表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

093年、竇憲の北単于を斬り、北匈奴が滅亡

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

093年春、千乗王の劉伉と、太傅の鄧彪が死ぬ

孝和皇帝下永元五年(癸巳,公元九三年) 春,正月,乙亥,宗祀明堂,登靈台,赦天下。 戊子,千乘貞王伉薨。 辛卯,封皇弟萬歲為廣宗王。 甲寅,太傅鄧彪薨。 戊午,隴西地震。

093年春正月乙亥、明堂に宗祀した。靈台に登り、天下を赦した。 正月戊子、千乘貞王の劉伉が薨じた。 正月辛卯、和帝の弟・劉萬歲を、廣宗王とした。 正月甲寅、太傅の鄧彪が薨じた。 正月戊午、隴西で地震あり。

袁安が死んで、テンションが下がってきた。


093年夏、竇憲に立てた北単于を斬る!

夏,四月,壬子,紹封阜陵殤王兄魴為阜陵王。 九月,辛酉,廣宗殤王萬歲薨,無子,國除。
初,竇憲既立於除鞬為此單于,欲輔歸北庭,會憲誅而止。於除鞬自畔還北,詔遣 將兵長史王輔以千餘騎與任尚共追討,斬之,破滅其眾。耿夔之破北匈奴也,鮮卑因此 轉徙據其地。匈奴餘種留者尚有十餘萬落,皆自號鮮卑;鮮卑就此漸盛。

093年夏4月壬子、阜陵殤王の兄・劉魴に、阜陵王をつがす。 9月辛酉、廣宗殤王の劉萬歲が薨じた。子がなく、國は除かる。

「万歳」なんて名前にしたのに、すぐ死んだ。成長を願った、幼名か?
胡三省が、血筋を説明するけれど、べつに、どうでもいい。笑

すでに竇憲は、於除鞬を北単于に立てて、北匈奴を輔歸したい。竇憲が誅され、北匈奴の計画をやめた。於除鞬は北にかえった。長史の王輔は、任尚とともに、於除鞬を斬った。北匈奴の兵を破滅させた。耿夔が北匈奴を破ると、鮮卑が、北匈奴のいた土地にうつった。

袁安の言ったとおりになった。竇憲の北匈奴への政策は、浪費しただけで、成果ゼロ。

北匈奴の残り10余万口は、みな鮮卑を称した。鮮卑は、漸く盛んだ。

ぼくは思う。匈奴も鮮卑も、外見のちがいはないのだろう。ただ漢族から見たときの区別だ。だから、匈奴の民族名をやめれば、北匈奴が「滅亡」することがある。しかし、ホロコーストが起きたのではない。
もともと異民族は、遺伝子のちがいでなく、文化のちがいを言うらしい。身近な例で当てはめると。外見で区別が付きにくい、アジア系の外国人を、ぼくら日本人は、どこかが違うと思う。アメリカ映画で、中国人が日本人役をやると、違和感があるような気がする。異民族の差とは、こんなもんだろうね。連続した近い土地に住んでいて、そんなに変わるまい。


093年冬、梁王の劉暢が、謀反をたくらむ

冬,十月,辛未,太尉尹睦薨。十一月,乙丑,太僕張酺為太尉。酺與尚書張敏等 奏「射聲校尉曹褒,擅制漢禮,破亂聖術,宜加刑誅。」書凡五奏。帝知酺守學不通, 雖寢其奏,而漢禮遂不行。 是歲,武陵郡兵破叛蠻,降之。

093年冬10月辛未、太尉の尹睦が薨じた。11月乙丑、太僕の張酺を、太尉とした。張酺は、尚書の張敏らと上奏した。「射聲校尉の曹褒は、漢禮を擅制する。誅殺せよ」と。5回上奏した。和帝は、張酺が家学を守り、ほかの学問に通じないことを知る。張酺の上奏は寝かされた。だが張酺の言うとおり、漢禮は行われず。

胡三省はいう。曹褒のきめた礼制は、章帝の章和元年(87年)にある。

この093年、武陵郡は、叛した蠻を降した。

梁王暢與從官卞忌祠祭求福,忌等諂媚雲:「神言王當為天子。」暢與相應答,為 有司所奏,請征詣詔獄。帝不許,但削成武、單父二縣。暢慚懼,上疏深自刻責曰: 「臣天性狂愚,不知防禁,自陷死罪,分伏顯誅。陛下聖德,枉法曲平,橫貸赦臣,為 臣受污。臣知大貸不可再得,自誓束身約妻子,不敢復出入失繩墨,不敢復有所橫費, 租入有餘,乞裁食睢陽、穀熟、虞、蒙、寧陵五縣,還餘所食四縣。臣暢小妻三十七人, 其無子者,願還本家,自選擇謹敕奴婢二百人,其餘所受虎賁、官騎及諸工技、鼓吹、 倉頭、奴婢、兵弩、廄馬,皆上還本署。臣暢以骨肉近親,亂聖化,污清流,既得生活, 誠無心面目以兇惡復居大宮,食大國,張官屬,藏什物,願陛下加恩開許。」上優詔不 聽。

梁王の劉暢が、從官の卞忌らと、祠祭した。劉暢は、「劉暢が天子になる」という諂媚を信じた。和帝は、劉暢の封地を削り、成武と單父の2県とした。劉暢は慚懼して、上疏した。和帝は、劉暢の釈明を許さず。

護羌校尉貫友遣譯使構離諸羌,誘以財貨,由是解散。乃遣兵出塞,攻迷唐於大、 小榆谷,獲首虜八百餘人,收麥數萬斛。遂夾逢留大河築城塢,作大航,造河橋,欲度 兵擊迷唐。迷唐率部落遠徙,依賜支河曲。

護羌校尉の貫友は、財貨をつかって、諸羌を分裂させた。貫友は迷唐を攻め、賜支の河曲まで追い落とした。

單于頓屠何死,單于宣弟安國立。安國初為左賢王,無稱譽;及為單于,單于適之 子左谷蠡王師子以次轉為左賢王。師子素勇黠多知,前單于宣及屯屠何皆愛其氣決,數 遣將兵出塞,掩擊北庭,還,受賞賜,天子亦加殊異。由是國中盡敬師子而不附安國, 安國欲殺之。諸新降胡,初在塞外數為師子所驅掠,多怨之。安國因是委計降者,與同 謀議。師子覺其謀,乃別居五原界,每龍庭會議,師子輒稱病不往。度遼將軍皇甫稜知 之,亦擁護不遣,單于懷憤益甚。

南單于の頓屠何が死んだ。左谷蠡王の師子は、左賢王となる。南単于の後継を争った。度遼將軍の皇甫稜は、師子のピンチを知りながら、助けない。南単于は、皇甫稜に、ひどく憤る。101225

羌族も南単于も、興味がないので、超はぶきました。「もし、このテーマに関心を持ったら、ここを読み返せばいいんだ」と、自分用にメモしているだけです。

inserted by FC2 system