表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

142年、梁冀の風潮にあらがう官吏

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

142年春、漢安と改元する

孝順皇帝下漢安元年(壬午,公元一四二年) 春,正月,癸巳,赦天下,改元。

142年春正月癸巳、天下に赦し、改元した。

前年に梁商が死んだから、改元したのか?ほかに、理由が見つからず。梁商は、順帝にとって、存在が大きいなあ。


142年秋、順帝の使者・張綱が、梁冀を弾劾

秋,八月,南匈奴句龍吾斯與薁鞬、台耆等復反,寇掠並部。 丁卯,遺侍中河內杜喬、周舉、守光祿大夫周栩、馮羨、魏郡欒巴、張綱、郭遵、 劉班分行州郡,表賢良,顯忠勤;其貪污有罪者,刺史、二千石驛馬上之,墨綬以下便 輒收舉。

142年秋8月、南匈奴の句龍・吾斯と薁鞬、台耆らが、ふたたび反した。并州を寇掠した。
8月丁卯、中央の人が、州郡をまわり、官吏の勤務を査定した。まわるのは、侍中をする河內の杜喬、光禄大夫する汝南の周舉、守光祿大夫する周栩、馮羨、魏郡の欒巴、犍為武陽の張綱、郭遵、劉班である。

胡三省がおぎなう、出身地や肩書きを、本文に加えて訳しました。
なぜ、このタイミングで、この査察をしたのか。分からない。つねに行われていたが、梁冀を批判する名ゼリフが生まれたから、ピックアップされるか。もしくは、ほんとうに順帝が、今回だけ特別にやったか。だとしたら、相応の理由が必要である。

賢良や忠勤を、明らかにした。貪汚で罪があれば、刺史や太守が、駅馬で順帝に報告した。墨綬より下位ならば、その場で印綬を取りあげられた。

胡三省はいう。駅馬で罪をチクり、クビにしたのだ。駅馬は、洛陽にはやく伝えるために、使用した。墨綬とは、県令、県長である。即席でクビになった。


喬等受命之部,張綱獨埋其車輪於雒陽都亭,曰:「豺狼當路,安問狐狸!」 遂劾奏:「大將軍冀、河南尹不疑,以外戚蒙恩,居阿衡之任,而專肆貪叨,縱恣無極, 多樹諂諛以害忠良,誠天威所不赦,大辟所宜加也。謹條其無君之心十五事,斯皆臣子 所切齒者也。」書御,京師震竦。時皇後寵方盛,諸梁姻族滿朝,帝雖知綱言直,不能 用也。

杜喬らは、視察を命じられた。張綱だけは、車輪を洛陽都亭にうめて、言った。「豺狼が目の前にいるのに、どうして狐狸を探す必要があるんだ」と。

胡三省はいう。前漢で、京兆の督郵をする侯文が、孫宝に送った言葉。

張綱は、弾劾した。「大将軍の梁冀と、河南尹の梁不疑は、外戚だから、ムチャしている。先に責めるべきは、梁氏だ」と。張綱の意見が、順帝に提出された。京師は、ふるえた。
ときに順帝の梁皇后に引っぱられ、朝廷に梁氏がおおい。順帝は張綱を正しいと思ったが、もちいず。

杜喬至冶金兗州,表奏泰山太守李固政為天下第一,上征固為將作大匠。八使所 劾奏,多梁冀及宦者親黨;互為請救,事皆寢遏。侍御史河南種暠疾之,復行案舉。廷 尉吳雄、將作大匠李固亦上言:「八使所糾,宜急誅罰。」帝乃更下八使奏章,令考正 其罪。梁冀恨張綱,思有以中傷之。

杜喬は兗州にゆき、査定した。「泰山太守の李固が、天下で第一だ」と。李固は、將作大匠となった。

李固は、泰山の賊を鎮めるため、ここにきた。査定があろうがなかろうが、名官であることは、分かっていたのだ。梁冀に対抗する側だって、人脈を形成し、つるんでいる。ただ「貪汚」の一言で、梁冀だけを悪者にするのも、よくない。

8人がまわった結果、おおく梁冀の親党を弾劾した。順帝は、もちいず。侍御史する河南の種暠は、順帝を急かした。廷 尉する吳雄、將作大匠する李固も、順帝に言った。「8人が糾弾した人を、すぐに罰しなさい」と。順帝は、やっと罰した。梁冀は張綱をうらんだ。

用いるつもりがないなら、順帝は、8人を視察に行かせなければいい。順帝は梁冀に対抗する材料を得るために、8人を行かせたか。順帝から見れば、梁商こそ恩があるが(どんな恩かは、後日検討)梁冀の人格が、思いのほか、ひどかったとか。
でもまあ、順帝を善玉にして、梁冀を悪玉にするのも、ちがうな。


142年秋9月、広陵の張嬰が、張綱に降る

時廣陵賊張嬰寇亂揚、徐間積十餘年,二千石不能 制,冀乃以綱為廣陵太守。前太守率多求兵馬,綱獨請單車之職。既到,逕詣嬰壘門; 嬰大驚,遽走閉壘。綱於門外罷遣吏兵,獨留所親者十餘人,以書喻嬰,請與相見。嬰 見綱至誠,乃出拜謁。綱延置上坐,譬之曰:「前後二千石多肆貪暴,故致公等懷憤相 聚。二千石信有罪矣,然為之者又非義也。今主上仁聖,欲以文德服叛,故遣太守來, 思以爵祿相榮,不願以刑罰相加,今誠轉禍為福之時也。若聞義不服,天子赫然震怒, 荊、揚、兗、豫大兵雲合,身首橫分,血嗣俱絕。二者利害,公其深計之!」

ときに広陵の賊・張嬰は、揚州と徐州を、10余年も乱した。いまの太守は、張嬰を制さず。梁冀は張綱を、広陵太守にした。前任はおおく兵馬を求めたが、張綱は1台の車だけを求めて着任した。張綱は、張嬰を説得した。
「前任の広陵太守は、貪暴だった。あなた(張嬰)が憤ったのも、もっとも。さて2択だ。私(張綱)に降伏するか。荊揚兗豫4州の兵と戦い、一族を皆殺しにされるか。どっちがよいか、よく考えなさい」と。

嬰聞,泣 下曰:「荒裔愚民,不能自通朝廷,不堪侵枉,遂復相聚偷生,若魚游釜中,知其不可 久,且以喘息須臾間耳!今聞明府之言,乃嬰等更生之辰也!」乃辭還營。明日,將所 部萬餘人與妻子面縛歸降。綱單車入嬰壘,大會,置酒為樂,散遣部眾,任從所之;親 為卜居宅、相田疇;子弟欲為吏者,皆引召之。人情悅服,南州晏然。朝廷論功當封, 梁冀遏之。在郡一歲,卒;張嬰等五百餘人為之制服行喪,送到犍為,負土成墳。詔拜 其子續為郎中,賜錢百萬。

張嬰は泣いた。「張綱さんに降ります」と。翌日に張嬰は、1万余人をひきい、妻子とともに面縛して降った。

『考異』はいう。『後漢書』順帝紀は、9月に張嬰が郡県を寇したという。また、この歳、張嬰は張綱に降ったという。張綱伝では、「寇乱すること10余年」となる。つまり142年9月に、はじめて張嬰が寇したのではない。袁紀は、張嬰の降伏を、8月と10月のあいだに置く。だから司馬光は、9月に張嬰が降伏する記事をおく。

張綱は、張嬰と酒を飲んだ。朝廷は南州がしずまったから、張嬰をほめた。順帝は張綱を封じようとしたが、梁冀がとめた。広陵に1年いて、張綱は死んだ。張嬰ら5百余人は、張嬰の喪をおこない、犍為で墓土をせおった。順帝は、張綱の子・張続を郎中にした。銭1百万をあたえた。

広陵あたりですら「南州」という。交州でなく、徐州南部や揚州が、すでに「南」なんだ。三国を捉えるとき、気に留めたい。そして張嬰は、益州の犍為まで行ったのか。とおいなあ。それだけ、慕われたって意味だが。


142年、貪汚の風潮にあらがう3人の地方官

是時,二千石長吏有能政者,有雒陽令渤海任峻、冀州刺史京兆蘇章、膠東相陳留 吳祐。雒陽令自王渙之後,皆不稱職。峻能選用文武吏,各盡其用,發奸不旋踵,民間 不畏吏,其威禁猛於渙,而文理政教不如也。

このとき、太守で善政する人は以下の3人だ。雒陽令する渤海の任峻、冀州刺史する京兆の蘇章、膠東相する陳留の 吳祐である。
雒陽令は、王渙のあと、すぐれた人がいなかった。いま洛陽令の任峻は、人材をもちいた。任峻は、王渙よりきびしく取り締まった。だが文理や政教は、王渙のときほど、行き渡らなかった。

王渙は、『資治通鑑』48巻にある。和帝の元興元年。


章為冀州刺史,有故人為清河太守,章行 部,欲案其奸臧,乃主太守為設酒餚,陳平生之好甚歡。太守喜曰:「人皆有一天,我 獨有二天!」章曰:「今夕蘇孺文與故人飲者,私恩也;明日冀州刺史案事者,公法 也。」遂舉正其罪,州境肅然。後以摧折權豪忤旨,坐免。時天下日敝,民多愁苦,論 者日夜稱章,朝廷遂不能復用也。

蘇章は、冀州刺史となった。かつての恩人が、清河太守である。清河太守は、ワイロしている。蘇章は、清河太守と酒を飲んだ。清河太守は、冀州刺史の蘇章がワイロを見のがしてくれると思い、言った。「みな人には、天が1つある。だが私には、天が2つある」と。だが蘇章は、許さない。「清河太守には私恩があるので、酒を飲みました。でも冀州刺史の役割は、公務です」と。蘇章は、清河太守の罪をただした。冀州は、粛然とした。

清河太守の姓名が、書いてない。なぜだろう。不名誉だから?史家の親戚? 文脈から推測すると、梁冀にきわめて近い人だったみたいだ。順帝が遠慮している。
清河太守が言った2つめの天は、蘇章か?梁冀か? 胡三省の解釈では、蘇章が2つめの天である。「キミを天として仰ぐから、便宜をはかってね」と。だがぼくは、梁冀だと思う。「順帝にならぶ梁冀が、後ろ盾にいる。だから私のワイロを、弾劾するんじゃないぞ」と。清河太守は、蘇章にコビたのでなく、脅したのだ。

のちに蘇章は、梁冀を批判した。天下の民は、蘇章をほめたが、順帝は蘇章をもちいず。

祐為膠東相,政崇仁簡,民不忍欺。嗇夫孫性,私賦 民錢,市衣以進其父,父得而怒曰:「有君如是,何忍欺之!」促歸伏罪。性慚懼詣閣, 持衣自首。祐屏左右問其故,性具談父言。祐曰:「掾以親故受污穢之名,所謂『觀過 斯知仁矣。』」使歸謝其父,還以衣遺之。

呉祐は、膠東相となった。

胡三省はいう。膠東は、侯国だ。北海国に属す。

呉祐の部下・嗇夫の孫性は、税金をフトコロにいれた。父に布をわたした。

胡三省は『百官志』をひく。嗇夫は、県ごとに1人おく。民の善悪を知り、労役の先後をきめる。民の貧富を知り、税の多少をきめる。負担を平等にする。

孫性の父は怒って、孫性を呉祐に自首させた。呉祐は、孫性の父をほめた。「親族の不正をあばくのは、すばらしい」と。孫性の父に謝し、布をあげた。

142年冬、燒何羌のほかが降り、三輔が平穏

冬,十月,辛未,太尉桓焉、司徒劉壽免。
罕羌邑落五千餘戶詣趙沖降,唯燒何種據參絲未下。甲戌,罷張喬軍屯。 十一月,壬午,以司隸校尉下邳趙峻為太尉,大司農胡廣為司徒。

142年冬10月辛未、太尉の桓焉と、司徒の劉壽を免ず。罕羌の邑落5千余戶が、趙沖に降った。ただ燒何種だけが參県にいて、後漢に降らない。10月甲戌、張喬を軍屯からもどした。

胡三省はいう。參県は、安定郡に属す。
ぼくは補う。141年11月庚子、執金吾の張喬に、車騎将軍を代行させ、三輔においた。たった1年で、張喬をおいた効果があらわれた。すごい。

142年11月壬午、司隸校尉をする下邳の趙峻を太尉とした。大司農の胡廣を司徒とした。101128

inserted by FC2 system