表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

141年、梁商が死に、梁冀がつぐ

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

141年春、東西の羌族があわさる

孝順皇帝下永和六年(辛巳,公元一四一年)
」 春,正月,丙子,征西將軍馬賢與且凍羌戰於射姑山,賢軍敗;賢及二子皆沒,東、 西羌遂大合。閏月,鞏唐羌寇隴西,遂及三輔,燒園陵,殺掠吏民。

141年春正月丙子、征西將軍の馬賢は、射姑山で且凍羌に敗れた。馬賢とその2子は、死んだ。東西の羌族が、大合した。

胡三省はいう。東羌は、安定、北地、西河にいる。西羌は、隴西、漢陽、金城の塞外にいる。これが合わさった。

閏月、鞏唐羌が、隴西を寇した。ついに三輔を寇した。園陵(前漢の陵墓)を焼き、吏民を殺掠した。

二月,丁巳,有星孛於營室。
三月,上巳,大將軍商大會賓客,宴於雒水;酒闌,繼以《韭露之歌》。從事中郎 周舉聞之,歎曰:「此所謂哀樂失時,非其所也,殃將及乎!」

141年2月丁巳、彗星が營室にでた。

胡三省は『晋書』天文志をひく。營室とは、天子の領域だ。また軍糧の府と、土木の領域でもある。ぼくは補う。「星空の領域」って、変な訳だなあ。

141年3月上巳、大將軍の梁商とは、おおく賓客をあつめ、雒水で宴した。《韭露之歌》を歌って酒をまわした 。從事中郎 の周舉は、宴の様子を聞いて歎じた。「この非常時(羌族の大合)に、何をやってるんだ。羌族と戦っている将軍に、災禍がおよぶ」と。

胡三省はいう。3月上巳とは、3月3日だ。《韭露之歌》は、死をいたむ挽歌である。周挙のなげき「哀樂失時」とは、『左伝』からの引用。
例えれば。知人の手術中に、となりで読経するようなKYである。


武都太守趙沖追擊鞏唐羌,斬首四百餘級,降二千餘人。詔沖督河西四郡兵為節度。

武都太守の趙沖は、鞏唐羌の首級400余をとった。2千余人をくだした。趙沖は、河西4郡の節度をうけた。

安定上計掾皇甫規上疏曰:「臣比年以來,數陳便宜:羌戎未動,策其將反;馬賢 始出,知其必敗。誤中之言,在可考校。臣每惟賢等擁眾四年,未有成功,縣師之費, 且百億計,出於平民,回入奸吏。故江湖之人,群為盜賊,青、徐荒饑,襁負流散。夫 羌戎潰叛,不由承平,皆因邊將失於綏御,乘常守安則加侵暴,苟競小利則致大害,微 勝則虛張首級,軍敗則隱匿不言。軍士勞怨,困於猾吏,進不得快戰以徼功,退不得溫 飽以全命,餓死溝渠,暴骨中原;徒見王師之出,不聞振旅之聲。酋豪泣血,驚懼生變, 是以安不能久,叛則經年,臣所以搏手扣心而增歎者也!願假臣兩營、二郡屯列坐食之 兵五千,出其不意,與趙沖共相首尾。土地山谷,臣所曉習;兵勢巧便,臣已更之;可 不煩方寸之印,尺帛之賜,高可以滌患,下可以納降。若謂臣年少、官輕,不足用者, 凡諸敗將,非官爵之不高,年齒之不邁。臣不勝至誠,沒死自陳!」帝不能用。

安定の上計掾をする皇甫規は、上疏した。
「馬賢は4年も出陣していますが、功績なし。費用は100億し、負担が大きい。ゆえに江湖の人は、青州と徐州で盗賊する。馬賢と趙沖を代えて、私に兵5千をつけ、安定と隴西を任せなさい。官位や年齢が低くても、私は勝ちます」と。
順帝は、皇甫規をもちゐず。

庚子,司空郭虔免。丙午,以太僕趙戒為司空。

3月庚子、司空の郭虔をやめた。3月丙午、太僕の趙戒が司空に。

141年夏、西河と北地でたたかう

夏,使匈奴中郎將張耽、度遼將軍馬續率鮮卑到谷城,擊烏桓於通天山,大破之。 鞏唐羌寇北地。北地太守賈福與趙衝擊之,不利。

141年夏、匈奴中郎将の張耽と、度遼将軍の馬続は、鮮卑をひきいて谷城にきた。烏桓を、通天山で破った。

胡三省はいう。谷城は、西河郡にある。谷羅県だ。通天は、とても高いから、こう呼ぶ。土軍県の石楼山だ。

鞏唐羌が、北地を寇した。北地太守の賈福は、趙衝と迎撃したが、負けた。

141年秋、梁商が死に、梁冀がつぐ

秋,八月,乘氏忠侯梁商病篤,敕子冀等曰:「吾生無以輔益朝廷,死何可耗費帑 藏!衣衾、飯含、玉匣、珠貝之屬,何益朽骨!百僚勞擾,紛華道路,只增塵垢耳。宜 皆辭之。」丙辰,薨;帝親臨喪。諸子欲從其誨,朝廷不聽,賜以東園秘器、銀鏤、黃 腸、玉匣。及葬,賜輕車、介士,中宮親送。帝至宣陽亭,瞻望車騎。壬戌,以河南尹、 乘氏侯梁冀為大將軍,冀弟侍中不疑為河南伊。

141年秋8月、乘氏忠侯の梁商は、病があつい。子の梁冀に言った。「死んだら、財産は持っていけない。派手な品物は、すべて辞退すること」と。8月丙辰、梁商は死んだ。順帝は、梁商の遺言をゆるさず、派手な葬儀をした。順帝は、宣陽亭で梁商を見送った。

派手な品物、胡三省の注釈ははぶく。
胡三省は賢をひく。すべて城門には、それぞれ亭がある。順帝は、宣陽門の亭にきた。だが『続漢志』を見ると、洛陽城には12門あるが、宣陽門はない。魏晋のとき、宣陽門ができた。真南である。後漢のときは、平城門といった。

8月壬戌、順帝は、河南尹の梁冀を大將軍とした。梁冀の弟・侍中の梁不疑を、河南伊とした。

順帝の権力が、梁氏を根拠にしていたとしか、思えない厚遇ぶりだ。梁商の前、梁氏は、どんなだったか。以前、『後漢書』をかるく引用した。
破壊者・梁冀の血の成分
梁商が死に、ほぼ自動的に梁冀を用いたことを、司馬光が批判する。つぎ。


臣光曰:成帝不能選任賢俊,委政舅家,可謂暗矣;猶知王立之不材,棄而不用。 順帝援大柄,授之後族,梁冀頑嚚兇暴,著於平昔,而使之繼父之位,終於悖逆,蕩覆 漢室;校於成帝,暗又甚焉!

司馬光は考える。前漢の成帝は、賢俊な人を選任できない。ただ外戚に、政治をゆだねた。成帝は、暗君だ。外戚の王立がわるい人材なのに、成帝は王立を用いた。

胡三省はいう。『資治通鑑』32巻、元延元年(前12年)にある。

ふだんから梁冀は、頑嚚兇暴だとバレバレだ。だが順帝は、梁冀に父をつがせた。漢室を滅ぼす判断だ。順帝は、成帝より暗君ぶりが、ひどいなあ。

初,梁商病篤,帝親臨幸,問以遺言。對曰:「臣從事中郎周舉,清高忠正,可重 任也。」由是拜舉諫議大夫。
九月,諸羌寇武威。 辛亥晦,日有食之。

はじめ梁商が倒れたとき、みずから順帝は見舞い、梁商に聞いた。梁商は答えた。「従事中郎の周挙は、清高忠正だ。周挙を重く用いなさい」と。順帝は周挙を、諌議大夫にした。

司馬光は、暗に「梁冀でなく、周挙に政権をゆだねるべきだ」と言ったか。
胡三省は『続漢志』をひく。前漢武帝の元狩五年、諌大夫をおいた。光武帝が、諌議大夫とした。

141年9月、諸羌が武威を寇した。9月辛亥みそか、日食。

141年冬、三輔に張喬、荊州と泰山に李固

冬,十月,癸丑,以羌寇充斥,涼部震恐,復徙安定居扶風,北地居馮翊。十一月, 庚子,以執金吾張喬行車騎將軍事,將兵萬五千人屯三輔。

141年冬10月癸丑、羌族を涼州が恐れた。ふたたび安定を扶風に、北地を馮翊にうつした。

胡三省はいう。永建四年(129年)2郡の郡治をもどした。また、うつした。ぼくは補う。安定と扶風を、内地にひっこめたのだ。

11月庚子、執金吾の張喬が、車騎將軍事を行ねた。李固は5万をひきい、三輔に屯した。

「行ねる」を「かねる」と読むのは、さすがにムリかなあ。
安定や北地を、ろくに保てないのは、後漢のときから。三輔は、最前線だ。曹操だけが、下手だったのではない。


荊州盜賊起,彌年不定;以大將軍從事中郎李固為荊州刺史。固到,遣吏勞問境內, 赦寇盜前釁,與之更始。於是賊帥夏密等率其魁黨六百餘人自縛歸首,固皆原之,遣還, 使自相招集,開示威法;半歲間,餘類悉降,州內清平。

荊州の盗賊は、数年定まらない。大將軍從事中郎の李固を、荊州刺史とした。半年で、夏密ら6百余人を手なずけた。

奏南陽太守高賜等臧穢;賜等 重賂大將軍梁冀,冀為之千里移檄,而固持之愈急,冀遂徙固為泰山太守。時泰山盜賊 屯聚歷年,郡兵常千人追討,不能制;固到,悉罷遣歸農,但選留任戰者百餘人,以恩 信招誘之。未滿歲,賊皆弭散。

李固は、南陽太守の高賜の収賄を、上奏した。高賜は、梁冀にワイロしていた。梁冀は李固を、泰山太守にした。泰山も数年、定まらない。1年もせず、泰山の賊も散った。101127

inserted by FC2 system