表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

088年、竇太后が臨朝し、鄧彪と劉暢をたよる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

後漢の外戚を知らねば、三国志を語れない。けっきょくぼくの興味は、和帝まで、遡ってしまった。より具体的には、袁氏の興りを知るために、遡った。


088年春、男系の親族を、尊びすぎる章帝

肅宗孝章皇帝下章和二年(戊子,公元八八年)
春,正月,濟南王康、阜陵王延、中山王焉來朝。上性寬仁,篤於親親,故叔父濟 南、中山二王,每數入朝,特加恩寵,及諸昆弟並留京師,不遣就國。又賞賜群臣,過 於制度,倉帑為虛。何敞奏記宋由曰:「比年水旱,民不收穫。涼州緣邊,家被兇害; 中州內郡,公私屈竭。此實損膳節用之時,國恩覆載,賞賚過度,但聞臘賜,自郎官以 上,公卿、王侯以下,至於空竭帑藏,損耗國資。尋公家之用,皆百姓之力。明君賜賚, 宜有品制;忠臣受賞,亦應有度。是以夏禹玄圭,周公束帛。今明公位尊任重,責深負 大,上當匡正綱紀,下當濟安元元,豈但空空無違而已哉!宜先正己以率群下,還所得 賜,因陳得失,奏王侯就國,除苑囿之禁,節省浮費,賑恤窮孤,則恩澤下暢,黎庶悅 豫矣。」由不能用。

088年春正月、濟南王の劉康、阜陵王の劉延、中山王の劉焉が來朝した。章帝の性質は、寬仁だ。親族に親しむことに篤い。ゆえに章帝は、叔父の濟南王と中山王が、しばしば入朝するごとに、特に恩寵を加えた。諸昆弟たちを、京師に留めて、就國にゆかせず。

胡三省はいう。漢制で、諸藩の王は、朝会の礼がおわれば、任国にゆく。
ぼくは思う。章帝が死ぬ歳から、『資治通鑑』の翻訳を再スタートしたのだが。いかにも章帝らしいエピソードから始まって、うれしい。「親親」は、章帝のキーワードだ。

また章帝は、制度をすごして、群臣を賞賜した。倉帑(備蓄)はカラになった。
何敞は宋由に奏記して言う。「大雨と日照で、収穫がない。涼州は西羌に兇害された。制度をこえたバラまきは、いけない。夏禹も周公も、バラまかず。諸王を任国にゆかせ、郡臣のボーナスは減らせ」と。宋由は、用いず。

『考異』はいう。何敞伝は、このセリフを章帝の死後とする。「外戚の竇氏が、賞賜をバラまくので、何敞は奏記した」とある。袁宏は、元和3年とする。ただ何敞の言葉と、宋由の執政時期を考えると、088年となる。ゆえに司馬光は、ここに置いた。
ぼくは思う。名君として徳をほどこすには、お金がかかるなあ。


尚書南陽宋意上疏曰:「陛下至孝烝烝,恩家隆深,禮寵諸王,同 之家人,車入殿門,即席不拜,分甘損膳,賞賜優渥。康、焉幸以支庶,享食大國,陛 下恩寵逾制,禮敬過度。《春秋》之義,諸父、昆弟,無所不臣,所以尊尊卑卑,強幹 弱枝者也。陛下德業隆盛,當為萬世典法,不宜以私恩損上下之序,失君臣之正。又西 平王羨等六王,皆妻子成家,官屬備具,當早就蕃國,為子孫基址;而室第相望,久磐 京邑,驕奢僭擬,寵祿隆過。宜割情不忍,以義斷恩,發遣康、焉,各歸蕃國,令羨等 速就便時,以塞眾望。」帝未及遣。

尚書する南陽の宋意は、上疏した。「陛下(章帝)は、孝にいたること、烝烝たり。諸王を、同家の人のように禮寵する。諸王の車を、司馬門のなかに入れさせる。

胡三省はいう。「烝」とは、「進」である。「烝烝」とは、「進進」である。ぼくは補う。胡三省の言うとおりに「進進たり」と置き換えても、べつに分からん。進んで率先した、ルールをやぶって先進した、くらいのニュアンスか。後者なら、ほめてない。笑
胡三省はいう。漢制では、太子や諸王は、司馬門のそとで下車する。車は、門外にとめておく。交通規制は、曹植の越度に数えられるほど、重要である。

諸王は、章帝を拝さずに着席する。章帝が食べる甘味を、諸王に分け与える。 劉康と劉焉は、支庶のくせに、大國をもらった。陛下の恩寵は、礼のルールをこえる。『春秋』の義では、諸父や昆弟は、みな臣下となる。血筋が近ければ尊び、血筋が遠ければ卑しむ。幹を強くして、枝を弱くする。陛下のやり方は、枝の臣下を強めて、幹の君主を弱める。

ぼくは思う。後漢の皇族の系図は、章帝を起点にして、横に枝ぶりが広がる。章帝の政策によるだろう。結果、それぞれの皇統が、いがみあうことになった。
ぼくは文系なので、生殖能力が、遺伝するかどうか知らない。章帝は子づくりが得意だが、和帝より後の皇帝が、子づくりが不得意になる理由を、解き明かせない。まあ特別な理由がない限り、章帝も和帝も、生殖能力は変わらないと想定する。系図が歪む理由は、王朝の制度によると思う。すなわち、章帝が、やたらと親族を尊んだから。

また西平王の劉羨ら6人の王は、妻子がいて家を成し、王国の官屬が整備されている。はやく藩国にゆかせ、子孫の基址とせよ。京師でバブらせるな。劉康、劉焉、劉羨らを、京師から出せ」と。章帝は、諸王を京師から出さず。

ぼくの展望を、記しておきます。章帝は父系を尊びまくるが、和帝はこのロジックを拡大解釈し、皇后の家まで尊びまくる。結果、外戚が栄えた。以前、書いた。
明帝&章帝&和帝の時代(ファザコンとマザコン)
また後漢では、皇帝の生母より、皇太后を重んじる制度だ。渡邉義浩氏の『儒教と中国』に書いてあった。ぼくは思う。この制度のせいで、幼い皇子が殺されまくった。皇后の家は、家の権益を守るため、他の女から生まれた皇子を脅かす。暗闇で殺したかも知れない。何皇后が、劉協を生んだ王美人を殺したように。結果、太子が残らない。
子のいない正室が、側室の子を悪む話。これは『晋書』にもある。賈充の妻、廣城君の郭槐だ。『晋書』列伝10より、「賈謐伝」他賈氏を翻訳の冒頭。


088年2月、章帝が死に、和帝がたつ

壬辰,帝崩於章德前殿,年三十一。遣詔:「無起寢廟,一如先帝法制。」
范曄論曰:魏文帝稱明帝察察,章帝長者。章帝素知人,厭明帝苛切,事從寬厚; 奉承明德太后,盡心孝道;平徭簡賦,而民賴其慶;又體之以忠恕,文之以禮樂。謂之 長者,不亦宜乎!
太子即位,年十歲,尊皇後曰皇太后。

088年2月壬辰、章帝は章德前殿で死んだ。31歳だ。章帝は、「父・明帝のように、寢廟を起てるな」と詔した。

范曄は言う。曹丕は言った。後漢の明帝は察察で、章帝は長者だと。章帝は、人情を知る。だから章帝は、明帝が苛切だったのを厭うた。章帝は、明帝とは逆に、寬厚だった。明德太后に、孝道をつくした。忠恕と禮樂を実現した。章帝は長者だ。すばらしいなあ。
ぼくは思う。男系の親族が、あまり栄えなかった(栄えさせなかった)曹丕が、後漢の章帝をたたえる。皮肉が利いてて、面白いのですよ。笑

太子の劉肇が即位した。年10歲。皇后を尊び、皇太后とした。

088年3月、竇太后は王莽をマネて、鄧彪を頼る

三月,丁酉,用遺詔徙西平王羨為陳王,六安王恭為彭城王。 癸卯,葬孝章皇帝於敬陵。 南單于宣死,單于長之弟屯屠何立,為休蘭屍逐侯鞮單于。

088年3月丁酉、章帝の遺詔により、西平王の劉羨を陳王にうつし、六安王の劉恭を、彭城王にうつす。3月癸卯、章帝を敬陵に葬る。
南單于・宣が死んだ。單于・長の弟である、屯屠何が立つ。屯屠何は、休蘭屍逐侯鞮單于となる。

章帝と南単于が、おなじタイミングで死んだ。なにかを象徴してたら、面白い。つぎ和帝の時代、外戚の竇氏が主導して、匈奴を攻めまくる。袁安がそれに反対する!


太后臨朝,竇憲以侍中內干機密,出宣誥命;弟篤為虎賁中郎將,篤弟景、□寰並 為中常侍,兄弟皆在親要之地。憲客崔駰以書戒憲曰:「《傳》曰:『生而富者驕,生 而貴者傲。』生富貴而能不驕傲者,未之有也。今寵祿初隆,百僚觀行,豈可不庶幾夙 夜,以永終譽乎!昔馮野王以外戚居位,稱為賢臣;近陰衛尉克己復禮,終受多福。外 戚所以獲譏於時,垂愆於後者,蓋在滿而不挹,位有餘而仁不足也。漢興以後,迄於哀、 平,外家二十,保族全身,四人而已。《書》曰:『鑒於有殷,』可不慎哉!」

竇太后が臨朝した。

蔡邕『独断』はいう。おさない皇帝が即位すると、太后が摂政する。太后が、前殿にのぞみ、郡臣と会う。太后は東をむき、おさない皇帝は西をむく。郡臣が上書や奏事するときは、2通をつくる。1通は太后に、もう1通はおさない皇帝にわたす。

竇憲は侍中となり、内に機密を、外に誥命をにぎる。弟の竇篤を、虎賁中郎將とした。竇篤の弟・竇景と竇カイは、どちらも中常侍となる。竇氏の兄弟は、みな親要なポストにつく。
竇憲の客・崔駰は、竇憲を諌めた。「富貴に生まれて、驕傲しなかった人は、前例がない。外戚がおごった前例は多い。漢室では、哀帝と平帝までに、外戚が20家ある。一族を保全できたのは、4家だけだ。竇憲は、つつしめ」と。

胡三省は、20家をあげる。面倒だから、引用しない。保全できた4家とは、文帝の薄氏と竇氏、景帝の王氏、卬成の王氏だ。武帝の李氏は、廃位されたから外戚でない。史皇孫の王夫人をプラスすると、20家となる。


庚戌,皇太后詔:「以故太尉鄧彪為太傅,賜爵關內侯,錄尚書事,百官總己以 聽。」竇憲以彪有義讓,先帝所敬,而仁厚委隨,故尊崇之。其所施為,輒外令彪奏, 內白太后,事無不從。彪在位,修身而已,不能有所匡正。憲性果急,睚眥之怨,莫不 報復。永平時,謁者韓紆考劾憲父勳獄,憲遂令客斬紆子,以首祭勳塚。 癸亥,陳王羨、彭城王恭、樂成王黨、下邳王衍、梁王暢始就國。

3月庚戌、皇太后は詔した。「もと太尉の鄧彪を、太傅とし、關內侯に封じ、錄尚書事させ、百官をまかせる」と。鄧彪は義讓があり、章帝に敬われた人だ。竇憲は、鄧彪を尊崇した。もし実行したい政策があれば、外で鄧彪に上奏させ、内で竇太后が命じれば、すべて実行された。鄧彪は在位のとき、修身しただけで、不正を匡せず。

胡三省はいう。鄧彪の父は、鄧カンだ。父の死後、鄧彪は、弟に国を譲った。だから章帝は、鄧彪を敬った。
胡三省はいう。竇憲が鄧彪を用いたのは、王莽が孔光を用いた智恵にならったものだ。ぼくは補う。孔光については、以前に『資治通鑑』を訳しました。
前1年、前漢哀帝が崩じ、王莽が再登場、に登場する。

竇憲は性質が果急だ。睚眥の怨をもてば、かならず報復した。

『広雅』はいう。睚とは、裂くこと。目を怒らせた顔をいう。
ぼくは思う。個人の性格が、わざわざ史書で悪く書かれたら、要注意だ。

永平(58-75)年間、謁者の韓紆は、竇憲の父・竇勳を、獄死させた。竇憲は、客に韓紆の子を殺させ、その首級を竇勳の塚に祭った。

『資治通鑑』45巻、明帝の永平5年(62年)にある。
ぼくは思う。韓紆は、すでに死んでいたのかな。だから、韓紆の子に復讐した。子にとって、迷惑な話だ。

3月癸亥、陳王の劉羨、彭城王の劉恭、樂成王の劉黨、下邳王の劉衍、梁王の劉暢は、はじめて国にゆく。

088年夏、南匈奴が、北匈奴を滅ぼしたい

夏,四月,戊寅,以遺詔罷郡國鹽鐵之禁,縱民煮鑄。 五月,京師旱。
北匈奴饑亂,降南部者歲數千人。秋,七月,南單于上言:「宜及北虜分爭,出兵 討伐,破北成南,並為一國,令漢家長無北念。臣等生長漢地,開口仰食,歲時賞賜, 動輒億萬,雖垂拱安枕,慚無報效之義,願發國中及諸部故胡新降精兵,分道並出,期 十二月同會虜地。臣兵眾單少,不足以防內外,願遣執金吾耿秉、度遼將軍鄧鴻及西河、 雲中、五原、朔方、上郡太守並力而北。冀因聖帝威神,一舉平定。臣國成敗,要在今 年,已敕諸部嚴兵馬,唯裁哀省察!」太后以示耿秉。秉上言:「昔武帝單極天下,欲 臣虜匈奴,未遇天時,事遂無成。今幸遭天授,北虜分爭,以夷伐夷,國家之利,宜可 聽許。」秉因自陳受恩,分當出命效用。

088年夏4月戊寅、章帝の遺詔により、郡國で塩鉄の禁をやめた。民は、ほしいままに塩を煮て、鉄を鋳すことができる。5月、京師で日照。

胡三省はいう。前漢の武帝のときから、塩鉄の製造は禁じられた。光武帝も、禁令をやめず。いま、武帝のとき以来、塩鉄の製造が民に許された。

北匈奴が、饑えて亂れた。北匈奴のうち、南匈奴に降った人は、1年で数千人。088年秋7月、南単于が上言した。「今こそ北匈奴を攻めたい。われら南匈奴が、北匈奴を併合すれば、後漢は北に心配がなくなる。後漢の兵を、出してください。執金吾の耿秉と、度遼將軍の鄧鴻を、援軍にください。西河、 雲中、五原、朔方、上郡太守も、援軍にください。」と。

ぼくは補う。匈奴は南北に分裂し、南匈奴が光武帝に降った。


太后議欲從之。尚書宋意上書曰:「夫戎狄簡 賤禮義,無有上下,強者為雄,弱即屈服。自漢興以來,征伐數矣。其所克獲,曾不補 害。光武皇帝躬服金革之難,深昭天地之明,故因其來降,羈縻畜養,邊民得生,勞役 休息,於茲四十餘年矣。今鮮卑奉順,斬獲萬數,中國坐享大功,而百姓不知其勞。漢 興功烈,於斯為盛。所以然者,夷虜相攻,無損漢兵者也。臣察鮮卑侵伐匈奴,正是利 其抄掠;及歸功聖朝,實由貪得重賞。今若聽南虜還都北庭,則不得不禁制鮮卑。鮮卑 外失暴掠之願,內無功勞之賞,豺狼貪婪,必為邊患。今北虜西遁,請求和親,宜因其 歸附,以為外扞,巍巍之業,無以過此。若引兵費賦,以順南虜,則坐失上略,去安即 危矣。誠不可許。」

竇太后は、耿秉に南単于の上書を示した。耿秉は、上言した。「むかし前漢の武帝ですら、匈奴を滅ぼせなかった。いま、南匈奴をつかい、北匈奴を討てば、武帝を上回る。出兵すべきだ」と。太后は、出兵を議論させた。
尚書の宋意が上書した。「光武帝が南単于を(048年に)降してから、41年が経つ。後漢は兵役がなく、休息できた。出兵すべきでない。また北匈奴がいなくなれば、つぎに鮮卑が脅威となる。いま北匈奴は、西に逃げて、後漢に和親を求めている。北匈奴を、受けいれてやろう」と。

余談ですが。ぼくは今週、『後漢書』を読んだ。上奏などが、文飾しまくっていて、読みにくい。いま『資治通鑑』に戻ってくると、贅肉をそぎ落としてあって、とても理解しやすい。事実を、淡々と読むことができる。ぼくは司馬光のように、要約ができる人になりたい。


088年秋、竇憲が劉暢を殺して、匈奴に出撃する

會齊殤王子都鄉侯暢來吊國憂,太后數召見之,竇憲懼暢分宮省之權,遣客刺殺暢 於屯衛之中,而歸罪於暢弟利侯剛,乃使侍御史與青州刺史雜考剛等。尚書穎川韓稜以 為「賊在京師,不宜捨近問遠,恐為奸臣所笑。」太后怒,以切責稜,稜固執其議。

たまたま齊殤王・劉石の子・都鄉侯の劉暢が、章帝の弔問にきた。

胡三省はいう。劉石は、劉縯(光武帝の兄)の孫で、劉章の子だ。范曄はいう。劉暢は、鄧畳の母を通じて、長楽宮にゆき、鄧太后に可愛がられた。
『後漢書』劉縯を抄訳、更始帝に荊州北を奪われた敗者(光武帝の兄)

竇太后は、しばしば劉暢と会う。竇憲は、宮省の権限を、劉暢に奪われないかと懼れた。竇憲は、劉暢を屯衛で刺殺した。竇憲は、劉暢の弟・劉剛を犯人にした。竇憲は、侍御史と青州刺史に、劉剛を調べさせた。

胡三省はいう。青州刺史は、斉国を管轄する。劉暢は京師で殺されたのに、青州刺史を動かした。竇憲は、事件を斉国のこととして、斉国を取り潰したいのだ。

尚書する穎川の韓稜は言う。「劉暢を殺した賊は、京師にいる。近くを見ず、遠くを探しては、奸臣が笑うだろう」と。竇太后は怒り、韓稜を問い詰めた。だが韓稜は、意見を変えない。

韓稜は、竇憲が犯人だと知る。だが、直接は言わない。
まだ後漢で、外戚が栄えた事例がない。この竇氏が、初めてなのだ。もしかしたら、竇太后が、皇族の有望な人を頼り、和帝を助けたかも知れない。これが後漢の前例になり、以後の歴史が変わったかも。劉暢、死んだのは残念でした。


何 敞說宋由曰:「暢宗室肺府,茅土籓臣,來吊大憂,上書須報,親在武衛,致此殘酷。 奉憲之吏,莫適討捕,蹤跡不顯,主名不立。敞備數股肱,職典賊曹,欲親至發所,以 糾其變。而二府執事以為故事:三公不與賊盜。公縱奸慝,莫以為咎。敞請獨奏案之。」 由乃許焉。二府聞敞行,皆遣主者隨之。於是推舉,具得事實。太后怒,閉憲於內宮。 憲懼誅,因自求擊匈奴以贖死。

何敞は、宋由に言う。「劉暢の死因を、きちんと捜査したい」と。宋由はゆるした。竇憲が劉暢を殺したと、バレた。竇太后は怒った。竇憲を、内宮に閉じ込めた。竇憲は、誅されるのを懼れた。竇憲は匈奴に出撃して、死をつぐなう。

尚書の宋意が、さっき訳した文で、北匈奴を保護せよと言った。言い分は、宋意のほうが通っていた。だが竇憲の、くだらない事情で、北匈奴を攻めた。「バカな判断だなあ!」と、范曄や司馬光は言いたい。ほんとうに、出兵の動機がコレか。史料批判が必要だ。


088年冬、護羌校尉の鄧訓が、小月氏胡を守る

冬,十月,乙亥,以憲為車騎將軍,伐北匈奴,以執金 吾耿秉為副。發北軍五校、黎陽、雍營、緣邊十二郡騎士及羌、胡兵出塞。

088年冬10月乙亥、竇憲を車騎將軍とし、北匈奴を伐たせる。執金吾の耿秉は、竇憲の副将だ。北軍五校、黎陽、雍營を発し、緣邊にある12郡の騎士と、羌族と胡族の兵が、出塞した。

公卿舉故張掖太守鄧訓代張紆為護羌校尉。迷唐率兵萬騎來至塞下,未敢攻訓,先 欲脅小月氏胡。訓擁衛小月氏胡,令不得戰。議者鹹以羌、胡相攻,縣官之利,不宜禁 護。訓曰:「張紆失信,眾羌大動,涼州吏民,命縣絲發。原諸胡所以難得意者,皆恩 信不厚耳。今因其追急,以德懷之,庶能有用。」遂令開城及所居園門,悉驅群胡妻子 內之,嚴兵守衛。羌掠無所得,又不敢逼諸胡,因即解去。由是湟中諸胡皆言:「漢家 常欲鬥我曹;今鄧使君待我以恩信,開門內我妻子,乃是得父母也!」鹹歡喜叩頭曰: 「唯使君所命!」訓遂撫養教諭,小大莫不感悅。於是賞賂諸羌種,使相招誘,迷唐叔 父號吾將其種人八百戶來降。訓因發湟中秦、胡、羌兵四千人出塞,掩擊迷唐於寫谷, 破之,迷唐乃去大、小榆,居頗巖谷,眾悉離散。

公卿は、もと張掖太守の鄧訓をあげ、張紆に代えて護羌校尉とした。
鄧訓は小月氏胡を、護羌校尉の役所に入れて守った。迷唐の1万騎を退けた。小月氏胡は、鄧訓を支持した。鄧訓は、湟中の秦族、胡羌の兵4千を出塞させ、迷唐を破った。迷唐は、離散した。101225

inserted by FC2 system