表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

122年、乳母の娘が、安帝の威勢をうわ回る

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

122年夏、幽州刺史と玄菟太守が、冤罪

孝安皇帝延光元年(壬戌,公元一二二年)
春,三月,丙午,改元,赦天下。 護羌校尉馬賢追擊麻奴,到湟中,破之,種眾散遁。

122年春3月丙午、延光と改元し、天下を赦した。

ぼくは思う。改元が、頻繁である。120年4月、永寧。121年7月、建光。122年3月、延光。政策の方針が決まっていない証拠でないか。もしくは、大赦しまくり、天下のご機嫌をとる作戦である。ろくでもない。笑

護羌校尉の馬賢は、羌族を湟中で破る。

夏,四月,癸未,京師、郡國二十一雨雹,河西雹大者如斗。 幽州刺史馮煥、玄菟太守姚光數糾發奸惡,怨者詐作璽書,譴責煥、光,賜以歐刀, 又下遼東都尉龐奮,使速行刑。奮即斬光,收煥。煥欲自殺,其子緄疑詔文有異,止煥 曰:「大人在州,志欲去惡,實無它故。必是兇人妄詐,規肆奸毒。願以事自上,甘罪 無晚。」煥從其言,上書自訟,果詐者所為,征奮,抵罪。 癸巳,司空陳褒免。五月,庚戌,宗正彭城劉授為司空。 己巳,封河間孝王子德為安平王,嗣樂成靖王后。 六月,郡國蝗。

122年夏4月癸未、京師と郡國21で雨雹。河西の雹は、斗ぐらいの大きさ。
幽州刺史の馮煥と、玄菟太守の姚光は、しばしば奸惡を糾發した。怨んだ人が、馮煥と姚光を、罪におとした。遼東都尉の龐奮は、すぐに姚光を斬った。馮煥は自殺しかけたが、詔文のおかしさに気づき、無罪を晴らした。龐奮は、罪を受けた。

ぼくは思う。冤罪は、よくないが。霊帝のときに比べると、圧倒的に少ない。

4月癸巳、司空の陳褒を免じた。5月庚戌、宗正する彭城の劉授を、司空とした。 5月己巳、河間孝王の子・劉德を、安平王とした。劉德に、樂成靖王を嗣がせた。

胡三省はいう。これより、樂成国を、安平と改めた。去年、樂成王の劉萇が、罪を受けて、国を出た。これを、劉徳が嗣いだのだ。

122年6月、郡國にイナゴ。

122年秋、燒當羌が、漢陽太守の耿種に降る

秋,七月,癸卯,京師及郡國十三地震。 高句驪王遂成還漢生口,詣玄菟降,其後濊貊率服,東垂少事。 虔人羌與上郡胡反,度遼將軍耿夔擊破之。八月,陽陵園寢火。 九月,甲戌,郡國二十七地震。
鮮卑既累殺郡守,膽氣轉盛,控弦數萬騎,冬,十月,復寇雁門、定襄;十一月, 寇太原。 燒當羌麻奴饑困,將種眾詣漢陽太守耿種降。 是歲,京師及郡國二十七雨水。

122年秋7月癸卯、京師および郡國13で地震あり。 高句驪が、玄菟に降った。濊貊も服した。虔人羌が、上郡胡と反した。度遼將軍の耿夔が破った。8月、陽陵(景帝の陵)園が寢火した。 9月甲戌、郡國27で地震あり。
鮮卑が、しきりに郡守を殺し、強い。122年冬10月、鮮卑は雁門と定襄を寇した。11月、太原を寇した。 燒當羌が饑困し、漢陽太守の耿種に降る。この122年、京師および郡國27で、雨水あり。

122年、尚書僕射の陳忠が、安帝を諌める

帝數遣黃門常侍及中使伯榮往來甘陵,尚書僕射陳忠上疏曰:「今天心未得,隔並 屢臻,青、冀之域,淫雨漏河,徐、岱之濱,海水盆溢,兗、豫蝗蝝滋生,荊、揚稻收 儉薄,並、涼二州羌戎叛戾,加以百姓不足,府帑虛匱。陛下以不得親奉孝德皇園廟, 比遣中使致敬甘陵,硃軒駢馬,相望道路,可謂孝至矣。然臣竊聞使者所過,威權翕赫, 震動郡縣,王、侯、二千石至為伯榮獨拜車下,發民修道,繕理亭傳,多設儲偫,征役 無度,老弱相隨,動有萬計,賂遺僕從,人數百匹,頓踣呼嗟,莫不叩心。河間托叔父 之屬,清河有陵廟之尊,及剖符大臣,皆猥為伯榮屈節車下,陛下不問,必以為陛下欲 其然也。伯榮之威,重於陛下,陛下之柄,在於臣妾,水災之發,必起於此。昔韓嫣托 副車之乘,受馳視之使,江都誤為一拜,而嫣受歐刀之誅。臣願明主嚴天元之尊,正乾 剛之位,不宜復令女使幹錯萬機。重察左右,得無石顯洩漏之奸?尚書納言,得無趙昌 譖崇之詐?公卿大臣,得無硃博阿傅之援?外屬近戚,得無王鳳害商之謀?若國政一由 帝命,王事每決於己,則下不得逼上,臣不得干君,常雨大水必當霽止,四方眾異不能 為害。」書奏,不省。

しばしば安帝は、黃門常侍および中使の伯榮(乳母の娘)に、甘陵へ行かせる。尚書僕射の陳忠は、上疏した。「天災で財政が厳しいのに、伯榮を行かすな。伯榮が行くと、郡県は、伯榮を迎えるたびに、出費がおおきい。伯榮の威勢は、安帝を上回って、危険である」と。安帝は、陳忠を省みず。

ぼくは補う。陳忠は、鄧太后に父が虐げられ、いま日の目を見た人。安帝に恩がある。だが安帝は、陳忠の諌めを聞かず、再現なく遊ぶ。外憂がないから、という原因もあるが。
「乳母の娘が、安帝よりも、地方で尊ばれている」という状況が、よく分からない。安帝の時代がつまらないのは、何か重要な情報がm、隠されているか?


三府任輕,機事專委尚書,而災眚變咎,輒切免三公,陳忠上 疏曰:「漢典舊事,丞相所請,靡有不聽。今之三公,雖當其名而無其實,選舉誅賞, 一由尚書,尚書見任,重於三公,陵遲以來,其漸久矣。臣忠心常獨不安。近以地震, 策免司空陳褒,今者災異,復欲切讓三公。昔孝成皇帝以妖星守心,移咎丞相,卒不蒙 上天之福,徒乖宋景之誠。故知是非之分,較然有歸矣。又尚書決事,多違故典,罪法 無例,詆欺為先,文慘言丑,有乖章憲。宜責求其意,割而勿聽,上順國典,下防威福, 置方員於規矩,審輕重於衡石,誠國家之典,萬世之法也!」

三公府は軽いことを任され、もっぱら機事は、尚書に委ねる。災異があるたび、三公が辞める。陳忠は上疏した。「いま三公は、有名無実だ。尚書は、三公より重んじられる。尚書の決事は、故典とちがう。尚書の罪法は、前例とちがう。尚書でなく、三公を重んじよ」と。

ぼくは思う。前例や古典を無視するのが、尚書の特徴!三公と尚書の強弱は、後漢の政治史では、重要なテーマらしい。論文を、読みたい。
いまは。安帝が、前例を無視した政治をしていると理解する。これに留める。


122年、汝南の黄憲を、荀淑、郭泰が評す

汝南太守山陽王龔,政崇溫和,好才愛士。以袁閬為功曹,引進郡人黃憲、陳蕃等; 憲雖不屈,蕃遂就吏。閬不修異操而致名當時,蕃性氣高明,龔皆禮之,由是群士莫不 歸心。

汝南太守する山陽の王龔は、政は溫和を崇び、才を好み、士を愛す。王龔は、袁閬を功曹とした。郡人の黃憲、陳蕃らを引進した。黄憲は屈しないが、陳蕃は吏に就いた。袁閬は、異操を修めないが、名声があった。陳蕃は、性氣が高明だ。王龔は、みなに礼された。みな群士は、汝南の人士に心をよせた。

ぼくは思う。汝南の袁閬は、検索にひっかからない。誰?いま検索したら、渡邉義浩『軍師34選』で、名声がパッとせず、消えてゆきました、とあるだけ。


憲世貧賤,父為牛醫。穎川荀淑至慎陽,遇憲於逆旅,時年十四;淑辣然異之,揖 與語,移日不能去,謂憲曰:「子,吾之師表也。」既而前至袁閬所,未及勞問,逆曰: 「子國有顏子,寧識之乎?」閬曰:「見吾叔度邪?」是時同郡戴良,才高倨傲,而見 憲未嘗不正容,及歸,惘然若有失也。其母問曰:「汝復從牛醫兒來邪?」對曰:「良 不見叔度,自以為無不及;既睹其人,則瞻之在前,忽焉在後,固難得而測矣。」

世よ、黄憲は貧賤だ。父は牛医だ。穎川の荀淑は、慎陽(汝南)にきた。黄憲が客舎にいた。黄憲は14歳だ。荀淑は辣然とし、黄憲を異とした。黄憲と話すと、日が暮れた。荀淑は、たかが14歳の黄憲に言った。「黄憲は、私の師表だ」と。

ぼくは思う。黄憲の話は、王龔が人材をあげたことをトリガーに、膨らまされた。べつに122年に、一連のエピソードが起きているのではない。

まえに荀淑は袁閬に聞いた。「袁閬の国に、孔子の弟子・顏回がいる。知っているか」と。袁閬は言った。「荀淑は、わが黄憲に会ったか」と。
このとき、同郡の戴良は、才は高く、おごる。黄憲に会っても、戴良は姿勢を正さない。黄憲と別れたあと、失敗した!と思った。戴良の母が、戴良に聞いた。「牛医の子と会ったのか」と。戴良は答えた。「私は黄憲を見ていない。黄憲を見ても、測り知れないからだ」と。

なんか、よく分からないが。戴良は、黄憲を見直した。
胡三省によると、戴良は『論語』をひく。顔回が孔子を評価した言葉で、戴良が黄憲を評価した。孔子は黄憲、顔回は戴良となる。荀淑の比喩と、対応しない。


陳蕃 及同郡周舉常相謂曰:「時月之間不見黃生,則鄙吝之萌復存乎心矣。」太原郭泰,少 游汝南,先過袁閬,不宿而退;進,往從憲,累日方還。或以問泰,曰:「奉高之器, 譬諸氿濫,雖清而易挹。叔度汪汪若千頃陂,澄之不清,淆之不濁,不可量也。」憲初 舉孝廉,又辟公府。友人勸其仕,憲亦不拒之,暫到京師,即還,竟無所就,年四十八 終。

陳蕃および、同郡の周舉は、つねに言った。「ちょっとの間、黄憲と会わないと。会いたくて仕方がなくなる」と。

ぼくは訳から落としましたが。胡三省によれば、1ヶ月は30日。3ヶ月で「1時」という。

太原の郭泰は、わかくして汝南にゆく。さきに袁閬と会うが、泊まらず。つぎに黄憲と会い、数日泊まった。郭泰は言った。「袁閬の器は、小さな池。水量が少ないから、清いが、全体を把握しやすい。黄憲は、千頃の陂のようだ。澄むが、清くない。混ぜても、濁らない。流れてるから、全体を把握できない」と。
黄憲は孝廉にあがり、公府に辟された。友人は出仕を勧めたが、黄憲はこばむ。京師にいて、郷里にかえった。就職せず、48歳で死んだ 。101229

inserted by FC2 system