表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

120年、班超の子・班勇が、敦煌に兵をおく

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

120年春、班勇が強弁し、敦煌に兵をおく

孝安皇帝永寧元年(庚申,公元一二零年)
春,三月,丁酉,濟北惠王壽薨。 北匈奴率車師後王軍就共殺後部司馬及敦煌長史索班等,遂擊走其前王,略有北道。 鄯善逼急,求救於曹宗,宗因此請出兵五千人擊匈奴,以報索班之恥,因復取西域;公 卿多以為宜閉玉門關,絕西域。太后聞軍司馬班勇有父風,召詣朝堂問之。為上議曰:

120年春3月丁酉、濟北惠王の劉壽が薨じた。
北匈奴が車師後王軍をひきい、後部司馬および、敦煌長史の索班らを殺した。北匈奴は、車師前王と追い、鄯善にせまる。鄯善は、曹宗に救いを求めた。
後漢の公卿は、玉門關を閉じ、西域への道を絶てという。太后は、軍司馬の班勇が、父の班超に似ると聞き、朝堂で班勇に問うた。班勇は、上議した。

「昔孝武皇帝患匈奴強盛,於是開通西域,論者以為奪匈奴府藏,斷其右臂。光武中興, 未遑外事,故匈奴負強,驅率諸國;及至永平,再攻敦煌,河西諸郡,城門晝閉。孝明 皇帝深惟廟策,乃命虎臣出征西域,故匈奴遠遁,邊境得安;及至永元,莫不內屬。會 間者羌亂,西域復絕,北虜遂遣責諸國,備其逋租,高其價直,嚴以期會,鄯善、車師 皆懷憤怨,思樂事漢,其路無從;前所以時有叛者,皆由牧養失宜,還為其害故也。今 曹宗徒恥於前負,欲報雪匈奴,而不尋出兵故事,未度當時之宜也。夫要功荒外,萬無 一成。若兵連禍結,悔無所及。況今府藏未充,師無後繼,是示弱於遠夷,暴短於海內, 臣愚以為不可許也。舊敦煌郡有營兵三百人,今宜復之,復置護西域副校尉,居於敦煌, 如永元故事,又宜遣西域長史將五百人屯樓蘭,西當焉耆、龜茲徑路,南強鄯善、於窴 心膽,北扞匈奴,東近敦煌,如此誠便。」

班勇は言う。「西域を放棄してはいけない。敦煌郡に營兵3百人を、ふたたび置け。護西域副校尉を、永元(089-105年)の前例のように置け。西域長史に5百人をつけ、西域の国を周らせよ」

ぼくは補う。さらに省略すれば。「和帝の全盛期、班超の時代と同じにせよ」となる。班勇は、父とおなじ名を残したいのだ。ムチャをするから、案の定、尚書から追加質問がきた。


尚書復問勇:「利害雲何?」勇對曰:「昔永平之末,始通西域,初遣申郎將居敦 煌,後置副校於車師,既為胡虜節度,又禁漢人不得有所侵擾,故外夷歸心,匈奴畏威。 今鄯善王尤還,漢人外孫。若匈奴得志,則尤還必死。此等雖同鳥獸,亦知避害,若出 屯樓蘭,足以招附其心,愚以為便。」

ふたたび尚書は、班勇に問う。「利害はどのようか」と。班勇は答えた。「いま鄯善王は、漢人の外孫だ。北匈奴が強まれば、鄯善王はこまる。鄯善王は、鳥獣と同じだが、北匈奴を恐れる。敦煌に兵力を置けば、鄯善王は、心を寄せるはずだ」と。

長樂衛尉鐔顯、廷尉綦毋參、司隸校尉崔據難曰: 「朝廷前所以棄西域者,以其無益於中國,而費難供也。今車師已屬匈奴,鄯善不可保 信,一旦反覆,班將能保北虜不為邊害乎?」勇對曰;「今中國置州牧者,以禁郡縣奸 猾盜賊也。若州牧能保盜賊不起者,臣亦願以要斬保匈奴之不為邊害也。今通西域則虜 勢必弱,虜勢弱則為患微矣;孰與歸其府藏,續其斷臂哉?今置校尉以扞撫西域,設長 史以招懷諸國,若棄而不立,則西域望絕,望絕之後,屈就北虜,緣邊之郡將受困害, 恐河西城門必須復有晝閉之儆矣!今不廓開朝廷之德而拘屯戍之費,若此,北虜遂熾, 豈安邊久長之策哉!」

長樂衛尉の鐔顯と、廷尉の綦毋參と、司隸校尉の崔據は、班勇を批難した。「すでに車師も鄯善も、北匈奴に負けた。今から兵を出しても、手遅れだ」と。班勇は答えた。「西域をあきらめたら、侵食され、河西の城門を閉ざすハメになる。防衛の費用は、かえって増大する」と。

ぼくは思う。班勇は、楽観して、西域に手を出せと言うのではない。放置すると、さらにヒドくなる、と脅しをかけているのだ。実際に、そうかも知れないが。


太尉屬毛軫難曰:「今若置校尉,則西域駱驛遣使,求索無厭, 與之則費難供,不與則失其心,一旦為匈奴所迫,當復求救,則為役大矣。」勇對曰: 「今設以西域歸匈奴,而使其恩德大漢,不為鈔盜,則可矣。如其不然,則因西域租入 之饒,兵馬之眾,以擾動緣邊,是為富仇讎之財,增暴夷之勢也。置校尉者,宣威布德, 以系諸國內向之心,以疑匈奴覬覦之情,而無費財耗國之慮也。且西域之人,無它求索, 其來入者不過稟食而已;今若拒絕,勢歸北屬夷虜,並力以寇並、涼,則中國之費不止 十億。置之誠便。」於是從勇議,復敦煌郡營兵三百人,置西域副校尉居敦煌,雖復羈 縻西域,然亦未能出屯。其後匈奴果數與車師共入寇鈔,河西大被其害。沈氐羌寇張掖。

太尉屬の毛軫は、班勇を批難した。「いま敦煌に校尉を置けば、西域との連絡に、コストがかかる。匈奴に迫られるたび、コストが増えるのは良くない」と。班勇は答えた。「西域からの援軍を断れば、并州や涼州が寇される。コストは、10億をこえる。敦煌に兵を置くほうが、まだ安い」と。
班勇の意見が、採用された。ふたたび敦煌郡に營兵3百人をおき、西域副校尉居を敦煌におく。西域は靡いたが、敦煌の兵は出撃まではできない。

胡三省はいう。なぜ敦煌に兵を置いたのに、班勇の想定どおり、出撃できないか。もともと漢室は、西域を平定してこなかった。後漢の和帝、班超のとき、初めて西域を平定した。いま後漢は、国内を羌族に困らされる。北匈奴が、西域で強い。たった500人で、西域に対して、何ができるのか。
ぼくは思う。和帝と班固が例外である。敦煌に少数の兵がいて、ビクビクしているのが、漢室のスタンダードなんだ。スタンダードを、維持できたのだから、充分じゃないか。

のちに北匈奴は、車師をひきいて、河西を寇鈔した。大きな被害あり。沈氐羌は、張掖を寇した。

120年秋、馬賢が羌族に、モグラ叩きをする

夏,四月,丙寅,立皇子保為太子,改元,赦天下。 己巳,紹封陳敬王子崇為陳王,濟北惠王子萇為樂成王,河間孝王子翼為平原王。 六月,護羌校尉馬賢將萬人討沈氐羌於張掖,破之,斬首千八百級,獲生口千餘人, 餘虜悉降。時當煎種大豪饑五等,以賢兵在張掖,乃乘虛寇金城,賢還軍追之出塞,斬 首數千級而還。燒當、燒何種聞賢軍還,復寇張掖,殺長吏。 秋,七月,乙酉朔,日有食之。

120年夏4月丙寅、皇子の劉保(のちの順帝)を、皇太子とした。永寧と改元し、天下を赦した。 4月己巳、陳敬王の子・劉崇に、陳王を嗣がす。濟北惠王の子・劉萇を、樂成王とする。河間孝王の子・劉翼を、平原王とする。

ぼくは補う。劉萇は、霊帝の父。劉翼は、桓帝の父。

120年6月、護羌校尉の馬賢は、沈氐羌を張掖で破る。馬賢があけた金城を、當煎種の羌族が攻める。馬賢があけた張掖を、燒何種の羌族が攻め、長吏を殺す。

胡三省はいう。馬賢は、羌族を制圧する技術がないから、モグラ叩きとなり、軍事が忙しい。のちに馬賢は、射姑山で敗れるが、その程度の指揮官である。
ぼくは思う。羌族の制圧がうまい指揮官は、金品でカケヒキし、戦さを最小限にする。皇甫規とか、董卓とか。馬賢は下手。

120年秋7月乙酉ついたち、日食あり。

120年冬、鄧康が、鄧氏の栄えすぎを諌める

冬,十月,己巳,司空李郃免。癸酉,以衛尉廬江陳褒為司空。 京師及郡國三十三大水。 十二月,永昌徼外撣國王雍曲調遣使者獻樂及幻人。 戊辰,司徒劉愷請致仕;許之,以千石祿歸養。 遼西鮮卑大人烏倫、其至鞬各以其眾詣度遼將軍鄧遵降。 癸酉,以太常楊震為司徒。

120年冬10月己巳、司空の李郃を免じた。10月癸酉、衛尉する廬江の陳褒を、司空とした。 京師および郡國33で大水あり。
12月、永昌の徼外にいる撣國王が、ローマのマジシャンを献じた。 12月戊辰、司徒の劉愷の引退を許した。1千石を、老後に支給する。 遼西の鮮卑が、度遼將軍の鄧遵に降る。12月癸酉、太常の楊震を、司徒とした。

是歲,郡國二十三地震。 太后從弟越騎校尉康,以太后久臨朝政,宗門盛滿,數上書太后,以為宜崇公室, 自損私權,言甚切至,太后不從。康謝病不朝,太后使內侍者問之;所使者乃康家先婢, 自通「中大人」,康聞而詬之。婢怨恚,還,白康詐疾而言不遜。太后大怒,免康官, 遣歸國,絕屬籍。
初,當煎種饑五同種大豪盧匆心、忍良等千餘戶別留允街,而首施兩端。

この120年、郡國23で地震あり。 鄧太后の從弟は、越騎校尉の鄧康だ。鄧康は言う。「鄧太后は、臨朝して久しい。鄧氏の宗門は盛滿した。劉氏の公室を崇び、鄧氏の私權を損ぜよ」と。鄧康がキツく言うが、鄧太后は従わず。鄧康は、病気だと言って、朝廷にこず。
鄧太后は、女官に鄧康を訪問させた。鄧康は、鄧太后を罵った。鄧太后は鄧康に怒り、免官して歸國させた。鄧康を、鄧氏の屬籍から切った。

ぼくは思う。鄧太后は苦労してる。「鄧氏が、劉氏と同じくらい尊ばれてもよい」という自負が、芽生えているのだ。たしかに、羌族の叛乱を乗り切ったからなあ。

當煎種の羌族は、1千戸ずつ、2つのリーダーに分裂した。101229

inserted by FC2 system