表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

124年、皇太子・劉保が廃される

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

124年春2月、樊豐が楊震に、鴆毒を飲ます

孝安皇帝三年(甲子,公元一二四)
春,正月,班勇至樓蘭,以鄯善歸附,特加三綬,而龜茲王白英猶自疑未下。勇開 以恩信,白英乃率姑墨、溫宿,自縛詣勇,因發其兵步騎萬餘人到車師前王庭,擊走匈 奴伊蠡王於伊和谷,收得前部五千餘人,於是前部始復開通。還,屯田柳中。 二月,丙子,車駕東巡。辛卯,幸泰山。三月,戊戌,幸魯,還,幸東平,至東郡, 歷魏郡、河內而還。

124年春正月、班勇は樓蘭にゆき、北匈奴を破り、前部王と開通した。班勇は、柳中にもどる。
124年2月丙子、安帝の車駕は東巡した。2月辛卯、泰山にゆく。3月戊戌、魯郡、東平、東郡、魏郡、河內をとおって、京師にかえる。

初,樊豐、周廣、謝惲等見楊震連諫不從,無所顧忌,遂詐作詔書,調發司農錢谷、 大匠見徒材木,各起家捨、園池、廬觀,役費無數。震復上疏曰:「臣備台輔,不能調 和陰陽,去年十二月四日,京師地動,其日戊辰;三者皆土,位在中宮,此中臣、近官 持權用事之象也。臣伏惟陛下以邊境未寧,躬身菲薄,宮殿垣屋傾倚,枝拄而已。而親 近幸臣,未崇斷金,驕溢逾法,多請徒士,盛修第捨,賣弄威福,道路讙嘩,地動之變, 殆為此發。又,冬無宿雪,春節未雨,百僚焦心,而繕修不止,誠致旱之征也。惟陛下 奮乾剛之德,棄驕奢之臣,以承皇天之戒!」震前後所言轉切,帝既不平之,而樊豐等 皆側目憤怨,以其名儒,未敢加害。

はじめ安帝は、楊震を無視した。だから、樊豐、周廣、謝惲らは、詔書を偽造して、司農にある金銭や穀物、大匠にある材木をつかい、私物を建造した。楊震が、安帝を諌めた。「国家の財産が、浪費されている」と。 安帝が楊震を気にとめると、樊豐らは楊震を憤怨した。だが楊震が名儒だから、楊震に危害を加えられない。

會河間男子趙騰上書指陳得失,帝發怒,遂收考詔 獄,結以罔上不道。震上疏救之曰:「臣聞殷、周哲王,小人怨詈,則還自敬德。今趙 騰所坐,激訐謗語,為罪與手刃犯法有差,乞為虧除,全騰之命,以誘芻蕘輿論人之 言。」帝不聽,騰竟伏屍都市。

たまたま河間の男子・趙騰が、上書で得失をのべた。安帝は怒り、下獄したい。楊震が、趙騰を弁護した。「古代の名君は、どんな小人の発言でも聞いた」と。安帝は楊震を聞かず、趙騰を殺した。

及帝東巡,樊豐等因乘輿在外,競修第宅,太尉部掾高 舒召大匠令史考校之,得豐等所詐下詔書,具奏,須行還上之,豐等惶怖。會太史言星 變逆行,遂共譖震雲:「自趙騰死後,深用怨懟;且鄧氏故吏,有恚恨之心。」

安帝が東巡すると、樊豐らは輿に乗り、第宅を競った。太尉部掾の高舒は、大匠令史を調べた。樊豐らが偽造した詔書を見つけた。樊豐は、偽造の発覚を恐れ、楊震をそしった。「趙騰(1段上を参照)が死に、楊震は安帝に怒る。また楊震は、鄧氏の故吏だから、安帝を恨む」と。

ぼくは思う。でっちあげにせよ、鄧氏が出てくるのが、おもしろい。汝南の袁氏は、鄧氏とからまない。弘農の楊氏は、鄧氏の故吏。このちがいが、影響するのか。


壬戌, 車駕還京師,便時太學,夜,遺使者策收震太尉印綬;震於是柴門絕賓客。豐等復惡之, 令大鴻臚耿寶奏:「震大臣,不服罪,懷恚望。」有詔,遣歸本郡。震行至城西幾陽亭, 乃慷慨謂其諸子、門人曰:「死者,士之常分。吾蒙恩居上司,疾奸臣狡猾而不能誅, 惡嬖女傾亂而不能禁,何面目復見日月!身死之日,以雜木為棺,布單被,裁足蓋形, 勿歸塚次,勿設祭祀!」因飲鴆而卒。

124年2月壬戌、安帝の車駕は、京師にもどる。楊震から、太尉の印綬を取りあげた。楊震は閉門した。樊豐は、大鴻臚の耿寶に上奏させた。「楊震は大臣のくせに、罪に服さない」と。安帝は、楊震を故郷に帰した。
楊震は、鴆毒を飲んで死んだ。

いまぼくは、儒教の善玉と悪玉が、戦っているようにしか見えない。その限りにおいて、楊震伝のエピソードは、少しもおもしろくない。だから、抄訳してます。安帝の時代、べつの読み方ができるのかなあ。複雑さが足りないんだ。


弘農太守移良承樊豐等旨,遣吏於陝縣留停震喪, 露棺道側,謫震諸子代郵行書;道路皆為隕涕。太僕征羌侯來歷曰:「耿寶托元舅之親,榮寵過厚,不念報國恩,而傾側奸臣,傷 害忠良,其天禍亦將至矣。」歷,歙之曾孫也。

弘農太守の移良は、樊豐の意思をうけ、楊震の棺を暴かせた。道路の人は、みな隕涕した。 太僕・征羌(汝南)侯の來歷は言う。「耿寶は、外戚だ。耿寶は、忠良な楊震を傷害した。天禍が、耿寶にいたるだろう」と。来歴は、来歙の曾孫だ。

ぼくは思う。來歷は、コメントしてないで、楊震を助けてやれよ。


124年夏、度遼將軍の耿夔が、降人を逃がす

夏,四月,乙丑,車駕入宮。 戊辰,以光祿勳馮石為太尉。 南單于檀死,弟拔立,為烏稽侯屍逐鞮單于。時鮮卑數寇邊,度遼將軍耿夔與溫禺 犢王呼尤徽將新降者連年出塞擊之,還使屯列沖要。耿夔征發煩劇,新降者皆怨恨,大 人阿族等遂反,脅呼尤徽欲與俱去。呼尤徽曰:「我老矣,受漢家恩,寧死,不能相 隨!」眾所殺之,有救者,得免。阿族等遂將其眾亡去。中郎將馬翼與胡騎追擊,破之, 斬獲殆盡。 日南徼外蠻夷內屬。 六月,鮮卑寇玄菟。 庚午,閬中山崩。

124年夏4月乙丑、安帝の車駕は入宮した。 4月戊辰、光祿勳の馮石を太尉とした。 南單于が死に、弟が立つ。度遼將軍の耿夔は、新たに降った種族から、きびしく徴発したから、逃げられた。中郎將の馬翼が、追撃した。
日南の徼外にいる蠻夷が、內屬した。 6月、鮮卑が玄菟を寇した。 6月庚午、閬中山が崩れた。

124年秋、江京、樊豐が、皇太子を廃す

秋,八月,辛巳,以大鴻臚耿寶為大將軍。
王聖、江京、樊豐等譖太子乳母王男、廚監邴吉等,殺之,家屬徙比景;太子思男、 吉,數為歎息。京、豐懼有後害,乃與閻後妄造虛無,構讒太子及東宮官屬。帝怒,召 公卿以下,議廢太子。耿寶等承旨,皆以為當廢。九月,丁酉,廢皇太子保 為濟陰王,居於德陽殿西鐘下。

124年秋8月辛巳、大鴻臚の耿寶を大將軍とした。

ぼくは思う。耿寶は、どこ派の人間か。列伝で確かめたい。

王聖、江京、樊豐らは、太子の乳母・王男と、廚監の邴吉らを殺した。家屬を比景にうつす。太子(劉保)は、王男と邴吉をしたい、歎息した。江京、樊豐は、太子に復讐されるのを懼れ、閻皇后とともに、太子とその官属を構讒した。耿寶は、太子を廃せと言った。

太僕來歷與太常桓焉、廷尉犍為張皓 議曰:「經說,年未滿十五,過惡不在其身;且男、吉之謀,皇太子容有不知;宜選忠 良保傅,輔以禮義。廢置事重,此誠聖恩所宜宿留!」帝不從。焉,郁之子也。張皓退, 復上書曰:「昔賊臣江充造構讒逆,傾覆戾園,孝武久乃覺寤,雖追前失,悔之何及。 今皇太子方十歲,未習保傅之教,可遽責乎!」書奏,不省。

太僕の來歷と、太常の桓焉と、廷尉する犍為の張皓は、議した。「『書経』はいう。15歳未満なら、本人に責任がないと。忠良な保傅をつけて、太子を養育せよ」と。安帝は従わず。桓焉は、桓郁の子だ。
張皓は退き、ふたたび上書した。安帝は、省みず。 124年9月丁酉、皇太子の劉保を廃して、濟陰王とした。德陽殿の西鐘下におく。

124年秋、章帝の孫・来歴が、皇太子を弁護

來歷乃要結光祿勳示殳諷、宗正劉瑋、將作大匠薛皓、 侍中閭丘弘、陳光、趙代、施延、太中大夫九江硃倀等十餘人,俱詣鴻都門證太子無過。 帝與左右患之,乃使中常侍奉詔脅群臣曰:「父子一體,天性自然;以義割恩,為天下 也。歷、諷等不識大典,而與群小共為歡嘩,外見忠直而內希後福,飾邪違義,豈事君 之禮!朝廷廣開言事之路,故且一切假貸;若懷迷不反,當顯明刑書。」諫者莫不失色。

來歷は、光祿勳の[示殳]諷、宗正の劉瑋、將作大匠の薛皓、 侍中の閭丘弘、陳光、趙代、施延、太中大夫する九江の硃倀ら10余人と、鴻都門にゆき、太子の無実を証明した。安帝は、ウザいと思った。安帝は中常侍に命じ、群臣を脅した。「來歷や[示殳]諷らは、外見は忠直だが、太子に恩を売って、內に後福を望む。朝廷の決定に逆らったら、罰する」と。諫者は、顔色を失った。

薛皓先頓首曰:「固宜如明詔。」歷怫然,廷詰皓曰:「屬通諫何言,而今復背之?大 臣乘朝車,處國事,固得輾轉若此乎!」乃各稍自引起。歷獨守闕,連日不肯去。帝不 怒,尚書令陳忠與諸尚書遂共劾奏歷等,帝乃免歷兄弟官,削國租,黜歷母武安公主不 得會見。

薛皓は安帝に怖気づいたが、来歴は意見を変えない。安帝は怒り、尚書令の陳忠と、諸尚書に、来歴らを劾奏させた。安帝は、来歴の兄弟の官職を免じ、國租を削った。来歴を、来歴の母・武安公主と会えなくした。

胡三省はいう。國租とは、征羌国からの収入だ。武安とは、魏郡だ。武安公主とは、章帝の娘だ。ぼくは補う。来歴は、章帝の孫だ。安帝と同じだ。


隴西郡始還狄道。 燒當羌豪麻奴死,弟犀苦立。 庚申晦,日有食之。 冬,十月,上行幸長安;十一月,乙丑,還雒陽。 是歲,京師及諸郡國二十三地震,三十六大水、雨雹。

隴西郡が、はじめて狄道にもどる。

胡三省はいう。永初5年、隴西は郡治を、襄武にうつした。

燒當羌の麻奴が死に、弟が立つ。9月庚申みそか、日食した。124年冬10月、安帝は長安にゆく。11月乙丑、雒陽にかえる。この124年、京師および諸郡國23で、地震あり。郡国36で、大水、雨雹あり。101230

inserted by FC2 system