表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

111年-114年、羌族が内地に迫る

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

111年春、羌族が河内にきて、後漢が疎開

孝殤皇帝永初五年(辛亥,公元一一一年)
春,正月,庚辰朔,日有食之。 丙戌,郡國十地震。 己丑,太尉張禹免。甲申,以光祿勳穎川李修為太尉。
先零羌寇河東,至河內,百姓相驚,多南奔渡河,使北軍中候硃寵將五營士屯孟津, 詔魏郡、趙國、常山、中山繕作塢候六百一十六所。羌既轉盛,而緣邊二千石、令、長 多內郡人,並無守戰意,皆爭上徙郡縣以避寇難。

111年春正月庚辰ついたち、日食した。正月丙戌、郡國10で地震あり。 正月己丑、太尉の張禹を免じた。正月甲申、光祿勳する穎川の李修を太尉とした。
先零羌は、河東を寇し、河内にくる。百姓は驚き、南へ黄河をわたる

ぼくは思う。いきなり内地に、侵入された。超やばいよ!

北軍中候の硃寵は、五營の士をひきい、孟津に屯した。魏郡、趙國、常山、中山で、616の塢候を修繕させた。後漢の地方官は、羌族を防ぐ意欲がなく、あらそって避難した。

三月,詔隴西徒襄武,安定徙美陽, 北地徙池陽,上郡徙衙。百姓戀土,不樂去舊,遂乃刈其禾稼,發徹室屋,夷營壁,破 積聚。時連旱蝗饑荒,而驅蹙劫掠,流離分散,隨道死亡,或棄捐老弱,或為人僕妾, 喪其太半。復以任尚為侍御史,擊羌於上黨羊頭山,破之,乃罷孟津屯。
夫餘王寇樂浪。 高句驪王宮與濊貊寇玄菟。

111年3月、隴西は襄武に、安定は美陽に、北地は池陽に、上郡は衙県に、郡治をうつす。土地にしがみつく百姓を、追い立てた。穀物を刈り、家屋を壊して追い立てた。イナゴがあり、道中でみな死んだ。生き残るため、老弱を棄て、ひとの僕妾となった。大半が、死んだ。
ふたたび任尚を侍御史とし、上黨の羊頭山で、羌族を破った。孟津の屯をやめた。

ぼくは地名への胡三省の注釈をはぶいたが。そのうち、地図にして、後漢の混乱ぶりを、視える化したい。後漢が、いま滅びたかと思うほどの、混乱だった。

夫餘王が、樂浪を寇した。 高句驪王と、濊貊が、玄菟を寇した。

111年、青州を平定、漢陽で羌族に内通

夏,閏四月,丁酉,赦涼州、河西四郡。 海郡張伯路復寇東萊,青州刺史法雄擊破之;賊逃還遼東,遼東人李久等共斬之, 於是州界清靜。
秋,九月,漢陽人杜琦及弟季貢、同郡王信等與羌通謀,聚眾據上邽城。冬,十二 月,漢陽太守趙博遣客杜習刺殺琦;封習討奸侯。杜季貢、王信等將其眾據樗泉營。 是歲,九州蝗,郡國八雨水。

111年夏閏4月丁酉、涼州と河西4郡を、赦した。
海賊の張伯路は、ふたたび東萊を寇した。青州刺史の法雄は、海賊を撃破した。賊は遼東に逃げたが、遼東の人・李久らが、海賊を斬った。青州は、清靜となる。

ぼくは補う。青州と遼東は、行き来がカンタン。袁紹が、青州と遼東に、影響を及ぼしたとき。きっとこの海路を、利用していた。

111年秋9月、漢陽の杜琦と、弟の杜季貢は、同郡の王信らと、羌族に通謀した。上邽城にこもる。冬12月、漢陽太守の趙博は、客の杜習をおくり、杜琦を殺した。杜習を討奸侯に封じた。弟の杜季貢と、王信らは、樗泉營にこもる。
この111年、9州でイナゴ。郡國8で、雨水あり。

112年、天子を名のる羌族・滇零が死ぬ

   孝殤皇帝永初六年(壬子,公元一一二年) 春,正月,甲寅,詔曰:「凡供薦新味,多非其節,或郁養強孰,或穿掘萌牙,味 無所至而夭折生長,豈所以順時育物乎!《傳》曰:『非其時不食。』自今當奉祠陵廟 及給御者,皆須時乃上。」凡所省二十三種。 三月,十州蝗。

112年春正月甲寅、鄧太后は詔した。「育ちきった穀物を、そなえよ」と。23種のそなえ物をはぶいた。3月、10州でイナゴ。

ぼくは思う。儀礼の簡素化、費用の削減、という狙い以上に、どんな目的を語れるのだろう。不勉強で、すみません。


夏,四月,乙丑,司空張敏罷。己卯,以太常劉愷為司空。 詔建武元功二十八將皆紹封。 五月,旱。 丙寅,詔令中二千石下至黃綬,一切復秩。六月,壬辰,豫章員谿原山崩。 辛巳,赦天下。
侍御史唐喜討漢陽賊王信,破斬之。杜季貢亡,從滇零。是歲,滇零死,子零昌立, 年尚少,同種狼莫為其計策,以季貢為將軍,別居丁奚城。

112年夏4月乙丑、司空の張敏をやめた。4月己卯、太常の劉愷を司空とした。鄧太后は詔して、建武の元功28將を、みな子孫につがせて封じた。

ぼくは思う。人は、つらくなると、良かった時期を思い出すのだ。

112年5月、日照。 5月丙寅、2年前からの減給をやめて、もとに戻した。6月壬辰、豫章の員谿で、原山が崩れた。6月辛巳、天下を赦した。
侍御史の唐喜は、漢陽の賊・王信を斬った。杜季貢は逃げて、滇零に従う。この112年、滇零が死に、子の零昌がたつ。零昌がおさないから、同種の狼莫が、計策する。羌族は、漢人の杜季貢を將軍として、丁奚城(北地)におく。

113年、平原王の劉勝(殤帝の兄)が死ぬ

   孝殤皇帝永初七年(癸丑,公元一一三年) 春,二月,丙午,郡國十八地震。 夏,四月,乙未,平原懷王勝薨,無子;太后立樂安夷王寵子得為平原王。 丙申晦,日有食之。 秋,護羌校尉侯霸、騎都尉馬賢擊先零別部牢羌於安定,獲首虜千人。 蝗。

113年春2月丙午、郡國18で地震あり。 夏4月乙未、平原懷王の劉勝が薨じた。子なし。鄧太后は、樂安夷王の劉寵の子・劉得を、平原王とした。

ぼくは補う。和帝の嫡流、殤帝の兄が死んだ。鄧太后は、これで後ろ暗いことが、ひとつもなくなった。子がないのは、ホントウかなあ。暗殺してないか?っていうか、和帝の子が、10人以上も死んだのが、怪しい。鄧太后、何かやってないか?
べつにぼくは、天人相感を信じないが。鄧太后が、和帝の皇子を殺しまくったから、後漢の国運が傾いたように見える。べつに、少子の血筋じゃないんだ。光武帝の家は。

4月丙申みそか、日食した。 113年秋、護羌校尉の侯霸と、騎都尉の馬賢は、先零の別部・牢羌を、安定で撃った。1千の首級をとる。イナゴ。

114年、武都、漢中、巴郡で、板楯蛮が羌族を防ぐ

   孝殤皇帝元初元年(甲寅,公元一一四年)
春,正月,甲子,改元。 二月,乙卯,日南地坼,長百餘里。
三月,癸亥,日有食之。 詔遣兵屯河內通谷沖要三十三所,皆為塢壁,設鳴鼓,以備羌寇。 夏,四月,丁酉,赦天下。 京師及郡國五旱,蝗。 五月,先零羌寇雍城。

114年春正月甲子、元初と改元した。 114年2月乙卯、日南の地は、坼長が百餘里だ。3月癸亥、日食した。

『考異』はいう。范曄の本紀と、袁宏はちがう。

河內に33の塢壁をつくり、鳴鼓をもうけ、羌寇に備えた。
114年夏4月丁酉、天下を赦した。京師および郡國5で、日照とイナゴ。5月、先零羌は、雍城(扶風)を寇した。

秋,七月,蜀郡夷寇蠶陵,殺縣令。 九月,乙丑,太尉李修罷。 羌豪號多與諸種鈔掠武都、漢中、巴郡,板楯蠻救之,漢中五官掾程信率郡兵與蠻 共擊破之。號多走還,斷隴道,與零昌合,侯霸、馬賢與戰於枹罕,破之。 辛未,以大司農山陽司馬苞為太尉。
冬,十月,戊子朔,日有食之。 涼州刺史皮楊擊羌於狄道,大敗,死者八百餘人。 是歲,郡國十五地震。

114年秋7月、蜀郡の夷が、蠶陵(蜀郡)を寇した。県令を殺した。9月乙丑、太尉の李修をやめた。
羌族の號多は、武都、漢中、巴郡を寇した。板楯蠻は、3郡を救う。漢中の五官掾・程信は、郡兵をひきい、板楯蛮とともに羌族を破った。羌族の號多は逃げ、零昌と合わさる。侯霸と馬賢は、枹罕で號多を破った。
9月辛未、大司農する山陽の司馬苞は、太尉となる。
114年冬10月戊子ついたち、日食あり。涼州刺史の皮楊は、羌族に狄道で破れ、8百余人を死なせた。この114年、郡國15で地震した。101228

inserted by FC2 system