表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

110年、龐参と鄧隲が、涼州を放棄したい

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

110年春、関中から、南陽や潁汝の人が撤退

孝殤皇帝永初四年(庚戌,公元一一零年) 春,正月,元會,徹樂,不陳充庭車。
鄧騭在位,頗能推進賢士,薦何熙、李郃等列於朝廷,又辟弘農楊震、巴郡陳禪等 置之幕府,天下稱之。震孤貧好學,明歐陽《尚書》,通達博覽,諸儒為之語曰:「關 西孔子楊伯起。」教授二十餘年,不答州郡禮命,眾人謂之晚暮,而震志愈篤。騭聞而 辟之,時震年已五十餘,累遷荊州刺史、東萊太守。當之郡,道經昌邑,故所舉荊州茂 才王密為昌邑令,夜懷金十斤以遺震。震曰:「故人知君,君不知故人,何也?」密曰: 「暮夜無知者。」震曰:「天知,地知,我知,子知,何謂無知者!」密愧而出。後轉 涿郡太守。性公廉,子孫常蔬食、步行;故舊或欲令為開產業,震不肯,曰:「使後世 稱為清白吏子孫,以此遺之,不亦厚乎!」

110年春正月、元會と徹樂のとき、庭車をならべず。

ぼくは補う。儀式の費用削減だ。この理解で、充分かな。笑

鄧騭が大将軍にいるとき、おおく賢士を挙げた。何熙、李郃らが、朝廷にならぶ。また、弘農の楊震、巴郡の陳禪らを、大将軍の幕府に置いた。
楊震は、歐陽《尚書》に明るく、「關西の孔子」と呼ばれた。50歳をすぎ、荊州刺史、東萊太守となる。荊州の茂才・王密に、秘密でワイロを渡された。楊震は、「天知,地知,我知,子知。みんな知ってる」と言った。のちに涿郡太守となるが、魚肉を食べない。車騎にのらない。産業もやらず。

ぼくは思う。楊震伝を読めばいいから、だいぶ省略した。有名だし。
鄧隲が、ひろく人材を求めたのは。後漢が、危機的な状況だからだ。とくに、ほぼ帰化したはずの、南匈奴が離反したのがイタい。関中を切り取られた。鄧隲が、儒教の史家から見て、理想的な為政者だとしたら、それは勘違いである。


張伯路復攻郡縣,殺吏,黨眾浸盛。詔遣御 史中丞王宗持節發幽、冀諸郡兵合數萬人,征宛陵令扶風法雄為青州刺史,與宗並力討 之。

海賊の張伯路は、ふあたび郡県を攻めた。御史中丞の王宗に、幽州と冀州の数万をつけ、宛陵令する扶風の法雄を青州刺史として、張伯路を討つ。

ぼくは補う。張伯路は、ほんとうに「海賊」だ。孫堅は、陸にいたが。


南單于圍耿種數月,梁慬、耿夔擊斬其別將於屬國故城,單于自將迎戰,慬等復破 之,單于遂引還虎澤。 丙午,詔減百官及州郡縣奉各有差。二月,南匈奴寇常山。 滇零遣兵寇褒中,漢中太守鄭勤移屯褒中。任尚軍久出無功,民廢農桑,乃詔尚將 吏兵還屯長安,罷遣南陽、穎川、汝南吏士。乙丑,初置京兆虎牙都尉於長安,扶風都 尉於雍,如西京三輔都尉故事。

南單于は、耿種を数ヶ月かこむ。梁慬と耿夔は、単于を虎澤(西河)に追い返した。正月丙午、百官や郡縣の給与を減らした。110年2月、南匈奴が常山を寇した。
羌族の滇零は、褒中(漢中)を寇した。漢中太守の鄭勤は、褒中にいる。
任尚は軍功がないので、長安にもどす。南陽、穎川、汝南の吏士を、西の戦線に送るのをやめた。2月乙丑、はじめて京兆の虎牙都尉を、長安におく。扶風都尉を、雍県におく。前漢の前例にならい、三輔都尉をまねる。

胡三省が、前漢の故事を並べてる。はぶく。
それよりぼくは、南陽、穎川、汝南の人材を、西方から引き上げたことに、興味をひかれる。洛陽周辺の人材は、西方には、役に立たないのだ。後漢が、かるく分裂したような気がする。諸葛亮が北伐し、雍州から西を切りとったのは、現実的な作戦だ。
関中の羌族と、南の漢中をふくめて、ひとつの勢力圏だ。いまの後漢と、曹魏の版図と、どのくらい同じで、どのくらい違うのだろう。ぼくは、似てる気がする。


110年春、龐参が鄧隲に、涼州を棄てろと言う

謁者龐參說鄧騭徙邊郡不能自存者入居三輔,騭然之,欲棄涼州,並力北邊。乃會 公卿集議,騭曰:「譬若衣敗壞,一以相補,猶有所完,若不如此,將兩無所保。」公 卿皆以為然。郎中陳國虞詡言於太尉張禹曰:「若大將軍之策,不可者三:先帝開拓土 宇,劬勞後定,而今憚小費,舉而棄之,此不可一也。涼州既棄,即以三輔為塞,則園 陵單外,此不可二也。喭曰:『關西出將,關東出相。』烈士武臣,多出涼州,士風壯 猛,便習兵事。今羌、胡所以不敢入據三輔為心腹之害者,以涼州在後故也。涼州士民 所以推鋒執銳,蒙矢石於行陳,父死於前,子戰於後,無反顧之心者,為臣屬於漢故也。 今推而捐之,割而棄之,民庶安土重還,必引領而怨曰:『中國棄我於夷狄!』雖赴義 從善之人,不能無恨。如卒然起謀,因天下之饑敝,乘海內之虛弱,豪雄相聚,量材立 帥,驅氏、羌以為前鋒,席捲而東,雖賁、育為卒,太公為將,猶恐不足當御;如此, 則函谷以西,園陵舊京非復漢有,此不可三也。議者喻以補衣猶有所完,詡恐其疽食侵 淫而無限極也!」

謁者の龐參は、鄧隲に説いた。「辺境の人口は、自活できない。三輔に移住させよ」と。鄧隲は、涼州の放棄に賛成した。公卿を集めて、鄧隲は議論させた。公卿も賛成した。

ぼくは思う。霊帝のとき、銅臭のする崔烈が、涼州を棄てろと言った。銅臭のせいで、反対されたが。ふつうに、現実味をおびた、多数派の意見である。

郎中する陳國の虞詡は、太尉の張禹に言った。「鄧隲は、涼州を放棄するという。3つ、反論したい。ひとつ。先帝が苦労して開拓した土地を、目先の費用をケチって放棄するな。ふたつ。涼州を棄てれば、三輔が前線となり、前漢の陵墓があぶない。みっつ。涼州は武臣の産地だ。武臣の子孫が、涼州にいる。子孫たちが、後漢に棄てられたと騒ぐ」と。

禹曰:「吾意不及此,微子之言,幾敗國事!」詡因說禹:「收羅涼 土豪傑,引其牧守子弟於朝,令諸府各辟數人,外以勸厲答其功勤,內以拘致防其邪 計。」禹善其言,更集四府,皆從詡議。於是辟西州豪桀為掾屬,拜牧守、長吏子弟為 郎,以安慰之。

はじめ張禹は、涼州を放棄したい。だが張禹は、虞詡に論破されて、涼州を残せと言った。みな公卿たちは、意見をひるがえして、涼州を残したい。涼州の豪桀を、掾屬や牧守にした。長吏の子弟を郎として、涼州の人々を安慰した。

いま後漢の安帝は、三国時代かと間違えるほどの戦乱だ。関中や漢中など、黄河の西は、洛陽からは切り離された別世界だ。蜀漢が独立できた理由が頷ける。漢室復興の大義とかじゃなく。地政学が、劉備と諸葛亮にほほえんだ。益州と漢中だけでなく、関中を保持しないと、洛陽に対抗できないが。執拗な北伐の理由もわかる。


鄧騭由是惡詡,欲以吏法中傷之。會朝歌賊寧季等數千人攻殺長吏,屯 聚連年,州郡不能禁,乃以詡為朝歌長。故舊皆吊之,詡笑曰:「事不避難,臣之職也。 不遇槃根錯節,無以別利器,此乃吾立功之秋也。」始到,謁河內太守馬稜。稜曰: 「君儒者,當謀謨廟堂,乃在朝歌,甚為君憂之。」詡曰:「此賊犬羊相聚,以求溫飽 耳,願明府不以為憂。」稜曰:「何以言之?」詡曰:「朝歌者,韓、魏之郊,背太行, 臨黃河,去敖倉不過百裡,而青、冀之民流亡萬數,賊不知開倉招眾,劫庫兵,守成皋, 斷天下右臂,此不足憂也。今其眾新盛,難與爭鋒;兵不厭權,願寬假轡策,勿令有所 拘閡而已。」及到官,設三科以募求壯士,自掾史以下各舉所知,其攻劫者為上,傷人 偷盜者次之,不事家業者為下,收得百餘人,詡為饗會,悉貰其罪,使入賊中誘令劫掠, 乃伏兵以待之,遂殺賊數百人。又潛遣貧人能縫者傭作賊衣,以采線縫其裾,有出市裡 者,吏輒禽之。賊由是駭散,鹹稱神明,縣境皆平。

鄧隲は、意見に反対した虞詡を、中傷したい。虞詡は朝歌の県長だが、朝歌で賊が長吏を殺した。鄧隲は、虞詡を責めた。だが虞詡は、賊をうまく平定した。

ぼくは補う。虞詡の具体的な作戦は、また後日。
鄧隲のやり方を見ると、まえの竇憲とか、あとの梁冀と変わらない。まあ、反対意見がとおると、だれでも不快だろうが。涼州の放棄は、ただの投げやりでない。鄧隲なりに後漢を思いやった結果だ。だから、虞詡にひっくり返されて、面白くない。


110年3月、南単于が降伏、漢中の全滅

三月,何熙軍到五原曼柏,暴疾,不能進;遣龐雄與梁慬、耿種將步騎萬六千人攻虎澤,連營稍前。單于見諸軍並進,大恐怖,顧讓韓琮曰:「汝言漢人死盡,今是何等 人也!」乃遣使乞降,許之。單于脫帽徒跣,對龐雄等拜陳,道死罪。於是赦之,遇待 如初,乃還所鈔漢民男女及羌所略轉賣入匈奴中者合萬餘人。會熙卒,即拜梁慬度遼將 軍。龐雄還,為大鴻臚。

110年3月、何熙の軍は、五原の曼柏にきた。何熙は急病で、すすめず。龐雄と梁慬は、耿種羌をひきい、虎澤にきた。南単于は、韓琮に言った。「漢人は死に絶えたと聞いたが、漢人が攻めてきた」と。南単于は、後漢に降伏した。何熙が死んだ。梁慬を度遼將 軍とした。龐雄は京師にかえり、大鴻臚となる。

先零羌復寇褒中,鄭勤欲擊之,主簿段崇諫,以為「虜乘勝,鋒不可當,宜堅守待 之。」勤不從,出戰,大敗,死者三千餘人,段崇及門下吏王宗、原展以身扞刃,與勤 俱死。 徙金城郡居襄武。 戊子,杜陵園火。 癸巳,郡國九地震。

ふたたび先零羌は、褒中を寇した。漢中太守の鄭勤は、主簿の段崇のいさめを聞かず、大敗した。主簿の段崇や、その部下たちも、ともに戦死した。
金城の郡治を、襄武(隴西)にうつした。 3月戊子、杜陵園(宣帝の陵)が出火した。 3月癸巳、郡國9で地震あり。

110年夏、海賊の張伯路が、海上に逃げる

夏,四月,六州蝗。 丁丑,赦天下。 王宗、法雄與張伯路連戰,破走之,會赦到,賊以軍未解甲,不敢歸降。王宗召刺 史太守共議,皆以為當遂擊之,法雄曰:「不然。兵兇器,戰危事,勇不可恃,勝不可 必。賊若乘船浮海,深入遠島,攻之未易也。及有赦令,可且罷兵以慰誘其心,勢必解 散,然後圖之,可不戰而定也。」宗善其言,即罷兵。賊聞,大喜,乃還所略人;而東 萊郡兵獨未爭甲,賊復驚恐,遁走遼東,止海島上。

110年夏4月、6州でイナゴ。 6月丁丑、天下を赦した。
王宗と青州刺史の法雄は、張伯路を破った。たまたま大赦の知らせが届く。賊は、官軍が軍装を解かないので、降らない。
王宗は、法雄と話した。王宗は、賊を攻撃したい。法雄は、攻撃を諌めた。「兵は兇器だ。もし賊が海に逃げたら、攻めにくい。賊と戦わずに、治めよ」と。王宗は、法雄をみとめ、官軍の軍装を解いた。賊は喜んで、帰郷した。だが東萊郡だけは、兵装をつづけた。賊は驚き、遼東から海上の島に逃げた。

胡三省はいう。法雄の言うとおりになった。ぼくは補う。人口が、後漢から離れてしまうことは、それだけで損失だ。東莱郡のバカヤロウ!という話。法雄は、法正の祖先。


110年冬、鄧隲が母に服喪し、三公の下に降る

秋,七月,乙酉,三郡大水。 騎都尉任仁與羌戰累敗,而兵士放縱,檻車征詣延尉,死。護羌校尉段禧卒,復以 前校尉侯霸代之,移居張掖。 九月,甲申,益州郡地震。

110年秋7月乙酉、3郡で大水あり。 騎都尉の任仁は、羌族に負けたので、延尉が死刑とした。護羌校尉の段禧が死んだ。ふたたび、さきの護羌校尉の侯霸を代えた。護羌校尉を、張掖にうつす。

胡三省はいう。永初二年、侯霸は、羌族が反したので、護羌校尉をクビになる。護羌校尉は、狄道にいたが、張掖にうつった。護羌校尉は、金城の臨羌県の境にあった、、とか場所がゴチャゴチャ書いてあるが、まあいいや。いま黄河の西に戻されたそうだ。

110年9月甲申、益州郡で地震あり。

皇太后母新野君病,太后幸其第,連日宿止;三公上表固爭,乃還宮。冬,十月, 甲戌,新野君薨,使司空護喪事,儀比東海恭王。鄧騭等乞身行服,太后欲不許,以問 曹大家,大家上疏曰:「妾聞謙讓之風,德莫大焉。今四舅深執忠孝,引身自退,而以 方垂未靜,拒而不許,如後有豪毛加於今日,誠恐推讓之名不可再得。」太后乃許之。 乃服除,詔騭復還輔朝政,更授前封,騭等叩頭固讓,乃止。於是並奉朝請,位次三公 下,特進、侯上,其有大議,乃詣朝堂,與公卿參謀。 太后詔陰後家屬皆歸故郡,還其資財五百餘萬。

鄧太后の母・新野君が、病気だ。鄧太后が看病にこもるので、三公が諌めた。110年冬10月甲戌、新野君が薨じた。鄧隲は服喪したいが、鄧太后は許したくない。曹大家は上疏した。「いま鄧隲の4兄弟は、ふかく忠孝で、出しゃばらない。だがもし服喪をサボれば、名声がなくなる」と。太后は鄧隲に、母への服喪を許した。
鄧隲は服喪が終わった。鄧隲は、前とおなじ高位に就かない。鄧隲は、三公の下につき、特進や侯の上となる。独裁せず、朝堂で公卿たちと話し合った
鄧太后は、和帝の陰皇后の家属を、故郷(南陽)に帰した。101228

胡三省はいう。陰皇后の家属は、南方に流された。和帝の永元14年だ。ぼくは補う。鄧太后に嫉妬して、和帝の不興を買った皇后でした。
ぼくは思う。鄧氏は、なにかワリに合わない仕事を、後漢に任されている態度だ。劉氏が負担すべき、後漢の重みを、兄弟で背負っている。周囲は、鄧氏になびくけれど。事実、金銭はいくらでも集まるだろうけれど。
この態度は、決して鄧氏だけでなく、どの外戚にも共通だろう。ただ史家が、善玉に描くか、悪玉に描くかだけが違う。梁冀しかり。

inserted by FC2 system