表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

089年、竇憲が北匈奴を破り、専朝する

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

089年春、竇氏が、匈奴を攻め、第宅を建てる

   肅宗孝章皇帝下永元元年(己丑,公元八九年)
春,迷唐欲復歸故地。鄧訓發湟中六千人,令長史任尚將之,縫革為船,置於箄上 以渡河,掩擊迷唐,大破之,斬首前後一千八百餘級,獲生口二千人,馬牛羊三萬餘頭, 一種殆盡。迷唐收其餘眾西徙千餘里,諸附落小種皆畔之。燒當豪帥東號稽顙歸死,餘 皆款塞納質。於是訓綏接歸附,威信大行,遂罷屯兵,各令歸郡,唯置弛刑徒二千餘人, 分以屯田、修理塢壁而已。

089年春、前年に鄧訓に敗れた迷唐は、故地に戻りたい。鄧訓は、湟中の6千人を発し、長史の任尚に率いさせた。任尚は、迷唐を大破した。

興味が出てきたら、細かくやります。ともかく、後漢の任尚と、任尚が率いる羌族が勝った。


竇憲將征匈奴,三公、九卿詣朝堂上書諫,以為:「匈奴不犯邊塞,而無故勞師遠 涉,損費國用,徼功萬裡,非社稷之計。」書連上,輒寢,宋由懼,遂不敢復署議,而 諸卿稍自引止。唯袁安、任隗守正不移,至免冠朝堂固爭,前後且十上,眾皆為之危懼, 安、隗正色自若。

竇憲は、匈奴を征めると言う。三公と九卿は、朝堂で上書して、諫めた。「北匈奴は、後漢に侵入しない。国費をつかって、攻めなくてよい」と。上書は、無視された。宋由は、竇憲を懼れて、諌めるのをやめた。公卿たちも、諌めるのをやめた。
ただ袁安と任隗は、諌めつづけた。冠をぬぎ、朝堂で言い争った。10回、上奏した。みな袁安と任隗を危懼したが、2人は正色して自若。

袁安の上書が、袁安伝にはある。しかし『資治通鑑』では、採用されず。つぎにある、侍御史の魯恭の文章のほうが、優れていたようだ。残念な、袁安。


侍御史魯恭上疏曰:「國家新遭大憂,陛下方在諒陰,百姓闕然,三 時不聞警蹕之音,莫不懷思皇皇,若有求而不得。今乃以盛春之月興發軍役,擾動天下, 以事戎夷,誠非所以垂恩中國,改元正時,由內及外也。萬民者,天之所生;天愛其所 生,猶父母愛其子,一物有不得其所,則正氣為之舛錯,況於人乎!故愛民者必有天報。 夫戎狄者,四方之異氣,與鳥獸無別;若雜居中國,則錯亂天氣,污辱善人,是以聖王 之制,羈縻不絕而已。今匈奴為鮮卑所破,遠藏於史侯河西,去塞數千里,而欲乘其虛 耗,利其微弱,是非義之所出也。今始征發,而大司農調度不足,上下相迫,民間之急, 亦已甚矣。群僚百姓鹹曰不可,陛下獨奈何以一人之計,棄萬人之命,不恤其言乎!上 觀天心,下察人志,足以知事之得失。臣恐中國不為中國,豈徒匈奴而已哉!」

侍御史の魯恭は、上疏した。「北匈奴は、鮮卑に敗れた。いま後漢が、南匈奴のために兵を動かす必要はない」と。

尚書令 韓稜、騎都尉硃暉、議郎京兆樂恢,皆上疏諫,太后不聽。又詔使者為憲弟篤、景並起 邸第,勞役百姓。
侍御史何敞上疏曰:「臣聞匈奴之為桀逆久矣,平城之圍,慢書之恥, 此二辱者,臣子所謂捐軀而必死,高祖、呂後忍怒還忿,捨而不誅。今匈奴無逆節之罪, 漢朝無可慚之恥,而盛春東作,興動大役,元元怨恨,鹹懷不悅。又猥復為衛尉篤、奉 車都尉景繕修館第,彌街絕裡。篤、景親近貴臣,當為百僚表儀。今眾軍在道,朝廷焦 脣,百姓愁苦,縣官無用,而遽起大第,崇飾玩好,非所以垂令德、示無窮也。宜且罷 工匠,專憂北邊,恤民之困。」書奏,不省。

尚書令の韓稜、騎都尉の硃暉、議郎する京兆の樂恢は、みな上疏して諌めた。竇太后は、出兵をゆずらず。太后は詔して、竇憲の弟の竇篤と竇景のために、邸第を建てた。百姓に勞役させた。
侍御史の何敞は、上疏した。「竇太后の一族の都合で、匈奴に出兵し、邸第を建築する。百姓に愁苦を強いる。やめろ」と。竇太后は、かえりみず。

竇憲嘗使門生齎書詣尚書僕射郅壽,有所請托,壽即送詔獄,前後上書,陳憲驕恣, 引王莽以誡國家;又因朝會,刺譏憲等以伐匈奴、起第宅事,厲音正色,辭旨甚切。憲 怒,陷壽以買公田、誹謗,下吏,當誅,何敝上疏曰:「壽機密近臣,匡救為職,若懷 默不言,其罪當誅。今壽違眾正議以安宗廟,豈其私邪!臣所以觸死瞽言,非為壽也。 忠臣盡節,以死為歸;臣雖不知壽,度其甘心安之。誠不欲聖朝行誹謗之誅,以傷晏晏 之化,杜塞忠直,垂譏無窮。臣敞謬與機密,言所不宜,罪名明白,當填牢獄,先壽僵 僕,萬死有餘。」書奏,壽得減死論,徙合浦,未行,自殺。壽,惲之子也。

かつて竇憲は、門生をつかい、尚書僕射の郅壽に文書をとどけた。請托があり、郅壽は詔獄に送られた。郅壽は、上書して、竇憲の驕恣を言いつづけた。「竇憲は、王莽とおなじ。後漢は、王莽の教訓を生かせ」と。
郅壽は、竇憲の匈奴の攻撃と、第宅の建築を、つよく責めた。竇憲は怒り、郅壽を殺したい。何敝が上疏して、止めた。郅壽は、死刑を減じ、合浦に徙される。郅壽は、徙るまえに自殺した。郅壽は、光武帝に仕えた、郅惲の子だ。

すでに史書は、外戚・竇氏の弊害を、描きはじめた。竇太后は、はじめはバランス感覚がありそうだった。しかし089年の段階で、すでに竇憲の一味である。良心は、描かれない。


089年夏、北単于を破り、20余万人が降る

夏,六月,竇憲、耿秉出朔方雞鹿塞,南單于出滿夷谷,度遼將軍鄧鴻出□固陽塞, 皆會涿邪山。憲分遣副校尉閻盤、司馬耿夔、耿譚將南匈奴精騎萬餘,與北單于戰於稽 洛山,大破之,單于遁走。追擊諸部,遂臨私渠北鞮海,斬名王以下萬三千級,獲生口 甚眾,雜畜百餘萬頭,諸裨小王率眾降者,前後八十一部二十餘萬人。

089年夏6月、竇憲と耿秉は、南單于や、度遼將軍の鄧鴻と、涿邪山で合流した。北単于を破り、名王より以下、1万3千級を斬った。前後81部から、20余萬人が降った。

細かい戦闘の経緯は、省いています。胡三省は、地名の特定のため、たくさん注釈しています。興味が出てきたら、やります。


憲、秉出塞三千 餘里,登燕然山,命中護軍班固刻石勒功,紀漢威德而還。遣軍司馬吳汜、梁諷奉金帛 遺北單于,時虜中乖亂,汜、諷及單于於西海上,宣國威信,以詔致賜,單于稽首拜受。 諷因說令修呼韓邪故事,單于喜悅,即將其眾與諷俱還;到私渠海,聞漢軍已入塞,乃 遣弟右溫禺鞮王奉貢入侍,隨諷詣闕。憲以單于不自身到,奏還其侍弟。

竇憲と耿秉は、燕然山に登った。中護軍の班固に命じ、漢室の威德を石に刻ませた。南単于は、呼韓邪の故事にならい、後漢の北藩となった。北単于は、弟を後漢に奉貢させた。北単于が自ら来ないので、竇憲は、北単于の弟を追い返した。

089年秋、袁安が、竇憲の兄弟を劾める

秋,七月,乙未,會稽山崩。
九月,庚申,以竇憲為大將軍,中郎將劉尚為車騎將軍,封憲武陽侯,食邑二萬戶; 憲固辭封爵,詔許之。舊,大將軍位在三公下,至是,詔憲位次太傅下、三公上;長史、 司馬秩中二千石。封耿秉為美陽侯。

089年秋7月乙未、會稽山が崩れた。
9月庚申、竇憲を大將軍とした。中郎將の劉尚を、車騎將軍とした。竇憲を武陽侯に封じ、食邑は2万戶。竇憲は、封爵を固辞したので、竇太后は辞退をゆるした。もともと大將軍は三公の下位だ。いま詔して、大将軍の竇憲を、太傅の下、三公の上とした。大将軍の長史と司馬は、秩が中二千石だ。耿秉を、美陽侯に封じた。

胡三省はいう。太傅は、三公の上だ。竇憲も、三公の上だ。もともと大将軍の長史と司馬は、秩が千石だ。いま長史と司馬の秩を、中二千石としたから、九卿にならんだ。


竇氏兄弟驕縱,而執金吾景尤甚,奴客緹騎強奪人 財貨,篡取罪人,妻略婦女。商賈閉塞,如避寇仇。又擅發緣邊諸郡突騎有才力者,有 司莫敢舉奏,袁安劾景「擅發邊兵,驚惑吏民;二千石不待符信而輒承景檄,當伏顯 誅。」又奏「司隸校尉河南尹阿附貴戚,不舉劾,請免官案罪。」並寢不報。

竇氏の兄弟は驕縱だ。なかでも、執金吾の竇景が、もっともひどい。ほしいままに竇景は、緣邊の諸郡から、才力のある突騎を徴発した。有司は、だれも上奏できない。袁安だけが、竇景を劾めた。

袁安は、いつも単独行動。この時期、光武帝の功臣の子孫が、朝廷の要職を占める。袁安は、光武帝の功臣の子孫でない。それなのに目立つ理由は、単独行動するから。袁氏も、まだ始まったばかり。

「竇景は、邊兵を擅發する。吏民を驚惑させる。辺境の太守は、符信(虎符)がないのに、竇景の檄をうけて、兵を動かした。太守も誅殺せよ」と。また袁安は、上奏した。「司隸校尉と河南尹は、貴戚に阿附して、竇氏の罪人をあげない。免官せよ」と。袁安の上奏は、どちらも無視された。

駙馬都尉 瑰,獨好經書,節約自修。 尚書何敞上封事曰:「昔鄭武姜之幸叔段,衛莊公之寵州吁,愛而不教,終至兇戾。 由是觀之,愛子若此,猶饑而食之以毒,適所以害之也。伏見大將軍憲,始遭大憂,公 卿比奏,欲令典干國事。憲深執謙退,固辭盛位,懇懇勤勤,言之深至,天下聞之,莫 不悅喜。今逾年未幾,大禮未終,卒然中改,兄弟專朝,憲秉三軍之重,篤、景總宮衛 之權,而虐用百姓,奢侈僭逼,誅戳無罪,肆心自快。今者論議凶凶,鹹謂叔段、州吁 復生於漢。臣觀公卿懷持兩端,不肯極言者,以為憲等若有匪懈之志,則已受吉甫褒申 伯之功;如憲等陷於罪辜,則自取陳平、周勃順呂後之權,終不以憲等吉兇為憂也!臣 敞區區誠欲計策兩安,絕其綿綿,塞其涓涓,上不欲令皇太后損文母之號、陛下有誓泉 之譏,下使憲等得長保其福祐也。駙馬都尉瑰,比請退身,願抑家權,可與參謀,聽順 其意,誠宗廟至計,竇氏之福!」

駙馬都尉の竇瑰だけが、ひとり經書を好み、節約して自修した。
尚書の何敞は、上封した。「088年に章帝が死んだとき、竇憲は懇勤したから、天下は悅喜した。だが089年が明けて、大禮が終わらぬうちに、竇氏の兄弟が專朝した。竇氏は、おごるのをやめねば、短期で滅びるだろう。駙馬都尉の竇瑰は、おごらない人物だ。竇瑰に、竇氏を仕切らせよ」と。

ぼくは思う。年が変わった途端に、竇氏のやり方が変わったのは、ホントウのようだ。何敞が言うのだから。なぜだろう。考えてみたい。


時濟南王康尊貴驕甚,憲乃白出敞為濟南太傅。康有 違失,敞輒諫爭,康雖不能從,然素敬重敞,無所嫌牾焉。冬,十月,庚子,阜陵質王延薨。 是歲,郡國九大水。

ときの濟南王の劉康(光武帝の少子)は、尊貴で驕甚だ。竇憲は、尚書の何敞を、濟南の太傅とした。劉康に違失があるたび、何敞は諫爭した。劉康は、何敞に従わないが、何敞を敬重した。劉康は何敞を、嫌牾しなかった。

竇憲は、口うるさい何敞を、おごりまくった劉康に宛てがい、対立をさせたかった。竇憲の思惑は、外れた。ここまで見たところ、竇憲にひとつも美点がない。

089年冬10月庚子、阜陵質王の劉延が薨じた。この歲、9つの郡國で大水あり。101225

inserted by FC2 system