表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

140年、南匈奴、烏桓、羌胡が連合

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

140年春、馬続が南匈奴をなだめる

孝順皇帝下永和五年(庚辰,公元一四零年)
春,二月,戊申,京師地震。南匈奴句龍王吾斯、車紐等反,寇西河;招誘右賢王合兵圍美稷,殺朔方、代郡長 吏。
夏,五月,度遼將軍馬續與中郎將梁並等發邊兵及羌、胡合二萬餘人掩擊,破之。 吾斯等復更屯聚,攻沒城邑。天子遣使責讓單于;單于本不預謀,乃脫帽避帳,詣並謝 罪。並以病徵,五原太守陳龜代為中郎將。龜以單于不能制下,逼迫單于及其弟左賢王 皆令自殺。龜又欲徙單于近親於內郡,而降者遂更狐疑。龜坐下獄,免。

140年春2月戊申、京師で地震。
南匈奴の句龍王・吾斯と、車紐らが、西河を寇した。右賢王とあわさり、美稷をかこむ。朔方と代郡の長吏を殺した。
夏5月、度遼将軍の馬続と、匈奴中郎将の梁並は、羌族と胡族を2万あつめ、南匈奴を破った。
順帝は、南匈奴の単于をせめた。単于は、反乱に関与しないが、梁並に謝った。梁並が病なので、五原太守の陳龜が匈奴中郎将になる。
いま単于は、南匈奴を統制できていない。陳亀は単于と、弟の左賢王らを自殺させた。陳亀は、単于の親族を、内地にうつしたい。陳亀のムリな政策を、匈奴は狐疑した。陳亀は、クビになった。

南匈奴の単于が、どこまで後漢に従わねばならないか。微妙な力加減だ。陳亀はやり過ぎたが、誰でもやりかねないこと。


大將軍商上表曰:「匈奴寇畔,自知罪極。窮鳥困獸,皆知救死,況種類繁熾,不 可單盡。今轉運日增,三軍疲苦,虛內給外,非中國之利。度遼將軍馬續,素有謀謨, 且典邊日久,深曉兵要;每得續書,與臣策合。宜令續深溝高壁,以恩信招降,宣示購 賞,明為期約。如此,則丑類可服,國家無事矣。」帝從之,乃詔續招降畔虜。

大将軍の梁商は、上表した。「南単于は、罪を認めた。獣ですら、窮鳥を殺さない。陳亀は、やりすぎた。いま匈奴と戦争するのは、キツい。さて、度遼将軍の馬続は、見識がたかい。馬続の書類を見ると、私(梁商)とおなじ意見だ。馬続に匈奴を任せたい」と。
順帝は、梁商をみとめた。馬続は畔で、匈奴の投降をさそった。

【追記】T_S氏はいう。(引用はじめ)
「馬続は畔で、匈奴の投降をさそった。」ではなく、「馬続は匈奴から背いた者の投降を誘った」ではないでしょうか。「畔虜」は「叛した虜」のことではないかと。(引用おわり)ありがとうございました。


商又移 書續等曰:「中國安寧,忘戰日久。良騎野合,交鋒接矢,決勝當時,戎狄之所長而中 國之所短也;強弩乘城,堅營固守,以待其衰,中國之所長而戎狄之所短也。宜務先所 長以觀其變,設購開賞,宣示反悔,勿貪小功以亂大謀。」於是右賢王部抑鞮等萬三千 口皆詣續降。
己丑晦,日有食之。

梁商は、馬続に手紙した。
「直接の戦闘は、漢族より戎狄がうまい。城を守って、敵が衰えるのを待つのは、戎狄より漢族がうまい。この長所を活かして、うまく守れ。匈奴にあやまり、和睦をせよ。馬続が目先の手柄をほしがり、匈奴と戦ってはいけない」と。
匈奴の右賢王は、抑鞮ら1万3千をつれ、後漢に降った。
2月己丑みそか、日食した。

初,那離等既平,朝廷以來機為并州刺史,劉秉為涼州刺史。機等天性虐刻,多所 擾發;且凍、傅難種羌遂反,攻金城,與雜種羌、胡大寇三輔,殺害長吏。機、秉並坐 征。於是拜馬賢為征西將軍,以騎都尉耿叔為副,將左右羽林五校士及諸州郡兵十萬人 屯漢陽。

はじめ、南匈奴の那離らは、大人しかった。朝廷が、來機を并州刺史に、劉秉を涼州刺史にした。2人の刺史がムチャするから、羌族の反乱をまねいた。羌族や胡族は、三輔を寇して、長吏を殺した。2人の刺史は、クビだ。

異民族への匙加減は、ほんとうに難しいのだろう。失敗した2人の刺史は「天性虐刻」と原文にある。失敗が、個人の性格のせいにされている。ちがう。後漢に、確固たる方針がないから、ブレるのだ。
いま思いつく限りをかく。史書のウソを疑うのは、以下4つのとき。1つ、著者が事件に関係するとき。2つ、毀誉褒貶が極端なとき。3つ、出来事の原因が、個人のキャラだけで、説明されているとき。4つ、セリフが詳細で、おもしろすぎるとき。など。

馬賢が征西将軍となり、騎都尉の耿叔が馬賢の副官となり、左右羽林の五校士と、諸州郡の兵10万をひきいて、漢陽に屯した。

140年秋冬、張耽が馬邑で、匈奴と大決戦

九月,令扶風、漢陽築隴道塢三百所,置屯兵。 辛未,太尉王龔以老病罷。 且凍羌寇武都,燒隴關。 壬午,以太常桓焉為太尉。 匈奴句龍王吾斯等立車紐為單于,東引烏桓,西收羌、胡等數萬人攻破京兆虎牙營, 殺上郡都尉及軍司馬,遂寇掠並、涼、幽、冀四州。乃徙西河治離石,上郡治夏陽,朔 方治五原。

140年9月、扶風と漢陽に、隴道塢を3百築かせた。
9月辛未、太尉の王龔は、老いてやめた。羌族が武都を寇し、隴山の関を焼いた。9月壬午、太常の桓焉を、太尉にした。
匈奴の句龍王・吾斯らは、車紐を単于にした。東に烏桓,西に羌胡らをおさめ、数万で京兆の軍営をやぶった。上郡都尉と、軍司馬を殺した。ついに匈奴は、並、涼、幽、冀の4州を寇掠した。
西河の郡治を、平定県から離石にうつした。上郡の郡治を、夏陽にうつした。朔 方の郡治を、五原にうつした。

匈奴、烏桓、羌胡があわさった。超やばい。曹操の時代も、ほんの数十年前に、後漢の北部がまるまる危なかった記憶があった。よく覚えておきたい。


十二月,遣使匈奴中郎將張耽將幽州、烏桓諸郡營兵擊車紐等,戰於馬邑, 斬首三千級,獲生口甚眾。車紐乞降,而吾斯猶率其部曲與烏桓寇鈔。

140年12月、匈奴中郎將の張耽は、幽州と烏桓の兵をひきいた。張耽は、車紐らと馬邑で戦った。3千の首級をとり、おおく生け捕った。車紐は降った。だが吾斯は、烏桓と寇鈔をつづけた。

馬邑って、どこだっけ。かるく、特大の決戦だ。注目すべきだ。


馬融が、馬賢にクレームする

初,上命馬賢討西羌,大將軍商以為賢老,不如太中大夫宋漢;帝不從。漢,由之 子也。賢到軍,稽留不進。武都太守馬融上疏曰:「今雜種諸羌轉相鈔盜,宜及其未並, 亟遣深入,破其支黨;而馬賢等處處留滯。羌、胡百裡望塵,千里聽聲,今逃匿避回, 漏出其後,則必侵寇三輔,為民大害。臣願請賢所不可,用關東兵五千,裁假部隊之號, 盡力率厲,埋根、行首以先吏士;三旬之中,必克破之。臣又聞吳起為將,暑不張蓋, 寒不披裘;今賢野次垂幕,珍餚雜遝,兒子侍妾,事與古反。臣懼賢等專守一城,言攻 於西而羌出於東,且其將士將不堪命,必有高克潰叛之變也。」安定人皇甫規亦見賢不 恤軍事,審其必敗,上書言狀。朝廷皆不從。

はじめ大将軍の梁商は、馬賢が老いたから、太中大夫の宋漢に代えようとした。宋漢は、宋由の子だ。

胡三省はいう。宋由は、章帝と和帝のとき、三公になった。

馬賢は、軍を進めない。
武都太守の馬融は、上疏した。「馬賢は、羌胡を攻めない。もし馬賢が滞留していると羌胡バレたら、三輔が攻撃される。私(馬融)に任せなさい。古代の名将・呉起は、暑さ寒さに耐えて戦った。だが馬賢は、ぬくぬくしている。馬賢では務まらない」と。安定の皇甫規も、馬賢は務まらないと言った。しかし順帝は、馬賢を代えない。101127

『後漢書』馬賢伝は、必ず読まねば!

inserted by FC2 system