・梁胤の府舎にゆく。この日、大風が吹いた。木が抜けて、空が暗い。尚書の楊秉は、上疏した。「桓帝は、臣下の職場に、遊びにゆくな。暗殺されるかも知れない」と。桓帝はきかず。楊秉は、楊震の子だ。

『考異』はいう。袁紀は、桓帝が、梁不疑の職場にいったとする。范曄が正しいので、梁胤の職場とする。
ぼくは思う。もし梁不疑の家だったら、面白いのに。残念。ともかく桓帝は、梁冀と梁胤の父子に、ベッタリである。桓帝の立場を安定させるために、まだ梁冀は必要だ。


京師旱,任城、梁國饑,民相食。司徒張歆罷,以光祿勳吳雄為司徒。
北匈奴呼銜王寇伊吾,敗伊吾司馬毛愷,攻伊吾屯城。詔敦煌太守馬達將兵救之; 至蒲類海,呼衍王引去。
秋,七月,武陵蠻反。

京師が日照した。任城と梁國が飢えて、民が食いあった。司徒の張歆をやめ、光祿勳の吳雄を司徒とした。
北匈奴の呼銜王が、伊吾を寇した。呼銜王は、伊吾の司馬・毛愷に敗れた。呼銜王は、伊吾の屯城を攻めた。敦煌太守の馬達に、伊吾を救わせた。馬達は蒲類海にゆき、呼衍王は撤退した。
150年秋7月、武陵蠻が反した。

151年冬、陳寔が『政論』を提出する

冬,十月,司空胡廣致仕。
十一月,辛巳,京師地震。詔百官舉獨行之士。涿郡舉崔寔,詣公車,稱病,不對 策;退而論世事,名曰《政論》。其辭曰:(中略)寔,瑗之子也。山陽仲長統嘗見其書,歎曰:「凡為人主,宜寫一通,置之坐 側。」

151年冬10月、司空の胡広が着任。
11月辛巳、京師が地震した。百官に、獨行の士を挙げさせる。涿郡の崔寔は、推薦を辞退した代わりに、《政論》を提出した。崔寔は、崔瑗の子だ。山陽の仲長統は、《政論》を見て歎じた。「君主なら、つねに《政論》のコピーを1部、座席のそばに置くべきだ」と。

《政論》からの引用を、省きました。原文で約800文字。内容の概略は、つぎの司馬光のコメントを読めば、知ることができます。


臣光曰:漢家之法已嚴矣,而崔寔猶病其寬,何哉?蓋衰世之君,率多柔懦, 凡愚之佐,唯知姑息,是以權幸之臣有罪不坐,豪猾之民犯法不誅;仁恩所施,止於目 前;奸宄得志,紀綱不立。故崔寔之論,以矯一時之枉,非百世之通義也。孔子曰: 「政寬則民慢,慢則糾之以猛;猛則民殘,殘則施之以寬。寬以濟猛,猛以濟寬,政是 以和。」斯不易之常道矣。

わたくし司馬光は考える。漢室の法規は、すでに厳しい。だが崔寔は、まだ寬いという。なぜか。王朝が衰退するとき、いつも法規がゆるいからだ。権力をもつ臣下が、罰せられない。王朝がガタガタになる。崔寔の議論は、梁冀の時代にだけ、適応される。つねには、正しくない。孔子は言った。「ゆるんだら、ひきしめよ。きつければ、ゆるめよ」と。これこそ、つねに正しい教えである。

『政論』は、法規を厳しくせよと、主張したことが分かる。梁冀を罰するためだ。


151年冬、入朝不趨、劍履上殿、謁贊不名

閏月,庚午,任城節王崇薨;無子,國絕。 以太常黃瓊為司空。

151年閏月庚午、任城節王の劉崇が死んだ。子なし。國は絕ゆ。

胡三省はいう。章帝の元和元年、東平国を分けて、任城国とした。東平王の劉蒼の少子・劉尚を、任城王とした。劉崇は、劉尚の姪(おい)だ。
『諡法』はいう。廉を好みて、自ら克つを、節という。

太常の黃瓊を、司空とした。

帝欲褒崇梁冀,使中朝二千石以上會議其禮。特進胡廣、太常羊浦、司隸校尉祝恬、 太中大夫邊韶等鹹稱冀之勳德宜比周公,錫之山川、土田、附庸。黃瓊獨曰:「冀前以 親迎之勞,增邑成三千戶;又其子胤亦加封賞。今諸侯以戶邑為制,不以裡數為限,冀 可比鄧禹,合食四縣。」朝廷從之。

桓帝は、梁冀を褒崇したい。桓帝は、中朝にいる二千石以上に、梁冀をほめる礼を検討させた。

胡三省はいう。中朝とは、朝廷である。西都(前漢)の中期よりあと、三公と九卿を、外朝の官とした。東都(後漢)では、中と外の区別がない。『資治通鑑』で、ここにある中朝とは、そのまま朝廷を指す。

特進の胡廣、太常の羊浦、司隸校尉の祝恬、 太中大夫の邊韶らは、みな言った。「梁冀に、周公とおなじ礼を与えよ」と。

胡三省はいう。前漢の諸臣は、王莽を尊んだ。いま後漢の胡広らは、ふたたび梁冀を崇んだ。ただ黄瓊だけが、あやういと指摘した。つぎにセリフがある。

黄瓊だけが言う。「梁冀と、子の梁胤は、すでに充分に戸邑がある。諸侯の戸邑には、上限がある。梁冀を鄧禹とおなじとして、4県を増やせ」と。桓帝は、黄瓊に従った。

於是有司奏:「冀入朝不趨,劍履上殿,謁贊不名, 禮儀比蕭何;悉以定陶、陽成餘戶增封為四縣,比鄧禹;賞賜金錢、奴婢、彩帛、車馬、 衣服、甲第,比霍光;以殊元勳。每朝會,與三會絕席。十日一入,平尚書事。宣佈天 下,為萬世法。」冀猶以所奏禮簿,意不悅。

有司は上奏した。「梁冀に、以下の3つの特権を与えよ。入朝不趨、劍履上殿、謁贊不名だ。礼儀は、蕭何と同じにせよ。

胡三省はいう。蕭何は、入朝不趨、劍履上殿を許された。だが、謁贊不名は許されない。皇帝の前で、臣下が名のるのは、礼である。梁冀のような人に、謁贊不名を許すのは、おかしい。

定陶と陽成を与えて、食邑を4県とし、鄧禹と同じにせよ。

賢はいう。梁冀ははじめ、襄邑県に封じられた。乗氏県を、父・梁商からつぐ。さらに定陶県と陽城県が増えた。以上で4県である。賢が考えるに。「陽成」は「成陽」とすべきだ。定陶と乗氏は、済陰郡に属す。

金銭や物品や奴婢は、霍光と同じにせよ。朝会での座席は、三公と別とする。10日に1回だけ出勤し、尚書事を平らげよ」と。
梁冀は、これでも待遇が悪いので、悦ばない。101202

梁冀が悦んだかどうかなんて、個人の胸中に属することだ。目の前にいる人ですら、分からない。どうして後世の史家が、記せるものか。梁冀を悪者にするための、創作である。まあ、本当に悦ばなかったかも知れないが、それは分からない。
宮城谷『三国志』は、正史の記述を鵜呑みにして、梁冀が悦ばなかったとした。10日に1回の出仕は、桓帝が梁冀を遠ざけたからとした。どうだろうなあ。分からない。ぼくは桓帝にとって、まだ梁冀の後ろ盾が必要に見えるが。

inserted by FC2 system