表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

146年、梁冀と曹騰が、桓帝を立てる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

146年春夏、梁太后が太学をはじめる

孝質皇帝本初元年(丙戌,公元一四六年)
夏,四月,庚辰,令郡、國舉明經詣太學,自大將軍以下皆遣子受業;歲滿課試, 拜官有差。又千石、六百石、四府掾屬、三署郎、四姓小侯先能通經者,各令隨家法, 其高第者上名牒,當以次賞進。自是游學增盛,至三萬餘生。

孝質皇帝の本初元年である。丙戌、西暦146年。

質帝は、劉纘だ。章帝の曾孫だ。渤海孝王の劉鴻の子だ。『諡法』はいう。忠正で無邪を、質という。
ぼくは思う。年号の本初は、袁紹のあざな。袁紹の生年を、ここに置くのは、妄想がすぎると思いますが。本格的に三国前史が始まった感がある!

146年夏4月庚辰、郡國に命じて、明經な人をあげ、太學にゆかせた。大將軍より以下、みな子を太学にゆかせた。卒業試験を受けて、それぞれ官位についた。千石、六百石、四府の掾屬、三署郎と、四姓小侯のうち『経』に通じた人は、優先して、名簿の上位に載った。

胡三省はいう。三署郎とは、五官署郎と左右署郎のことだ。光禄勲に属す。きっと梁氏が、四姓に含まれる。しかし、陰氏や竇氏ら外戚は、もう衰退した。いま就職で有利ではない。

遊学する人は増えて、3万余人になった。

胡三省はいう。和帝の鄧太后の智恵を、梁皇后がマネたのだ。太学の利害について、胡三省は議論を載せる。李膺を妨害のは、太学の出身でない。いいや。郭泰と仇香は太学の出身だ。郭泰は、仇香を師匠にあおいだ。だが郭泰が「八顧」というランキングのトップなのに、仇香の名声は埋没してしまった。云々。


五月,庚寅,徙樂安王鴻為渤海王。 海水溢,漂沒民居。
六月,丁巳,赦天下。

146年5月庚寅、樂安王の劉鴻を、渤海王に徙した。 海水が溢れ、民家がしずんだ。
5月丁巳、天下を赦した。

146年5月、梁冀が質帝を殺す

帝少而聰慧,嘗因朝會,目梁冀曰:「此跋扈將軍也!」冀聞,深惡之。

質帝は幼いが、聰慧だ。朝会で、質帝は梁冀を見下して言った。「こいつは、跋扈將軍だ」と。梁冀は、ふかく質帝を悪んだ。

胡三省はいう。目とは、目を貶めて、注視すること。『爾雅』はいう。山卑而大を、扈という。質帝が例えて言ったのは、梁冀が、人臣の行動規範をこえたと。蜀本の注釈はザツなので、載せない。『弁誤』を見よと。
ぼくは補う。『資治通鑑』の版本や注釈の体系を、よく分かっていませんが。跋扈の解釈について、割れているのか。跋扈の文字は『後漢書』にあるから、疑わなくてよい。会社でストレスを受けた中間管理職は、言うべきだ。「跋扈係長!」とか。


閏月,甲 申,冀使左右置毒於煮餅以進之。帝苦煩甚,使促召太尉李固。固入前,問帝得患所由; 帝尚能言,曰:「食煮餅。今腹中悶,得水尚可活。」時冀亦在側,曰:「恐吐,不可 飲水。」語未絕而崩。固伏屍號哭,推舉侍醫。冀慮其事洩,大惡之。

閏月甲 申、梁冀は毒入の煮餅を、質帝に進めた。質帝は、ひどく苦しんだ。質帝は、太尉の李固を召した。李固は質帝に、苦しみの原因を問う。質帝は答えた。「煮餅を食べた。水がほしい」と。ときに梁冀がそばにいる。「吐くことを恐れます。水を飲んではいけない」と。

質帝の食べた「煮餅」について、胡三省は注釈している。ぼくは食文化?に興味がないので、はぶく。何か食べたら死んだ。それで、いいじゃんと。
梁冀が言う「恐吐」の意味が分からない。毒入を食べたんだから、質帝は吐きたい。梁冀は、毒入を自白したのか。さすがに違うよな。どういう意味か。吐くことそのものが、忌まわしい?

梁冀の言葉が終わらぬうち、質帝は死んだ。

質帝の臨終は、小説のように面白い。「面白すぎる話はウソ」が、ぼくの基本スタンスですが。質帝の臨終は本当かも。後漢の朝廷で、皇帝の一挙手一投足をメモる史官がいる前で、質帝が苦しんだとしたら。凄絶だ。よく梁冀に抹殺されなかったな。梁冀が死ぬまでは、あと10年以上かかるのに。


146年閏月、曹騰と梁冀が、劉志を立てる

將議立嗣,固與 司徒胡廣、司空趙戒先與冀書曰:「天下不幸,頻年之間,國祚三絕。今當立帝,天下 重器,誠知太后垂心,將軍勞慮,詳擇其人,務存聖明。然愚情眷眷,竊獨有懷。遠尋 先世廢立舊儀,近見國家踐祚前事,未嘗不詢訪公卿,廣求群議,令上應天心,下合眾 望。《傳》曰:『以天下與人易,為天下得人難。』昔昌邑之立,昏亂日滋;霍光憂愧 發憤,悔之折骨。自非博陸忠勇,延年奮發,大漢之祀,幾將傾矣。至憂至重,可不熟 慮!悠悠萬事,唯此為大;國之興衰,在此一舉。」冀得書,乃召三公、中二千石、列 侯,大議所立。

つぎの皇帝を話し合う。太尉の李固と、司徒の胡広、司徒の趙戒は、梁冀に手紙した。「つづけて3人も、皇帝が死んだ。前漢は昌邑王を立てて失敗し、霍光が苦労して廃位した。皇帝選びは、後漢の興衰を決める、重要なことだ」と。

胡三省はいう。順帝が死んだ。沖帝が1年で死んだ。質帝も1年で死んだ。これを三公たちは「三絶」と表現したと。
ぼくは補う。満1年でなくても、1年とする。例えば、年末に生まれて、年始に死ねば、2歳で死んだとする。『資治通鑑』は、145年を沖帝、146年を質帝の記事とする。どちらも、満1年、皇帝をやってないが。
胡三省はいう。昌邑は『資治通鑑』24巻、前漢の昭帝の元平元年にある。

梁冀は、三公、中二千石、列 侯を集めて議論した。

固、廣、戒及大鴻臚杜喬皆以為清河王蒜明德著聞,又屬最尊親,宜立 為嗣,朝臣莫不歸心。而中常侍曹騰嘗謁蒜,蒜不為禮,宦者由此惡之。

すべて三公と、大鴻臚の杜喬は、清河王の劉蒜がいい。劉蒜は、明德だ。質帝にもっとも血筋が近い。朝廷は、すべて劉蒜に心をよせた。

胡三省はいう。劉蒜は、質帝の兄の系統だから「尊」だ。劉蒜は、質帝とおなじく楽安王の劉寵から出たから「親」だ。

だが中常侍の曹騰は、劉蒜に反対だ。かつて劉蒜は、曹騰に礼をなさず。宦官は、劉蒜を悪んだ。

ぼくは思う。劉蒜が、宦官の一般を悪んだのではない。ただ曹騰が、個人的&一方的に、劉蒜を悪んだのだ。たしか宮城谷『三国志』では、劉蒜が宦官の一般を悪んでいた。少なくとも『資治通鑑』のこことは、ちがう。
また、劉蒜が曹騰を侮辱したタイミングは、不明である。べつに、皇帝を選ぶこのタイミングで、曹騰を冷遇したのでない。「嘗」の一文字で、時系列は霧の中。


初,平原王冀 既貶歸河間,其父請分蠡吾縣以侯之;順帝許之。翼卒,子志嗣;梁太后欲以女弟妻志, 征到夏門亭。會帝崩,梁冀欲立志。眾論既異,憤憤不得意,而未有以相奪。曹騰等聞 之,夜往說冀曰:「將軍累世有椒房之親,東攝萬機,賓客縱橫,多有過差。清河王嚴 明,若果立,則將軍受禍不久矣!不如立蠡吾侯,富貴可長保也。」冀然其言,

はじめ平原王の劉翼は、河間にくだった。劉翼の父(劉開)は、蠡吾の県侯になりたい。順帝は、県侯をみとめた。

胡三省はいう。劉翼がくだるのは、『資治通鑑』50巻、安帝の建光元年だ。蠡吾県は、前漢で涿郡に属す。ときに河間国に属す。

劉翼が死に、子の劉志がついだ。梁太后は、妹を劉志の妻にしたい。梁太后は、劉志を夏門亭においた。質帝が死んだ。梁冀は、劉志を皇帝に立てたい。衆論は、劉蒜にある。梁冀の意見が通らない。
曹騰らは、夜に梁冀を説得した。「梁冀の家は、代々外戚だ。しかし清河王の劉蒜が皇帝になったら、梁冀はすぐに禍いを受ける。梁冀が富貴を保つためには、劉志がよい」と。

ぼくは思う。梁冀と曹騰の「陰謀」として片づけるのは、カンタン。でも劉志(桓帝=ネタバレ)の血筋には、鄧太后が劉翼を推したときからの、経緯がある。さっき、胡三省が注釈した。梁太后が太学をつくったのは、後漢で「善政」をしいたと名高い鄧太后のマネと。鄧太后と梁太后が、無関係のわけがないのだ。
いま曹騰は、梁冀をくすぐった。「後漢の外戚として、梁氏を長く保つには、劉志に如かず」と。鄧太后まで遡り、さぐる必要がある。『資治通鑑』をどこまで翻訳すれば、三国を理解できるんだろう。笑

梁冀は、曹騰に賛成した。

曹騰が、年長で人格者の劉蒜を悪み、年少の劉志を梁冀に勧めたという記述は怪しい。曹騰が劉蒜に冷遇された話は、時期不明&内容不詳伏線として粗悪だ。ぼくでも創作できるレベル。史家によるアトヅケだ。
「後漢が滅びたのは桓霊と宦官のせい。曹操の祖父が、桓帝の即位に加担したらと、因果が明解になるね」というザツな単純化だ。
そもそも劉蒜が人格者というのも、怪しい。劉蒜が人格者なら、「なるほど、いかにも、おもろい」という逸話が、残っていてもよさそう。ない。史家が、後漢の滅亡を怨んで、「もし劉蒜が皇帝になっていれば」と、イフ物語を膨らましかけた。劉蒜について史料がなさすぎて、充分に膨らまなかった。
3年くらい前、宮城谷『三国志』を読んだとき、劉蒜について興味を持ったので、列伝を読んだ。エピソードなし。さらにつまらないことに、宮城谷氏が描いたような、人格の劣化もなし。劉蒜は、史料がなさすぎる。ただ候補に名前があっただけ、くらいか。
たびたび言いますが。ぼくら史料読みは、前後関係は史料から受けとるしかない。しかし、因果関係まで史料を鵜呑にする必要はない。


明日, 重會公卿,冀意氣兇兇,言辭激切,自胡廣、趙戒以下莫不懾憚,皆曰:「惟大將軍 令!」

翌日に梁冀は、ふたたび公卿を集めた。梁冀の意気は、悪暴だ。梁冀の言葉は、激切だ。胡広も趙戒も、梁冀に逆らえない。「大将軍が決めろ」と。

胡三省はいう。意氣兇兇とは、意気が悪暴なことをいう。
ぼくは思う。梁冀が凶暴だから、それだけで三公の反対を押し切ったとは、不自然だ。劉蒜も劉志も、皇帝の候補として、同じくらいの資格があったから、衆議が劉志を認めたのだろう。梁冀の凶暴さだけに、桓帝が即位した原因を求めるのは、あまりにもザツである。
ぼくは思う。『後漢書』にある梁冀の暴虐は、誰が書き残したか。梁冀の執政は20年間。梁冀を批判すれば、それが公式記録なら、抹殺される。私的に書くなら、情報収集に限界あり。また私的に書くなら、梁冀政権の終わる時期が不明だから、きっと途中で心が折れる。だから、ぼくは仮説します。暴虐はウソだ。桓霊の皇統を即位させた梁冀に、史家が後漢滅亡の理由を背負わせた。ひどい単純化だ。


獨李固、杜喬堅守本議。冀厲聲曰:「罷會!」固猶望眾心可立,復以書勸冀, 冀愈激怒。丁亥,冀說太后,先策免固。戊子,以司徒胡廣為太尉;司空趙戒為司徒, 與大將軍冀參錄尚書事;

李固と杜喬だけは、意見を変えず、劉蒜がいいと言う。梁冀は声をはげました。「解散!」と。李固は、衆望の後押をうけ、梁冀に手紙した。「劉蒜がいい」と。梁冀は、いよいよ激怒した。閏月丁亥、梁冀は李固を免官した。閏月戊子、司徒の胡廣を太尉とした。司空の趙戒を、司徒とした。胡広と趙戒は、梁冀とともに參錄尚書事した。

ぼくは思う。いま梁冀は、賛成派で三公を固めた。胡広と趙戒は、「しぶしぶ」梁冀に従ったというポーズだが、本当はどうだか、分からない。
史書で梁冀が、必要以上に悪者になった。史書にリアリティを保つため、胡広と趙戒については「しぶしぶ」と脚色されたのではないか。
ぼくは思う。梁冀が史書で悪者になった理由は、桓帝と霊帝の系統を、皇位につけたから。本人の責任をどこまで追及するかは別として、桓帝と霊帝の治世を最後に、後漢が滅ぶのは事実。「こんな暴虐な梁冀が、横車を押したせいで、後漢が滅びたんだ」と、史家は説明した。


太僕袁湯為司空。湯,安之孫也。庚寅,使大將軍冀持節以王 青蓋車迎蠡吾侯志入南宮;其日,即皇帝位,時年十五。太后猶臨朝政。

太僕の袁湯を、司空とした。袁湯は、袁安の孫だ。

でました、袁湯。袁紹と袁術の祖父だ。袁湯については、以下を参照。
列伝35「袁安伝」を読む
袁術の青年時代は、どんなだったか(袁湯、袁逢、袁隗)
袁湯の祖父・袁安は、鄧太后が臨朝したとき、三公だ。鄧太后は、ぼくがさっきから、やたら気にしている人。梁太后が鄧太后をマネて、袁湯を抜擢したとしたら、何が言えるか。調べたいことが、増える一方で困る。

閏月庚寅、大将軍の梁冀は持節して、王の青蓋車をつかう。梁冀は劉志を、南宮に迎えた。即日、劉志は即位した。15歳。梁太后は、臨朝をつづける。

146年秋冬、桓帝の祖先を尊び、滕撫はクビ

秋,七月,乙卯,葬孝質皇帝於靜陵。
大將軍掾硃穆奏記勸戒梁冀曰:「明年丁亥之歲,刑德合於乾位,《易經》龍戰之 會,陽道將勝,陰道將負。願將軍專心公朝,割除私欲,廣求賢能,斥遠佞惡,為皇帝 置師傅,得小心忠篤敦禮之士,將軍與之俱入,參勸講援,師賢法古,此猶倚南山、坐 平原也,誰能傾之!議郎大夫之位,本以式序儒術高行之士,今多非其人,九卿之中亦 有乖其任者,惟將軍察焉!」又薦種暠、欒巴等,冀不能用。穆,暉之孫也。

146年秋7月乙卯、質帝を靜陵に葬る。
大将軍掾の硃穆は、梁冀を諌めた。「梁冀は私欲をやめて、人材をあつめよ」と。朱穆は、種暠と欒巴らを薦めた。梁冀は、もちいず。朱穆は、朱暉の孫だ。

胡三省はいう。朱暉は、章帝につかえた。
ぼくは思う。朱穆の文章を、司馬光は想定する読者(皇帝)に読ませたかったようだ。朱穆が諌めのトリガーにしているのは、「明年丁亥之歲,刑德合於乾位」だ。どういう時期なのか、胡三省が注釈しているが、よく分からない。はぶきました。


九月,戊戌,追尊河間孝王為孝穆皇,夫人趙氏曰孝穆後,廟曰清廟,陵曰樂成陵; 蠡吾先侯曰孝崇皇,廟曰烈廟,陵曰博陵;皆置令、丞、使司徒持節奉策書璽綬,祠以 太牢。

146年9月戊戌、河間孝王を孝穆皇とした。夫人の趙氏を孝穆後とした。廟は清廟とし、陵は樂成陵とした。

桓帝の系統を、貴んでいる。胡三省は『諡法』をひく。徳をしき、義をとるを、穆という。情にあたり、かおに見ゆるを、穆という。楽成県は、河間国にある。

蠡吾先侯を孝崇皇とした。廟を烈廟とし、陵を博陵とした。それぞれ令と丞を置く。司徒は持節し、策書と璽綬をもち、太牢を供えた。

胡三省は沈約をひく。『諡法』に載らないのは、孝崇皇のような類だと。賢はいう。博陵は、もと蠡吾県の地だ。


冬,十月,甲午,尊帝母匽氏為博園貴人。 滕撫性方直,不交權勢,為宦官所惡;論討賊功當封,太尉胡廣承旨奏黜之;卒於 家。

146年冬10月甲午、桓帝の母・匽氏を、博園貴人とした。

胡三省はいう。匽の音は、セキだ。桓帝の母の姓名は、匽明だ。蠡吾侯の妻だ。博園とは、博陵寝園のこと。

滕撫は、性質が方直で、權勢に交わらない。宦官は、滕撫を悪んだ。滕撫が、徐州や徐州であげた功績を論じた。太尉の胡廣は、滕撫を免官した。滕撫は、在野で死んだ。101129

太尉の胡広は、宦官に迎合して、せっかく南方を平定した滕撫を、クビにしたのか。そんな単純な話じゃなかろう。胡広伝を読みたい。胡広の覚書が論文に取り上げられ、話題になっているようだし。

inserted by FC2 system