表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

147年、李固と杜喬ら、劉蒜派を殺す

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

147年春夏、李固のあとは杜喬だけ

孝桓皇帝上之上、孝質皇帝建和元年(丁亥,公元一四七年) 春,正月,辛亥朔,日有食之。 戊午,赦天下。 三月,龍見譙。

147年春正月辛亥ついたち、日食した。戊午、天下を赦した。3月、譙県に龍があらわれた。

胡三省はいう。譙県は、沛国に属す。ぼくは補う。ここで曹操が生まれるまで、あと8年かかる。曹操の勝瑞ではない。


夏,四月,庚寅,京師地震。 立阜陵王代兄勃遒亭侯便為阜陵王。
六月,太尉胡廣罷。光祿勳杜喬為太尉。自李固之廢,內外喪氣,群臣側足而立, 唯喬正色無所回橈,由是朝野皆倚望焉。

147年夏4月庚寅、京師は地震した。阜陵王・劉代の兄である、勃遒亭侯・劉便を、阜陵王とした。

胡三省はいう。阜陵王の劉延から、5代つづいた。劉代は、子がなく死んだ。国が絶えた。いま劉便に嗣がせた。

147年6月、太尉の胡廣をやめた。光祿勳の杜喬を、太尉とした。李固が廃されてから、內外は氣を喪った。郡臣のなか、杜喬だけが、正義を曲げない。みな朝野の人は、杜喬に期待する。

『考異』はいう。桓帝紀は、杜喬を大司農とする。杜喬伝はいう。杜喬は司農から、大鴻臚、光禄勲に遷った。袁紀も、荀淑伝も、杜喬が光禄勲という。こちらに従う。
ぼくは思う。スジが通った、梁冀への敵対者は、李固と杜喬。列伝をやろう。


147年秋、趙戒と袁湯と胡広、vs杜喬

秋,七月,渤海孝王鴻薨,無子;太后立帝弟蠡吾侯悝為渤海王,以奉鴻祀。
詔以定策功,益封梁冀萬三千戶,封冀弟不疑為穎陽侯,蒙為西平侯,冀子胤為襄 邑侯,胡廣為安樂侯,趙戒為廚亭侯,袁湯為安國侯。又封中常侍劉廣等皆為列侯。
杜 喬諫曰:「古之明君,皆以用賢、賞罰為務。失國之主,其朝豈無貞干之臣,典誥之篇 哉?患得賢不用其謀,韜書不施其教,聞善不信其義,聽讒不審其理也。陛下自籓臣即 位,天人屬心,不急忠賢之禮而先左右之封,梁氏一門,宦者微孽,並帶無功之紱,裂 勞臣之土,其為乖濫,胡可勝言!夫有功不賞,為善失其望;奸回不詰,為惡肆其兇。 故陳資斧而人靡畏,班爵位而物無勸。苟遂斯道,豈伊傷政為亂而已,喪身亡國,可不 慎哉!」書奏,不省。

147年秋7月、渤海孝王・劉鴻が死んだ。子なし。梁太后は、桓帝の弟の蠡吾侯・劉悝に、渤海王につがせた。
梁冀は桓帝を立てたから、1万3千戸を増やす。弟の梁不疑を、穎陽侯とした。弟の梁蒙を西平侯とした。子の梁胤を、襄 邑侯とした。胡廣を安樂侯とした。趙戒を廚亭侯とした。袁湯を安國侯とした。中常侍の劉廣らを、みな列侯とした。

胡三省はいう。潁陽は、潁川に属す。胡広伝はいう。胡広はホウ陽県の安楽侯になったと。袁湯は安國侯というが、国侯でなく亭侯だ。曹騰伝はいう。胡広と曹騰および州輔ら7人は、みな亭侯に封じられたと。

杜喬は、桓帝を批判した。梁冀一門や宦官を、亭侯にしてはいけないと。桓帝は、杜喬を省みず。

胡三省は『考異』をひく。杜喬伝では、この文書は、杜喬が太尉になる前とする。袁紀では太尉になったあと。いま袁紀に従う。
ぼくは思う。梁氏一門と宦官は、杜喬の言うとおり、分限を越えて亭侯になったのかも。悪者の絵として、分かりやすい。いっぽう、必ずしも史料で悪人に単純化されえていない、胡広と趙戒と袁湯ら、桓帝初期の三公に、注目すべきだ。おかしなバイアスをぬき、梁冀政権の政策が見えるかも知れない。袁湯伝(袁安伝のつづき)は、記述が過疎っている。見るなら、胡広伝と趙戒伝だろう。


八月,乙未,立皇後梁氏。梁冀欲以厚禮迎之,杜喬據執舊典不聽。冀屬喬舉汜宮 為尚書,喬以宮為臧罪,不用。由是日忤於冀。九月,丁卯,京師地震。喬以災異策免。 冬,十月,以司徒趙戒為太尉,司空袁湯為司徒,前太尉胡廣為司空。

147年8月乙未、梁氏を桓帝の皇后に立てた。

胡三省は『考異』をひく。皇后紀と袁紀では、8月といい、日付がない。桓帝紀は、7月乙未という。だが長暦では、7月に乙未がない。乙未は、8月18日だ。きっと桓帝紀は、8月の文字がぬけた。

梁冀は、皇后の実家として、特典をもらいたい。杜喬が反対した。

皇后の実家が、たっぷり黄金などをもらう前例を、胡三省はひく。はぶく。

梁冀は、汜宮を尚書にあげて、杜喬の部下にした。だが杜喬は、汜宮を用いない。汜宮がワイロするからだ。梁冀と杜喬は、日に日に対立した。
9月丁卯、京師は地震した。地震を理由に、杜喬は太尉を辞めさせられた。冬10月、司徒の趙戒を、太尉にした。司空の袁湯を、司徒にした。さきの太尉の胡広を、司空にした。

趙戒、袁湯、胡広。この3人はトリオである。掘ったら、おもしろそう。
梁冀は自派を亭侯に封じ、三公に任じ、大盤振る舞いする。この行動の目的は、自派を強固にするため。桓帝が即位して数年は、桓帝派と劉蒜派が、現実味をおびて、対立したかも。劉蒜の脅威は、すぐ下の文に出てきます。
ところで、劉蒜の伝記がやたら少ないのは、梁冀が抹殺したからか。抹殺しなければならないくらい、脅威だったのでは?


宦者唐衡、左心官共譖杜喬於帝曰:「陛下前當即位,喬與李固抗議,以為不堪奉 漢宗祀。」帝亦怨之。

宦官の唐衡は、左悺とともに、杜喬をそしった。「桓帝が即位する前、杜喬と李固は、桓帝は適任でないと言いました」と。桓帝は、また杜喬を怨んだ。

ぼくは思う。「譖」というより、事実じゃないか。笑


147年冬、劉氏たちが劉蒜を、皇帝に擁立

十一月,清河劉文與南郡妖賊劉鮪交通,妄言:清河王當統天下, 欲共立蒜。事覺,文等遂劫清河相謝暠曰:「當立王為天子,以暠為公。」暠罵之,文 刺殺暠。

147年11月、清河の劉文と、南郡の妖賊・劉鮪は、通じて妄言した。「清河王・劉蒜が、天下を統べるぞ」と。劉文らは、清河相の謝暠をおどした。「劉蒜が天子になり、謝暠が三公になれ」と。謝暠は劉文に協力せず、劉文を罵った。劉文は謝暠を殺した。

於是捕文、鮪,誅之。有司劾奏蒜;坐貶爵為尉氏侯,徙桂陽,自殺。梁冀因 誣李固、杜喬,雲與文、鮪等交通,請逮按罪;太后素知喬忠,不許。

劉文と劉鮪を、誅した。かつがれた劉蒜を連座させ、尉氏侯に貶めた。劉蒜は桂陽に徙され、自殺した。梁冀は梁太后に誣告した。「李固と杜喬は、劉文と劉鮪に通じていた。逮捕せよ」と。

『考異』は杜喬伝をひく。杜喬は免官になったと。すでに杜喬は、太尉を辞めたあとだ。杜喬伝が誤りだ。
ぼくは思う。劉鮪にだけ「妖賊」という形容があるのは、なぜか。劉文こそは、正しき血筋だと暗示するか。加えて、注目したい。劉蒜を担ごうとした2人とも、劉姓である。もしかして、桓帝を廃して劉蒜を立てることは、劉氏の社会?のなかで、一定量の支持を得ていたか。
桓帝の身分を保証するのは、梁冀だ。「桓帝も梁冀も、セットでつぶそう!」という勢力が出ても、おかしくない。桓帝は梁皇后を立てたが、これは梁冀に利益を与えるためであり、桓帝自身が保身するためでもある。足元がため。
とすると、杜喬や李固が、世直しを思い、劉蒜を立てたという「妄想」を立てても、あながちウソだと切り捨てられない。杜喬たちは、劉文や劉鮪のやり口に共感しなかったか、連絡に失敗するか。杜喬がオモテに出てこなかった理由は、こんなところ。

梁太后は、杜喬の忠を知る。

いま思いついた。『資治通鑑』本文から脱線。史料批判をこばむ史料について、書き留めます。お急ぎなら、次の段落に飛んでください。
ぼくは思います。筆誅が二重に加えられると、超ややこしい。勝者Aが敗者Bをけなすのは、単純でよい。事実に近い姿は、Aの賞賛を割り引き、Bの悪口を割り引けばいい。シンプルです。単純です。
だが、その勝者Bが、あとで別のCに敗れると、史書が混乱する。敗者Bは、勝者Aに史料を抹殺されたから、Cの手元にろくな記録がない。しかしCは、Aを批判するために、Bを褒めたい。だからCはBに、内容のない抽象的な賞賛を付けるしかない。ぼやける。もはや歴史家は、Bの実態を復元できない。
Aは、初めになんで勝てたか分からないほど、Cに貶される。ただし。ここに言うAのように、褒めてから貶したパターンは、まだタチがいい。バイアスを割り引く作業が、やりやすいから。Cは、Aの豊富な賞賛記録を、改竄する。切り貼りの継ぎ目が、どうしても残る。史料批判で、復元しやすい。ありがたい。
147年に戻ってくると。Aは梁冀、Bは劉蒜、Cは桓帝が、当てはまる
さらにCの桓帝は、魏晋南北朝の分裂期をつくった張本人として、史家に貶されることになる。二重にも三重にも、褒めると貶すが重ねられ、けっきょく何も、分からなくなる。劉備の評価についても、同じことが言えないか。貶して褒めて、をくり返して、輪郭がぼやけた。後日考えます。

太后は、杜喬を罰さず。

「直前の王朝の正史を作る」が慣例になったのは、唐代以降らしい。現代の歴史家から見て、助かる慣例です。なぜか。筆誅が1回だけの記述を読めるから。唐代以前は、正史のプロジェクトが恒常的に行われない。結果「敵の敵を褒め、敵の敵の敵を貶し」みたいな本を読まされる。復元不可。ただ、『三国志』を読むときに、憶測ができて面白いのは、この複雑さゆえ。悩ましいなあ。
っていうか、『資治通鑑』の注釈になってない。ごめんなさい。梁冀を読んでいて、ぼくがこれを思いつきました、という記録になっています。


147年冬、梁冀が、李固と杜喬を殺す

冀遂收固下獄; 門生渤海王調貫械上書,證固之枉,河內趙承等數十人亦要鈇鍎詣闕通訴;太后詔赦之。 及出獄,京師市裡皆稱萬歲。冀聞之,大驚,畏固名德終為己害,乃更據奏前事。大將 軍長史吳祐傷固之枉,與冀爭之。冀怒,不從。從事中郎馬融主為冀作章表,融時在坐, 祐謂融曰:「李公之罪,成於卿手。李公若誅,卿何面目視天下人!」冀怒,起,入室; 祐亦徑去。

梁冀は、李固を下獄した。李固の門生・渤海の王調が、李固の無実を証明した。河內の趙承ら数十人が、武装デモした。太后は李固を赦した。京師の人はみな、万歳した。
梁冀は驚き、李固の悪事を、文書で提出した。梁冀は、大將 軍長史の吳祐に、李固を殺せと命じた。吳祐は、梁冀の命令を聞かず。梁冀は怒った。從事中郎の馬融は、梁冀の文書をあずかる。呉祐は馬融に言った。「もし李固が殺されたら、馬融が作文したせいだ」と。梁冀は怒って、立ち去った。

固遂死於獄中;臨命,與胡廣、趙戒書曰:「固受國厚恩,是以竭其股肱, 不顧死亡,志欲扶持王室,比隆文、宣。何圖一朝梁氏迷謬,公等曲從,以吉為兇,成 事為敗乎!漢家衰微,從此始矣。公等受主厚祿,顛而不扶,傾覆大事,後之良史豈有 所私!固身已矣,於義得矣,夫復何言!」廣、戒得書悲慚,皆長歎流涕而已。

李固は獄中で死んだ。李固は、胡広と趙戒に手紙した。「私が桓帝を選んだのは、梁冀をつけ上がらせるためでない。桓帝を、前漢の文帝や宣帝と同じにするためだ。胡広と趙戒は、梁冀とつるむのもいいが、漢室を滅ぼすな」と。

胡三省はいう。文帝と宣帝は、外藩だった。郡臣に迎えられて、皇帝となった。漢室を興隆したと。
ぼくは思う。袁湯は、なぜ手紙をもらえなかったのか。胡広と趙戒に比べると、小粒だった? いいや。小粒の三公なんて、ありえない。じゃあ李固が袁湯に手紙しなかったのは、救いようもないほど、袁湯が梁冀に密着したからだ。「改心」する余地がないと、李固に見なされたからだ。ぼくの妄想ですが。

胡広と趙戒は、悲慚して流涕した。

冀使人 脅杜喬曰:「早從宜,妻子可得全。」喬不肯。明日,冀遣騎至其門,不聞哭者,遂白 太后收系之;亦死獄中。
冀暴固、喬屍於城北四衢,令:「有敢臨者加其罪。」固弟子汝南郭亮尚未冠,左 提章、鉞,右秉鈇鍎,詣厥上書,乞收固屍,不報;與南陽董班俱往臨哭,守喪不去。 夏門亭長呵之曰:「卿曹何等腐生!公犯詔書,欲干試有司乎!」亮曰:「義之所動, 豈知性命,何為以死相懼邪!」太后聞之,皆赦不誅。杜喬故掾陳留楊匡,號泣星行, 到雒陽,著故赤幘,托為夏門亭吏,守護屍喪,積十二日;都官從事執之以聞,太后赦 之。匡因詣厥上書,並乞李、杜二公骸骨,使得歸葬,太后許之。匡送喬喪還家,葬訖, 行服,遂與郭亮、董班皆隱匿,終身不仕。

梁冀は、杜喬を脅した。「自首すれば、妻子は赦してやる」と。杜喬は従わず。翌日、梁冀は騎兵をおくり、杜喬の門につけた。梁冀は、杜喬を獄死させた。
梁冀は、李固と杜喬の死体を、城北四衢にさらす。梁冀は「死体に近づいたら、有罪である」と命令した。

『爾雅』はいう。四方に達することを、衢という。洛陽の城北は、夏門亭であると。ぼくは補う。本文に、夏門亭長が出てくる。はぶきますが。

汝南の郭亮は、李固の死体を弔った。陳留の楊匡は、杜喬の死体を弔った。太后は、2人を赦した。

梁冀出吳祐為河間相,祐自免歸,卒於家。 冀以劉鮪之亂,思硃穆之言,於是請種暠為從事中郎,薦欒巴為議郎,舉穆高第,為侍 御史。
是歲,南單于兜樓儲死,伊陵屍逐就單于車兒立。

梁冀は、呉祐を河間相に飛ばした。呉祐は着任せず死んだ。
梁冀は、劉鮪が反したので、硃穆の発言を思い、人事異動した。種暠を從事中郎にした。欒巴を議郎にした。朱穆の高第にあげて、侍御史とした。

146年7月、朱穆は梁冀に、種暠と欒巴を薦めた。前年のページ参照。
胡三省はいう。朱穆を、大将軍府の掾属にある高第にあげたのだ。
ぼくは思う。朱穆に連なる人材は、どこにルーツがあるのか。いま梁冀は、李固と杜喬を殺した。李固が余計な遺言をするから、趙戒と胡広は、梁冀と距離をとっただろう。袁湯はベッタリだろうが、袁湯だけじゃ足りない。今回、劉鮪(劉蒜)に対抗するための異動だから、根本的な方針転換はなさそうだが。

この147年、南単于の兜樓儲が死に、伊陵屍逐就單于の車兒が立つ。

兜樓儲は、143年に順帝のとき、南匈奴の反乱を鎮圧した記念で、単于につけた人。これが死んだのだから、ひと波乱あるのか? いま検索して気づきましたが、車兒は、三国に出てくる胡車児とおなじ名ですね。

inserted by FC2 system