表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

125年春、安帝が死に、閻氏が劉懿を立てる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

125年春、安帝が死に、閻氏が劉懿を立てる

孝安皇帝下延光四年(乙丑,公元一二五年) 春,二月,乙亥,下邳惠王衍薨。 甲辰,車駕南巡。 三月,戊午朔,日有食之。 庚申,帝至宛,不豫。乙丑,帝發自宛;丁卯,至葉,崩於乘輿。年三十二。

125年春2月乙亥、下邳惠王の劉衍が薨じた。 2月甲辰、安帝の車駕は南巡した。 3月戊午ついたち、日食あり。3月庚申、安帝は宛につき、体調わるい。3月乙丑、安帝は宛県をたつ。3月丁卯、葉県につく。安帝は、乘輿で崩じた。32歳。

皇後與閻顯兄弟、江京、樊豐等謀曰:「今晏駕道次,濟陰王在內,邂逅公卿立之, 還為大害。」乃偽云「帝疾甚」,徙御臥車,所在上食、問起居如故。驅馳行四日,庚 午,還宮。辛未,遣司徒劉熹詣郊廟、社稷,告天請命;其夕,發喪。尊皇後曰皇太后。 太后臨朝。以顯為車騎將軍、儀同三司。太后欲久專國政,貪立幼年,與顯等定策禁中, 迎濟北惠王子北鄉侯懿為嗣。濟陰王以廢黜,不得上殿親臨梓宮,悲號不食;內外群僚 莫不哀之。 甲戌,濟南孝王香薨,無子,國絕。乙酉,北鄉侯即皇帝位。

閻皇后と閻顯の兄弟と、江京、樊豐らは、謀った。「いま晏駕は道中だ。濟陰王の劉保は、京師にいる。公卿が、劉保を皇帝にする。私たちには大害だ」と。そこで「安帝は病気だ」と偽る。生前のように、食事をあげ、起居を問う。4日、驅馳して、3月庚 午、還宮した。3月辛未、司徒の劉熹は、郊廟・社稷にゆき、天命を告請した。その日の夕、安帝の喪を発した。閻皇后を尊び、閻太后とした。閻太后は臨朝した。
閻顯を車騎將軍、儀同三司とした。閻氏は、濟北惠王(劉寿)の子・北鄉侯の劉懿に嗣がせる。劉保は廢黜され、上殿できない。悲號して食べず。內外群僚は、劉保を哀しんだ。 3月甲戌、濟南孝王の劉香が薨じた。子なく、国を除く。3月乙酉、劉懿は皇帝となる。

125年夏、閻顯が、耿寶や樊豐らを除く

夏,四月,丁酉,太尉馮石為太傅,司徒劉熹為太尉,參錄尚書事,前司空李郃為 司徒。

125年夏4月丁酉、太尉の馮石を、太傅とする。司徒の劉熹を、太尉とし、錄尚書事を参じる。さきの司空の李郃を、司徒とする。

閻顯忌大將軍耿寶位尊權重,威行前朝,乃風有司奏「寶及其黨與中常侍樊豐、虎 賁中郎將謝惲、侍中周廣、野王君王聖、聖女永等更相阿黨,互作威福,皆大不道。」 辛卯,豐、惲、廣皆下獄,死;家屬徙比景。貶寶及弟子林慮侯承皆為亭侯,遣就國; 寶於道自殺。王聖母子徙雁門。於是以閻景為衛尉,耀為城門校尉,晏為執金吾,兄弟 並處權要,威福自由。
己酉,葬孝安皇帝於恭陵,廟曰恭宗。 六月,乙巳,赦天下。

閻顯は、大將軍の耿寶がジャマだ。耿寶は、官位が高く、安帝のとき威行した。閻顯は、有司に吹きこむ。「耿寶および、耿寶の党与である、中常侍の樊豐、虎賁中郎將の謝惲、侍中の周廣、野王君の王聖、王聖の娘・王永らは、みな徒党をくみ、大いに不道した」と。

ぼくは思う。宦官や乳母は、耿寶とつらなり、閻顯とは敵だったのか。耿寶の列伝を、読まねばならん。安帝の時代を、理解できるかも知れない。

4月辛卯、閻顯が敵視した人は、みな獄死した。家屬は比景にうつる。耿寶および、弟の子・林慮侯の耿承を、亭侯とし、国にゆかす。耿寶は、道中で自殺した。

胡三省はいう。牟平侯の耿舒は、子が耿襲である。耿襲は、章帝の娘・隆慮公主をめとる。耿寶がつぎ、封地をつぐ。だが弟の子の耿承は、公主の封地をつぎ、林慮侯となる。林慮侯とは、隆慮侯のことだ。殤帝の名が劉隆だから、これを避けた。
ぼくは補う。殤帝は、民間で養育され、いきなり鄧太后が連れてきた。諱がかぶっても、仕方ないか。章帝の娘の嫁ぎ先が、この時代にキーとなりそう。リストアップしたい。

王聖の母子は、雁門にうつる。ここにおいて、閻景を衛尉、閻耀を城門校尉、閻晏を執金吾とし、閻氏の兄弟が權要を独占した。威福は自由だ。
4月己酉、安帝を恭陵に葬り、廟を恭宗という。6月乙巳、天下を赦した。

125年冬10月、劉懿が死ぬ

秋,七月,西域長史班勇發敦煌、張掖、酒泉六千騎及鄯善、疏勒、車師前部兵擊 後部王軍就,大破之,獲首虜八千餘人,生得軍就及匈奴持節使者,將至索班沒處斬之, 傳首京師。

125年秋7月、西域長史の班勇は、後部王を大破した。索班は、北匈奴の使者の首を、京師に届けた。

冬,十月,丙午,越巂山崩。
北鄉侯病篤,中常侍孫程謂濟陰王謁者長興渠曰:「王以嫡統,本無失德。先帝用 讒,遂至廢黜。若北鄉侯不起,相與共斷江京、閻顯,事無不成者。」渠然之。又中黃 門南陽王康,先為太子府史,及長樂太官丞京兆王國等並附同於程。江京謂閻顯曰: 「北鄉侯病不解,國嗣宜以時定,何不早征諸王子,簡所置乎!」顯以為然。辛亥,北 鄉侯薨。顯白太后,秘不發喪,而更征諸王子,閉宮門,屯兵自守。

125年冬10月丙午、越巂山が崩れた。
皇帝の劉懿は、病が篤い。中常侍の孫程は、劉保の謁者する長興渠に言った。「もし劉保が立たねば、江京や閻顯を斬ってでも、劉保を皇帝としよう」と。長興渠は、孫程に同意した。 また中黃門する南陽の王康は、さきに太子府史となる。長樂太官丞する京兆の王國らとともに、孫程に同意した。
江京は、閻顯に言う。「劉懿は病気が治らない。皇子を集めよ」と。閻顯は同意した。10月辛亥、皇帝の劉懿は薨じた。閻太后は、劉懿の死を秘し、皇子を集めた。宮門を閉じ、兵が守る。

次回、劉保が順帝となります。つづく。

inserted by FC2 system