表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

092年、袁安が死に、竇憲が自殺する

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

092年春、周栄が袁安に尽くし、袁安が死ぬ

孝和皇帝下永元四年(壬辰,公元九二年)
春,正月,遣大將軍左校尉耿夔,授於除鞬印綬,使中郎將任尚,持節衛護屯伊吾, 如南單于故事。

092年春正月、大將軍左校尉の耿夔は、北単于の除鞬に印綬をさずけた。中郎將の任尚は、持節して、伊吾を衛護した。北単于を統治する方法は、南単于の前例にならう。

前年、袁安の反対を押しきり、竇憲が北単于の統治を決めた。


初,廬江周榮辟袁安府,安舉奏竇、景及爭立北單于事,皆榮所具草,竇氏客太尉 掾徐齮深惡之,脅榮曰:「子為袁公腹心之謀,排奏竇氏,竇氏悍士、刺客滿城中,謹 備之矣!」榮曰:「榮,江淮孤生,得備宰士,縱為竇氏所害,誠所甘心!」因敕妻子: 「若卒遇飛禍,無得殯斂,冀以區區腐身覺悟朝廷。」
三月,癸丑,司徒袁安薨。 閏月,丁丑,以太常丁鴻為司徒。

はじめ廬江の周榮は、袁安の府に辟された。袁安は、竇景に上奏し、北單于を後漢が立てることに反対した。みな周栄が、上奏を具草した。

袁安は袁術の祖先、周栄は周瑜の祖先だ。

竇氏の客・太尉掾の徐齮は、ふかく周栄を悪む。徐齮は、周栄を脅した。「周栄は、袁公の腹心之謀だ。竇氏に逆らう上奏をかいた。竇氏は、悍士や刺客が、城中に満ちる。せいぜい気をつけろ」と。周栄は言った。「私は、江淮に孤生した。宰士(袁安)に仕えることができた。もし竇氏に殺害されても、かまわない」と。周栄は妻子に命じた。「もし私が竇憲に殺されても、殯斂するな。死体を腐らせ、朝廷に何が正しいか分からせる」と。

ちょっと意訳しました。袁安が正しく、竇憲が誤っていることを、周栄は死体を使って示したい。周栄伝は『後漢書』で、袁安伝にくっついてる。以前やった。
『後漢書』周栄伝を訳し、周瑜の家柄を知る

092年3月癸丑、司徒の袁安が薨じた。閏月丁丑、太常の丁鴻を司徒とした。

092年夏、竇憲の4兄弟を自殺させる

夏,四月,丙辰,竇憲還至京師。
六月,戊戌朔,日有食之。丁鴻上疏曰:「昔諸呂握權,統嗣幾移;哀、平之末, 廟不血食。故雖有周公之親而無其德,不得行其勢也。今大將軍雖欲敕身自約,不敢僭 差;然而天下遠近,皆惶怖承旨。刺史、二千石初除,謁辭、求通待報,雖奉符璽,受 台敕,不敢便去,久者至數十日,背王室,向私門,此乃上威損,下權盛也。人道悖於 下,效驗見於天,雖有隱謀。神照其情,垂象見戒,以告人君。禁微則易,救末者難; 人莫不忽於微細以致其大,恩不忍誨,義不忍割,去事之後,未然之明鏡也。夫天不可 以不剛,不剛則三光不明;王不可以不強,不強則宰牧從橫。宜因大變,改政匡失,以 塞天意。」
丙辰,郡國十三地震。 旱,蝗。

092年夏4月丙辰、竇憲は京師にかえる。
6月戊戌ついたち、日食した。司徒の丁鴻は、上疏した。「前漢の呂后や王莽の禍いが、くり返されている。みな竇憲にびびる。刺史や太守は、竇憲に挨拶するため、数十日を持つ。和帝を強め、竇氏を弱めよ」と。

ぼくは思う。袁安の後任は、袁安とおなじ意見だ。列伝を読もう。

6月丙辰、郡國13で地震あり。日照、イナゴ。

竇氏父子兄弟並為卿、校,充滿朝廷,穰侯鄧疊、疊弟步兵校尉磊及母元、憲女婿 射聲校尉郭舉、舉父長樂少府璜共相交結;元、舉並出入禁中,舉得幸太后,遂共圖為 殺害,帝陰知其謀。是時,憲兄弟專權,帝與內外臣僚莫由親接,所與居者閹宦而已。 帝以朝臣上下莫不附憲,獨中常侍鉤盾令鄭眾,謹敏有心幾,不事豪黨,遂與眾定議誅 憲,以憲在外,慮其為亂,忍而未發。

竇氏の父子や兄弟は、みな卿や校となり、朝廷に充滿した。穰侯の鄧疊と、鄧疊の弟・步兵校尉の鄧磊と、その母の元、竇憲の娘婿・射聲校尉の郭舉、郭舉の父・長樂少府の郭璜は、ともに交結した。

李賢はいう。太后は、長楽宮にいる。ゆえに、長楽少府がある。小府は、秩が2千石。
ぼくは思う。竇太后の敵に、鄧氏がおおいのは、なにか関係ある?

鄧磊の母・元と、射聲校尉の郭舉は、禁中に出入りし、竇太后と会える。ともに竇太后を殺そうとした。ひそかに和帝は、謀を知った。

訳に自信がありませんが、竇太后を殺す作戦ですよね?

このとき、竇憲の兄弟は專權する。和帝は、内外の臣僚と、親接できない。宦官とだけ、和帝は親接できる。竇憲にへつらわない宦官は、中常侍・鉤盾令の鄭眾だけだ。和帝は、鄭衆に、竇憲を殺す相談をした。竇憲は涼州にいる。和帝は乱を慮り、なかなか実行できない。

『百官志』はいう。鉤盾令は、秩6百石。宦官がつく。諸近の池苑や、円遊する観をつかさどる。少府に属す。
ぼくは思う。竇憲が洛陽にいないから、殺せない。和帝が慮った「乱」とは、何か。涼州が反乱するのか。つぎの段で、和帝は竇憲を殺す。涼州への対策がなされたとは思えない。竇憲が率いた涼州の外征軍が、洛陽に乗りこめば、後漢は一瞬で滅亡する。


會憲與鄧疊皆還京師。時清河王慶,恩遇尤渥, 常入省宿止;帝將發其謀,欲得《外戚傳》,懼左右,不敢使,令慶私從千乘王求,夜, 獨內之;又令慶傳語鄭眾,求索故事。

たまたま竇憲と鄧疊は、京師にもどる。ときに清河王の劉慶は、和帝の恩にあい、禁中に寝泊りした。和帝は、『漢書』外戚伝をほしがる。宦官たちは、懼れて『漢書』をわたさない。劉慶とは、千乘王の劉コウ(和帝の長兄)をつれて、夜に禁中へ入る。劉慶は鄭衆と語り、『漢書』外戚伝から、外戚をころした故事を調査した。

李賢はいう。前漢の文帝は、薄昭を殺した。武帝は、竇嬰を殺した。


庚申,帝幸北宮,詔執金吾、五校尉勒兵屯衛南、 北宮,閉城門,收捕郭璜、郭舉、鄧疊、鄧磊,皆下獄死。遣謁者僕射收憲大將軍印綬, 更封為冠軍侯,與篤、景、瑰皆就國。帝以太后故,不欲名誅憲,為選嚴能相督察之。 憲、篤、景到國,皆迫令自殺。

6月庚申、和帝は北宮にゆく。執金吾と五校尉に詔して、城門をかためた。郭璜、郭舉、鄧疊、鄧磊を捕え、獄死させた。

郭璜や郭舉らは、竇太后を殺そうとした人だ。和帝は、竇太后を殺そうとした人も、竇太后の一族(竇憲ら)も、一気に片付けたのか。喧嘩両成敗みたいな。

謁者僕射は、竇憲から大將軍の印綬をうばった。竇憲を冠軍侯とした。竇篤、竇景、竇瑰を、みな国に行かす。和帝は、竇憲が太后の一族だから、竇憲を誅殺したという名目を作りなくない。厳しくて有能な国相を、竇氏の兄弟につけた。竇憲、竇篤、竇景は、国についた。国相が迫って、竇憲の兄弟を、自殺させた。

092年夏、竇氏派を一掃し、袁賞を郎とする

初,河南尹張酺,數以正法繩治竇景,及竇氏敗,酺上疏曰:「方憲等寵貴,群臣 阿附唯恐不及,皆言憲受顧命之托,懷伊、呂之忠,至乃復比鄧夫人於文母。今嚴威既 行,皆言當死,不顧其前後,考折厥衷。臣伏見夏陽侯瑰每存忠善,前與臣言,常有盡 節之心,檢敕賓客,未嘗犯法。臣聞王政骨肉之刑,有三宥之義,過厚不過薄。今議者 欲為瑰選嚴能相,恐其迫切,必不完免,宜裁加貸宥,以崇厚德。」帝感共言,由是瑰 獨得全。竇氏宗族賓客以憲為官者,皆免歸故郡。

はじめ河南尹の張酺は、しばしば竇景の不法を正した。

胡三省は、張酺が竇景を取り締まった話をひく。はぶく。

竇氏が敗れると、張酺は上疏した。「夏陽侯の竇瑰だけは、賓客をおさえ、法を犯さなかった。竇瑰に自殺を迫るのは、やめよ」と。和帝は、竇瑰を生かした。竇氏の宗族や賓客は、竇憲のおかげで官位にあった。みな免じられ、故郡に帰った。

初,班固奴嘗醉罵洛陽令種兢,兢因逮考竇氏賓客,收捕固,死獄中。固嘗著《漢 書》,尚未就,詔固女弟曹壽妻昭踵而成之。

はじめ班固の奴は、洛陽令の種兢を酔って罵った。種兢は、班固が竇氏の賓客だから、班固を捕えて、獄中で殺した。班固は『漢書』を書いたが、まだ完成しない。和帝は、班固の女弟・曹壽の妻・昭に、『漢書』を継続させた。

華嶠は論じる。班固は、「司馬遷は孔子の教えに合わない」と、そしった。だが班固は、出処進退を誤り、孔子の教えを守らなかった。班固に、司馬遷を批判する資格はない。


初,竇憲納妻,天下郡國皆有禮慶。漢中郡亦當遣吏,戶曹李郃諫曰:「竇將軍椒 房之親,不修德禮而專權驕恣,危亡之禍,可翹足而待;願明府一心王室,勿與交通。」 太守固遣之,郃不能止,請求自行,許之。郃遂所在遲留以觀其變,行至扶風而憲就國。 凡交通者皆坐免官,漢中太守獨不與焉。

はじめ竇憲が妻をめとると、天下の郡國は、みな禮慶した。漢中郡も、竇憲を祝いたい。戸曹の李郃は、漢中太守を諌めた。「竇憲は外戚だが、権勢が危うい。竇憲と交通するな」と。だが漢中太守は、竇憲を祝う。祝賀の使者となった李郃は、速度をおとした。李郃が扶風にいるとき、竇憲が失脚し、竇憲と交通した人が、免官された。李郃のおかげで、漢中太守だけが、免官されず。

帝賜清河王慶奴婢、輿馬、錢帛、珍寶,充牣 其第。慶或時不安,帝朝夕問訊,進膳藥,所以垂意甚備。慶亦小心恭孝,自以廢黜, 尤畏事慎法,故能保其寵祿焉。
帝除袁安子賞為郎,任隗子屯為步兵校尉,鄭眾遷大長秋。帝策勳班賞,眾每辭多 受少,帝由是賢之,常與之議論政事,宦官用權自此始矣。

和帝は、清河王の劉慶に、おおくを下賜した。劉慶は小心で恭孝にふるまい、自ら廢黜した。つつしんだから、劉慶は、和帝からの寵祿を保った。
和帝は、袁安の子・袁賞を郎にした。任隗の子・任屯を、步兵校尉にした。

胡三省はいう。袁安と任隗は、竇憲に付かなかったから、ほめた。

鄭眾は大長秋にうつる。和帝がボーナスを配分するとき、鄭衆は多くを受けなかった。和帝は鄭衆が賢いと思い、ともに政事を議論した。宦官が権限をもったのは、これが始まりだ。

092年冬、護羌校尉の鄧訓は、西北で神となる

秋,七月,己丑,太尉宋由以竇氏黨策免,自殺。 八月,辛亥,司空任隗薨。 癸丑,以大司農尹睦為太尉。太傅鄧彪以老病上還樞機職,詔許焉,以睦代彪錄尚 書事。

092年秋7月己丑、太尉の宋由は、竇憲の与党だから免じた。宋由は自殺した。092年8月辛亥、司空の任隗が薨じた。8月癸丑、大司農の尹睦を、太尉とした。太傅の鄧彪は、老だから、樞機の職務を返上した。和帝は、鄧彪の引退を許し、鄧彪に代えて、尹睦に錄尚 書事させた。

冬,十月,己亥,以宗正劉方為司空。 武陵、零陵、澧中蠻叛。
護羌校尉鄧訓卒,吏、民、羌、胡旦夕臨者日數千人。羌、胡或以刀自割,又刺殺 其犬馬牛羊,曰:「鄧使君已死,我曹亦俱死耳!」前烏桓吏士皆奔走道路,至空城郭; 吏執,不聽,以狀白校尉徐傿,傿歎息曰:「此為義也!」乃釋之。遂家家為訓立祠, 每有疾病,輒請禱求福。

092年冬10月己亥、宗正の劉方を、司空とした。 武陵、零陵、澧中で、蠻が叛した。
護羌校尉の鄧訓が卒した。吏民も、羌胡も、数千人が葬儀にきた。ある羌胡は、鄧訓に殉死した。べつの羌胡は、犬馬牛羊を刺殺し、「鄧使君がすでに死んだ。我曹も、ともに死なん!」と言った。
かつて烏桓の吏士は、烏桓校尉だった鄧訓の部下に、空城に入った罪を許された。異民族の家では、鄧訓の祠をつくり、疾病のたびに、鄧訓に祈った。

神になるのは、関羽だけではないね。


蜀郡太守聶尚代訓為護羌校尉,欲以恩懷諸羌,乃遣譯使招呼 迷唐,使還居大、小榆谷。迷唐既還,遣祖母卑缺詣尚,尚自送至塞下,為設祖道,令 譯田汜等五人護送至廬落。迷唐遂反,與諸種共生屠裂汜等,以血盟詛,復寇金城塞。 尚坐免。

蜀郡太守の聶尚は、鄧訓に代わり、護羌校尉となる。聶尚は、諸羌を恩懷したい。迷唐を故地にかえし、恩を売った。のちに諸羌が血盟をむすび、後漢の金城塞を寇した。聶尚はクビになった。101225

かるがるしく恩を売っても、意味がない。また迷唐は、鄧訓ですら、攻撃した相手だ。恩を売る相手を、聶尚は誤った。鄧訓みたいに慕われない。

inserted by FC2 system