表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

091年、袁安が、北匈奴への介入に反対

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

091年春、北匈奴の滅亡

肅宗孝章皇帝下永元三年(辛卯,公元九一年)
春,正月,甲子,帝用曹褒新禮,加元服;擢褒監羽林左騎。
竇憲以北匈奴微弱,欲遂滅之,二月,遣左校尉耿夔、司馬任尚出居延塞,圍北單 於於金微山,大破之,獲其母閼氏、名王以下五千餘級,北單于逃走,不知所在,出塞 五千餘里而還,自漢出師所未嘗至也。封夔為粟邑侯。

091年春正月甲子、和帝は,曹褒の新禮を用いて、元服した。和帝は曹褒を、監羽林左騎とした。

胡三省は、「礼儀志」をひくけど、今日は省略。
『百官志』はいう。羽林左監とは、秩は600石だ。羽林左騎をつかさどる。光禄勲に属す。

竇憲は、北匈奴が微弱だから、滅ぼしたい。091年2月、左校尉の耿夔と、司馬の任尚は、北匈奴を金微山で大破した。北単于の母・閼氏を捕えた。名王より以下5千餘級を斬った。北單于は、逃走して、行方しれず。長城から5千餘里ゆき、もどった。漢室の出師では、最長の遠征である。耿夔を粟邑侯とした。

091年春、竇憲を批判するリーダーは、袁安

竇憲既立大功,威名益盛,以耿夔、任尚等為爪牙,鄧疊、郭璜為心腹,班固、傅 毅之徒典文章,刺史、守、令,多出其門,競賦斂吏民,共為賂遺。司徒袁安、司空任 隗舉奏諸二千石並所連及,貶秩免官者四十餘人,竇氏大恨;但安、隗素行高,亦未有 以害之。

竇憲は、大功を立て、威名は盛んだ。耿夔と任尚らは、竇憲の爪牙だ。鄧疊と郭璜は、竇憲の心腹だ。班固と傅毅らは、竇憲のために文章をつづる。刺史、守、令は、竇憲の家門から出た。みな競って、竇憲にワイロした。

班固は、外戚・竇憲の一味である。班固が、外戚の王莽を、どんな気持ちで記したのか、考えるための材料になるだろう。

司徒の袁安と、司空の任隗は、竇憲にワイロした、太守らの罪を追及した。貶秩や免官された人は、40餘人だ。竇氏は、袁安と任隗を、大恨した。だが、袁安と任隗は、行いが高く、ケチをつけられない。

尚書僕射樂恢,刺舉無所迴避,憲等疾之。恢上疏曰:「陛下富於春秋,纂承 大業,諸舅不宜干正王室,以示天下之私。方今之宜,上以義自割,下以謙自引,四舅 可長保爵土之榮,皇太后永無慚負宗廟之憂,誠策之上者也。」書奏,不省。恢稱疾乞 骸骨,歸長陵;憲風厲州郡,迫脅恢飲藥死。於是朝臣震懾,望風承旨,無敢違者。
袁 安以天子幼弱,外戚擅權,每朝會進見及與公卿言國家事,未嘗不喑嗚流涕;自天子及 大臣,皆恃賴之。

尚書僕射の樂恢は、竇憲をきつく批判したから、竇憲に疾まれた。樂恢は、上疏した。「竇憲の4兄弟が、天下を私物化した。竇太后は、竇氏を優遇しすぎるな」と。竇太后は、樂恢の上疏を見ず。樂恢は、退職して長陵(京兆)に帰る。竇憲が州郡に吹きこんだので、樂恢は服毒して死んだ。朝臣は震懾し、もう竇憲に逆らわず。
天子(和帝)が幼弱で、外戚が擅權する。袁安は、朝會のたび、公卿と國家のことを話した。外戚が擅權するから、いつも袁安は、喑嗚して流涕した。天子から大臣まで、みな袁安を恃賴した。

胡三省はいう。袁安がした喑嗚とは、歎き、痛む顔つき。
ぼくは思う。袁安だけが、竇憲と対決できるホープだ。袁安伝を読んだとき、対決姿勢が強調されてたが、袁安への期待がどれほどか、分からなかった。だって袁安伝は、袁安が主役だから。でも『資治通鑑』を読んだおかげで、袁安の重要性が分かった。竇憲と戦うための、リーダーである。筆頭である。


091年冬、班超が西域都護、後漢の領土最大

冬,十月,癸未,上行幸長安,詔求蕭、曹近親宜為嗣者,紹其封邑。 詔竇憲與車駕會長安。憲至,尚書以下議欲拜之,伏稱萬歲,尚書韓稜正色曰: 「夫上交不諂,下交不黷;禮無人臣稱萬歲之制!」議者皆慚而止。尚書左丞王龍私奏 記、上牛酒於憲,稜舉奏龍,論為城旦。

091年冬10月癸未、和帝は長安にゆく。蕭何と曹参の近親を探し、封邑を嗣がせたい。竇憲は、和帝とともに長安にきた。竇憲がつくと、尚書より以下は、竇憲に拜して、伏して万歳した。尚書の韓稜は、正色して言った。「臣下の竇憲に対して、万歳するという礼のルールはない」と。みな万歳をやめた。尚書左丞の王龍は、竇憲に牛酒をさしあげた。韓稜は、王龍をあげて、論じて城旦をなした。

城旦が、よく分かりません。城の夜明けまで、しゃべった?
【追記】T_S氏はいう。「城旦」とは、刑罰(徒刑)の一種です。「尚書左丞王龍私奏記、上牛酒於憲,稜舉奏龍,論為城旦」は、「王龍が憲に私的に文書をたてまつったり牛酒を贈ったりしたことを、稜が劾奏したので、龍は「城旦」の刑になった」という意味です。 (引用おわり)ありがとうございました。


龜茲、姑墨、溫宿諸國皆降。十二月,復置西域都護、騎都尉、戊己校尉官。以班 超為都護,徐幹為長史。拜龜茲侍子白霸為龜茲王,遣司馬姚光送之。超與光共脅龜茲, 廢其王尤利多而立白霸,使光將尤利多還詣京師。超居龜茲它乾城,徐幹屯疏勒,惟焉 耆、危須、尉犁以前沒都護,猶懷二心,其餘悉定。 庚辰,上至自長安。

龜茲、姑墨、溫宿の諸國は、みな後漢に降った。

ぼくは補う。和帝のとき、後漢の領土は最大となる。領土の広さをもって、国の盛衰を語るなら。後漢は、和帝がピークだ。どこかで読んだ話。出典、忘れた。

091年12月、ふたたび西域都護と、西域騎都尉、戊己校尉の官位をおく。班超を西域都護に、徐幹を長史とした。

胡三省はいう。章帝の建初元年、西域の官位を除いた。いま復活。

龜茲らのうち、後漢に二心がある国を、班超はすべて平定した。12月庚辰、和帝は長安から洛陽にもどる。

091年、袁安曰く、北匈奴に中郎将は要らない

初,北單于既亡,其弟右谷蠡王於除鞬自立為單于,將眾數千人止蒲類海,遣使款 塞。竇憲請遣使立於除鞬為單于,置中郎將領護,如南單于故事。事下公卿議,宋由等 以為可許;袁安、任隗奏以為:「光武招懷南虜,非謂可永安內地,正以權時之算,可 得扞御北狄故也。今朔漠既定,宜令南單于反其北庭,並領降眾,無緣復更立於除鞬以 增國費。」事奏,未以時定。

北単于が消えたので、弟が単于となる。竇憲は、北匈奴に中郎將領護をおき、南単于と同じく治めたい。公卿は話し合った。宋由らは、竇憲に賛成だ。
袁安と任隗は、上奏した。「光武帝が南単于のために、中郎將を置いたのは、北単于とぶつけるためだ。いま北方が定まったから、南単于を北方にもどすべき。今回新たに、北単于のために中郎將を置き、国費をつかうな」と。結論がでない。

安懼憲計遂行,乃獨上封事曰:「南單于屯先父舉眾歸德, 自蒙恩以來四十餘年,三帝積累以遺陛下,陛下深宜遵述先志,成就其業,況屯首唱大 謀,空盡北虜,輟而弗圖,更立新降;以一朝之計,違三世之規,失信於所養,建立於 無功。《論語》曰:『言忠信,行篤敬,雖蠻貊行焉。』今若失信於一屯,則百蠻不敢 復保誓矣。又,烏桓、鮮卑新殺北單于,凡人之情,鹹畏仇讎,今立其弟,則二虜懷怨。 且漢故事,供給南單于,費直歲一億九十餘萬,西域歲七千四百八十萬;今北庭彌遠, 其費過倍,是乃空盡天下而非建策之要地。」
詔下其議,安又與憲更相難折。憲險急負 執,言辭驕訐,至詆毀安,稱光武誅韓歆、戴涉故事,安終不移;然上竟從憲策。

袁安は、竇憲の意見がとおり、北単于に中郎将が置かれることを懼れた。ひとり袁安は、上封した。「北単于を立て、北匈奴中郎将を置くな」と。

上封の内容は、3年前に書きました。これの中ほど参照。袁安伝の口語訳。司馬光が、だいぶ要点を抜いたので、『資治通鑑』のほうが主張が明快になってます。
外戚の竇憲は、ともかく後漢の領土を広げて、功績を手に入れたい。袁安は、後漢の国力、身の丈にあった領土にせよという。後世を知っている人からすれば、袁安のほうが正しい。竇憲は、野心に目がくらんでる。そう見える。
だが091年時点では、後漢が建国されて、膨張している最中だ。「袁安は、竇憲に嫉妬して、竇憲をジャマしているだけだ」と言えなくもない。
ともあれ、国費の保全を主張して、袁氏は名声を勝ちとる。もし後漢が滅びたら、かわりに漢族を守るのは、袁氏だよなあ、という方向になる。たとえば、後漢末の人は、異民族への膨張政策が、うまくいかないことを知っている。後漢末の人なら、袁安の正しさを、身をもって痛感するだろう。目の前にいる袁氏(袁紹や袁術)を、悪くは思わない。

袁安と竇憲は、互いに折れない。竇憲は焦って、言辭は驕訐となる。竇憲は、袁安を詆毀した。光武帝が、韓歆と戴涉を殺した故事を、竇憲は持ち出した。

胡三省はいう。韓歆の死は、建武15年。戴涉の死は、建武20年。

袁安は、意見をかえず。ついに竇憲の策が、採用された。101225

inserted by FC2 system