表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

116-119年、羌族の叛乱が鎮まる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

116年、蒼梧、郁林、合浦の蠻夷がそむく

孝安皇帝元初三年(丙辰,公元一一六年)
春,正月,蒼梧、郁林、合浦蠻夷反;二月,遣侍御史任逴督州郡兵討之。 郡國十地震。 三月,辛亥,日有食之。 夏,四月,京師旱。 五月,武陵蠻反,州郡討破之。 癸酉,度遼將軍鄧遵率南單于擊零昌於靈州,斬首八百餘級。 越巂徼外夷舉種內屬。 六月,中郎將任尚遣兵擊破先零羌於丁奚城。

116年春正月、蒼梧、郁林、合浦の蠻夷が反した。2月、侍御史の任逴は、州郡の兵で蛮夷を討つ。 郡國10で地震あり。 3月辛亥、日食した。
116年夏4月、京師で日照。 5月、武陵蠻が反し、破った。5月癸酉、度遼將軍の鄧遵は、南單于をひきい、零昌羌を靈州で破る。斬首800余級。

胡三省はいう。范曄の匈奴伝はいう。設置されて以来、もともと度遼将軍は、全権を代行しただけ。鄧遵だけは、鄧太后の従弟だから、ほんとうに全権をもった。のちに度遼将軍は、つねに全権を持つようになった。

越巂の徼外にいる夷が、種族をあげて內屬した。 6月、中郎將の任尚は、先零羌を丁奚城で破る。

秋,七月,武陵蠻復反,州郡討平之。 九月,築馮翊北界候塢五百所以備羌。 冬,十一月,蒼梧、郁林、合浦蠻夷降。舊制:公卿、二千石、刺史不得行三年喪, 司徒劉愷以為「非所以師表百姓,宣美風俗。」丙戌,初聽大臣行三年喪。 癸卯,郡國九地震。 十二月,丁巳,任尚遣兵擊零昌於北地,殺其妻子,燒其廬落,斬首七百餘級。

116年秋7月、ふたたび武陵蠻が反す。州郡は平定した。9月、馮翊の北界に、候塢500をつくり、羌族に備えた。

ぼくは思う。いい加減に、思い込みはやめよう。「後漢は統一王朝でよく治まり、三国は分裂時代だから、あまり治まらない」というのは、誤りだ。後漢も三国も、連続して、異民族とのせめぎ合いが続いている。むしろ三国は、1国あたりが防御すべき国境の長さが、短くなり、異民族に対して優位となる。

116年冬11月、蒼梧、郁林、合浦の蠻夷が、降った。司徒の劉愷は、「公卿、二千石、刺史に、三年喪を行わせよ。風俗を宣美せよ」と言う。11月丙戌、はじめて大臣に、三年喪を許した。

李賢はいう。前漢の文帝が遺詔して、25ヶ月を、25日と読み替えた。いま喪の期間を、古いルールにもどした。

11月癸卯、郡國9で地震あり。 12月丁巳、任尚は羌の零昌を、北地で破る。零昌の妻子を殺し、廬落を焼き、斬首7百餘級。

ぼくは思う。天子を称した滇零と、その子・零昌が生きているあいだは、関中は治まらない。2010年の三国志フェスで、満田剛先生が、ご指摘されていた羌族の反乱は、具体的には、彼らのことだ。羌族につるむ、漢人の杜季貢も、殺されねば。



117年、天子の子・零昌を刺殺、羌族を鎮定

   孝安皇帝元初四年(丁巳,公元一一七年)
春,二月,乙巳朔,日有食之。 乙卯,赦天下。 壬戌,武庫災。 任尚遣當闐種羌榆鬼等刺殺杜季貢,封榆鬼為破羌侯。 司空袁敞,廉勁不阿權貴,失鄧氏旨。尚書郎張俊有私書與敞子俊,怨家封上之。 夏,四月,戊申,敞坐策免,自殺;俊等下獄當死。俊上書自訟;臨刑,太后詔以減死 論。 己巳,遼西鮮卑連休等入寇,郡兵與烏桓大人於秩居等共擊,大破之,斬首千三百 級。 六月,戊辰,三郡雨雹。 尹就坐不能定益州,征抵罪;以益州刺史張喬領其軍屯,招誘叛羌,稍稍降散。

117年春2月乙巳ついたち、日食あり。 2月乙卯、天下を赦した。 2月壬戌、武庫が災えた。任尚は、當闐種羌の榆鬼らに、杜季貢を刺殺させた。榆鬼を破羌侯に封じた。
司空の袁敞は廉勁で、權貴におもねらない。鄧氏の意思をそこねた。尚書郎の張俊は、袁敞の子・袁俊に、プライベートな手紙を送った。袁敞は怨まれ、この手紙をチクられた。117年夏4月戊申、袁敞は罪をうけ、自殺した。袁俊らは下獄され、死刑にあう。袁俊は上書して、釈明した。太后は、袁俊の死刑をやめた。

ぼくは思う。前に袁敞伝を読んだが、忘れている。再度、読まねばならん。
列伝35「袁安伝」を読む 3)実はダークだった名家
列伝で、袁敞の子は、袁俊でなく袁盱だ。張俊と混同した?(ぼくが)
この袁盱は、のちに梁冀とも対立する。袁盱の兄は袁京で、袁京の子が袁湯(袁術の祖父)だ。こちらは、梁冀に近づいた。袁安の子の代で、すでに袁氏が巨大となり、分裂する。兄弟の対立は、お家芸である。

117年4月己巳、遼西の鮮卑が入寇した。郡兵と烏桓が破り、斬首1千3百級。 6月戊辰、3郡で雹がふる。尹就は、益州を定められないから、罪をうけた。益州刺史の張喬は、軍屯をつぎ、叛羌を誘った。羌族は降散した。

ぼくは思う。益州の平定とは、羌族の平定とおなじ。もともと成都あたりは、陸の孤島。益州に戦略の価値があるなら、関中にちかい漢中である。


秋,七月,京師及郡國十雨水。 九月,護羌校尉任尚復募效功種羌號封刺殺零昌;封號封為羌王。 冬,十一月,己卯,彭城靖王恭薨。 越巂夷以郡縣賦斂煩數,十二月,大牛種封離等反,殺遂久令。 甲子,任尚與騎都尉馬賢共擊先零羌狼莫,追至北地,相持六十餘日,戰於富平河 上,大破之,斬首五千級,狼莫逃去。於是西河虔人種羌萬人詣鄧遵降,隴右平。 是歲,郡國十三地震。

117年秋7月、京師および郡國10で雨水あり。 9月、護羌校尉の任尚は、ふたたび效功種の羌族をつのり、零昌を刺殺した。效功種を、羌王とした。

ぼくは思う。一連の羌族の叛乱は、まずは終わり。ただ、羌族というくくりに、国民国家があおるような怨恨があるわけじゃない。あくまで、便宜上の呼び名。証拠に、べつの羌族を、羌王とした。後漢に税金を納める集落は漢人で、治めない集落は異民族だ。それだけ。

117年冬11月己卯、彭城靖王の劉恭が薨じた。 越巂の夷は、郡県の課税がおおいから、12月に大牛種らが反した。遂久(越巂)の県令を殺した。
12月甲子、任尚と、騎都尉の馬賢は、ともに先零羌を、北地に追う。60余日も対峙して、斬首すること、5千級。西河の虔人種の羌族が、1万人で鄧遵に降る。隴右は平らいだ。

胡三省はいう。先零羌が敗れて逃げたから、虔人種は援助を失い、降った。
ぼくは思う。べつに羌族は、怨恨があって、後漢と戦うのでない。その場での利益を最大化するように、動くだけ。生活のためにね。あんまり「異民族」と、連呼するのも、よくないなあ。「益州の人と、冀州の人」というくらいの感覚で、「漢族と、虔人種の羌」と捕えないと、現実を見誤る。国民国家のワナだ。

この117年、郡國13で地震あり。

118年、羌族が瓦解し、鄧遵が任尚を陥れる

   孝安皇帝元初五年(戊午,公元一一八年)
春,三月,京師及郡國五旱。 夏,六月,高句驪與濊貊寇玄菟。 永昌、益州、蜀郡夷皆叛應封離,眾至十餘萬,破壞二十餘縣,殺長吏,焚掠百姓, 骸骨委積,千里無人。

118年春3月、京師および郡國5で日照。 夏6月、高句驪と濊貊は、玄菟を寇した。 永昌、益州、蜀郡の夷は、みな封離に応じた。夷族は、10余万。20余県を破壞し、長吏を殺し、百姓を焚掠した。骸骨は委積し、千里に人なし。

ぼくは思う。蜀漢の地政が、洛陽から離れるのは、夷族のおかげ。


秋,八月,丙申朔,日有食之。 代郡鮮卑入寇,殺長史;發緣邊甲卒、黎陽營兵屯上谷以備之。冬,十月,鮮卑寇 上谷,攻居庸關,復發緣邊諸郡黎陽營兵、積射士步騎二萬人屯列沖要。 鄧遵募上郡全無種羌雕何刺殺狼莫;封雕何為羌侯。自羌叛十餘年間,軍旅之費, 凡用二百四十餘億,府帑空竭,邊民及內郡死者不可勝數,並、涼二州遂至虛耗。及零 昌、狼莫死,諸羌瓦解,三輔、益州無復寇警。詔封鄧遵為武陽侯,邑三千戶。遵以太 後從弟,故爵封優大。

118年秋8月丙申ついたち、日食した。
代郡の鮮卑が、長史を殺した。後漢は、黎陽の營兵を、上谷にうつして備える。118年冬10月、鮮卑は上谷を寇し、居庸關を攻めた。ふたたび後漢は,射士や步騎2萬人で備える。

胡三省によると、時期も場所も、范曄の独行伝は、本紀と違う。

鄧遵は、上郡の全無種に羌族をつかい、反した羌族を刺殺した。羌族は10余年も反しつづけ、軍旅の費用は、240余億だ。并州と涼州は、人口が虛耗した。羌族のリーダー(零昌と狼莫)が、いま死んで、羌族は瓦解した。三輔や益州は、寇されず。鄧遵を武陽侯とし、邑3戶。鄧遵は、鄧太后の從弟だから、爵封は優大だ。

任尚與遵爭功,又坐詐增首級、受賕枉法贓千萬已上,十二月, 檻車征尚,棄市,沒入財物。鄧騭子侍中鳳嘗受尚馬,騭髡妻及鳳以謝罪。 是歲,郡國十四地震。 太后弟悝、閶皆卒,封悝子廣宗為葉侯,閶子忠為西華侯。

任尚と鄧遵は、軍功を競った。任尚は、斬った首級をみず増し、ワイロを受けたんで、12月に棄市され、財物を没収された。鄧騭の子・侍中の鄧鳳は、かつて任尚から馬をもらった。鄧隲の妻と鄧鳳の髪をそり、謝罪した。

ぼくは思う。鄧隲は、いちおう身内に厳しい。だから、鄧氏の世は、長いのだ。安帝が親政する時間は、あるんだろうか。

この118年、郡國14で地震あり。 鄧太后の弟・鄧悝と鄧閶が、死んだ。子を、葉(城陽)侯と西華(汝南)侯に封じた。

119年、鄧太后が、劉氏と鄧氏に教育する

   孝安皇帝元初六年(己未,公元一一九年)
春,二月,乙巳,京師及郡國四十二地震。 夏,四月,沛國、勃海大風,雨雹。 五月,京師旱。 六月,丙戌,平原哀王得薨,無子。
秋,七月,鮮卑寇馬城塞,殺長吏,度遼將軍鄧遵及中郎將馬續率南單于追擊,大 破之。 九月,癸巳,陳懷王竦薨,無子,國除。 冬,十二月,戊午朔,日有食之,既。 郡國八地震。

119年春2月乙巳、京師および郡國42で地震あり。 夏4月、沛國と勃海で、大風、雨雹あり。 5月、京師は日照。 6月丙戌、平原哀王の劉得が薨じた。子なし。
119年秋7月、鮮卑が馬城(代郡)塞を寇し、長吏を殺した。度遼將軍の鄧遵および、中郎將の馬續は、南単于をひきいて追撃し、鮮卑を大破した。 9月癸巳、陳懷王の劉竦が薨じた。子なく、国を除く。 119年冬12月戊午ついたち、日食し、既。郡國8で地震あり。

ぼくは思う。既って?皆既日食?胡三省に注釈なし。


是歲,太和征和帝弟濟北王壽、河間王開子男女年五歲以上四十餘人,及鄧氏近親 子孫三十餘人,並為開邸第,教學經書,躬自監試。詔從兄河南尹豹、越騎校尉康等曰: 「末世貴戚食祿之家,溫衣美飯,乘堅驅良,而面牆術學,不識臧否,斯故禍敗所從來 也。」

この119年、太后は、和帝の弟・濟北王の劉壽、河間王・劉開の男女のうち、5歳以上の40余人をあつめた。鄧氏の近親の 子孫、30余人をあつめた。邸第をつくり、經書を教學した。みずから鄧太后が、監試した。

ぼくは思う。儒教をみずから教えるのは、リッパだ。鄧太后は、もともと実家で「諸生」と呼ばれるほど、勉強ができた。しかし、劉氏と鄧氏をゴチャ混ぜにして教えるのは、ちょっと出しゃばりかも。いま羌族が鎮まり、新事業に手を出せた。

鄧太后は、從兄の河南尹・鄧豹と、越騎校尉の鄧康らに言った。「末世になると、貴戚・食祿の家では、衣服も食事も馬車も、良いものを使う。学習せず、ものの善悪が分からなくなる。これは、禍敗が起こる原因だ」

ぼくは思う。末世とは何か。孔子が死んで、1000年たつと、その教えが衰え、、ではあるまい。それは仏教だ。となると、鄧太后は、後漢が滅びるという認識を持っていたことになる。とついだ劉氏と、うまれた鄧氏を同列に見て、この2氏に世を立て直させようとするか。
四方の異民族の動きを見れば、この認識に賛同できるなあ。


豫章有芝草生,太守劉祗欲上之,以問郡人唐檀,檀曰:「方今外戚豪盛,君道微 弱,斯豈嘉瑞乎!」祗乃止。
益州刺史張喬遣從事楊竦將兵至楪榆,擊封離等,大破之,斬首三萬餘級,獲生口 千五百人。封離等惶怖,斬其同謀渠帥,詣竦乞降。竦厚加慰納,其餘三十六種皆來降 附。竦因奏長吏奸猾,侵犯蠻夷者九十人,皆減死論。

豫章に芝草が生えた。豫章太守の劉祗は、芝草を、鄧太后に提出したい。郡人の唐檀が、「外戚が豪盛で、君道が微弱な証だ。どうして芝草が、嘉瑞か」と言った。劉祗は、提出をやめた。

鄧氏を、おもしろくなく見る人は、いくらでもいる。

益州刺史の張喬が命じ、從事の楊竦は楪榆(益州郡)で、封離を降した。楊竦は、蛮夷を侵犯した長吏90人をとらえ、死刑を減じた。

ぼくは思う。異民族が背くのは、後漢の地方官が、ムチャするから。同じことを何回も言うが、民族の対立があるわけではない。異民族とは、潜在的な納税者のことである。


初,西域諸國既絕於漢,北匈奴復以兵威役屬之,與共為邊寇。敦煌太守曹宗患之, 乃上遣行長史索班將千餘人屯伊吾以招撫之。於是車師前王及鄯善王復來降。 初,疏勒王安國死,無子,國人立其舅子遺腹為王,遺腹叔父臣磐在月氏,月氏納 而立之。後莎車畔於窴,屬疏勒,疏勒遂強,與龜茲、於窴為敵國焉。

はじめ(107年)、西域と後漢が、途絶えた。いま北匈奴が、盛り返してきた。敦煌太守の曹宗は、これを患う。曹宗は、行長史の索班に1千余人をつけ、伊吾に西域を招撫させた。車師前王と、鄯善王が、ふたたび後漢に降った。

胡三省はいう。行長史とは、長史の職務を、代行する人だ。まだ、正式な長史でない。
ぼくは思う。西域へ、10年ぶりに手を出した。羌族の叛乱が、いかに後漢を忙殺したかが分かる。ふたたび後漢は、国力を回復しつつある。

はじめ疏勒王が死んだ。子がないので、月氏と縁のある王が立つ。疏勒は強まり、龜茲や於窴と、対等な国になった。101229

inserted by FC2 system