表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

094年、南単于を操り、班超は西域を征圧

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。
094年は、盛大に外交の歳だ。竇憲を誅し、外交の方針がブレなくなった。

094年春、後漢は南匈奴に、南単于を殺させる

孝和皇帝下永元六年(甲午,公元九四年)
春,正月,皇甫稜免,以執金吾硃徽行度遼將軍。時單于與中郎將杜崇不相平,乃 上書告崇;崇諷西河太守令斷單于章,單于無由自聞。崇因與硃徽上言:「南單于安國, 疏遠故胡,親近新降,欲殺左賢王師子及左台且渠劉利等;又,右部降者,謀共迫脅安 國起兵背畔,請西河、上郡、安定為之儆備。」

094年春正月、皇甫稜を免じ、執金吾の硃徽を、行度遼將軍とした。ときに南單于と、中郎將の杜崇は、仲が悪い。南単于は、上書して杜崇に告げた。杜崇は、西河太守が単于の上書をにぎりつぶしたと言った。単于は分からない。

胡三省はいう。杜崇がつく中郎将とは、匈奴中郎将だ。南単于は、西河の美稷にいる。だから杜崇は、西河太守のせいした。

杜崇は、行度遼將軍の硃徽とともに、上言した。「南單于は、左賢王の師子らを殺したい。また新たに右部から降った人は、南単于に迫り、後漢から離反させるつもりだ。西河、上郡、安定の3郡を防備したい」と。

帝下公卿議,皆以為:「蠻夷反覆,雖 難測知,然大兵聚會,必未敢動搖。今宜遣有方略使者之單于庭,與杜崇、硃徽及西河 太守並力,觀其動靜。如無它變,可令崇等就安國會其左右大臣,責其部眾橫暴為邊害 者,共平罪誅。若不從命,令為權時方略,事畢之後。裁行賞賜,亦足以威示百蠻。」
帝從之,於是徽、崇遂發兵造其庭。安國夜聞漢軍至,大驚,棄帳而去。因舉兵欲誅師子。師子先知,乃悉將廬落入曼柏城,安國追到城下,門閉,不得入。硃徽遣吏曉譬和之,安國不聽。城既不下,乃引兵屯五原。崇、徽因發諸郡騎追赴之急,眾皆大恐,安國舅骨都侯喜為等慮並被誅,乃格殺安國,立師子為亭獨屍逐侯鞮單于。

和帝は、公卿に議論させた。みなが言う。「蠻夷の反覆は、測知しにくい。いまは様子を見よう。杜崇と硃徽は、西河 太守と力を合わせて備えろ。もし南単于が辺境を侵すなら、そのとき手を打て。賞賜をおこえば、兵を動かさなくても、百蠻に後漢の威勢を示せる」と。
和帝は、公卿に従う。杜崇と硃徽は、南単于の領土にゆく。南単于は、漢軍が来たことに大驚して、幕営を棄てて去った。南単于は、師子を攻めた。後漢が仲裁した。南匈奴は後漢を恐れ、対立の火種である、いまの南単于を殺した。師子をつぎの単于に立てた。

己卯,司徒丁鴻薨。 二月,丁未,以司空劉方為司徒,太常張奮為司空。

094年正月己卯、司徒の丁鴻が薨じた。 2月丁未、司空の劉方を、司徒とした。太常の張奮を、司空とした。

094年秋、班超が西域50余国をしたがえる

夏,五月,城陽懷王淑薨,無子,國除。 秋,七月,京師旱。 西域都護班超發龜茲、鄯善等八國兵合七萬餘人討焉耆,到其城下,誘焉耆王廣、 尉犁王泛等於陳睦故城,斬之,傳首京師;因縱兵鈔掠,斬首五千餘級,獲生口萬五千 人,更立焉耆左侯元孟為焉耆王。超留焉耆半歲,慰撫之。於是西域五十餘國悉納質內 屬,至於海濱,四萬裡外,皆重譯貢獻。

094年夏5月、城陽懷王の劉淑が薨じた。子がなく國は除かる。094年秋7月、京師で日照。
西域都護の班超は、龜茲や鄯善ら8国から、兵7万余人を発した。焉耆を討つ。焉耆王の首を斬り、京師に送った。これにおいて、西域の50余國は、すべて後漢に人質を送った。西の海濱に到るまで、4万里の外まで、みな後漢に貢献した。

胡三省はいう。西の海浜とは、シリアやローマのことだ。匈奴は衰えて、西域まで力が及ばない。ぼくは思う。後漢の最盛期を、『資治通鑑』で見ることができました!


南單于師子立,降胡五六百人夜襲師子,安集掾王恬將衛護士與戰,破之。於是降 胡遂相驚動,十五部二十餘萬人皆反,脅立前單于屯屠何子薁鞮日逐王逢侯為單于,遂 殺略吏民,燔燒郵亭、廬帳,將車重向朔方,欲度幕北。九月,癸丑,以光祿勳鄧鴻行 車騎將軍事,與越騎校尉馮柱、行度遼將軍硃徽將左右羽林、北軍五校士及郡國跡射、 緣邊兵,烏桓校尉任尚將烏桓、鮮卑,合四萬人討之。時南單于及中郎將杜崇屯牧師城, 逢侯將萬餘騎攻圍之。

南單于に師子が立つ。降った胡族のうち、15部20餘万人が、南単于に反した。南単于を、取り換えた。
9月癸丑、光祿勳の鄧鴻を行車騎將軍事とした。鄧鴻は、越騎校尉の馮柱と、行度遼將軍の硃徽ととに、左右の羽林と、北軍の五校士をひきいる。烏桓校尉の任尚は、烏桓と鮮卑を、合わせて4万人ひきいて、降った胡族を討つ。南單于と、匈奴中郎將の杜崇は、牧師城で、胡族に囲まれた。

胡三省はいう。後漢の辺境の郡では、牧師苑をつくって、馬を養う。西河郡の美稷の県境である。ぼくは補う。南単于が、後漢に移住してきたときの、本拠地である。ここを、囲まれた。後漢に従順な、南単于は、胡族から支持されず。


094年冬、竇憲からの、疑獄の連鎖をとめる

冬,十一月,鄧鴻等至美稷,逢侯乃解圍去,向滿夷谷。南單于 遣子將萬騎及杜崇所領四千騎,與鄧鴻等追擊逢侯於大城塞,斬首四千餘級。任尚率鮮 卑、烏桓要擊逢侯於滿夷谷,復大破之,前後凡斬萬七千餘級。逢侯遂率眾出塞,漢兵 不能追而還。

094年冬11月、鄧鴻らが美稷にきて、杜崇と南単于を救った。胡族を大破した。1万1千余を斬首した。胡族は出塞した。漢兵は、追うことができない。

以大司農陳寵為廷尉。寵性仁矜,數議疑獄,每附經典,務從寬恕,刻敝之風,於 此少衰。
帝以尚書令江夏黃香為東郡太守,香辭以:「典郡從政,才非所宜,乞留備冗官, 賜以督責小職,任之宮台煩事。」帝乃復留香為尚書令,增秩二千石,甚見親重。香亦 祗勤物務,憂公如家。

大司農の陳寵を、廷尉とした。陳寵は、性質が仁矜だ。しばしば疑獄があっても、經典どおり、寬恕に務めた。刻敝の風は、ここにおいて衰えた。

ぼくは思う。「刻敝の風」は、疑獄事件が連鎖する風潮、くらいの意味かな。

尚書令する江夏の黃香を、東郡太守とした。黄香は、辞して言った。「私は、郡の太守が務まる才能がない。どうか私に、宮台の煩事をお任せください」と。和帝は、黄香をにもどした。秩を2千石に増やし、親重した。

胡三省はいう。宮台とは、尚書台のこと。尚書は、王命を出納する。
『百官志』はいう。尚書令は、秩1千石だ。太守の2千石とおなじ秩を与えたのだ。

黄香は、せっせと働き、家のことように、公を憂いた。101225

inserted by FC2 system